お腹の赤ちゃんに対する母性が芽生えてきません。 妊娠9ヶ月目に入っ




お腹の赤ちゃんに対する母性が芽生えてきません。
妊娠9ヶ月目に入った妊婦です。
30歳を超えて、子供や旦那と新しい自分の家族が欲しいと思い、1年半の婚活を経て波長の合う良い旦那と出会い、無事入籍。
2人共子 供が欲しく、共に30歳も超えていたので妊娠せやすい身体か検査をし、微妙に私が引っかかったので不妊治療開始。
でもストレスになったので少し妊活を辞めました。
すると妊娠出来ました。
嬉しく思い、旦那も喜んでました。
でもしばらくして、気づいてしまいました。我が子に対する愛情が薄い。
たまに可愛いと思いますが、他人の子供を可愛いと思うのと同じくらいなのでは?と。
なんでこんなに子供に無関心なのかな。
ネットなどではお腹の我が子がすでに可愛いで可愛くて仕方がないとかいう方が結構いるみたいで、私は何か欠損しているようです。
何度か途中で流れたと周りにウソを言い中絶も考えてしまい、迷い、この時期になりました。
きっとお腹の赤ちゃんが大きくなり、これを見たらショックを受けるかもしれません。
理由を考えると、私が育てられた状況が関係していると思います。
私の両親は、体に殴ったりする虐待はしないものの、他人の為にした事もなんでそんな事をする ?と怒ったり、小学生の頃、母が忙しいので料理を作るとマズイ!なんでこんなもの作ったんや!と。
また両親ともに、自分の意にそぐわない行動をすると知的障害者!発達障害者!と罵ってきました。
勉強のできる姉と比較して、余計に拍車がかかっていたんだと思います。
小学生の頃いじめに遭った時も、その事実が親にバレて、
学校に対処はしてくれましたが、母が母の友人に私の目の前でバラし、母の友人の哀れんだような、冷ややかな目に晒されて、二重に嫌な思いをしました。
私は内向的なので、こういう事は言いふらされたくなかったのに。
学校で必要なモノを高いからとお金をくれなくて、学校で困ったり。
姉には沢山欲しい物を買い与え、常に姉を気にかけていました。
側からみたら、社交的な凄い良いご両親ねと言われます。2人とも、知的障害を持たれている方に関わる仕事をし、父は福祉の仕事に特化し講演会に結構よばれたり、引き抜きなどされました。
だから周りからは良い親なんです。
実際、栄養バランスの良いお弁当や食事もよく作ってくれたりはしていました。
他にもたくさんありますが、おそらく嫌な記憶が潜在意識に残っているので自分も親と同じ言動するのではという恐怖心から愛情がでないのではと思います。
出産後すぐは里帰りしようか迷っていますが、親は来ても来なくても良いといっていますが、旦那の実家に行ったらとも言います。
旦那の両親は歓迎してくれていますが、野菜を食べないし、台所には入らさせてくれないし、やっぱり気を使いすぎて苦しいかもしれないし。
食事やそのほか気を使わないのなら実家のが良いと思うのですが、私の何か実家に頼りきれず、自力でと考えて虐待しないか悩んだり。
実際、甥っ子の行動にダメ!あっち行ったらあかん!
と根拠のない言動をし、自由にさせたら良いのに否定するような窮屈なことをしていることがあります。
どうやったら治るかわかりません。恨みを浄化する方法などありますでしょうか?



一歳の双子の母です。
お腹にいるときに子供がかわいいと思ったことはないですよ。
育てるにつれて徐々にかわいいと思うようになるのだと思います。
私も父母に難ありで、正月や盆は親戚の前で私の悪口大会でしたし、体罰もありました。基本私がすることなすこと全部否定でした。
なので、子供には同じことはしないように気を付けています。
自分の人生のやり直しはできませんが、子供の人生を豊かなものにすることで、自分の人生のやり直しをしている気分を味わっています。
◆他の方も書いていますが、
母性はお子さんが生まれてから育まれるものです。
お子さんが生まれてない段階で、
母性についてピンときていないのは普通です。
自身の経験ですが、現在2歳半の息子がいます。
可愛いくて仕方ありません。
この子のためならいつでも死ねます。
でも妊娠中?出産後しばらくは
そんな感情なかったです。
出産前は我が子への想いは特になく、
産まれて始めての授乳やらオムツ替えやらの感想は
めんどくせぇ、やってらんねえ、
ってなもんですから。
そんな不届き者な母親でも、
毎日少しずつ我が子との絆を育み、
今は我が子の笑顔に命をかけられるようになるに至っています。
だからそんなに気負わないで。
大丈夫。
産まれた赤ちゃんの清らかさに気づけば、
今の感情は杞憂に過ぎないとすぐわかります。
産まれた赤ちゃんと真っ直ぐに向き合ってみてください。
そうしたら大丈夫。
◆母性は生まれるものじゃなくて育てるものなので、あなたが不幸な環境に育ったからあなたに母性が芽生えないのではありません。
母性は訓練して育つものです。
子育てというのは、親が子を育てるのではなくて、
子が親を育ててくれるのです。
そもそも妊娠時点で母性がどうのと言って居るのは、
子どもを見る機会が多かった(母性が育っている)か、
そうあるべきだという思考に囚われて居る(幻想)か、
マタニティハイ(ホルモンの影響)かどれかです。
母性(子どもを守らなくてはと思う本能)は、泣いて居る子どもを見たときの反応(脳波)を調べる実験でも明らかで、
訓練されれば訓練されるほど、
反応が高くなります。
あなたが母性が生まれない原因だと思って居る過程環境は確かに辛いものがありますが、
親になれば、育ってきた環境を整えてくれただけで感謝するべきだったとわかる時が来ますよ。
毒親と呼ばれる親だったと思いますが、
あなたと親は他人ですから、
気にせずご自分と向き合われるといいと思います。
◆頑張ろう
頑張って? ?
◆>姉には沢山欲しい物を買い与え、常に姉を気にかけていました。
お姉さんと、この件について。
真剣に静かにお話をされた事が有りますか?
私も母が弟ばかりに・・・と、ず~~~っと思って居たんですが。
ふと、思ったのが。
父は弟が悪い事をすると怒ってばかりいた事。
弟が家の廊下で花火をした時は、怒って弟を背負い投げまでしました(笑
でも・・・私、父に怒られた記憶が無いんです。
殴られた記憶も全くない事に気が付いてしまったんです。
そこは両親が天秤を掛けて上手くバランスをとってたんだなって思ったんです。
気が付いたのは、結婚して、お子が出来た時でした。
いろんな思いが巡って・・・。
貴方の様に。
私にお子が育てられるんだろうか・・・って・・なんとなく思って。
でも、産まれたら、そんな思いも忘れて、今に至ります。
ヒマだから…昔を思うだけです。
ヒマだから…いろんな事が考える事が出来るだけなんです。
産まれたら、今、思ってる事なんか忘れるくらいに忙しくなりますから。
元気な赤ちゃんが産まれます様に?♪
◆あなたの幼少期の試みの傷が癒えてないのですね。
お辛かったですね。
もっともっと、ご両親から愛されたかったはずです。
もうひとつ。
お母さんのモデルがなかなか想像しにくいかもしれません。
でも。世の中には
反面教師という言葉があります。
自分がしてほしかった事を子供さんにしてあげて下さいね。
そして、あなたは
自分は傷ついたけど
頑張ってきたなと
誉めてあげてください。
過去は変わりません。
でも、未来は変えられます。
過去にはとらわれず
素敵なお母さんになって下さい。
新生児は泣くから
大変です。
かわいいと思うのは
笑ったりするようになってから。
今は必死に頑張ってみえるのかもしれませんね。
毎日お疲れ様です。
ゆっくりゆったり頑張ってくださいね。


コメント