創価学会名誉会長の池田大作は朝鮮人です。 みなさんご存じでしたか?




創価学会名誉会長の池田大作は朝鮮人です。
みなさんご存じでしたか?



有名な話ですね。
本名:ソンテチャク
池田の日本を食い物にするようなやり方と汚い言葉の数々は、向こうの国の語句際者を思わせます。
池田が帰化人という傍証もあります。
池田大作帰化人説(平成13年6月25日号)
永田町ウォッチャー、冨士谷紹憲氏によると、創価学会の
「池田大作名誉会長(写真右)は帰化した在日朝鮮人」と暴露
した。
学会をバックにする公明党が外国人の地方参政権付与に躍起
になっているのも、このためだという。
冨士谷氏によると、父方の本名は成田作(ソンジョンチャク)
で、母方は池(チ)姓という。
また、池田は昔から
「日本に先祖の墓がない」
「大田区大森海岸の朝鮮部落の海苔の漁師出身」
「日本語がうまく喋れず、寡黙な男」
と言われているが、学会機関紙「大白蓮華」(2000年3月号)に掲載された池田の人生記録の中で
「父が韓国語を教えてくれた思い出がある」
「私の少年・青年時代には多くの在日韓国朝鮮人の方々との出会いがあった」
「韓日文化交流」と「韓」を「日」の前に記述するなど、
父母が戦前に帰化した朝鮮人であれば納得できる記述が散りばめられている。
◆まあ、池田大作なんて、破門になった人でなしだろ!
日本人であっても、朝鮮人でも、どちらでもいいよ。
でも気持ち悪い輩だから、きっと朝鮮人なんだろうね。
他国で偉そうに宗教始めて、ムカつくよね。
さっさと金正恩の基に帰りなさい。
そして北朝鮮で宗教を広めたらいいんだよ。
神聖な日本に悪い気を持ち込むな。
◆【トップ閨閥と人脈】
soejima.to/souko/visual_data/img20031225001103.jpg
一家は代々ノリ漁業に従事、関東大震災で貧困のドン底
創価学会の池田大作会長の母親・池田一さんが先日亡くなった。
その葬儀には財界の大物をはじめ、ざっと6千人が参列したという。
池田大作は昭和3年、東京・大森の零細なノリ漁業者・池田子之吉の5男に生まれた。大作には7男2女の兄弟姉妹がいる。
池田家が代々ノリ漁業に従事するようになったのは、天保の時代からである。祖父・五右衛門の代には、百人もの漁師を雇って漁をしたほど栄えていた。大正の初めには東京周辺では初めてのノリ採取用機械船を使用した草分けでもあった。
池田家の不幸は、関東大震災によって何もかも失ったことである。漁場も、持ち舟も失われ、池田家は零細なノリ漁業者に転落してしまう。
(『週刊読売』1976年10月30日号 P.127)
______
在日コリアン等の事実があれば、戸籍を見れば、すぐに分かります。
外国籍の間は戸籍には記載されず、帰化した時点で日本人と同様の戸籍が新たに作成され、その旨が記載されるからです。
だから仮に何度も戸籍の登録地を移転していたとしても、さかのぼっていけば必ずそのことは確認できるのです。
個人情報保護法が成立する以前は、報道機関の名前を書けば他人の住民票が自由にとれたし、戸籍をとることもできたのです。
つまり、著名人のプライバシーなど“丸裸同然”といった状態であり、今のように申請者に対して本人確認するようになったのはごく近年の話なのです。
アンチ創価のジャーナリスト・溝口敦氏は戸籍を見ていますし、自著の中で「戸籍によれば、池田大作ならぬ太作は一九二八年一月、池田子之吉、一の五男として、東京府荏原郡入新井町大字不入斗で生まれた」と書いています。
ちなみに、池田氏は1953年、長男・博正氏の誕生を機に、正式に「太作(たいさく)」から「大作(だいさく)」に改名しています。
7・3大阪事件で起訴された際の人定質問で、池田氏の本名が「池田大作」であることは確認されています。在日で通名を使っていても、裁判での人定質問には本名を答えないといけないのです。
ちなみに、「ソン・テジャク」と言う名前は、リチャード・コシミズ氏が命名したものです。
◆ソンテチャク
◆本名:ソン・テチャク
◆池田先生は日本人ですよ。
れっきとした日本人です。
骨の髄から日本人です。
先祖代々日本人です。


コメント