吃音のカミングアウト 婚活の場で自分が吃音であることは いつカミン




吃音のカミングアウト
婚活の場で自分が吃音であることは
いつカミングアウトすべきでしょうか? 自分は吃音症です。
今まで婚活をしていて、はじめの顔合わせは
時間も少なく吃音がほぼ出ません。
ただ2回目3回目のデートとなると
3,4時間一緒にいるためどうしても吃音が目立ってしまう
or誤魔化そうと「えーと」が多くなったり、顔が歪んだりします。
そのためか相手からはそれ以降連絡がきません。
吃音は顔合わせの段階でカミングアウトすべきでしょうか?
それともどもりが酷くなってからカミングアウトすべきでしょうか?
また、どもりを隠さず話をした方がいいですか?
それとも口数を減らしたり、どもりを誤魔化したりした方がいい、か?



婚活で会って2人のデートで話さないなんてこの人やる気ないなー。なに考えてるかわかんなくて怖いな… 自分のことばかり気にしてて相手に対する気遣いしようって気がないんだなー。婚活でこれはないよなーきっと次はないなーと思ってしまいます。
同性の友達に、どもりの人がひとりいますが。結構一生懸命話してくれる、話題豊富な人でいろいろ話せるしもちろん聞いてもくれるし、どもり関係なしに好きだなーと思います。その子自身はどもりがあること気にしてるらしいんですけどね。
どもりだから次の連絡が来ないのはそれはそうかもしれませんが。自分(どもり含めて)をオープンにして次の段階、相手にオープンになってもらうようなコミュニケーションや時間をもっていかないと。次会いたいなは、ないでしょう。
いっしょにいて居やすかったなーとか、次あってみようかな、もっと知りたいなーになるといいですね。
◆治ったら苦労せんわ!笑 って話ですね
◆会う前に伝えて、それでも会ってくれるなら大丈夫!会ってくれるなら理解してくれるから。
◆婚活の目で見てみましょう。
相手は、この人と家庭を築き、子供を作り育て家族を作っていく、それが、この私(婚活の相手)とできるかどうか、ということを一番考えるでしょう。
お笑い芸人みたいに面白おかしくペラペラしゃべる人を期待してない。
吃音は、人間関係や社会生活を送っていくうえで支障になる場面があることは確かです。
しかし、それゆえ結婚できないこととは別です。
また、吃音のある人を嫌う(好きになれない)人もいることは確かです。しかし、そういう人がすべてではない、人を好きになる、生涯のパートナーに選ぶのは、そういう単純なことではないでしょう。
なお、打ち明けるにさいし「吃音」という言葉をズバリ言うことがいいのか、「すらすら話すのが苦手です」と言い、そのうちにそれが世間で言うところの吃音だとおのずと分かるようなのもありかなと思います。
◆ハーリーしみたいな名前の実況者吃音症もち(と多分妄想癖)だけどめちゃくちゃ面白い
◆きれいごとは無意味だと思うのではっきり言います
直してから婚活した方がいいと思います
吃音はかなりのハンデです
何か直すための努力をしていますか?
専門家に相談してください


コメント