写真の日本映画の題名は なんと言いますか。 どんな俳優さんが出演し

写真の日本映画の題名は なんと言いますか。
どんな俳優さんが出演していますか。



『戦争と人間 第一部 運命の序曲』の一場面のようですね。
“『戦争と人間』(せんそうとにんげん)は、1970年(昭和45年)から1973年(昭和48年)にかけて公開された3部作の日本映画である。日活製作。監督は山本薩夫。
五味川純平の同名大河小説『戦争と人間』の映画化作品で、日本映画としては同じく五味川の小説を映画化した『人間の條件』の9時間31分に次ぐ9時間23分の長さを誇る、日活製作による戦争大河超大作である。”
“物語は、1928年(昭和3年)の張作霖爆殺事件前夜から1939年(昭和14年)のノモンハン事件までを背景に、様々の層の人間の生き様から死に様までを描いている。そして、その後の太平洋戦争に至る経緯について丁寧に表現されている。
第三部ではソ連国内でモスフィルムの協力の下撮影が行われた。ノモンハン事件の大規模な戦闘シーンはソ連軍の協力で撮影されており、ソ連ロケ・ソ連軍全面協力の戦闘シーンという日本映画としては異例の大規模映画となっている。ただし、T-34-85の実車がつかわれているが、ノモンハン事件当時にはまだ開発されておらず、考証的には史実とは整合しない。
当初は東京裁判による伍代家の破滅まで描いた四部作を予定していたが、豪華キャスト・本格的な戦闘シーン・海外ロケと日本の映画史上でも屈指の大作であったため、当時の日活の経営悪化もあり結果的に予算が続かず、第三部で完結を強いられた。第一部だけでも3億5000万円の製作費がかかったが、大ヒット作となった。”
“「白い巨塔」などの社会派エンタテインメントの巨匠・山本薩夫と音楽・佐藤勝ほか超一流スタッフが、
日本映画史上、未曽有の製作費を投じて製作した世界遺産的巨編。
詳細な史実に則して、アクションあり悲恋メロドラマあり、ハイレベルな娯楽性に満ちた映画の面白さを実現した。
滝沢修、芦田伸介、田村高廣、丹波哲郎、石原裕次郎、吉永小百合、三國連太郎、ほか
日本映画・演劇界の豪華オールスターキャスト総出演による大河群像ドラマ。
物語は昭和初期に日本が推し進めた侵略戦争を背景に、大陸進出の先端をつとめた新興財閥・伍代家の人々を中心に
“戦争”という時代のうねりのなか、翻弄される人々の姿を追う。”
第一部『戦争と人間 運命の序曲』(本編:197分/1970年公開)
第二部『戦争と人間 愛と悲しみの山河』(本編:179分/1971年公開)
第三部『戦争と人間 完結篇』(本編:187分/1973年公開)
画像の出演者は
軍服姿なのが陸軍参謀本部の柘植進太郎中尉:高橋英樹
伍代財閥の令嬢伍代由紀子:浅丘ルリ子
主なキャスト
伍代由介:滝沢修
伍代喬介:芦田伸介
伍代英介:高橋悦史
伍代由紀子:浅丘ルリ子
伍代俊介:中村勘九郎(第一部)→北大路欣也(第二部・第三部)
伍代順子:佐藤萬理(第一部)→吉永小百合(第二部・第三部)
柘植進太郎:高橋英樹
灰山浩一:江原真二郎
お滝:水戸光子
武居弘通:波多野憲
鴫田駒次郎:三國連太郎(第一部・第二部)
高畠正典:高橋幸治(第一部・第二部)
標耕平:吉田次昭(第一部)→山本圭(第二部・第三部)
服部達夫:加藤剛(第一部・第二部)
大塩雷太:福崎和宏(第一部)→辻萬長(第二部)
梅谷邦:廣田治美(第一部)→和泉雅子(第二部)
梅谷庄吉:山田禅二(第一部・第二部)
鴻珊子:岸田今日子(第一部・第二部)
白永祥:山本学(第一部・第二部)
徐在林:地井武男(第一部・第二部)
陣内志郎:南原宏治(第一部・第二部)
趙瑞芳:栗原小巻(第一部・第二部)
趙大福:龍岡晋(第一部・第二部)
趙延年:岩崎信忠(第一部・第二部)
石原莞爾中佐→大佐:山内明(第一部・第二部)
板垣征四郎大佐→少将→中将:藤岡重慶
ナレーター:鈴木瑞穂
第一部
篠崎書記官:石原裕次郎
矢次憔夫:二谷英明
矢次僚子:三条泰子
不破学医師:田村高廣
高畠素子:松原智恵子
大頭目:丹波哲郎
標拓郎:伊藤孝雄
佐川少佐(参謀本部員):青木義朗
市来善兵衛:清水将夫
市来真吾:簗正昭
河本大作大佐(関東軍高級参謀):中谷一郎
村岡長太郎関東軍司令官:小山源喜
劉:大滝秀治
大塩巡査:福山象三
森島守人総領事代理:滝田裕介
田伏ふさ(旅館女将):関京子
梅谷庄吉の妻:新井麗子
真木信三郎:杉江広太郎[2]
花谷大尉(関東軍作戦参謀):佐藤京一
荒木五郎(特務機関員):井上昭文
山川(拓郎の仲間):梅野泰靖
戸越ユキ:吉永倫子
李(抗日遊撃隊):坂口芳貞
建川美次陸軍武官:大塚弘
張作霖:落合義雄
小島巡査:長弘
若い女中(伍代家):秋とも子
陸軍学校教官:渡辺晃三
呉(張作霖幕僚):寄山弘
常(張作霖幕僚):島村謙次
関東軍参謀:垂水悟郎
関東軍将校:北九州男、高橋明
満州浪人(壮士風の男):河野弘
満州青年連盟の男:浜田晃
大頭目の手下:榎木兵衛、晴海勇三
屋台の客(失業者):福原秀雄
中国の大道芸人:青木富夫
旅館の女中:高山千草
伍代家のパーティーの客:伊丹慶治
その他:桂小かん,大橋芳江、隅田和世、若原初子ほか
第二部
狩野市郎:西村晃
狩野温子:佐久間良子
全明福:木村夏江
戸越ユキ:吉永倫子
朴:井川比佐志
イワーノフ:大月ウルフ
相沢三郎中佐:玉川伊佐男
梁思生:前田昌明
島津:斉藤真
李(抗日遊撃隊):坂口芳貞
武藤章中佐(関東軍作戦課長):藤田啓而
満州航空運行部長:相原巨典
張学良国民党政府副司令:久野征四郎
防人会の男:後藤陽吉、久遠利三
伍代本社総務部長:弘松三郎
甘栗売り:石津康彦
車夫:高原駿雄
特高課長:高城淳一
特高刑事:草薙幸二郎、内田稔、玉村駿太郎、高橋明
看守:牧野義介
佐官将校:深江章喜
女衒:浅若芳太郎
工場の男:桂小かん、浜口竜哉
抗日遊撃隊の男:榎木兵衛
芸者:五月由美(ノンクレジット)
その他:中津川衛、木島一郎、雪丘恵介、千賀拓夫、晴海勇三、鈴村益代ほか
第三部
雨宮公一郎:加藤嘉
苫:夏純子
苫の父:藤原釜足
苫の母:田中筆子
田島編集長:鈴木瑞穂
佐藤賢了中佐(軍務課員):吉原正皓
辻政信中佐(関東軍参謀):山本麟一
岩畔豪雄大佐:長弘
稲田正純中佐:高橋明
東條英機中将(陸軍次官):井上正彦
植田謙吉大将:荻原実次郎
磯谷廉介中将:和沢昌治
矢野音二郎少将:岡林三郎(ノンクレジット)
寺田大佐:神部作蔵(ノンクレジット)
服部卓四郎中佐:百良雄(ノンクレジット)
片倉衷中佐:手塚実(ノンクレジット)
島貫武治少佐:石井弘三(ノンクレジット)
小松原師団長:陶隆(ノンクレジット)
荻洲軍司令官:久遠利三
従軍看護婦:二條朱美
女給:絵沢萌子
女子学生:片桐夕子
伍代満州支社長秘書:山科ゆり
女工:高山千草
将校:加地健太郎
関東軍参謀:渡部猛
東京の憲兵:田村貫、上田耕一
憲兵:柄沢英二
サイドカーの少佐:原田清人
古参上等兵:井上博一、清水幹生
初年兵:粟津號
辻参謀関東軍の従卒:畠山麦
星野二郎:小林尚臣
伍代満州支社員:三上剛
特高刑事:下川辰平
その他:西島悌四郎、笠井一彦、倉田地三、田村錦人、市川亜矢子ほか