戦隊のイエローと言えば女性ですよね。 全36作中カレーマニアは2人し

武井咲さんの3クール連続ドラマ主演は歴史的快挙なのですか?

質問:武井咲さんの3クール連続ドラマ主演は歴史的快挙なのですか?
アンサー:田村正和は、3クール連続4本主演。
『パパはニュースキャスター』(TBS:1987年1月~3月)
『敵同志好き同志』(日テレ:1987年4月~6月)
『男たちによろしく』(TBS:1987年4月~6月)
『熱くなるまで待って!』(フジ:1987年7月~9月)
( 1987年4月~6月は、主演作が2本放送。)
常盤貴子は、3クール連続主演を含む、6クールで5本の主演・ヒロイン役。
『みにくいアヒルの子』(フジ: 1996年4月~6月、主演:岸谷五朗、ヒロイン)
『真昼の月』(TBS:1996年7月~9月、織田裕二とW主演)
『ひとり暮らし』(TBS:1996年10月~12月)
『理想の結婚』(TBS:1997年1月~3月)
1クール空けて、
『最後の恋』(TBS:1997年7月~9月、主演:中居正弘、ヒロイン)
(『ひとり暮らし』、『理想の結婚』は、TBS金9枠を2期連続主演。)
武井咲の3クール連続主演はこれに次ぐ記録ですが、
視聴率が・・・・
『Wの悲劇』(テレ朝:2012年4月~6月)平均視聴率:9.09%
『息もできない夏』(フジ:2012年7月~9月)平均視聴率:9.79%
『東京全力少女』(日テレ:2012年10月~12月)平均視聴率:8.54%(1~5話)
(NHK大河ドラマ『平清盛』にも出演中。平均視聴率:12.38%)
質問タグ:武井咲,3クール連続ドラマ主演,快挙,NHK大河ドラマ,一人暮らし,平均視聴率,ヒロイン

『高校入試』いやー面倒な展開になってますね。これからどうなるので…

質問:『高校入試』いやー面倒な展開になってますね。これからどうなるのでしょうか?伏線が多過ぎて全部覚えてられないわ。
何だか視聴者を混乱させて伏線を解決せずにうやむやにする作戦なんじゃないかと疑念を持ってるのですが、大丈夫でしょうね?
それはそうとして、滝本先生(南沢奈央ちゃん)の相手は、相田先生(中尾明慶)ということですよね?
アンサー:村井先生役の篠田さんのTwitterによると
9月上旬にドラマ撮影は終了し打ち上げが行われたようです
なので、放送初回にはもう最終回の脚本まで出来上がっているということなので
締め切りに追われ、やっつけ仕事というわけでもなく
きちんと練り上げられた結末だと
期待を込めて回答してみました
今期一番先が気になるドラマなので…
二話?か三話あたりで
みどり先生が、相田先生に落とし物ですと封筒を渡していたので
それがインディゴリゾートのカードだったんでしょうね
◆本当にどうなるのか楽しみです。そうみたいですね。
相田先生…滝本先生と生徒。この先どうなるのでしょうかね?
質問タグ:南沢奈央,伏線,中尾明慶,滝本先生,相田先生,やっつけ仕事,篠田

元モーニング娘のなっちについて 元モーニング娘のなっちは今何をして…

質問:元モーニング娘のなっちについて 元モーニング娘のなっちは今何をしていますか?最近の活動履歴など教えてください
アンサー:活動の柱は舞台です。現在は12月出演舞台の稽古中だと思いますよ。
■「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~」
公演期間
東京公演 2012年12月9日(日)~12月30日(日)
キャスト
生瀬勝久 小出恵介 丸山智己 安倍なつみ 大倉孝二 緒川たまき 大鷹明良 マギー近藤公園 夏帆 三上市朗 久保酎吉 峯村リエ 犬山イヌコ 山西惇 池田成志 久世星佳木野花 西岡徳馬 ほか
少し前ならアトリエ・ダンカンプロデュースの「100歳の少年と12通の手紙」と言う朗読劇に、日替りキャストとして出演したりしていました。基本的に安倍さんを含め「娘。」の卒業メンバーは歌とは違う表現の場として演劇の世界に進んで、皆、頑張っています。
◆bayfmで毎週おしゃべりしてるよ
質問タグ:元モーニング娘,なっち,活動履歴,久世星佳木野花,久保酎吉,犬山イヌコ,マギー近藤公園

≪連続テレビ小説≫

質問:≪連続テレビ小説≫
あなたが再放送して欲しい番組を教えてください!
BEST1でも複数でも構いません。
ちなみに、わたしの昨今のBEST3は
①ちりとてちん
②ちゅらさん
③カ-ネ-ション ちょっと古くのBEST3
①あぐり
②おしん
③私の青空
「雲のじゅうたん」「青春家族」「ひまわり」なども捨てがたい作品です!
子育てで忙しく見なかった期間もあります。
ちゅらさん&ちりとてちんは再放送で見てそれ以来、朝ドラに戻りました^^
リタイアしたものも多々ありますが、朝ドラを最初からすべて見てみたい気もちょっとします。
アンサー:『純情きらり』の舞台。愛知県岡崎市民です。
参考にならない理由で申し訳ありませんが・・・。
『純情きらり』に1票入れさせてください。
“宮﨑 あおい”ちゃんの出世作で
それまで、若い子向けのドラマが中心だったのですが
『純情きらり』で、世の一般主婦に顔を覚えてもらい
直後の『篤姫』で、我々オッサン族の認知を受けました。
ドラマとしても良い出来で
前半は主役の2人(“あおい”ちゃんと“福士 誠治”くん)の「ラブコメ」的な軽いタッチなのですが
中盤に戦争が「全てをぶち恐し」ます。
後半は、そこからの「這い上がり」と「模索・迷い」がテーマになり
特に終盤の“あおい”ちゃんと“西島 秀俊”さんとの絡みは
「朝ドラで、それはないでしょう・・・」など、物議をかもしましたし
エンディングも賛否が、激しく分かれました。(まぁ、非が圧倒的かなぁ・・・)
最近、プチブレイク中の“西島 秀俊”さんを
「あの人だれ?ちょっとカッコイイじゃん」
って思ってる人には、特にオススメの作品になっています。(*^。^*) テヘペロッ
では、また。(^0^)/~~ バイバイ
◆再放送は『地上波』絶対願いたい
・おしん
(小学2年だった私,学校で再放送見てた)
・青春家族
(見た記憶無し)
かな
質問タグ:BEST3,ちりとてちん,BEST1,朝ドラ,カーペット,秀俊,あおい

今月予約限定販売された仮面ライダー龍騎 アドベントカードアーカイブ…

質問:今月予約限定販売された仮面ライダー龍騎 アドベントカードアーカイブスについているブックレットについてお聞きいたします。 主要キャストのインタビューが載っていたそうですが、それぞれ何ページづつで写真はどの位載っていたのでしょうか。
萩野さんのファンなんですが、予約販売とは知らず買えませんでした。
オークションなどででも購入するか検討中ですが、記事の詳細がぜんぜんわからず悩んでいます。
アンサー:※ネタバレ注意
こちらの仮面ライダー龍騎 アドベントカードアーカイブスのブックレット及び萩野崇さんのインタビュー記事について。
先ずこのブックレットは22ページで構成されています。
コンテンツ
□仮面ライダー龍騎 あらすじ…1頁
□アドベントカードとは…………2頁
□仮面ライダー紹介
仮面ライダー龍騎/龍騎サバイブ/龍騎ブランク体…………………………3頁
仮面ライダーナイト/ナイトサバイブ…………………………………………5頁
仮面ライダーゾルダ……………7頁
仮面ライダー王蛇………………8頁
仮面ライダーシザース/仮面ライダーライア……………………………9頁
仮面ライダーガイ/仮面ライダーベルデ………………………………………10頁
仮面ライダータイガ/仮面ライダーインペラー……………………………11頁
仮面ライダーファム/仮面ライダーリュウガ………………………………12頁
仮面ライダーオーディン/オルタナティブ/オルタナティブ・ゼロ…13頁
□仮面ライダー龍騎 スペシャルインタビュー………………………………14頁
□開発秘話 -アドベントカードはこうして創られた-………………………21頁
□仮面ライダー龍騎 放映リスト
アドベントカードアーカイブス カードリスト………………………22頁
となっております。
萩野崇さんのインタビューとお写真について。
□仮面ライダー龍騎 スペシャルインタビュー…………………………………14頁
内の20頁目に掲載されております。
その他の方は、
須賀貴匡さん…15~16頁
松田悟志さん…17~18頁
小田井涼平(放送当時:涼平)さん…19頁
でインタビュー記事が掲載されております。
和書洋書における扉絵のような頁、ブックレット内の14頁には、ファイナルベントのアドベントカードを持った萩野さんをはじめとする、4人のキャストの方のお写真が1カットずつ掲載されております。
萩野さんのインタビュー頁に掲載されたお写真についてですが、以下の通りとなっております。
須賀貴匡さん…3カット
松田悟志さん…3カット
小田井涼平(放送当時:涼平)さん…2カット
萩野崇さん…2カット
とりあえず以上になりますが、その他気になられた点があればおってお知らせ下さい。
-追記-
萩野さんのお写真のお色と大きさについて。
写真は全てフルカラーでの掲載です。
大きさですが、手元に定規本体がなく、スマホの定規アプリで計ったのでおおよそになります。ですが確実に正確な大きさになるかと思います。ご了承下さい。(萩野さんのお写真の大きさのみ計測)
扉絵頁1カット…縦8㎝×横5.5㎝
インタビュー頁1カット目…縦6㎝×横5㎝
インタビュー頁2カット目…縦5.5㎝×横4㎝
になります。
質問者様のご期待にそえますかどうか当方では判り兼ねますが、ご満足頂ける回答であれば本望でございます。お写真とインタビュー記事読むと凄く楽しいです!萩野さんファンとの事でしたが、龍騎の歴史を網羅出来る、龍騎の作品DVD以上に龍騎の全てが詰まった商品になっておりますので、入手後ブックレットはもちろん、アドベントカード達の事をずっと大切にして行って欲しいと思っています!ぜひ龍騎達の事をもっと好きになって行って下さい!無事に入手出来る事を心より願っております。
アドベント!!
※萩野さんの事がお知りになりたかったようですが、ブックレット全体を細かく噛み砕いてみました。
質問タグ:仮面ライダー龍騎,萩野,萩野崇,アドベントカードアーカイブス,須賀貴匡,ブックレット,松田悟志

戦隊のイエローと言えば女性ですよね。 全36作中カレーマニアは2人し…

質問:戦隊のイエローと言えば女性ですよね。
全36作中カレーマニアは2人しかいないのに「イエローと言えばカレー」と言う人たちが多いのは不思議でたまりません。
明らかにキレンジャーやバルパンサーを知らない若い世代の人(デカイエロー役の木下あゆ美など)ですらそう思い込んでるようです。
彼ら(特に若い世代の人)はどうして誤った認識を植え付けられたのか、原因はなんでしょうか?
アンサー:このカテでも、たまに言及される話題ですね。
なんと言うか、都市伝説の伝播の構造に近いモノを感じます・・・
(都市伝説・・・大辞林「口承される噂話のうち、現代発祥のもので、根拠が曖昧・不明であるもの」)
勿論、キレンジャーは明確に存在したキャラなので、根拠の乏しい都市伝説と一緒には出来ませんが。
ゴレンジャーは、1975年~1977年に放送・・・で女性イエローが初登場したのは、1984年のバイオマンからです。
つまりこの間に、キレンジャー登場からイエローフォー登場まで約9年間の期間が空いている訳です。
この戦隊初期の9年間っていう時間は、非常に大きかったのではないでしょうか?
ちゃんと統計を調べていないので漠然とした推論になるのですが・・・ゴレンジャー世代及び初期戦隊世代はベビーブームで子供人口が多くて、その分視聴者人口も多く、今に比べると信じられないくらい視聴率も高かったみたいです。
この子供人口の多かった時代の、イエローフォーが登場するまでの9年間っていうのは、イエロー=デブでカレー好きっていうイメージを、世間に植え付けるには十分な時間だったのでは?
また初期戦隊でも、平均視聴率が高くて、未だに人気のあるサンバルカン(実際には前年のデンジマンの方が平均視聴率は高かったのですが)で、バルパンサーがカレー好きっていう設定をやってしまった為、そのイメージに拍車を掛けたと言うか、決定付けてしまったのではないか?と考えられます。
あと複数メディアによる二次加工された情報が、万延した結果ではないかと推測されます。これはどういう事かと言うと、戦隊を実際にまともに見た事が無い人も、80年代以降に頻繁に見られるようになった(と思われる)バラエティー番組の戦隊コントや、マンガで描かれた戦隊パロなどの誇張された情報を通して、間接的に戦隊のイエロー=デブでカレー好きという漠然としたイメージが植えつけられてしまった人が多いのかも知れません・・・
◆若い世代の人が「イエローはカレー」と言ってるとすれば、それはただ単にその人が最近の戦隊物を見ていないというだけのことじゃないんでしょうか。ゴレンジャーの再放送のみ見たことがあるか、いい加減なバラエティー番組等から得た情報に従ってるだけだと思いますよ。
私はゴレンジャーをリアルタイムでは見られなかった世代ですが、イエローイコール女性という世代でもなく、いろんなイエローを見てきました。
戦隊は、キャラと色の関係に法則なんかありません。傾向としては、確かに男性なら大柄な豪傑タイプか、特にカレー好きではなくても大食いだったり太めだったりコミカルだったりするキャラが多いですし、女性ならお姫様キャラや妹キャラのピンクに対してちょっと大人っぽい姐御キャラが多いですよね。
でも、それは何となく多いかな、という程度のもので、例外はいっぱいありますよね。長年やってたら、マンネリ化を防ぐためにもいろいろとバリエーションを考えるでしょうし。
だから、カラーにそれぞれ違った印象を持っている人がいて当たり前だと思います。
若い人で戦隊見て育った人だと、質問者様のように、イエローは女性と思ってる人も結構多いんじゃないでしょうか。
◆1番大きな原因として、ゴレンジャーは2年も放送されたこと、
また、いま相棒がアホみたいに再放送されてるように
昔は戦隊ヒーローが夕方や朝に何度も何度も再放送される
時代でした。
だから当時の子供はみんな一度はゴレンジャーをみて、
広まったんだと思います。
◆初代戦隊であるゴレンジャーの知名度が高すぎて、初代キレンジャーの特徴である「黄色で太めでカレー好き」と言う印象のみが一人歩きして世間に浸透してしまっていて、勝手な先入観を抱く人が多いからでしょう。その一方で二代目キレンジャーの存在や直接の後番組であるジャッカーに黄色がいない事については全然知られていないと言うのが、何とももどかしい所ですね。
あと、時々見られる、仮面ライダーへの「みんなキック技を使う」「みんなショッカーと戦う」、ウルトラマンへの「みんなスペシウム光線を使う」、と言う思い込みも同じような経緯で発生したものだと思います。
◆面白い事疑問に思いますね?(笑)。
私は「ゴレンジャー」をリアルタイムで視ていた世代ですが・・・キレンジャーの「大ちゃん」の影響で「イエローと言えばカレー」と思い込んでる一人です(笑)。
確かにメディアや書籍の影響は非常に大きいでしょうが、私達の世代は「親」になっているし、場合によっては「孫」がいるかもしれません・・・多分ですが、上の世代から下の世代への「刷り込み」も影響してるんじゃないんでしょうかね?。
「お父さんが子供の頃、ゴレンジャーってのがあってさ、その中にキレンジャーってカレー好きの・・・」って、話せば・・・その影響も無視出来ないと思いますよ・・・実際私も息子が幼い頃、話して聞かせてましたから(笑)。
日本の「戦隊モノ」が初めてアメリカで放映される時、「戦隊に女性隊員一人は男女平等に反する」みたいなワケの分らない理由で設定を変更し、ピンクだったかホワイトだったか・・・以外の残りのカラーで一番女性的な色のイエローを女性とした・・・と、以前何かで読んだ記憶があります。
日本でも、いつの間にか「イエローは女性」ってのが定着しましたが・・・案外アメリカみたいに「男女平等」とか「男女雇用均等法」なんかが影響してるのかも知れませんね(笑)。
◆おそらく、特撮以外での漫画や雑誌でゴレンジャーなどの初期の設定のまま説明をしていたので、誤った情報のまま定着してしまったんではないかと思います。
現に何巻かは忘れてしまいましたが、こち亀でイエローは”太っていてカレー好き”と紹介したシーンがありました。
もしくは、特撮にあまり知識がない方(もしくはあまり興味がない方、見た事がない方)が間違ったイメージのまま、ほかの人と特撮の話をするのでこちらでも定着してしまった可能性もあります。
私個人的にはイエローは女性のカラーと思っています。(2012年現在、魔法戦隊マジレンジャーを最後に男性イエローが登場していませんので。)
質問タグ:ゴレンジャー,キレンジャー,木下あゆ美,バルパンサー,若い世代,デカイエロー役,サンバルカン