5年経ったし2012年ドラフトの結果を眺める。 日公…大谷翔平 投手 花

5年経ったし2012年ドラフトの結果を眺める。 日公…大谷翔平 投手 花巻東高
讀賣…菅野智之 投手 東海大
西武…増田達至 投手 NTT西日本
中日…福谷浩司 投手 慶應義塾大
福岡…東浜巨 投手 亜細亜大
ヤク…石山泰稚 投手 ヤマハ
楽天…森雄大 投手 東福岡高
広島…高橋大樹 外野 龍谷大附平安高
千葉…松永昂大 投手 大阪ガス
阪神…藤浪晋太郎投手 大阪桐蔭高
オリ…松葉貴大 投手 大阪体育大
横浜…白崎浩之 内野 駒澤大
他の主な選手
小川泰弘(ヤクルト②=創価大)
鈴木誠也(広島②=二松学舎大附高)
北條史也(阪神②=青森光星学院高)
則本昂大(楽天②=三重中京大)
井納翔一(横浜③=NTT東日本)
鍵谷陽平(日本ハム③=中央大)
金子侑司(西武③=立命館大)
田村龍弘(ロッテ③=青森光星学院高)
高橋朋己(西武④=西濃運輸)
加藤翔平(ロッテ④=上武大)
金田和之(阪神⑤=大阪学院大)
宮﨑敏郎(横浜⑥=セガサミー)
山中浩史(ソフトバンク⑥=ホンダ熊本)
若松駿太(中日⑦=祐誠高)
飯田優也(ソフトバンク育3=東京農業大)
※金田和之はこの後オリックス移籍
当時の評価
★阪神は史上最高のドラフト!東都のエース東浜はソフトバンクが抽選券獲得。菅野は2年越しの夢叶う
阪神…120点
楽天…100点
福岡…100点
中日…90点
西武…90点
横浜…90点
千葉…90点
讀賣…90点
檻牛…80点
ヤク…80点
広島…70点
※日公はメジャー行きを表明していた大谷次第
みなさんはこの年のドラフト1位と総合で、それぞれどこが成功したか順位付けしてみてください。



1位 日本ハム やはり大谷の存在は圧倒的で今年になって鍵谷も物になってきた。
2位 巨人 こちらも球界のエース菅野を獲得できたので。他の選手は少し寂しいが‥
3位 西武 増田、金子、高橋と一軍レベルの選手を3人獲得できたのは大きい。
4位 横浜 井納はなんだんかんだ毎年ローテを守っており宮崎、少しぱっとしないが三嶋もいるため。このころから少し未来が見えてきたきがする。
5位 広島 昨年、今年の優勝の立役者鈴木誠也の獲得。特に昨シーズンは彼のいわゆる神ってる活躍からチームの勢いがブーストしたので彼なしでは優勝はなかったと思ってる。
6位 楽天 2013の日本一そしてそこからの3年則本がいなかったことを考えると彼の功績はとてつもなく大きい。個人的に森雄大にかなり期待しているのでそれ次第ではかなりの良ドラフトに。
7位 阪神 藤浪と北条の今後で大きく変わるが藤浪は既に入団から3年連続二桁勝っていることを考慮してこの順位。北条がもう一回り大きくなっていればもう一つ上の順位だったが。
8位ヤクルト 小川と石山を獲得できたので。小川は思ったより小さな選手になってしまったがかなり奮闘してる方だと思います。
9位 ソフトバンク 昨年あたりから東浜が出てきたが現時点では良いとは言えない。もし東浜が今後安定して二桁勝てるようならばまぁまぁのドラフトかな。
10位 ロッテ 松永がぱっとしなくなってきたが正捕手になりつつある田村を獲得できたので長期的に見れば当たりかもしれない。
11位 中日 福谷、若松がそれぞれ単年だけ活躍したが彼ら、特に福谷は今後厳しいと思うので杉山次第か。
12位 オリックス 松葉がそれなりに頑張ってはいるが他の選手が不甲斐なすぎたが今年になって武田が登場してきたのが楽しみなところ。
全体的にこの年は大谷、菅野、則本、鈴木、小川と一発大物を引いたチームが多いですね。
◆阪神は1位と2位を金本監督が壊しちゃったからな…。去年以上に寒い状況…北條は1番か2番じゃないとダメなのに。
読売は前の年に菅野を獲っていれば、1位は甲子園未出場の鈴木誠也で、2位も事前に熱心にスカウト出していた京田で大累も獲らなかったのにね。でも京田は2塁だったんだろうね。
ヤクルトがチーム構成上の比重では1番じゃないのw石山、小川、山中(バンク指名だけど)いなかったら100敗してたね。今年の敗戦数に合わせて96点!
本当は田中、鈴木で広島なんだろうけど。