青柳翔

【Q&A】プロ野球ドラフト会議2015で得した球団で順位を付けてください。 最終...

投稿日:

【Q&A】プロ野球ドラフト会議2015で得した球団で順位を付けてください。 最終...

プロ野球ドラフト会議2015で得した球団で順位を付けてください。 最終...

プロ野球ドラフト会議2015で得した球団で順位を付けてください。 最終指名結果
【ヤクルト】
1位 原 樹理 東洋大 投手
2位 広岡 大志 智弁学園 内野手
3位 高橋 奎二 龍谷大平安 投手
4位 日隈ジュリアス 高知 中央投手
5位 山崎晃大朗 日大 外野手
6位 渡辺 大樹 専大松戸 内野手
【巨人】
1位 桜井 俊貴 立命館大 投手
2位 重信慎之介 早大 外野手
3位 与那原大剛 普天間 投手
4位 宇佐見真吾 城西国際大 捕手
5位 山本 泰寛 慶大 内野手
6位 巽 大介 岩倉 投手
7位 中川 皓太 東海大 投手
8位 松崎 啄也 日本製紙石巻 内野手
【阪神】
1位 高山 俊 明大 外野手
2位 坂本誠志郎 明大 捕手
3位 竹安 大知 熊本ゴールデンラークス 投手
4位 望月 惇志 横浜創学館 投手
5位 青柳 晃洋 帝京大 投手
6位 板山祐太郎 亜大 外野手
【広島】
1位 岡田 明丈 大商大 投手
2位 横山 弘樹 NTT東日本 投手
3位 高橋 樹也 花巻東 投手
4位 船越 涼太 王子 捕手
5位 西川 龍馬 王子 内野手
6位 仲尾次オスカル Honda 投手
7位 青木 陸 山形中央 内野手
【中日】
1位 小笠原慎之介 東海大相模 投手
2位 佐藤 優 東北福祉大 投手
3位 木下 拓哉 トヨタ自動車 捕手
4位 福 敬登 JR九州 投手
5位 阿部 寿樹 Honda 内野手
6位 石岡 諒太 JR東日本 内野手
【DeNA】
1位 今永 昇太 駒大 投手
2位 熊原 健人 仙台大 投手
3位 柴田 竜拓 国学院大 内野手
4位 戸柱 恭孝 NTT西日本 捕手
5位 綾部 翔 霞ケ浦 投手
6位 青柳 昴樹 大阪桐蔭 外野手
7位 野川 拓斗 鷺宮製作所 投手
【ソフトバンク】
1位 高橋 純平 県岐阜商 投手
2位 小沢 怜史 日大三島 投手
3位 谷川原健太 豊橋中央 捕手
4位 茶谷 健太 帝京三 投手
5位 黒瀬 健太 初芝橋本 捕手
6位 川瀬 晃 大分商 内野手
【日本ハム】
1位 上原 健太 明大 投手
2位 加藤 貴之 新日鉄住金かずさマジック 投手
3位 井口 和朋 東農大北海道オホーツク 投手
4位 平沼 翔太 敦賀気比 投手
5位 田中 豊樹 日本文理大 投手
6位 横尾 俊建 慶大 内野手
7位 吉田 侑樹 東海大 投手
8位 姫野 優也 大阪偕星学園 外野手
【ロッテ】
1位 平沢 大河 仙台育英 内野手
2位 関谷 亮太 JR東日本 投手
3位 成田 翔 秋田商 投手
4位 東條 大樹 JR東日本 投手
5位 原 嵩 専大松戸 投手
6位 信楽 晃史 宮崎梅田学園 投手
7位 高野 圭佑 JR西日本 投手
【西武】
1位 多和田真三郎 富士大 投手
2位 川越 誠司 北海学園大 投手
3位 野田 昇吾 西濃運輸 投手
4位 大滝 愛斗 花咲徳栄 外野手
5位 南川 忠亮 JR四国 投手
6位 本田 圭佑 東北学院大 投手
7位 呉 念庭第一工大 内野手
8位 国場 翼第一工大 投手
9位 藤田 航生 弘前工 投手
10位 松本 直晃 四国・香川 投手
【オリックス】
1位 吉田 正尚 青学大 外野手
2位 近藤 大亮 パナソニック 投手
3位 大城 滉二 立大 内野手
4位 青山 大紀 トヨタ自動車 投手
5位 吉田 凌 東海大相模 投手
6位 佐藤 世那 仙台育英 投手
7位 鈴木 昂平 三菱重工名古屋 内野手
8位 角屋 龍太 ジェイプロジェクト 投手
9位 赤間 謙 鷺宮製作所 投手
10位 杉本裕太郎 JR西日本 外野手
【楽天】
1位 オコエ瑠偉 関東第一 外野手
2位 吉持 亮汰 大商大 内野手
3位 茂木栄五郎 早大 内野手
4位 堀内 謙伍 静岡 捕手
5位 石橋 良太 Honda 投手
6位 足立 祐一 パナソニック 捕手
7位 村林 一輝 大塚 内野手

アンサー

やっぱ高校NO,1投手高橋純平を獲ったソフトバンク
大学NO,1投手多和田真三郎を獲った西武でしょ
1位 ソフトバンク
2位 西武
3位 ロッテ
4位 DeNA
5位 中日
6位 広島
7位 巨人
8位 阪神
9位 ヤクルト
10位 オリックス
11位 日本ハム
12位 楽天
◆楽天のオコエは人気先行だけでチャンスに打てたイメージが低い。
投手を補強できなかったので最下位。
◆一番は明らかにDeNA。即戦力となりうる投手を二枚も獲得できたのは好材料。下位指名も青柳など将来有望な選手を取れているので大成功のドラフトと言える。
対照的に最も悪かったのが巨人。監督不在だったため全く指名の意図が見えないドラフトに。それでも、与那原と巽は素晴らしい逸材であるので、今後投手王国の世代交代の上では大切なドラフトになるかもしれない。
阪神は二位で坂本を指名。正直これは意味がわからない。これに大切な二順目を使うのは謎としか言いようがない。それでも、五順目の青柳はハマれば一年目から一軍で大活躍できるであろう選手なので失敗とも言い切れない。
各球団見ていくと対照的なのがロッテと楽天。野手一人・投手六人のロッテと投手一人・野手六人の楽天は両極端だと言えるが、補強ポイントを考えると今季のチーム打率とチーム防御率からも分かるように野手と投手は均等に指名すべきであったであろう両チームがそれぞれ両極端に走ったのは正直意外だった。このあたりに両監督、特に梨田監督の思惑が見て取れる。ただ、それ以上に一巡目のくじの結果がこの状態を招いたであろう事は容易に想像されるため、そこに改めてドラフトの面白さを感じた。
又、西武・日本ハムも投手を大量指名。ただ、これは今季の両チームを見れば想像はできたことなのでここでは詳しくは書かない。因みに日ハムは平沼を内野手で指名しているので一応。個人的にこれは素晴らしい指名だったと思う。それも含めて、この二球団では日ハムの方が成功のドラフトか。
オリックスは上位で即戦力かつチームの核となれる三選手を指名。特に大城・吉田は一年目から一軍で活躍できるであろう。野手の指名に関してはここが一番成功したのではないだろうか。
中日は一巡目で高橋を取り逃がしたものの、それに勝るとも劣らないジャイアンツカップ&甲子園優勝投手小笠原を抽選で引き当てた。又、三位では谷繁の真の後継者となりうる木下を指名できたほか下位で即戦力野手の指名を抑えられたので合格点と言っていいだろう。
広島はドラフトのお手本のような指名。それだけにいい選手はそこそこ集まったものの、言ってしまえば面白みに欠けるドラフトになった。手堅く行った、というのは決して褒め言葉にはならないことに注意せねばならない。
最後に残ったのは両リーグの覇者、ソフトバンクとヤクルト。バンクは高校生を指名したことで、数年後のチームの中心にという意図がこれ以上ないくらい分かりやすく伝わってくる。一応触れないわけにはいかない高橋純平含めて、素材を重視した指名になった。即戦力捕手を指名しなかったことは少々意外だったが、またお得意の札束攻勢で細川・鶴岡に次ぐ誰かを取って来るのだろう。
ヤクルトは意中の高山を逃したものの、実戦派投手・原の一位指名は結果的にプラスに働く可能性も大きいだろう。又、五位指名の山崎を取れた時点でヤクルトの今年のドラフトは成功だったとしてしまって問題ないだろう。そのほかの指名が高校生なのもソフトバンクと一緒の意図が見える。
総合的に考えて、順番付けるならこうなるだろう
DeNA
日ハム オリックス
ソフトバンク
楽天 西武 阪神
中日 ヤクルト
ロッテ 広島
巨人
ただ、今年のドラフトに関していえば、巨人以外は各球団しっかりとした指名ができているように感じる。その巨人も素材の指名としては十二球団でも上位に来るので今年に関していえばそんなに大コケした球団は無いのではないだろうか。
◆時期早尚です。各球団事情が違いますので、一概に順位はつけられません。
◆この質問ばかりは難しいですよね!!
来年、もしくは4・5年後になってみないと成功か成功じゃないかわかりません。
ということで
分かて順位付けしてみます。自分はこう思うという評価です。素人ですので参考にはなりませんが…自分が注目の勝俣君は選ばれませんでしたし…
即戦力部門
1位 オリックス
2位 横浜
3位 日ハム
将来性部門
1位 ソフトバンク
2位 ロッテ
3位 ヤクルト
バランス部門
1位 ヤクルト
2位 横浜
3位 楽天
って感じですかね。
総合的には自分の好きなドラフトはソフトバンクですが。
いいドラフトができたなと思ったのは意外にヤクルトです。
◆1位 日本ハム
1位獲得で2回抽選に外れたけど明大の上原健太投手が残っていたのは大きい。「残り者に福あり。」きっと来シーズンの即戦力NO,1投手ですよ。
最下位は相変わらず阪神ですねぇ
明大の高山俊外野手はたしかにイイ選手だが、なにも1位で獲らんでも2位か3位でも十分獲得できる選手。1位券を無駄にしとる。
毎回思うけど、ホンマにドラフト下手やわ~
◆1位 ソフトバンク
2位 横浜
3位 オリックス
4位 ロッテ
5位 西武
6位 日ハム
7位 阪神
8位 中日
9位 広島
10位 巨人
11位 ヤクルト
12位 楽天


質問タグ:JR東日本,内野手,JR西日本,外野手,投手,ヤクルト,オリックス

【最新】今回のドラフト会議の結果で、 驚いたことは何ですか? 「巨人がドラ...

今回のドラフト会議の結果で、 驚いたことは何ですか? 「巨人がドラ...

今回のドラフト会議の結果で、
驚いたことは何ですか? 「巨人がドラフト会議に参加した事」
「野球賭博の問題児軍団巨人がなに指名してるんだ」
「野球賭博の問題児軍団巨人がドラフトを辞退しなかったこと」
以外で
【結果】
ソフトバンク
○1位 高橋 純平 県岐阜商高
2位 小澤 怜史 日大三島高
3位 谷川原 健太 豊橋中央高
4位 茶谷 健太 帝京三高
5位 黒瀬 健太 初芝橋本高
6位 川瀬 晃 大分商高
育成1位 野澤 佑斗 つくば秀英高
育成2位 児玉 龍也 神奈川大
育成3位 樋越 優一 東京農業大北海道オホーツク
育成4位 中村 晨 ルーテル学院高
育成5位 渡辺 健史 飯塚高
日本ハム
X1位 高橋 純平 県岐阜商高
X1位 小笠原 慎之介 東海大相模高
1位 上原 健太 明治大
2位 加藤 貴之 新日鉄住金かずさマジック
3位 井口 和朋 東京農業大北海道オホーツク
4位 平沼 翔太 敦賀気比高
5位 田中 豊樹 日本文理大
6位 横尾 俊建 慶応義塾大
7位 吉田 侑樹 東海大
8位 姫野 優也 大阪偕星高
ロッテ
○1位 平沢 大河 仙台育英高
2位 関谷 亮太 JR東日本
3位 成田 翔 秋田商高
4位 東條 大樹 JR東日本
5位 原 嵩 専大松戸高
6位 信楽 晃史 宮崎梅田学園
7位 高野 圭佑 JR西日本
育成1位 大木 貴将 香川オリーブガイナーズ
育成2位 柿沼 友哉 日本大学国際関係学部
西武
1位 多和田 真三郎 富士大
2位 川越 誠司 北海学園大
3位 野田 昇吾 西濃運輸
4位 大滝 愛斗 花咲徳栄高
5位 南川 忠亮 JR四国
6位 本田 圭佑 東北学院大
7位 呉 念庭 第一工業大
8位 國場 翼 第一工業大
9位 藤田 航生 弘前工高
10位 松本 直晃 香川オリーブガイナーズ
オリックス
1位 吉田 正尚 青山学院大
2位 近藤 大亮 パナソニック
3位 大城 滉二 立教大
4位 青山 大紀 トヨタ自動車
5位 吉田 凌 東海大相模高
6位 佐藤 世那 仙台育英高
7位 鈴木 昴平 三菱重工名古屋
8位 角屋 龍太 ジェイプロジェクト
9位 赤間 謙 鷺宮製作所
10位 杉本 裕太郎 JR西日本
育成1位 塚田 貴之 白鴎大
育成2位 赤松 幸輔 香川オリーブガイナーズ
楽天
X1位 平沢 大河 仙台育英高
1位 オコエ 瑠偉 関東一高
2位 吉持 亮汰 大阪商業大
3位 茂木 栄五郎 早稲田大
4位 堀内 謙伍 静岡高
5位 石橋 良太 Honda
6位 足立 祐一 パナソニック
7位 村林 一輝 大塚高
育成1位 出口 匠 津田学園高
育成2位 山田 大樹 菰野高
巨人
1位 桜井 俊貴 立命館大
2位 重信 慎之介 早稲田大
3位 與那原 大剛 普天間高
4位 宇佐見 真吾 城西国際大
5位 山本 泰寛 慶応義塾大
6位 巽 大介 岩倉高
7位 中川 皓太 東海大
8位 松崎 啄也 日本製紙石巻
育成1位 増田 大輝 徳島インディゴソックス
育成2位 小林 大誠 武蔵ヒートベアーズ
育成3位 松澤 裕介 香川オリーブガイナーズ
育成4位 田島 洸成 武蔵ヒートベアーズ
育成5位 大竹 秀義 武蔵ヒートベアーズ
育成6位 山下 篤郎 鎮西高
育成7位 矢島 陽平 武蔵ヒートベアーズ
育成8位 長谷川 潤 石川ミリオンスターズ
ヤクルト
X1位 高山 俊 明治大
1位 原 樹理 東洋大
2位 廣岡 大志 智弁学園高
3位 高橋 奎二 龍谷大平安高
4位 日隈 ジュリアス 高知中央高
5位 山崎 晃大朗 日本大
6位 渡邉 大樹 専大松戸高
広島
1位 岡田 明丈 大阪商業大
2位 横山 弘樹 NTT東日本
3位 高橋 樹也 花巻東高
4位 船越 涼太 王子
5位 西川 龍馬 王子
6位 仲尾次 オスカル Honda
7位 青木 陸 山形中央高
DeNA
1位 今永 昇太 駒沢大
2位 熊原 健人 仙台大
3位 柴田 竜拓 国学院大
4位 戸柱 恭孝 NTT西日本
5位 綾部 翔 霞ヶ浦高
6位 青柳 昴樹 大阪桐蔭高
7位 野川 拓斗 鷺宮製作所
育成1位 網谷 圭将 千葉英和高
育成2位 山本 武白志 九州国際大付高
育成3位 田村 丈 関西学院大卒
中日
X1位 高橋 純平 県岐阜商高
○1位 小笠原 慎之介 東海大相模高
2位 佐藤 優 東北福祉大
3位 木下 拓哉 トヨタ自動車
4位 福 敬登 JR九州
5位 阿部 寿樹 Honda
6位 石岡 諒太 JR東日本
育成1位 中川 誠也 愛知大
育成2位 吉田 嵩 徳島インディゴソックス
育成3位 三ツ間 卓也 武蔵ヒートベアーズ
育成4位 西濱 幹紘 星城大
育成5位 呉屋 開斗 八戸学院光星高
育成6位 渡辺 勝 東海大
阪神
○1位 高山 俊 明治大
2位 坂本 誠志郎 明治大
3位 竹安 大知 熊本ゴールデンラークス
4位 望月 惇志 横浜創学館高
5位 青柳 晃洋 帝京大
6位 板山 祐太郎 亜細亜大

アンサー

歳内くん大好きの私は真中監督がくじを勘違いしたことと
金本監督がきちんと確認しなかったことですね!
◆武蔵ヒートベアーズから5人も(育成ですが)指名されたことです。
来年も武蔵から指名されますように・・・
◆アニキが最初に触ったくじではなく変えて見事にあたりを引いたところは驚きましたね
何か感じたのかなーってずっと不思議です
◆大阪偕星の姫野が8位とはいえ、ドラフトに引っ掛かったこと。サボりの過去がばれている分、どこも声かけないと思っていたから。
あと、名前で気になるオスカル…。
◆ヤクルト真中監督のまさかの勘違いと
小笠原とオコエが、1巡目で指名されなかったことです。
◆阪神金本監督が、指名直後の高山選手へのインタビューあいさつで「練習厳しいぞ!」と言ったこと。ちょっと違うだろ?
DeNAラミレス監督が熊原選手へのインタビューあいさつで「おめでとう!」と言ったこと。ちょっと違うだろ?
二人とも立場と日本語わかってないやろ。


質問タグ:JR東日本,香川オリーブガイナーズ,武蔵ヒートベアーズ,JR西日本,明治大学,オコエ,小笠原

【危険】今回のドラフト会議で、 一番成功したと思う球団は、 どこだと思いま...

今回のドラフト会議で、 一番成功したと思う球団は、 どこだと思いま...

今回のドラフト会議で、
一番成功したと思う球団は、
どこだと思いますか? 【結果】
ソフトバンク
○1位 高橋 純平 県岐阜商高
2位 小澤 怜史 日大三島高
3位 谷川原 健太 豊橋中央高
4位 茶谷 健太 帝京三高
5位 黒瀬 健太 初芝橋本高
6位 川瀬 晃 大分商高
育成1位 野澤 佑斗 つくば秀英高
育成2位 児玉 龍也 神奈川大
育成3位 樋越 優一 東京農業大北海道オホーツク
育成4位 中村 晨 ルーテル学院高
育成5位 渡辺 健史 飯塚高
日本ハム
X1位 高橋 純平 県岐阜商高
X1位 小笠原 慎之介 東海大相模高
1位 上原 健太 明治大
2位 加藤 貴之 新日鉄住金かずさマジック
3位 井口 和朋 東京農業大北海道オホーツク
4位 平沼 翔太 敦賀気比高
5位 田中 豊樹 日本文理大
6位 横尾 俊建 慶応義塾大
7位 吉田 侑樹 東海大
8位 姫野 優也 大阪偕星高
ロッテ
○1位 平沢 大河 仙台育英高
2位 関谷 亮太 JR東日本
3位 成田 翔 秋田商高
4位 東條 大樹 JR東日本
5位 原 嵩 専大松戸高
6位 信楽 晃史 宮崎梅田学園
7位 高野 圭佑 JR西日本
育成1位 大木 貴将 香川オリーブガイナーズ
育成2位 柿沼 友哉 日本大学国際関係学部
西武
1位 多和田 真三郎 富士大
2位 川越 誠司 北海学園大
3位 野田 昇吾 西濃運輸
4位 大滝 愛斗 花咲徳栄高
5位 南川 忠亮 JR四国
6位 本田 圭佑 東北学院大
7位 呉 念庭 第一工業大
8位 國場 翼 第一工業大
9位 藤田 航生 弘前工高
10位 松本 直晃 香川オリーブガイナーズ
オリックス
1位 吉田 正尚 青山学院大
2位 近藤 大亮 パナソニック
3位 大城 滉二 立教大
4位 青山 大紀 トヨタ自動車
5位 吉田 凌 東海大相模高
6位 佐藤 世那 仙台育英高
7位 鈴木 昴平 三菱重工名古屋
8位 角屋 龍太 ジェイプロジェクト
9位 赤間 謙 鷺宮製作所
10位 杉本 裕太郎 JR西日本
育成1位 塚田 貴之 白鴎大
育成2位 赤松 幸輔 香川オリーブガイナーズ
楽天
X1位 平沢 大河 仙台育英高
1位 オコエ 瑠偉 関東一高
2位 吉持 亮汰 大阪商業大
3位 茂木 栄五郎 早稲田大
4位 堀内 謙伍 静岡高
5位 石橋 良太 Honda
6位 足立 祐一 パナソニック
7位 村林 一輝 大塚高
育成1位 出口 匠 津田学園高
育成2位 山田 大樹 菰野高
巨人
1位 桜井 俊貴 立命館大
2位 重信 慎之介 早稲田大
3位 與那原 大剛 普天間高
4位 宇佐見 真吾 城西国際大
5位 山本 泰寛 慶応義塾大
6位 巽 大介 岩倉高
7位 中川 皓太 東海大
8位 松崎 啄也 日本製紙石巻
育成1位 増田 大輝 徳島インディゴソックス
育成2位 小林 大誠 武蔵ヒートベアーズ
育成3位 松澤 裕介 香川オリーブガイナーズ
育成4位 田島 洸成 武蔵ヒートベアーズ
育成5位 大竹 秀義 武蔵ヒートベアーズ
育成6位 山下 篤郎 鎮西高
育成7位 矢島 陽平 武蔵ヒートベアーズ
育成8位 長谷川 潤 石川ミリオンスターズ
ヤクルト
X1位 高山 俊 明治大
1位 原 樹理 東洋大
2位 廣岡 大志 智弁学園高
3位 高橋 奎二 龍谷大平安高
4位 日隈 ジュリアス 高知中央高
5位 山崎 晃大朗 日本大
6位 渡邉 大樹 専大松戸高
広島
1位 岡田 明丈 大阪商業大
2位 横山 弘樹 NTT東日本
3位 高橋 樹也 花巻東高
4位 船越 涼太 王子
5位 西川 龍馬 王子
6位 仲尾次 オスカル Honda
7位 青木 陸 山形中央高
DeNA
1位 今永 昇太 駒沢大
2位 熊原 健人 仙台大
3位 柴田 竜拓 国学院大
4位 戸柱 恭孝 NTT西日本
5位 綾部 翔 霞ヶ浦高
6位 青柳 昴樹 大阪桐蔭高
7位 野川 拓斗 鷺宮製作所
育成1位 網谷 圭将 千葉英和高
育成2位 山本 武白志 九州国際大付高
育成3位 田村 丈 関西学院大卒
中日
X1位 高橋 純平 県岐阜商高
○1位 小笠原 慎之介 東海大相模高
2位 佐藤 優 東北福祉大
3位 木下 拓哉 トヨタ自動車
4位 福 敬登 JR九州
5位 阿部 寿樹 Honda
6位 石岡 諒太 JR東日本
育成1位 中川 誠也 愛知大
育成2位 吉田 嵩 徳島インディゴソックス
育成3位 三ツ間 卓也 武蔵ヒートベアーズ
育成4位 西濱 幹紘 星城大
育成5位 呉屋 開斗 八戸学院光星高
育成6位 渡辺 勝 東海大
阪神
○1位 高山 俊 明治大
2位 坂本 誠志郎 明治大
3位 竹安 大知 熊本ゴールデンラークス
4位 望月 惇志 横浜創学館高
5位 青柳 晃洋 帝京大
6位 板山 祐太郎 亜細亜大

アンサー

一番成功とは何をもって成功というのかが大事になってきますが、現在のチーム事情と照らし合わせるとなるとやはりソフトバンクとオリックス、あとDeNAですかね。
ソフトバンクは他球団が即戦力を獲得せざるを得ない状況の中、チームに余裕があるので他球団からよだれがでそうなほど素材型の優秀な高校生をがっつり獲得できました。
オリックスは去年もそうですが即戦力を中心に全体的にバランスよく獲得できなかなかうまい指名をしたと思います。
DeNAは二位に熊原を獲得できたことに尽きるでしょう。
今永一本釣りでもおいしいのに熊原を二位で獲得って・・・。
三浦二世となりえるほどの球威と馬力、ここぞの制球力を持ったいい選手なので即戦力投手を欲する他球団からしたら羨ましすぎるでしょうね。
私もこの二人の獲得には少々嫉妬しましたw
ちなみに球団に属さないフリーのスカウトらが何人か今ドラフトの採点をネットや雑誌で発表してるみたいですが、それだとほとんどの方がソフトバンクを満点近い採点でトップにしてるようです。
◆セリーグでは、DNAですね!
1位と2位の投手は即戦力であり、3位の柴田選手の
守備は目を見張るものがあり、将来、ショートで活躍
する可能性も充分あり得る存在です。
パリーグは、ロッテですね!
平沢大河選手は、立浪選手や鳥谷選手のように球界を
代表するショートに成長すること間違いなし!
2位の関谷投手は、1位で指名されてもおかしくなかった
即戦力の投手
3位の成田投手は、甲子園で16奪三振を記録したスター
であります。伊東監督はまさにしてやったりでしょう!
◆ソフトバンクと言いたいところですが、高校生のノビシロはスカウトであれどんな選手になるか解らないものです
高校生ばかりということはそれなりのギャンブル的なリスクはありますので、成功か否かは3年後を見てみないと誰にもわかりません
来年の戦力で考えると、DENA、中日、オリックスがいいドラフトだと思います
◆ソフトバンクでしょう。
高校生を育てるのが上手いですし。
◆楽天、ソフトバンク、ロッテでしょう。
楽天はオコエ瑠偉を獲得できたのが大きいです。
◆1.ソフトバンク
2.楽天
3.ロッテ


質問タグ:JR東日本,香川オリーブガイナーズ,JR西日本,武蔵ヒートベアーズ,明治大学,ソフトバンク,即戦力

-青柳翔
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.