秋吉久美子

【究極】〔 1F事故後に親&配偶者&子供を亡く(早世)した著名人、数知れず 〕 ...

投稿日:

【究極】〔 1F事故後に親&配偶者&子供を亡く(早世)した著名人、数知れず 〕 ...

〔 1F事故後に親&配偶者&子供を亡く(早世)した著名人、数知れず 〕 ...

〔 1F事故後に親&配偶者&子供を亡く(早世)した著名人、数知れず 〕
〔中畑氏が号泣、妻・仁美さんの死「受け入れられなかった〕
(デイリースポーツ 2016年2月19日配信 )
前DeNA監督の中畑清氏(62)が
19日、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」
(金曜、後9時)に出演し、
2012年12月に他界した妻・仁美さん(享年59)
との二人三脚だった半生を回想。
「こんなに早く逝くとは思わなかった。辛かった」
などとあらためて亡き妻への思いに浸り号泣した。

***
少なくとも、
当方の旧ID(tamikotea2)の知恵ノートに
記録した分を遡っていけばお分かりのように、
1F事故後の僅か5年間の間に、
親&配偶者&子供を亡く(早世)した著名人は
(特にあまりにも高齢のケースや交通事故等の
「被曝要因的事象」以外の他要因は当然除く)
1F事故前と比しても、
今回の中畑氏に限らず、
明らかに物凄い数です。
ごく数例を挙げれば、
特に比較的最近では、
〔読売テレビ・清水健アナウンサーの妻11日、
乳がんのため死去(29)〕
~読テレ清水アナ 一昨年結婚した妻死去
昨年10月には第1子誕生したばかり
(デイリースポーツ 2015年2月12日配信 )
その他
TV司会・みのもんた氏の妻
御法川靖子(スタイリスト)(2012年没)
政治家・谷垣禎一氏の妻
佳子さん(2011年6月死別)
フィギュアスケート・
浅田真央選手の母
匡子さん(享年48)
(2011年12月死別)
等々。
更に、病死以外の不自然死も含めると、
〔今年に入り、女優・秋吉久美子と
俳優・草刈正雄の息子が相次いで転落死〕
〔秋吉久美子ショック 長男転落死〕
(2015年2月12日)
〔草刈正雄の長男が転落死 事務所7階から〕
(2015年2月16日)
等々。
当方の大まかな推計だけでも、
おそらく三桁の大台にのっていると思われます。
(特にあまりにも高齢のケースや交通事故等の
「被曝要因的事象」以外の他要因は当然除く)
著名人の間ですら
このような異常な状況なので
一般人の間で
1F事故後に配偶者&子供を亡く(早世)
されたケースは、
既に3,000人を超越する認定「震災関連死」を筆頭に、
公的な推計値と著しく乖離し、
既に膨大な数にのぼっていると思われます。
これら一連の異常事態は
1F事故に起因する被曝事項が
主要因であることしか、考えられないと
思うのですが、どのように思われますか?
そして、
当方も何度も触れているように、
チェルノブイリの経験則からも
被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期)
が2016年度以降。
そうすると、今年2016年度以降、
比較的若年層の突然死を筆頭とした
この種の重篤な健康被害も、
従前とは桁違いの規模で表面化し、
近い将来、唐突的な身内との永遠の別れに
遭遇するケースも膨大に膨れ上がるのでは?
今後、再度、迫りくる巨大地震も
加味すれば、尚更です。
まぁ、何れにせよ、
被曝汚染地帯の東日本を中心に
今日の国内在住者の日本人のほとんどが、
(被曝に伴う)寿命短縮を100%宿命づけられて
いるだけに、
後々後悔しないように、
特に、くだらない些細なトラブルに
起因した争い事をなるべく回避した方が
無難かと。
ともに残された貴重な余生を
些細なトラブルに起因した
くだらん心労に費やすことほど
愚行な行為はありませんから。
特に今日の日本内国人に関し、
歴史的宿命を素直に受け入れるしか
もはや術はありません。
PS
【ウクライナ犠牲(だけでも)
150万人か~チェルノブイリ原発事故】
(2005/04/24 【共同通信】)
「【モスクワ24日共同】
(2005年4月)23日のタス通信によると、
1986年に旧ソ連ウクライナ共和国で起きた
チェルノブイリ原発事故の被害者で
つくるウクライナの「チェルノブイリ身体障害者同盟」は、
事故に関連する同国内の死者が150万人以上に上った
との調査結果をまとめた。
事故発生から19周年となる
2005年4月26日を前に公表した。
調査によると、
事故で被ばくした人はウクライナ国内で約350万人で、
うち120万人が子供だという。
ロシア政府によると、
同事故による隣国ロシアでの被ばく者は
145万人に上っている。」
~旧ソ連ウクライナ共和国だけの
2005年度データ(⇒ベラルーシ、ロシア除く)~
被曝者:約350万人(⇒うち120万人が子供)
被曝関連死:150万人以上(被曝者の約43%)
◎【今後、20年間の間に
約2150万人が被曝関連死するというのに・・】
◎【東日本80%が放射線障害を発症、
寿命は20年も縮まる】

アンサー

中畑清氏の奥様が亡くなったのは子宮頸がんによる。
おまえの屁理屈では放射能は子宮にでも蓄積するとでも
言うのか? 新しい学説として学会で発表でもしたらどうだ?
他人様の死を嬉しそうに書き散らすオマエのような
クズ野郎=放射脳と呼ぶんだ!このドクズ野郎が!!
◆東日本大震災は自然に起きた地震ではありません。
◆4年前に福島県に旅行に行き、そこで福島の食事を堪能した。
福島原発事故後も継続して福島産の食品を積極的に食べているが、すこぶる健康である。
復興の妨げや風評被害の源になっているのは、民主党に大きな責任がある。
民主党が、「年間1ミリシーベルト以下」という除染の長期目標値を設定したからだ。
達成困難な数値が逆に人々を苦しめる結果を招いている。
放射線被曝の影響が、がんを増やすという形で出現するのは、短時間で100ミリシーベルト以上の場合だ。
それもがんを増やす確率が上昇する値は、100ミリシーベルトでたったの0.5%だ。
最初から「年間20ミリシーベルト以下」とするべきであった。
民主党はこの責任をどう取るつもりなのか?
2016.2.21 05:02
【主張】
1ミリシーベルト 呪縛解き現実的な数値を
日本国内を「1ミリシーベルト」という妖怪が徘徊(はいかい)している趣である。
福島原発事故から5年を迎えようとする中で、「年間1ミリシーベルト以下」という除染の長期目標値が、本来あるべき復興の妨げや風評被害の源になっている。
民主党政権下で決まった追加被曝(ひばく)線量に対する数値だ。厳しければ厳しいほど安全という発想で決められたのだろうが、達成困難な数値が逆に人々を苦しめる結果を招いている。
放射線被曝の影響が、がんを増やすという形で出現するのは100ミリシーベルト以上の場合だ。
国際放射線防護委員会(ICRP)が提唱する、事故からの復興途上における線量抑制の目安は年間1~20ミリシーベルトとされている。
仮に、除染の目標値が、帰還の目安でもある20ミリシーベルトに設定されていたなら、除染廃棄物の量も大幅に減っていたはずである。
20ミリシーベルトの被曝がもたらすリスクというのも極めて低い。野菜嫌い、塩分の過剰摂取による発がんリスクは、それぞれ100ミリシーベルト、500ミリシーベルトの被曝に相当する。そう考えれば20ミリシーベルトの影響は生活習慣に埋もれてしまう水準だ。
先日の丸川珠代環境相の1ミリシーベルト無根拠発言は、こうしたことを言いたかったのだろうが、軽率に過ぎた。しかも批判されるとあっさり撤回してしまった。
科学の領域において、低線量では不確実性が増す。そういう問題ではなく、人生観や価値観が意味を持つ哲学の領域で論ずべきことを丁寧に語ってほしかった。
国民の間で目標値に関する冷静な議論が始まる糸口となる可能性があっただけに、残念だ。
「1ミリシーベルト」の呪縛力は、放射線を正しく恐れる判断力を人々から奪い、除染に要する費用を天井知らずに押し上げている。福島県をはじめとする被災地の復興には、前向きの発想が必要だ。
早急には実現できない1ミリシーベルトの除染目標に、これからも不安といらだちの念を抱き続けて過ごすのか。それとも現実的で、より意味のある目標値に切り替えて、夢と希望を引き寄せるのか。
結論は自明のはずだが、後者の選択が容易でないのは1ミリシーベルトが絶対の安心基準へと変質しているためだろう。原因は政治の決定に根ざしている。硬化した呪縛を解いて復興を促進するのは、党派を超えて政治の責務である。
◆福島県は当然ながら十分に人が住める場所である。
福島県南相馬市の住民の内部・外部被曝の被曝量はとっくの昔に十分下がっていることは、データが証明している。
2016.2.21 12:10
【被曝リスクを検証する(上)】
命奪うのは放射線ではない 10万人検査の医師が報告した真のリスクとは
南相馬市の住民の内部・外部被曝の状況
小さな診察室に穏やかな空気が流れた。
「大丈夫。今の生活で食べているものは、何も問題ありませんよ」
子供が被曝していないか不安そうな母親をなだめるように、医師の坪倉正治さん(34)は言葉をかけた。「ありがとう」。女の子がはにかむと、坪倉医師は185センチの長身をかがめて「どういたしまして」とほほ笑んだ。
東京電力福島第1原発から北に約23キロ離れた福島県南相馬市立総合病院。坪倉さんは東大医科学研究所に研究員として籍を置きながら、週の半分をここで過ごす。毎週火曜日の午後は、乳幼児専用のホールボディーカウンター(WBC)「BABY SCAN(ベビースキャン)」を使い、6歳以下の児童の内部被曝量を測定している。体外から放射線を浴びる外部被曝に対し、飲食物から被曝する内部被曝は、健康への影響がより大きい。
この日、長女(5)の検診で訪れた女性(36)は、平成23年3月の東京電力福島第1原発事故で、まだ生後3カ月だった長女とともに県外へ避難し、2年ほど前に南相馬市の実家に戻った。
「子供に内部被曝の検査を受けさせていないことが、ずっと心に引っかかっていた」。結果を聞き、「ほっとした。2人目も安心して育てられる」。間もなく生まれる新しい命に語りかけるように、大きくなったおなかをさすった。
■ ■
坪倉さんが南相馬市に入ったのは、原発事故から約1カ月後の23年4月。これまでに南相馬市と周辺自治体の延べ10万人以上の内部被曝検査に携わってきた。
また、南相馬市が事故後、全市民を対象に希望者に配布したガラスバッジ(個人線量計)のデータ延べ約5万人分の解析も進めるなど、現場の医師としては唯一、「内部」と「外部」の両方から住民への影響を調査し続けている。
23年9月から24年3月までのおよそ半年間では、被験者の35%で放射性セシウムが検出されたが、翌年の夏は10%以下、26年以降は5%以下で推移している。
26年から県内3カ所で導入したベビースキャンは通常のWBCの5~6倍の検出能力を持つ。これまでに4千人以上を検査したが、放射性セシウムが検出された児童は1人もいない。
にもかかわらず、検査と同時に実施したアンケートでは、福島県産の野菜やコメ、水道水を避ける親の割合が約6割に上った。「通常の食生活で内部被曝することはない」。坪倉さんは“安全性”を発信する必要性を感じ、これまでに県内の小学校などで100回以上の講演を重ねてきた。
■ ■
原発事故は福島の社会を大きく変化させた。避難で長時間の移動に耐えられず亡くなった高齢者、身体の異変を感じても受診せず末期がんになった女性、脳卒中でたびたび入院する除染作業員…。住民は健康を害し、「弱者」があぶり出された。坪倉さんはこうした実態を目の当たりにしてきた。
データも坪倉さんの見てきた現実を裏付ける。原発事故後、南相馬市立総合病院では脳卒中で入院する患者が倍増した。糖尿病や高脂血症などの生活習慣病が事故後に増加していたことも分かり、避難した人の方が避難しなかった人よりも病気の悪化率が大きいという結果も出ている。
「住民の命を奪っているのは放射線ではない。放射線をリスクの1つとしてとらえながら、本当に命を守りたければ、社会全体の問題として本気で取り組んでいかないといけない」。坪倉さんはそう訴えた。

原発事故から5年近くがたつが、放射線への不安はなかなか消えない。被曝リスクの実態はどこまで分かっているのか報告する。
【用語解説「放射線被曝」】 人体が放射線を浴びることで、影響の大きさは実効線量(単位はシーベルト)で表される。放射線医学総合研究所によると、年間では宇宙からも大地からもそれぞれ0・3ミリシーベルトほど被曝するほか、食事からも約1ミリシーベルトを摂取している。自然の放射線による被曝の積算線量は年間で2・1ミリシーベルト(日本平均)になる。ほかにも、胸のエックス線検査は1回0・06ミリシーベルト、東京-ニューヨーク間を航空機で往復すると0・19ミリシーベルトを浴びる。
◆ひらた放射能検査センター
2015年12月 1日
医療ガバナンス学会に記事が掲載されました
医療ガバナンス学会メールマガジンに、医療法人誠励会 ひらた中央病院 事務長
二瓶正彦の記事が掲載されました。
「Vol.245 ひらた中央病院の東日本大震災後の取り組み①
?放射能に対する恐怖との戦い?」
こちらよりご覧ください→ 医療ガバナンス学会
2015年11月17日
医療ガバナンス学会に記事が掲載されました
医療ガバナンス学会メールマガジンに医療法人誠励会の職員の記事が掲載されました。
「Vol.231 BABYSCANを用いた内部被ばく検査の結果が論文で公表されました。」
本文はこちらよりご覧ください→ 医療ガバナンス学会
2015年10月 9日
2015.10.8 検査結果公表『福島第一原発、Babyscanを用いた内部被ばく検査で約2,700名の小児・乳幼児の全員から放射性セシウムは検出されず』
2015.10.8 『福島第一原発、Babyscanを用いた内部被ばく検査で約2,700名の小児・乳幼児の全員から放射性セシウムは検出されず』の発表が行われました。
詳しい内容は、こちらからご覧ください。 → 調査と研究
2014年12月 5日
2014.12.5 当研究所において『甲状腺検査結果 公表』が行われました。
2014.12.5 当研究所において『甲状腺検査結果 公表』が行われました。
詳しい内容は、こちらをご覧ください。
→調査と研究ページ
2014年3月25日
2014.3.25 『甲状腺検査結果 公表』と『第3回内部被ばく検査結果 公表』が行われました
2014.3.25 当研究所において『甲状腺検査結果 公表』と
『第3回内部被ばく検査結果 公表』が行われました。
詳しい内容は、こちらをご覧ください。
→調査と研究ページ
2013年12月 2日
BABY SCAN 測定開始
2013年12月2日より BABYSCAN(乳幼児専用高精度内部被ばく検査装置)測定を開始します。
◎測定方法、対象者につきましてはこちらよりご覧下さい。
→ 『BABYSCAN』の測定対象者と方法について.pdf
◎お申し込み方法は こちら です。
IMG_7689.JPG
▲BABYSCAN(乳幼児専用高精度内部被ばく検査装置)
2013年9月30日
Babyscan 開始時期について
お子様・保護者の方双方に負担がかからないよう検証を重ねておりますが、
未知の開発要素が多く、装置の感度を向上させる為の内部構造体の設計・材料の吟味などに時間を要し、当初の日程より遅れる結果となっており11月中旬を予定しております。
一日でも早く測定ができる体制を作ってまいりますので、開始時期が決定致しましたら、ホームページにてお知らせ致します。
2013年8月13日
8月10日 甲状腺講演会『子どもたちの未来のために甲状腺についてみんなで学ぶ』が開催されました。(主催:公益財団法人放射能対策研究所)
平成25年8月10日
甲状腺講演会『子どもたちの未来のために甲状腺についてみんなで学ぶ』が
開催されました。(主催:公益財団法人放射能対策研究所)
IMG+AF8-5093.JPG
講演1:「甲状腺の病気」
講師:伊藤病院 院長 伊藤 公一 先生
IMG+AF8-5004.JPG
講演2:「甲状腺超音波検査と穿刺吸引細胞診検査~甲状腺がんの診断を中心に~」
講師:伊藤病院 診療技術部長 北川 亘 先生
IMG+AF8-5075.JPG
座長:公益財団法人放射能対策研究所 所長 渡部 肇
IMG+AF8-5061.JPG
約150名の方が参加され、メモを取りながら熱心にお話しを聞いていました。
当研究所では、無料で甲状腺検査をで行っております。(甲状腺疾患が見つかった場合は、保険診療となります)
→詳しくは(こちら)をご覧ください。
2013年7月31日
講演会「子どもたちの未来のために甲状腺について学ぶ」開催のお知らせ
8月 10日(土)に東京都渋谷区にあります甲状腺疾患専門の
伊藤病院より、院長 伊藤公一先生と診療技術部長 北川亘先生を
お招きして講演会、
「子どもたちの未来のために甲状腺についてみんなで学ぶ」を
ひらたリハビリテーション・ケアセンターにて開催いたします。
当公益財団法人では、これまで福島県・周辺県民の甲状腺被ばくに
対する不安や疑問に答えてきました。
今回、一般住民の方々の不安払拭にお役に立てればと思い講演会開催と
なりました。
日 時:2013年8月10日(土)17:00開場 18:00開演
場 所:医療法人誠励会ひらたリハビリテーション・ケアセンター
住 所:福島県石川郡平田村大字上蓬田字清水内4番地
参加費:無料
申込方法:参加ご希望の方は下記電話番号にてご予約が必要となります。
公益財団法人震災復興支援放射能対策研究所
TEL 0247-57-5012
【講演会に関するお問い合わせ】
公益財団法人震災復興支援放射能対策研究所
TEL0247-57-5012 FAX0247-57-5006
詳細はこちらからもご覧いただけます。
→kouennkai.pdf
2013年7月19日
オンラインクレジットカード決済による寄付金のお申込受付を開始致しました。
このたび、インターネット寄付金決済サービス「キフフォーム」を導入し、
オンラインによるクレジットカードでの寄付金のお申込受付を開始致しました。
今後も、ホールボディカウンタ、甲状腺検査など無料での検査体制を継続していくにあたり、
皆様のご支援を頂けますよう宜しくお願い致します。
クレジットカード決済による寄付金お申込フォームはこちら
2013年7月 8日
第2回 福島県ホールボディカウンター研究会・施設見学会が開催されました
6月29日 第2回 福島県ホールボディカンウター研究会・施設見学会が
公益財団法人震災復興支援放射能対策研究所で行われました。
午前中に行った施設見学会へは、たくさんの方々に参加していただき
検査に関わる施設をご案内いたしました。
午後からのホールボディカウンター研究会・特別講演では、
『BabySCAN開発に関する話題』
早野龍吾先生・山中俊治先生の講演をいただきました。
一般講演は当研究所から
『4歳児BOMABファントムを使って』佐藤英夫
『受検者数と新システム』阿部美紀
2題の発表をいたしました。
※7月1日から、2・3歳児ホールボディカウンター検査を開始してます。
※9月から、BabySCANが導入予定です。
たくさんの方に検査を受けて頂けるよう、検査体制を整えてお待ちして
おります。
hirata.jpg
2013年7月 4日
2013.7.4 川内村の内部被ばく結果公表
2013.7.4 川内村の内部被ばく結果公表が、当研究所で行われました。
詳しい内容は 『調査と研究』 ページをご覧ください。
2013年7月 1日
2・3歳児 内部被ばく検査 開始します。
2013.7.1より 2・3歳児 内部被ばく検査 開始しました。
9月からは、Babyスキャンの検査開始予定です。
2013年6月 5日
2013.6.5 矢吹町・中島村・泉崎村との協定書調印式が行われました。
2013.6.5 当公益財団において、矢吹町・中島村・泉崎村との
放射線内部被ばく検査等の健康調査業務委託協定書調印式が行われました。
kyoutei20130605.jpg
写真左 矢吹町(野崎吉郎町長)・中島村(加藤幸一村長)
・当公益財団(佐川文彦理事長)・泉崎村(久保木正大村長)
2013年6月 3日
第2回 福島県ホールボディカウンター(WBC)研究会・施設見学のお知らせ
第2回福島県WBC研究会が当公益財団会場にて開催されます。
(第2回福島県ホールボディカウンター研究会)
研究会開催前に、当公益財団の現場見学会を実施いたします。
詳しい詳細については、下記にてご確認ください。
施設見学会のお知らせ.pdf
たくさんのご来場お待ちしております。
2013年5月23日
5月21日 朝日新聞に寄付金の記事が掲載されました
2013,5/21 朝日新聞 朝刊にアラブ・チャリティー・バザーの収益金の一部が、当財団法人の連携機関である医療法人誠励会ひらた中央病院へ寄付されました内容が掲載されました。
ASAJPEG.jpg
2013年5月23日
5月20日 駐日アラブ大使夫人の会主催、チャリティー・バザーの 収益金より寄付を頂きました
5月20日(月)東京 渋谷区広尾 オマーン・スルタン国大使館内
レセプションホールにて寄付金の贈呈式が行われました。
4月14日(日)東京・赤坂のアークヒルズにて行われた、アラブ各国の在京大使館が共同で開催した 第15回アラブ・チャリティー・バザーの収益金の一部が、当公益財団法人の連携機関である医療法人誠励会ひらた中央病院へ寄付されました。
IMG_2415-2.jpgIMG_2402-2.jpg
2013年4月 4日
駐日アラブ大使夫人の会主催、チャリティー・バザー収益金の寄付について
4/14(日)アラブ各国々の在京大使館が1年に1度、共同開催する恒例のアラブ・チャリティー・バザーが、第15回を迎え今年も東京・赤坂のアークヒルズにて行われます。
このバザーの入場料および各国ブースの収益金の一部が、当公益財団法人連携機関の医療法人誠励会ひらた中央病院へ寄付されることとなりました。
yorudan.jpg
2013年2月20日
三春町:給食まるごと検査結果実施しました。
三春町学校(保育所含む)、給食まるごと放射性核種検査を当公益財団において実施致しました。
検査結果につきましては、下記をご参照ください。
→2012年度三春町給食まるごと検査.pdf
2013年2月20日
甲状腺検査 受付開始のお知らせ
平成25年2月19日より、甲状腺検査の受付を開始致します。
詳しくは、下記パンフレットpdfをご覧ください。
◆放射性物質は水銀のような重金属と異なり、体内に取り込んでも代謝や排泄によって体の外に排出される。これは重金属との決定的な違いである。
放射能は、時間を経ると減り、1000年で99・95%が消滅する。有害性が消えない水銀など重金属の廃棄物とは事情が違う。
原発事故があった平成23年の夏、岡田さんは原発から20キロ圏に入った。24年9月には、山本さんらの牧場と協力し、獣医師や北里大、東北大などの研究者と団体を結成。被曝した牛の採血、採尿、遺伝子変化の解析などを通して放射線の影響調査を継続してきた。累積の被曝線量が、2千ミリシーベルトと推定される牛もいる。人の年間目安量1ミリシーベルトの2千倍だ。
しかし、これまでの調査では、白血球の減少など被曝による影響は確認されていない。放射性物質に汚染されていない餌を与えていれば、3カ月ほどで体内の放射性物質が排出されることも分かった。
2016.2.21 13:00
【被曝リスクを検証する(中)】
牛の殺処分を拒否した畜産家が、世界初の実験で明らかにした被曝の影響
被曝した牛の飼育を続ける山本幸男さん=2月3日、福島県浪江町(野田佑介撮影)
緑色のトラクターが雪の残る平原をうなりを上げながら進んでいく。その音を聞くや、大柄で真っ黒の牛たちがリーダー格を筆頭にゆっくりと集まってきた。
「べぇーべ」。トラクターの運転席から下りた山本幸男さん(73)が、牛を意味する東北地方の方言「べこ」に由来する言葉を口にしながら、わらをほぐす。「同じ家族だからね」。まるで自分の子供のように、寄ってきた牛たちの頭や背中をそっとなでた。
東京電力福島第1原発から約10キロ北西にある福島県浪江町の末森地区。山本さんは東京ドーム4個分ほどの広さに、約50頭の牛を飼育している。他の牛と違うのは、大量の放射性物質で被曝したことだ。
原発事故から2カ月後、政府は福島第1原発から半径20キロ圏に残された家畜の殺処分を決定したが、山本さんは拒否し、牛を牧場内に放った。“家族の一員”を自らの手であやめることはできなかったのだ。
しかし、飼育の厳しさは年々増す。4月から11月ごろまでは牧草が餌になるが、12月から3月ごろまでは草が生えず、岩手県で取れた牧草を購入。その間の餌代は600万円ほど。出費だけがむなしくかさむ。
それでも、山本さんは牛の面倒を見続ける。「飲まず食わずで死ぬのと、腹いっぱい食べて死ぬのとでは全然違う。最後まで面倒見てやりたいんだ。そして地域のため、福島の畜産の未来のために、この牛が貴重な資料になるんだよ」
■ ■
山本さんの牧場を含む浪江、大熊の両町の3カ所では、殺処分を拒否した被曝牛計約160頭の調査が続けられている。
「大型動物の被曝を長期的に調べるのは世界初。実験室ではできない。その研究が人間にとっても参考になり還元されていく」。岩手大農学部准教授の岡田啓司さん(59)=生産獣医療学=は力を込める。
原発事故があった平成23年の夏、岡田さんは原発から20キロ圏に入った。24年9月には、山本さんらの牧場と協力し、獣医師や北里大、東北大などの研究者と団体を結成。被曝した牛の採血、採尿、遺伝子変化の解析などを通して放射線の影響調査を継続してきた。累積の被曝線量が、2千ミリシーベルトと推定される牛もいる。人の年間目安量1ミリシーベルトの2千倍だ。
しかし、これまでの調査では、白血球の減少など被曝による影響は確認されていない。放射性物質に汚染されていない餌を与えていれば、3カ月ほどで体内の放射性物質が排出されることも分かった。
こうした活動に対し、批判的な声も多い。
■ ■
事故当時、原発から20キロ圏では、農家約300戸が計約3500頭を飼育。国は県を通じ、伝染病の危険や野生の「放(はな)れ牛」になることを恐れ、殺処分命令を下した。
しかし、国にとって一部の牧場が殺処分に反発したことは予想外だった。結局、国は出荷しないことを前提に飼育を認めた。
県によると、「被曝牛は福島の風評を助長する」と反発する声まで上がっているという。
現状の研究では、被曝の影響がないことが牛で実証されているが、その影響は長期にわたり、見極めには時間がかかる。
「本当だったら何も出ないで幸せな形で終わるのが一番いい。それが住民の帰還や復興にもつながる。しかし、私たちはストーリーも到達点もつくらない。純粋に科学者として中立的な立場で、何が起きて、あるいは何が起きていないかをきちっと整理することが大事だ」。岡田さんはこう言い切った。


質問タグ:BABYSCAN,チェルノブイリ,仁美,旧ソ連ウクライナ共和国,秋吉久美子,草刈正雄,放射線

【日記】昨日2月1日のスカッとジャパンのコーナーの中で『ちょっとスカッと...

昨日2月1日のスカッとジャパンのコーナーの中で『ちょっとスカッと...

昨日2月1日のスカッとジャパンのコーナーの中で『ちょっとスカッとする話/出演:津田寛治』にバスの中で注意をする女子高生?で登場されていた女優さんのお名前を教えてください。

アンサー

秋月 三佳(あきづき みか)さんです!
BOX CORPRATION所属の女優さんです
ホンダカーズ ・ ステップワゴン のCMでも見かけますね
ショートスカッと「バス」に
高校生・伊藤有里役で津田寛治さんと共演されましたね(画像参照)


質問タグ:津田寛治,女優,女子高生,JAPAN,コーナー,ホンダカーズ,ステップワゴン

【平成30年度】フジテレビドラマの落ちぶれ方をどう思いますか?大奥は一桁だし、フ...

フジテレビドラマの落ちぶれ方をどう思いますか?大奥は一桁だし、フ...

フジテレビドラマの落ちぶれ方をどう思いますか?大奥は一桁だし、フジテレビドラマは全部視聴率悪い。
昔はフジテレビドラマって、月9とかトレンディドラマの代表だったのにかつて視聴率20パ ーセントはあった大奥でさえ、今は一桁。
何が原因でフジテレビは、こんなに視聴率が落ちぶれたんですか?
日本テレビに数年前にトレンディドラマの視聴率をとられ、もはや今は相棒が看板のテレビ朝日にも抜かれましたね。
高岡蒼甫のフジテレビ批判騒動も間違いじゃなかった気がしてきました

アンサー

ライブドア事件で多大な損失→ドラマに予算をかけられなくなる→低予算のためタイアップがないと人気俳優にオファーできないし、脚本がショボいので実力派俳優もオファーを断る。→仕方なく、演技のできないEXILEやAKB48のメンバーにオファー→さらに視聴率が下がり、スポットCMもなくなる→より低予算、二番煎じ企画… 悪循環が、止まらない。
そういえば、『大奥』に、渡辺麻友出てたね。
◆バブル世代に大きく良い思いをした人が君臨して、未だ目が覚めず、時代に取り残される代表みたいに見えます。
◆おっさんおばさんのためのフジテレビ。若い世代を無視して、人気があったころの番組を再放送すればええこと。
◆高齢社会だからです。中高年に受けるものが高視聴率です。
◆ドラマそっちのけで映画を作ったりしすぎなんです。
信長行進曲なんてドラマはドラマとしてはまったく収束していなかったですからね。主演の小栗旬サイドに映画前提じゃなきゃ出ないって押し切られたとかってことらしいですけど、それにしたってあの最終回はひどかったです。最終回を除けば結構面白かったのに。
題材は現代人がタイムスリップして織田信長になったというよくある話ではありましたけど、原作がそういう話ならそうするしかないでしょうし、次から次へと同じようにタイムスリップした武将が出てくるところなんかは結構斬新だったと思うし。TBSの仁でもそういうのはありましたけどね。原作が良かったってだけか。
◆同じ低視聴率でもTBSのドラマはいい意味でも悪い意味でも後々まで記憶に残るんですが。
フジは数字にこだわりすぎるあまりネタバレしすぎ。
結末がハナからわかるラブストーリーなんてただのバカップルの日記帳みたいなものでしょう?
『号泣必死』とハナから大騒ぎされるヒューマンドラマ。映画館で映画を観ている横で「あんた泣くでしょ?泣かないの?ほら泣いた!」って騒がれる気恥ずかしさを感じませんか?
そういう無神経さがフジをダメにしているんだと思います。


質問タグ:フジテレビドラマ,トレンディドラマ,おおく,視聴率,月9,AKB48,オファー

【必勝!】〔女優・酒井若菜(35)2015年初め「膠原病」発症&闘病中〕 (日刊ス...

〔女優・酒井若菜(35)2015年初め「膠原病」発症&闘病中〕 (日刊ス...

〔女優・酒井若菜(35)2015年初め「膠原病」発症&闘病中〕
(日刊スポーツ 2016年2月19日配信 )
酒井若菜(35)が膠原(こうげん)病と
闘っていることが18日、分かった。
25日発売の対談・エッセー本
「酒井若菜と8人の男たち」(キノブックス)
の中で明かしている。
昨年初めに発症し、同2月に診断されたという。
*
同書は、
酒井がつづったエッセーのほかに、
親交のある
ナインティナイン岡村隆史(45)をはじめ、
板尾創路(52)佐藤隆太(35)水道橋博士(53)
バナナマン日村勇紀(43)マギー(43)
サンボマスター山口隆(40)
ユースケ・サンタマリア(44)
という幅広いジャンルの面々との対談も掲載している。
*
ユースケとの対談では、
「ペットボトルも開けられねえとか言ってるしさ」
と症状について聞かれ、
「だいぶ良くなった。指が真っすぐになったんですよ。
やっと、ま、ちょっと外向いちゃってるけど」
と答えており、
日常生活で苦労した状況から
改善したことを明かしている。
病気で落ち込み、
ユースケとの食事会をドタキャンしたこともあるという。
*
さらに水道橋との対談では、
病名を公にすることについて
「病気の告白については考えますね。
命の大切さを伝えるため、
同じ病気の人を励ますためって」
と決断した理由を明かしている。
*
一方で、以前見た膠原病を題材にした
ドラマについても触れ、
「それは、主人公が膠原病で
死んじゃうかもしれないという前提で。
そういうのを見た時に、励まされないですよね」
と複雑な思いも吐露している。
◆酒井若菜(さかい・わかな)
1980年(昭55)9月9日、栃木県生まれ。
95年にデビュー。グラビアタレントとして活動後、
女優業に進出。
02年TBS系「木更津キャッツアイ」をはじめ、
10年NHK大河ドラマ「龍馬伝」や
15年NHK連続テレビ小説「マッサン」
などのドラマに出演。
映画は04年「恋の門」に主演。
08年に小説「こぼれる」で作家デビュー。
158センチ。血液型A。
◆膠原病(こうげんびょう)
全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに
炎症がみられる病気の総称。
発病の原因は分かっておらず、
体質、環境などいくつかの要因が
重なって起こると考えられる。
関節や筋肉の痛み、疲れやすく、
微熱が続くなどの初期症状がある。
女性に多くみられる病気で、
原因不明の発熱として発見されることが多い。
***
〔被曝疾患としての「膠原病」
(複数難病の包括&一般類型)急増徴候&課題〕
でも触れたように、
〔膠原病とは〕
1. 膠原病という「病気のとらえ方」
2. 膠原病に含まれる病気
3. 「膠原病」は病名ではない
4. 膠原病とリウマチ性疾患の関係
5. 膠原病は「自己免疫疾患」
6. 「難病」としての膠原病
7. 膠原病の現在の問題
8. 膠原病の新しい治療
***
ウクライナ報告書でも、
(報告書レベルでは)公式に
被曝疾患として認められている
「膠原病」ですが、
前記で触れたように、
(複数難病の包括&一般類型)
でもあるだけに、
更には
>3.「膠原病」は病名ではない
にもあるように、
「素人的」はもとより、
「専門的」にも
かなり曖昧で分かりづらい
側面が強いと思われます。
更に経済的にやっかいのが、
<表2.免疫・膠原病内科の対象疾患>
にもあるように、
特定指定難病の対象枠内外のものが、
散在しているだけに、
「膠原病」とはいえ、
(医療費の自己負担分を軽減)助成の対象に
なるか、担当医の診断結果に大きく左右される
側面も非常に強いと言うことです。
1F事故後、この「膠原病」に包含される
「特定疾患(難病)」が激増していることは
【「特定疾患(難病)医療受給者証交付件数」が激増~
カタストロフの序章】
も明らかであって、特に1F事故後、診断を受けた事例に
関しては、1F被曝との因果関係が濃厚であることは、
水面下でも徐々に浸透している模様です。
事実、私の親戚の30代の未婚女性も
2012年に長引く体調不良が続き、
具体的難病指定は受けられなかったものの
専門病院で「膠原病」が疑われる旨診断を
受けた模様。
前記データのみならず、
当方の身近でも、比較的稀有な疾患が
発覚しただけに、確率的にも、
既に、「膠原病」の疑いも含めると、
1F事故後、水面下で爆増している気配を
感じますが、どのように思われますか?
特に、今後、
「膠原病」が疑われる旨診断を
受けたとしても、
具体的難病指定を受けられない場合は特に
高額治療費の関係上、
高額・自己負担分の関係上、
肉体的はもとより、経済的にも
苦しむ方が、今後、爆増するのでは
ないでしょうか?

アンサー

まぁおまえが何の根拠も提示できないで
妄想レベルの憶測だけで書き散らしてるって事は
事実上、放射能の影響は何も無いって証拠だろ。w
◆質問は何でしょうか?
◆福島の原発事故の影響で放射能関連の疾患や死亡例が蔓延しているのなら、
その事実を指定し、それを書けばいいだけの話である。
しかし、それが実際には存在しないからこそ、
放射脳サンたちは、この質問のように、日常にありふれた疾患や死亡例を、原発や放射能の所為に見せかけて、放射能デマを作り上げて、セコセコと工作をしなければならなくなっている。
つまり、放射脳サンたちがこの手のデマ質問をすればするほど、
『現在の日本に福島の原発事故や放射能による疾患や死亡例は無い』
という逆説的な証明をしていることになっているのだが、
ま、放射脳サンたちのオツムでは、こういう事も理解できないんだろうねww


質問タグ:膠原病,酒井若菜,ユースケ,エッセイ,ナインティナイン岡村隆史,放射能,放射脳サンたち

-秋吉久美子
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.