優木まおみ

【嘆】自公が推す増田寛也と原発ムラ利権=皆さんはこのことをどう思われま...

投稿日:

【嘆】自公が推す増田寛也と原発ムラ利権=皆さんはこのことをどう思われま...

自公が推す増田寛也と原発ムラ利権=皆さんはこのことをどう思われま...

自公が推す増田寛也と原発ムラ利権=皆さんはこのことをどう思われますか?
ヤバいのは小池百合子だけじゃない! 自公が推す都知事候補・増田寛也と原発ムラ=東電とのただならぬ関係
リテラ
2016.07.21
今回、自民党は大本命だった嵐・櫻井翔の父親である桜井俊・元総務事務次官に逃げられ、岩手県知事を3期12年務めた経歴をもつ増田寛也氏を擁立。猪瀬直樹、舛添要一と立てつづけにカネの問題で失脚してきただけに、自民党は増田氏が“クリーンな政治家”“実務家”だとアピールするが、それは大ウソだ。
たとえば、増田氏は岩手県知事時代、1年間で国内外に171回も出張を行い、さらにファーストクラスを利用していたことが発覚。なかでも2013年8月の出張では〈南北アメリカ訪問で、16日間の渡航と宿泊費が383万円だった〉(岩手日報16年5月17日付)という。
また、「週刊文春」(文藝春秋)7月21日号では、増田氏が総務相当時に赤坂の高層マンションを2億円ほどで購入した事実を報じ、これは国務大臣らが在任期間中に不動産取引を行うことの自粛を求める大臣規範(国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範)に反しているのではないかと指摘した。
しかも、「実務家」という看板の方にも偽りがある。実際、増田氏の知事としての働きを検証した岩手日報は、こうした評価を下している。
〈「がんばらない宣言」「環境首都」などのキャッチフレーズで全国に名を売ったが、県債残高は知事就任時の七千億円から一兆四千億円に倍増。内陸部と県北・沿岸部の地域間格差や医師不足という課題も深刻化した〉(07年1月27日付)
公共工事や大型開発事業といったいかにも自民党的な土建政策によって結局1.4兆円もの借金をこしらえた。それが増田氏の偽らざる知事時代の業績というわけだ。よくこれで「地方創生」「実務家」などと謳えるものだ。
だが、こうした厚顔さを裏付けるエピソードはさらにある。増田氏をめぐっては、都知事選公示日前日の13日に、ある企業がひっそりとこんなプレスリリースを流していた。
〈当社取締役の増田寛也は、本年7月8日をもって取締役を辞任いたしました〉
これを発表した企業というのは、東京電力ホールディングス。増田氏は14年6月から東電の社外取締役に就任しており、公示日を前にこっそり退任したのだ。
しかも、増田氏は東電株を1902株も取得している。13日に開かれた記者会見でも「安全性が確認された原発を動かす政策は認めていくべきだ」と明言するなど、原発の再稼働を後押しする姿勢を見せていたが、もし現在も東電株を保有しているとなると、増田氏は立派な東電の利害関係者である。当然、増田氏には有権者に対して説明する責任があるかと思うが、まだそうした言葉は本人から聞けていない。
じつは、増田氏は以前、原発事故の損害賠償にかかる費用などを国費から支出する“東電援助”のために設立された原子力損害賠償支援機構(現在は「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」に改組)の委員長を務めていたが、東電社外取締役にスライドする直前に同機構の委員長を退任している。ちなみに、社外取締役の報酬は計6人に対して年間6200万円が支払われており、増田氏の場合は他の委員会の委員長を務めていたことから〈他の5人の社外取締役より多額の報酬を受け取っていた可能性も高い〉(日刊ゲンダイ16年7月16日付)らしい。
他方で増田氏は、野村総合研究所顧問という肩書きで経済産業省の「総合資源エネルギー調査会基本政策分科会」「原子力小委員会」「長期需給見通し小委員会」などに参加、エネルギー基本計画にもかかわってきた。つまり、増田氏はずっと東電と密接な関係にありながら、経産省の審議会で原発推進を訴えてきたのだ。
そんな増田氏がもっとも力を発揮したのは、マスコミが復活させた原発広告における“広告塔”の役割だろう。
たとえば、読売新聞の今年2月28日付朝刊に掲載された「資源なき経済大国 どうする? どうなる? 日本のエネルギー」なるタイトルの全面記事広告では、ママタレとして活躍する優木まおみ氏や経済評論家の勝間和代氏らとともに増田氏が登場。「国の家計を示す貿易収支は、震災以降赤字が続いています。最大の要因が、原発停止に伴う化石燃料の輸入の増加なのです」などと原発再稼働をリードする説明を行っている。この広告を出稿したのは、電気事業連合会だ。
増田氏はこのほかにも、読売新聞4月16日付および「中央公論」(中央公論新社)16年6月号、「日経ビジネスオンライン」などの記事広告にも登場。さらに、今年5月9日に東京で開かれた高レベル放射性廃棄物の地層処分にかんするシンポジウムにおいてもパネラーとして参加している。こちらはすべて原子力発電環境整備機構(NUMO)が出稿・主催したものだ。
転載(抜粋)ここまで

アンサー

君らはマスが好きだな。マスゾエが消えたと思ったらマスダでマス合戦か。
また、小池だのありがちな女候補に焼きもちやいて~。
都知事は、上杉で決まりだろ。
幼稚ないいあいは、不要だ
◆増田氏は以前、原発事故の損害賠償にかかる費用などを国費から支出する“東電援助”のために設立された原子力損害賠償支援機構(現在は「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」に改組)の委員長を務めていたが、東電社外取締役にスライドする直前に同機構の委員長を退任している。ちなみに、社外取締役の報酬は計6人に対して年間6200万円が支払われており、増田氏の場合は他の委員会の委員長を務めていたことから〈他の5人の社外取締役より多額の報酬を受け取っていた可能性も高い〉(日刊ゲンダイ16年7月16日付)らしい。
増田氏が、東電の社外取締役を辞任したことは、
報道されてもいいのに。
原発事故後、電気料金の値上げとか、いろいろもめたはずだから、
当時、増田氏が、どんな立場で、
どんな意見を持っていたか、関心を呼ぶかも、
tiezou_japanさんも、この質問データをもっと、整理し、
経歴をまとめるなどして、
多くの人に知ってもらうため、なん回も質問すべき。
そして、各種質問にもこのデータで答え続けるのがよいのでは。
一回きりでは、目に止まりにくい。
いろいろ、拡散しましょう。
で、私は、小池氏ですけど。
◆増田氏は、テレビインタビューで都知事は都民に選ばれるので、都民がおかしいと言えば自民党都議連と戦うと言ってましたが、結局は東京都議会は自公で過半数を占めていて、これに逆らえば停滞し、最後は舛添氏の様に、はしごを外され見捨てられると思います。(笑)
そういう組織だから。


質問タグ:増田寛也,実務家,勝間和代,中央公論,優木まおみ,増田,舛添

【問】こんばんは。 昨日7/20(水)の22時くらいに、女優の松下由樹さんが出演...

こんばんは。 昨日7/20(水)の22時くらいに、女優の松下由樹さんが出演...

こんばんは。
昨日7/20(水)の22時くらいに、女優の松下由樹さんが出演していたドラマを見ました。
一緒に共演していた↓の女優さんは何という女優さんですか?
(以前何かの番組で見てい た為に、顔はしっかり覚えていますが、名前が分かりません。)
どなたか名前が分かる方、教えてください
ちなみに、ネット検索しようと思ったのですが、肝心のドラマ名すら分かりません。
お手数ですがよろしくお願いいたします。

アンサー

黒川智花(くろかわ ともか)
さんです。
テレビ東京の水曜ミステリー9
「保険犯罪調査員 佐伯初音
空白の起点」
に、小梶鮎子役で出演されていました。


質問タグ:松下由樹,女優,ドラマ,お手数,名前

【コスパ最強】今回のリオ五輪に出る日本選手について、質問します。 2013年9月8日午...

今回のリオ五輪に出る日本選手について、質問します。 2013年9月8日午...

今回のリオ五輪に出る日本選手について、質問します。 2013年9月8日午前5時20分(日本時間)にIOC・ロゲ前会長が2020年東京五輪を発表し、私も発表予定の午前5時過ぎに起きたので、その瞬間をラジオで聞いていました。開催決定を受けて思ったのは、スポーツ医学の発達で選手寿命が長くなっている事から、前回のロンドン五輪に出た選手の内、2020年東京五輪に何人出られるのか?それに注目していますが、今回の五輪に出場する日本選手の内、前回のロンドン大会に出ている選手は何人いるのか?又、それを紹介しているサイトでもいいので、教えて頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

アンサー

()はロンドン五輪出場していないもののロンドン以前の五輪出場選手、または当時現役/出場の可能性があった/選考会等に出場していた選手。
・アーチェリー
古川高晴
川中香緒里
(林勇気 / 北京)
・カヌー
羽根田卓也 / ロンドン・北京
矢澤一輝 / ロンドン・北京
(矢澤亜季 / ちなみに矢澤一輝選手の妹)
・近代五種
(岩元勝平)
(三口智也)
・自転車
山本幸平 / ロンドン・北京
渡辺一成 / ロンドン・北京
新城幸也
中川誠一郎
(内間康平)
(窪木一茂)
(長迫吉拓)
(脇本雄太)
(塚越さくら)
(与那嶺恵理)
・射撃
中山由起枝 / ロンドン・北京・シドニー
松田知幸 / ロンドン・北京
(山下敏和 / 北京)
(秋山輝吉)
(森栄太 / ちなみにアテネ・ロンドン代表小西ゆかり選手の元夫)
・柔道
中村美里 / ロンドン・北京
海老沼匡
田知本遥
松本薫
(高藤直寿)
(山部佳苗)
・重量挙げ
三宅宏実 / ロンドン・北京・アテネ
八木かなえ
(糸数陽一)
(安藤美希子)
(松本潮霞)
・シンクロ
乾友紀子
中村麻衣
箱山愛香
三井梨紗子
吉田胡桃
・新体操
畠山愛理
松原梨恵
(杉本早裕吏)
・水泳
入江陵介 / ロンドン・北京
藤井拓郎 / ロンドン・北京
松田丈志 / ロンドン・北京
小堀勇気
萩野公介
平井康翔
内田美希
貴田裕美
鈴木聡美
高橋美帆
星奈津美
松本弥生
渡部香生子
(金藤理絵 / 北京)
(山口美咲 / 北京)
(塩浦慎理 / ロンドン選考会)
(瀬戸大也 / ロンドン選考会)
(古賀淳也 / ロンドン選考会)
(寺村美穂 / ロンドン選考会)
・セーリング
富沢慎 / ロンドン・北京
牧野幸雄 / ロンドン・北京
吉田愛(旧姓近藤)/ ロンドン・北京
高橋賢次
土居愛実
(今村公彦)
(土居一斗)
(伊勢田愛)
(吉岡美帆)
・体操
内村航平 / ロンドン・北京
加藤凌平
田中佑典
山室光史
寺本明日香
(村上茉愛)
(内山由綺)
・卓球
福原愛 / ロンドン・北京・アテネ
水谷隼 / ロンドン・北京
丹羽孝希
石川佳純
・テコンドー
浜田真由
・テニス
錦織圭 / ロンドン・北京
・飛び込み
(寺内健 / 北京・アテネ・シドニー)
・トライアスロン
田山寛豪 / ロンドン・北京・アテネ
上田藍 / ロンドン・北京
(加藤友里恵)
(佐藤優香)
・トランポリン
伊藤正樹
(棟朝銀河)
・馬術
杉谷泰造 / ロンドン・北京・アテネ・シドニー・アトランタ
大岩義明 / ロンドン・北京
武田麗子
(北井裕子 / 北京)
(桝井俊樹)
・バドミントン
佐々木翔
(数野健太)
(栗原文音)
(遠藤大由 / ロンドン五輪出場資格獲得レース)
(早川賢一 / ロンドン五輪出場資格獲得レース)
(高橋礼華 / ロンドン五輪出場資格獲得レース)
(松友美佐紀 / ロンドン五輪出場資格獲得レース)
・バレー
荒木絵里香 / ロンドン・北京
木村沙織 / ロンドン・北京
迫田さおり
山口舞
(座安琴希)
(田代佳奈美)
(長岡望悠)
(鍋谷友理枝)
(宮下遥)
・フェンシング
太田雄貴 / ロンドン・北京
佐藤希望
西岡詩穂
(徳南堅太)
(見延和靖)
・ボクシング
(成松大介)
・ホッケー
中川未由希 / ロンドン・北京
浅野祥代
柴田あかね
林なぎさ
三橋亜記
(小野真由美 / 北京)
・ボート
(中野紘志)
(大石綾美)
・陸上
谷井孝行 / ロンドン・北京・アテネ
福士加代子 / ロンドン・北京・アテネ
金丸祐三 / ロンドン・北京
森岡紘一朗 / ロンドン・北京
久保倉里美 / ロンドン・北京
飯塚翔太
右代啓祐
高瀬慧
中村明彦
藤沢勇
山縣亮太
山本聖途
海老原有希
福島千里
(澤野大地 / 北京・アテネ)
(荒井広宙)
(石川末広)
(衛藤昂)
(大迫傑)
(荻田大樹)
(川元奨)
(桐生祥秀)
(ケンブリッジ飛鳥)
(佐々木悟)
(設楽悠太)
(長谷川大悟)
(藤光謙司)
(矢沢航)
(伊藤舞)
(岡田久美子)
(尾西美咲)
(高島由香)
(田中智美)
・レスリング
伊調馨 / ロンドン・北京・アテネ
吉田沙保里 / ロンドン・北京・アテネ
高谷惣亮
(井上智裕)

-優木まおみ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.