千賀健永

【コラム】9月1日のプレバト3時間SPの俳句での昇格、現状維持、降格を予想...

投稿日:

【コラム】9月1日のプレバト3時間SPの俳句での昇格、現状維持、降格を予想...

9月1日のプレバト3時間SPの俳句での昇格、現状維持、降格を予想...

9月1日のプレバト3時間SPの俳句での昇格、現状維持、降格を予想して下さい。4:1:3です。因みに自分の予想 昇格→三遊亭円楽、東国原英夫、藤本敏史、横尾渉。 現状維持→梅沢富美男。降格→石田明、千賀健永、ミッツマングローブ。(各五十音順) 梅沢と千賀が入れ替わるかも? 蛇足ですが個人的には水彩画の野村重存先生のお手本と光宗薫の作品が一番の興味です。

アンサー

わたくしもプレバト気に入ってます。3時間スペシャルも楽しみにしています。
昔から培われてきた日本文化の雰囲気をお持ちの方という、私の偏見で予想を
いたします。
昇格:三遊亭圓楽さん (同じですね)
東国原 英夫さん (これまた同じ)
横尾 渉さん (またまた同じ)
ミッツマングローブさん (これは違いますね)
現状維持:藤本 敏史さん
降格:梅沢 登美男さん
石田 明さん
千賀 健永さん
※わたくしも水彩画の先生の添削画と光宗 薫さんの絵は好きですね
あと馬場さんのお料理への取り組みに感心いたします


質問タグ:プレバト,ミッツマングローブ,千賀健永,梅沢富美男,フジモン,三遊亭圓楽,登美男

【緊急】高畑淳子の事件で 代役となりそうな人を選べ 1ふかっちゃん 2米倉涼子...

高畑淳子の事件で 代役となりそうな人を選べ 1ふかっちゃん 2米倉涼子...

高畑淳子の事件で
代役となりそうな人を選べ
1ふかっちゃん
2米倉涼子
3キムラ緑子
4ふせえり
5吉田羊
6吉永小百合
7三田佳子
8天海祐希
9小林聡美
10沢ほまれ 11真矢みき

アンサー

キムラ緑子さんなら代役いけそうです。
◆今度WOWOWで
吉田羊さんが
10月からコールドケースをやります
◆吉田羊さんです!
ぜっ


質問タグ:高畑淳子,10沢ほまれ11真矢みき,4ふせえり,3キムラ緑子,7三田佳子,キムラ緑子,吉田羊

【問】9月24日にあるAAAの伊藤千晃さんの握手会について質問です! 握手会で...

9月24日にあるAAAの伊藤千晃さんの握手会について質問です! 握手会で...

9月24日にあるAAAの伊藤千晃さんの握手会について質問です! 握手会でちあちゃんと2ショットとることってできるんですか?
教えてください

アンサー

そんくらいできると思います!
◆ホントですか!本人に写真撮ってもらっていいですか?って言ったら撮れますかね?!


質問タグ:伊藤千晃,握手会,2ショットとること,AAA,9月24日,そん

【効果抜群】中森明菜が 最も光っていたのは どの歌を歌っている頃だつたと思いま...

中森明菜が 最も光っていたのは どの歌を歌っている頃だつたと思いま...

中森明菜が
最も光っていたのは
どの歌を歌っている頃だつたと思いますか?

アンサー

82年夏、2ndシングル「少女A」をリリース。ここから彼女の快進撃が始まる。デビュー曲の清純派路線とは打って変わってツッパリ系、不良系な雰囲気漂うこの楽曲は松田聖子路線に対抗できる「ポスト百恵」を求めていた当時の芸能関係者からも高く評価され、また若い世代から支持を集めぐんぐん人気が上昇。オリコンTOP10以内に初めてランクインし、当時の代表的な音楽番組「夜のヒットスタジオ」「ザ・ベストテン」にも初出演を果たす。ここで手応えを掴んだ彼女は勢いそのままに3rdシングル「セカンド・ラブ」をリリース。「スローモーション」と同じ清純派路線で、なおかつ少し大人びた恋愛の心情を描いたこの曲で同世代だけではなく彼女よりも年上の女性を中心に支持を集めるようになり、見事初のオリコン1位(通算6週)、ザ・ベストテンで8週連続1位を獲得。翌83年の年間シングルチャートにもランクインするほどの売上枚数を記録して一気にトップアイドルの仲間入りを果たした。
83年に入るとその勢いは衰えることを知らず「1/2の神話」「トワイライト-夕暮れ便り-」「禁区」とヒット曲を連発。大沢誉志幸、細野晴臣ら有名音楽家からも楽曲提供を受けた。これら楽曲、アルバムのヒットのおかげでこの年の歌手別総合売上1位を獲得。また、日本レコード大賞において他の同期を差し置いて「ゴールデンアイドル・特別賞」を受賞するなど女性アイドルとしてトップの人気を誇っていた松田聖子と双璧をなす存在となった。この頃から少しずつ衣装や振り付けに彼女の考えが組み込まれ、他のアイドルとは違った雰囲気を醸し出すようになる。
84年に入ってからは彼女のセルフプロデュースがより具体化する。「北ウイング」ではこれまでのツッパリ・清純派とも違った大人の恋愛を描いた作品で、曲名も当初予定していた「ミッドナイト・フライト」を荒井由実の「中央フリーウェイ」に感化されて変更したという。ジャケット写真もこれまでアイドル歌手の作品では当たり前であった顔のアップ写真をやめ、体も含めて写したものが選ばれている。
次の作品「サザン・ウインド」もこれまでの明菜の路線とは一線を画すのびのびとした雰囲気の楽曲であったが、「十戒(1984)」で再びツッパリ路線に回帰。これまでのツッパリ系作品シリーズの集大成とも言える歌詞、振り付け(オラオラステップ・サビでのエルボー)とこれぞ「ツッパリ系アイドル」と言える作品に仕上がった。しかしこの作品を最後に彼女はツッパリ路線を封印。また、同時期に清純派路線の作品を多く手がけていた来生えつこ・たかお姉弟の提供作を減らし清純派路線も実質的に封印。「アイドル・中森明菜」から「歌手、アーティスト中森明菜」へと方向性をシフトする。
この年の年末に発売された「飾りじゃないのよ涙は」は作詞・作曲を井上陽水が手がけ、これまでの作品とは全く違ったアーティスティックな雰囲気と前衛的な歌詞が話題となった。ジャケットデザインも当時としては珍しいコンピュータでの加工画像を使用するなどますますアイドル路線からの脱却を示した。
1985年、「ミ・アモーレ」「SAND BAIGE-砂漠へ-」をリリース。前者はブラジルのリオ、後者はサハラ砂漠のどこかという異国情緒あふれる作品となっており、後者の方はアラビア風の衣装を身にまとってヴィジュアルの面からも作品のイメージを思い起こさせるように表現。また、当時流行していた12インチサイズ(LPとほぼ同じ大きさ)のレコードシングルとして「ミ・アモーレ」の同曲別歌詞版である「赤い鳥逃げた」をリリースしオリコン1位を獲得する。
ちなみに作詞を手がけた康珍化曰く、実は「赤い鳥逃げた」の方が歌詞としては先に完成していたにも関わらず、後で送られてきた音源がラテン調だったことから、曲のイメージに合うようにと歌詞を変え「ミ・アモーレ」が誕生したという裏話がある。
85年末に発売した「SOLITUDE」は恋愛倦怠期の大人の女性をイメージした楽曲。この派手さのない、言ってみれば「地味」な楽曲だったからか明菜ファンとして有名なマツコ・デラックスは「この曲によって既存のファンがファンを続けるかやめるかの踏み絵となった」とあるテレビ番組で証言している。
84年~85年にかけての賞レースではグランプリや大賞を次々獲得し、85年の大晦日、その頂点とも言える日本レコード大賞で見事「大賞」を受賞。当時としては史上最年少となる20歳5ヶ月での受賞だった。この年の候補には大賞受賞経験のある細川たかしや五木ひろし、当時人気絶頂だったチェッカーズ、安全地帯、C-C-B、明菜の先輩にあたる河合奈保子や岩崎良美といったそうそうたる顔ぶれが揃う中、見事受賞を果たした。このレコード大賞の受賞によりアイドル界の頂点だけではなく、歌謡界の頂点にも立つこととなった。
他にも日本歌謡大賞、日本ゴールドディスク大賞をそれぞれ1回受賞。その他にもFNS歌謡祭や全日本歌謡音楽祭、日本テレビ音楽祭、メガロポリス歌謡祭でグランプリを獲得している。そして、85年から3年連続で年間トータルセールス1位を記録。83年含め単独で4回の年間トータル1位は日本歴代単独1位の記録である。
86年は人気も絶頂に達し、いよいよ「プロデューサー・中森明菜」の本領を発揮することになる。
シングルではまず最初に「DESIRE-情熱-」を発表。和装に身を包んだジャケット写真、そのジャケット写真とは全く違った和洋折衷の衣装、日本人形的な黒髪ボブカット、そして歌唱と振り付け。あまりの斬新さに誰もが驚愕。海外のアーティストからも注目が集まり、後年、マドンナがこの曲の衣装と髪型をオマージュしたファッションで歌を歌ったこともある。その次にリリースした「ジプシー・クイーン」では当時20~21歳とは思えない肩を露出した妖艶なドレスで登場したり、年末リリースの「Fin」では帽子にロングコートを着用するクールな女性を演出した。
アルバムはより実験的な作品が目立ち始める。まず「明菜史上最大の問題作」とも言われた「不思議」はあえてボーカルを演奏より聞こえにくくする加工を行い、購入したファンが「不良品ではないか?」とレーベルに問い合わせる騒ぎとなった。また、「CRIMSON」では収録曲10曲中9曲がウィスパーボイス歌唱。唯一のアップテンポ曲もカセットテープ越しに楽曲が流れているように聞こえるところから始まるよう加工されている。この「CRIMSON」の収録曲の中には作詞・作曲を手掛けた竹内まりやのセルフカバーで知名度が広まった「駅」もある。
特に「不思議」は今のきゃりーぱみゅぱみゅやPafumeに通じるボーカル特殊加工、VOCALOID的な声の「楽器化」を行うなど、プログレッシブで今でもインパクトの大きい作品。それ故に明菜自身はこの作品の特殊な世界観を映像として表現することはできないと収録曲をテレビで歌唱することを断っていた。
87年に入るとアダルティックな方向性、「女性らしさ」を強調した楽曲が目立つようになる。まず「TANGO NOIR」では小中学校時代のバレエの経験が存分に発揮されており、重さ10kg近くある衣装を身に纏いながらのけぞりやスピンといったビジュアル的にインパクトのある振り付けを行い話題となった。「BLONDE」ではなんと上から下、靴まで全部エルメスのスカーフを使ったという衣装で登場。バブリーなボディコン衣装だがケバケバしさのないセクシーな印象になってるのは彼女のオーラがそうさせてるからだろうか。そして、良くも悪くも「少女A」「DESIRE-情熱-」並みに彼女のイメージを決定付ける楽曲「難破船」がリリースされる。
もともと加藤登紀子の作品であったが、加藤自身が「この曲のイメージは明菜さんに似合う」と思い立ち、明菜にデモテープをプレゼント。それから間もなく明菜から花束が送られ同意を得たことで歌うことが実現したという経緯がある。「百万本のバラ」を手がけた加藤らしい切ない悲恋を描いたこの作品は、歌の世界に感情移入しやすかった彼女にとってかなりシンクロの強い作品だったようで、涙を流したり、あまりの緊張で手が震えてしまうといったこともあった。しかしその姿が多くの女性の心に響き、最終売上は87年の年間1位だった瀬川瑛子の「命くれない」を上回る売上枚数を獲得した。
88年、彼女の人気も安定してきたこの時期はベリーダンサー風の衣装、蛇をあしらったマイクスタンドなどビジュアル面を強化した「AL-MAUJ」、デビュー以来頑なに拒否し続けたミニスカートを着用し、スパンコールやひまわり柄のボディコン衣装を身に付けエロティシズムをアピールし話題となった「TATTOO」をリリース。バブリーで豪華なこれらの作品を見た誰もが彼女の勢いがまだまだ続くと思っていたことだろう。
88年11月、通常の発売サイクルよりも2ヶ月遅れて「I MISSED ”THE SHOCK”」がリリースされた頃から彼女の身に少しずつ変化が訪れる。おとぎ話のようなドレスに身を包んだ彼女はこれまでの「明菜プロデュース」を存分に発揮していたのだが時期を重ねるごとに少しずつ表情が暗く、笑顔を見せる回数も減り始めた。その時は昭和天皇の体調不良による自粛ムードも影響していたのかもしれないが、時折やつれたような表情で歌う時もあり多くのファンが彼女に一体何があったのかと身を案じた。
1989年になると目に見えてその変化が一気に目立つようになる。日焼けで一層彼女の痩せ方が目立ち、虚ろな目をみせることもしばしば。4月、約半年ぶりにリリースした「LIAR」。その歌詞はまるで彼女自身の現状を表しているかのようで、ほぼノーメイク、単色のドレスやワンピースで歌うその姿は、カラフルで且つインパクトのある衣装や振り付けが特徴的だった「明菜らしさ」が完全に消えた、哀しきひとりの女性の姿をファンや視聴者に見せていた。
◆中森明菜さんはデビューした80年代から90年代、2000年代、そして現在もそれぞれ違った趣で輝き続けていると思うのですが、勢いという観点では1986年~1987年頃ではないかと個人的には思います。(どの歌って訳でなく時期的な観点で申し訳ありません。)
85年末に当時史上最年少でのレコ大受賞。名実ともに歌謡界の若き女王として君臨するも決して守りに入る事はなく、86年の第一弾シングル「DESIRE」ではご存じのとおり、和洋折衷の「ニュー着物」に「おかっぱ」ウィッグで世間を仰天させ「ジプシー・クイーン」では切なさの中に見る大人の妖艶さ「Fin」ではクールな中にも女の情念や悲しさといった様に常に楽曲毎に異なるイメージを表現し、アルバムでは初のセルフプロデュースとなる「明菜最大の問題作」といわれた超アーティスティックな傑作盤「不思議」をリリース。
(この企画が通るところが当時の明菜さんの勢いを物語っていますね。)
そして86年末には「DESIRE」で女性歌手としては当時初となる2年連続レコ大受賞の快挙。87年には「TANGO NOIR」「BLONDE」「難破船」をリリース。
現在もソロアーティストとしては歴代1位となる4度目の年間レコードセールス1位を記録します。(83年、85年、86年、87年)
特に「難破船」は明菜さんの代表曲のひとつとなり、史上初となるレコ大3連覇は惜しくも逃しますが山口百恵さんの引退時に設けられ送られた「特別大衆賞」を受賞。(特別大衆賞は百恵さん、明菜さんあわせて受賞者は4名だけ。)
82年のデビュー以来、昇り竜の様にトップスターの階段を駆け上ってきた明菜さんが一旦登り詰めた頂上が86年~87年頃ではないでしょうか。
88年以降明菜さんはまた別の頂きを目指し、よりアーティスティックな道を驀進する事になるのですが。
(実はそれがすごい事だと思うのです。)
◆EASTLIVEのころだと思います。
ここでも彼女は多彩ですが、すべてみごとです。輝いています。
◆やっぱり「不思議」をリリースした頃じゃない?もう眩し過ぎて見えなくなった。もう声はあの感じで浦和文化会館では遂にアンコールボイコットして帰ってた。
◆はい お答えが出ました
たぶん 与作 を 歌ってた 時期だと 思います。
◆難しい質問ですねえ。
この人はいくつになっても、自分への挑戦、自分に挑んでいく人
というのが、彼女に対して常に感じる一番の印象です。
年は重ねましたが、今もこのあたり変わらないです。
こういうところが光っていると思うので、難しい質問です。
私のなかで一番光っていると思うのは
当時見ていなかったんですが(動画は見た)きっと「スター誕生」の頃、あるいは
デビューしてむしゃらに走ってきた十代の頃「スローモーション」が特に輝いて見えます。


質問タグ:明菜,中森明菜,ツッパリ,スローモーション,つた,河合奈保子,大沢誉志幸

【効果絶大】ジャニーズJr.の9月4日から始まる舞台 少年たちに友達と一緒に行くん...

ジャニーズJr.の9月4日から始まる舞台 少年たちに友達と一緒に行くん...

ジャニーズJr.の9月4日から始まる舞台 少年たちに友達と一緒に行くんですけど、舞台終了後に出演者に直接手紙を渡せるらしいんですけど… 直接渡した手紙は事務所関係者が1回は読むんでしょうか?
連絡先を書くプリクラを貼る等しませんが、初めて舞台を観に行くので気になって質問しました。
SixTONES
髙地優吾
京本大我
ジェシー
田中樹
松村北斗
森本慎太郎
Snow Man
阿部亮平
岩本照
佐久間大介
深澤辰哉
宮舘涼太
渡辺翔太

アンサー

ファンレターを事務所が読むことはないと言ってましたけどね。
よほど怪しいものが入っていれば別でしょうが。
◆怪しい手紙は確認が入る感じですか?
普通のファンレターなら手紙を受け取ったJr.のみが手紙を見るという事で良いんでしょうか?


質問タグ:ジャニーズJr,松村北斗,田中樹,SixTONES,Snow Man,ファンレター,事務所

【ガイド】映画・ドラマなどでオッパイを見せる(乳首も見せる)シーンがあった...

映画・ドラマなどでオッパイを見せる(乳首も見せる)シーンがあった...

映画・ドラマなどでオッパイを見せる(乳首も見せる)シーンがあった女優・アイドル・グラビアイドルとその映画・ドラマなどのタイトルを教えて下さい。レンタルDVD店でレンタルしてますか。

アンサー

これだけタイトルを上げておけば、何作品かはレンタル店に置いてあるはずだよ
「ベロニカは死ぬことにした」真木よう子
「蛇にピアス」 吉高由里子
「海猫」 伊東美咲
「ヘルタースケルター」沢尻エリカ
「真幸(まさき)くあらば」尾野真千子
「TANKA」黒谷友香
「欲望」板谷由夏
「恋の罪」水野美紀
「軽蔑」鈴木杏
「忠臣蔵外伝・四谷怪談」高岡早紀
「夜がまた来る」夏川結衣
「完全なる飼育」小島聖
「シルク」芦名星
「TAKESHIS'」京野ことみ
「さよならみどりちゃん」星野真里
「ジョゼと虎と魚たち」池脇千鶴
「愛の新世界」鈴木砂羽
「ヌードの夜」佐藤寛子
「失恋殺人」宮地真緒
「マリッジリング」小橋めぐみ
「泪壺」小島可奈子
「ノン子36歳」坂井真紀
「愛の流刑地」寺島しのぶ
「化身」黒木瞳
「花と蛇」杉本彩
伊東美咲の「海猫」は当時月9女優だったりしたから衝撃的だった
出演: 伊東美咲, 佐藤浩市, 仲村トオル, ミムラ, 三田佳子
◆キルスティン・ダンスト
映画「メランコリア」
◆映画・卍(まんじ)
1983年版[ソースを編集]
キャスト志藤光子:樋口可南子
柿内園子:高瀬春奈
法月:鹿内孝
巡査:高月忠
尾崎祥子:中島ゆたか
柿内剛:原田芳雄
志藤千草:小山明子
ハーレーダヴィッドソンの男:梅宮辰夫
(解説・・・あらすじ)
人妻と若い女が同性愛の関係になり、
やがて主人も加わって倒錯した関係が展開される。
谷崎潤一郎原作の官能劇。
◆「失楽園」で検索すれば、わかると思いますけど。


質問タグ:アイドル・グラビアイドル,おっぱい,ドラマ,さよならみどりちゃん,伊東美咲,メランコリア,吉高由里子

-千賀健永
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.