百田夏菜子

【悲報】ももクロの緑が復活しました。 ファン的にうれしい?

投稿日:

【悲報】ももクロの緑が復活しました。 ファン的にうれしい?

ももクロの緑が復活しました。 ファン的にうれしい?

ももクロの緑が復活しました。
ファン的にうれしい?

アンサー

嬉しい。光が導く方向への第一歩がスタート
気持ちのすれ違いは確実にあった。
そのような場面を目撃した。
確証に近い。↓
有安杏果
「性格的にグループで馴れ合う事が苦手で無理にグループでわちゃわちゃしていなければならないももクロとしての私は本当の自分じゃない偽りの自分。私は以前からずっとピン(ソロ)のアーティスト志向で歌手と女優の両立が希望。以前から伝えてますから知ってますよね。私はももクロとしてではなく、ピン(ソロ)主体で活動していきたい。ももクロ(グループ)は時々でいいです」
川上アキラ
「ピン(ソロ)で活動できるのも、ももクロの肩書きや土台があるからだ。勘違いするな。ももクロ(グループ)の活動が優先なのは当たり前だろ。それは今後も変わらないし、ピン(ソロ)優先は認めない」
有安杏果
「夏菜子はピン(ソロ)の仕事が多くなってますよね。夏菜子はよくてどうして私は希望を受け入れて貰えないんですか。夏菜子との違いは何ですか?」
川上アキラ
「夏菜子はリーダーでグループの顔として実際にオファーも多いし、ももクロの広報的な役割も担っているから必然的にピン(ソロ)仕事が多くなる。杏果はピン(ソロ)でのオファーが夏菜子に比べて少ない。それでもそれなりにピン仕事も入れてやってるし、ソロコンだってやらせてあげただろ」
有安杏果
「私はオファーが少なくて人気が無いって事ですよね。所詮ももクロの肩書きありきって事ですよね。川上さんの言いなりに従ってればいいと言いたいんですよね」
川上アキラ
「そうだな」
有安杏果
「考えが平行線ですね。以前から考えていたんですけど、ももクロを辞めます。一旦芸能界から距離を置いてゆっくりしたい。今後は未定です。(既に水面下で誘ってくれている新事務所に行く事が内定済みで大卒の今のタイミングがももクロとスタダを辞めるのに最適なタイミングだから辞めてやる。近い将来、見返してやる)」
ももクロ卒業&スターダスト退社および芸能界復帰は
既に水面下では決まっている新事務所主導による既定路線でしょう。
水面下では復帰プランが色々練られていて
タイミングを見計らって新事務所にて芸能活動再開でしょう。
今年1月21日に行われた幕張メッセでのコンサートで、ももいろクローバーZを脱退し、所属事務所スターダストプロモーションとの契約も終了となった有安杏果。脱退理由については、“普通の女の子の生活を送りたい”としていたが、自身の誕生日である3月15日、グループ時代に更新していた公式ブログを閉鎖し、新たにTwitterとインスタグラムのアカウントを開設した。
「本当に普通の女の子に戻りたいのであれば、わざわざ顔と実名を出してSNSを始めるのは意味がわからない。事務所に所属していないだけで、『元ももクロ』という事実は変わらないわけだし、むしろ自分から積極的に表舞台に立ちたがっているとしか思えない。“普通の女の子に戻りたい”という脱退理由は、あくまでも建前だったのでしょうね」(スポーツ紙記者)
では、いったいなぜ有安はももクロを脱退したのだろうか? 事情を知る音楽関係者は、こう話す。 「端的にいえば、ももクロのマネージャーである川上アキラ氏との確執ですね。有安としては、芸能界を辞めたいということではなく、川上氏のもとから去りたかったということなのでしょう」
川上氏といえば、ももクロのチーフマネジャーであり、事実上のプロデューサーだ。楽曲、ライブなどを含めた活動の方向性は、川上氏のアイディアに基づくものが多いとされている。 「もともとアーティスト志向が強かった有安にとって、オヤジ趣味的な川上氏のプロデュースは納得いかないところが多かったようです。しかも、川上氏はあくまで、もももクロの顔は百田夏菜子であるという考えで、百田以外のメンバーの意見は軽視する傾向が強かった。そういった中で、数年前から有安と川上氏は冷戦状態が続いていたんです」(同)
そんな2人の関係は、去年あたりから、いよいよ末期的になっていったという。 「有安のやる気がどんどん薄れていく中で、有安に対するフラストレーションがたまった川上氏が、現場で有安を激しく叱責することもあったようです。でも、有安の反発は強まる一方で、いつ辞めてもおかしくない状態が続いていました」(同)
有安の脱退は、発表から1週間後というかなり急なものであったが、そうなった裏にも2人の確執が横たわっていたようだ。 「今年はももクロ10周年ということで、川上氏にはいろいろなプランがあった。それを有安の“卒業に向けた花道”で崩されるのが、どうしても許せなかったようです。有安よりも、あくまでもグループとしてのスケジュールを優先し、あえて『急な脱退』といった形にしたみたいですね」(同)
そして、有安は脱退から約2カ月で、再び表舞台に出てきた。 「川上氏が嫌だっただけで、音楽活動は続けたかったということです。今後は、自分の好きなように歌っていくのでしょうね」(同) 有安が歌う姿を再び目にするチャンスは、まだまだありそうだ。
goo.gl/wTupEs
川上アキラは川上桃子をももクロに入れたかった派の一人。路上ライブの時に訊かれて「ももクロに入れたいけど北海道在住だからももクロの活動は無理なんだ」と残念そうに答えている。それを聞いた古参が何人も居る。桃子のメインボーカル曲が多い3B(旧3B)ライブのプロデューサーも川上アキラが担当していた。
理事長らは桃子をグループに入れるのは勿体ない派。
自分を偽ってももクロの有安杏果を演じ続けなければならない芸能活動ではなく、 自分らしく、初心忘るべからずの芸能活動をしたい考えから大学卒業の年齢でももクロ&スタダを離れたのは賢明な判断。そして水面下では決まっているであろう新天地(新事務所)へ
この一連の流れを導いているのは
ズバリ、唯月ふうか(momo)の影響でしょう。
次の曲の歌詞の意味を噛みしめ、なぜ有安杏果がももクロ&スタダから
離れたのかを感じろ!
スタダ3Bjuniorラスト大全集の大トリを飾っていて
スタダ3B全体のテーマ曲。友情、愛、未来へススメがテーマ。
唯月ふうか/桃×yusukeP feat.初音ミク「教室」
有安杏果も、ももクロ等も桃神様の教えを体現している途中。
ももクロ=桃子(現・唯月ふうか)と幸せを運ぶ四葉のクローバー
女性アイドルの魅力を決定づけるアイドルの真髄(神髄)、
「世界のmomoちゃん(唯月ふうか)ナンバーワン」イズム。
唯月ふうかはイズムを益々体現していて益々輝きが増している。
その輝きは、まさに天上の輝き。
ももクロやスタダ3B(旧3B)の子達は
唯月ふうか(momo)イズムを経典(教典)・血潮とする子達で
唯月ふうかの分家。 唯月ふうかが本家。
ももクロが桃神祭で崇拝している神様(桃神様)こそが唯月ふうか
ももクロ等スタダアイドルの子達の宗派はアイドルの神様である
唯月ふうか(momo)が教祖の桃桃(ぴーちぴーち)教。
誰もが幸せな笑顔になれる宗教が桃桃教。
桃神様の教えは全人類のバイブル。
「世界の3Bナンバーワン」、「世界のmomoちゃんNo.1」
「世界のmomoちゃんNo.1(唯月ふうか)イズム」
大切なのは愛!「唯月ふうかイズム」
唯月ふうか(momo)はスターダストアイドル最強のZ戦士の
スーパーエースであり、スターダストとホリプロが獲り合って
ウルトラC(前例のない複雑な裏事情のある実質ホリプロの引き抜き強奪)
でホリプロ入りした芸能史上唯一無二の超特別な子。
こんな子は他に居ない。唯一無二の天上アイドル。
伝説の、永遠の、最強の、究極の、本物の
スーパーアイドルアーティストスターはまさに唯月ふうか(momo)
今、最も生で観るべきスーパーアイドルアーティストスターが唯月ふうか
唯月ふうかは歌唱力も演技力もダンス力も可愛さも圧倒的。断トツ。
本来、唯月ふうか(momo)はミュージカル舞台女優限定ではなく、
歌手を筆頭に女優、声優、アイドル、MCなど超ハイレベルにマルチに
大活躍可能な資質を持っており、ジャンル分けなど無意味な
芸能史上唯一無二のスーパーアイドルアーティストスターだ。
それを阻害してしまっている制約隠蔽NG状態大反対!
実質ホリプロの引き抜き強奪の裏事情および引き抜き強奪した
ホリプロ(音事協)と引き抜き強奪されたスタダ(非音事協、音制連)の
両事務所、両陣営のプライドの問題も相まって唯月ふうか(momo)の
スターダスト関係を表に出す事がNGの制約隠蔽NG状態にされて
しまっている。そのせいで彼女の芸能活動は常にスタダ関係の制約NGを
抱える大ハンデを被ってしまっているのだ。このせいで歌手活動再開や
様々なキャスティング等でも非常に不利で窮屈な勿体ない状況。
彼女がスタダ時代の曲を商業的に歌えないとか、ももクロ等と直接絡めず
共演NGとかもってのほかだ。
ももクロ等にとって唯月ふうかはふ~かふ~かな雲の上♪の存在(桃神様)
唯月ふうかはスター。ももクロはダスト。合わせてスターダスト。
愛と哀しみを知る唯月ふうかはスターダストアイドル最強のZ戦士!
JASRACに使用料を払えばスタダ時代の曲も商業的に普通に歌える。
手続きを踏めば彼女のイメージぴったりで海外でも覚えて貰い易い
momo名義も復活可能! 早く彼女のスタダ関係の制約隠蔽NGの無い
自由な芸能活動&自由な歌手活動再開を!
裏事情はもう時効だ。ホリプロとスタダで早く合意して早く解決すべき。
ホリプロ(音事協)は彼女のスタダ関係を隠蔽NGにしている場合ではない!
制約隠蔽NG状態大反対!


質問タグ:唯月ふうか,ももクロ,川上,スタダ,川上アキラ,ファン的,緑

【コスパ最強】木曜日8時見ますかテレビ朝日9時も

木曜日8時見ますかテレビ朝日9時も

木曜日8時見ますかテレビ朝日9時も

アンサー

9時枠の
「未解決の女警視庁文書捜査官」
は観ます。
沢村一樹さんやエンケンさんが
出演するので楽しみ♪


質問タグ:テレビ朝日,エンケン,テレビ朝日9時,沢村一樹,木曜日8時,女警視庁文書捜査官

【決定版】曲を探しています。今日の沸騰ワード10(2018 3/23放送)で、今治へ移...

曲を探しています。今日の沸騰ワード10(2018 3/23放送)で、今治へ移...

曲を探しています。今日の沸騰ワード10(2018 3/23放送)で、今治へ移動中の成田凌さんがタオルを愛でていた際に流れた曲をどなたか知っていませんか?ピアノの曲です。

アンサー

シャカタク「ナイト・バーズ」が流れていました。


質問タグ:成田凌,2018 3,今治,沸騰ワード10,タオル,シャカタク,ナイト・バーズ

【問】有安杏果(元ももクロ)と川上アキラの間に確執があった、って本当な...

有安杏果(元ももクロ)と川上アキラの間に確執があった、って本当な...

有安杏果(元ももクロ)と川上アキラの間に確執があった、って本当なんですか?

アンサー

なんか回答欄恐ろしい事になってますね。笑
まあ、杏果も川上さんもそれぞれあったかもしれませんね。
でも杏果は本当にももクロの活動を疎かにするつもりは無かったと思いますよ!
もしそこまで根深い確執があったとしたら、杏果のソロコンあんなに沢山やらなかっただろうしね。
SNS始めたのも普通の女の子に戻ったし、でもofficialを付けないと犯罪の類に巻き込まれる可能性だってあるし!officialを付けたって写メから居場所特定したとか言ってる奴もいるし。
そして卒業してから二ヶ月でやりたい事見つけたからその土台を固めるためって可能性もありますしね!
恐らく杏果の卒業で、こんな内部事情を漏らすスタッフはスターダストにはいないと思いますし、こういう大事な話誰かいる前でするわけないですよ。杏果も川上さんもその道のプロであるわけだし。
真偽はわかりませんが、モノノフとしては素直に杏果のコメントを信じるし、川上さんもメンバーもしっかり杏果を送り出して、お互い新たな道で頑張るって信じますよ!
◆大丈夫です。いくらなんでも下記の回答なんかに振り回されたりしません(笑)。
杏ちゃんがSNSにインスタをアップしてることに対して「今までと何が違う」とか「結局は芸能活動といっしょ」とか言う人がいますが、僕はむしろ杏ちゃんは普通の女の子が美味しいもの食べたり写真をSNSにアップして楽しんでるのと同じように「こういうことをしたかったんだな」と微笑ましく思っています。何で「芸能活動と一緒」になるのか不思議でたまりません。
◆気持ちのすれ違いは確実にありました。
そのような場面を目撃しましたし、実際に辞めたのですから。
確証に近い。↓
有安杏果
「性格的にグループで馴れ合う事が苦手で無理にグループでわちゃわちゃしていなければならないももクロとしての私は本当の自分じゃない偽りの自分。私は以前からずっとピン(ソロ)のアーティスト志向で歌手と女優の両立が希望。以前から伝えてますから知ってますよね。私はももクロとしてではなく、ピン(ソロ)主体で活動していきたい。ももクロ(グループ)は時々でいいです」
川上アキラ
「ピン(ソロ)で活動できるのも、ももクロの肩書きや土台があるからだ。勘違いするな。ももクロ(グループ)の活動が優先なのは当たり前だろ。それは今後も変わらないし、ピン(ソロ)優先は認めない」
有安杏果
「夏菜子はピン(ソロ)の仕事が多くなってますよね。夏菜子はよくてどうして私は希望を受け入れて貰えないんですか。夏菜子との違いは何ですか?」
川上アキラ
「夏菜子はリーダーでグループの顔として実際にオファーも多いし、ももクロの広報的な役割も担っているから必然的にピン(ソロ)仕事が多くなる。杏果はピン(ソロ)でのオファーが夏菜子に比べて少ない。それでもそれなりにピン仕事も入れてやってるし、ソロコンだってやらせてあげただろ」
有安杏果
「私はオファーが少なくて人気が無いって事ですよね。所詮ももクロの肩書きありきって事ですよね。川上さんの言いなりに従ってればいいと言いたいんですよね」
川上アキラ
「そうだな」
有安杏果
「考えが平行線ですね。以前から考えていたんですけど、ももクロを辞めます。一旦芸能界から距離を置いてゆっくりしたい。今後は未定です。(既に水面下で誘ってくれている新事務所に行く事が内定済みで大卒の今のタイミングがももクロとスタダを辞めるのに最適なタイミングだから辞めてやる。近い将来、見返してやる)」
ももクロ卒業&スターダスト退社および芸能界復帰は
既に水面下では決まっている新事務所主導による既定路線でしょう。
水面下では復帰プランが色々練られていて
タイミングを見計らって新事務所にて芸能活動再開でしょう。
今年1月21日に行われた幕張メッセでのコンサートで、ももいろクローバーZを脱退し、所属事務所スターダストプロモーションとの契約も終了となった有安杏果。脱退理由については、“普通の女の子の生活を送りたい”としていたが、自身の誕生日である3月15日、グループ時代に更新していた公式ブログを閉鎖し、新たにTwitterとインスタグラムのアカウントを開設した。
「本当に普通の女の子に戻りたいのであれば、わざわざ顔と実名を出してSNSを始めるのは意味がわからない。事務所に所属していないだけで、『元ももクロ』という事実は変わらないわけだし、むしろ自分から積極的に表舞台に立ちたがっているとしか思えない。“普通の女の子に戻りたい”という脱退理由は、あくまでも建前だったのでしょうね」(スポーツ紙記者)
では、いったいなぜ有安はももクロを脱退したのだろうか? 事情を知る音楽関係者は、こう話す。 「端的にいえば、ももクロのマネージャーである川上アキラ氏との確執ですね。有安としては、芸能界を辞めたいということではなく、川上氏のもとから去りたかったということなのでしょう」
川上氏といえば、ももクロのチーフマネジャーであり、事実上のプロデューサーだ。楽曲、ライブなどを含めた活動の方向性は、川上氏のアイディアに基づくものが多いとされている。 「もともとアーティスト志向が強かった有安にとって、オヤジ趣味的な川上氏のプロデュースは納得いかないところが多かったようです。しかも、川上氏はあくまで、もももクロの顔は百田夏菜子であるという考えで、百田以外のメンバーの意見は軽視する傾向が強かった。そういった中で、数年前から有安と川上氏は冷戦状態が続いていたんです」(同)
そんな2人の関係は、去年あたりから、いよいよ末期的になっていったという。 「有安のやる気がどんどん薄れていく中で、有安に対するフラストレーションがたまった川上氏が、現場で有安を激しく叱責することもあったようです。でも、有安の反発は強まる一方で、いつ辞めてもおかしくない状態が続いていました」(同)
有安の脱退は、発表から1週間後というかなり急なものであったが、そうなった裏にも2人の確執が横たわっていたようだ。 「今年はももクロ10周年ということで、川上氏にはいろいろなプランがあった。それを有安の“卒業に向けた花道”で崩されるのが、どうしても許せなかったようです。有安よりも、あくまでもグループとしてのスケジュールを優先し、あえて『急な脱退』といった形にしたみたいですね」(同)
そして、有安は脱退から約2カ月で、再び表舞台に出てきた。 「川上氏が嫌だっただけで、音楽活動は続けたかったということです。今後は、自分の好きなように歌っていくのでしょうね」(同) 有安が歌う姿を再び目にするチャンスは、まだまだありそうだ。
goo.gl/wTupEs
川上アキラは川上桃子をももクロに入れたかった派の一人。路上ライブの時に訊かれて「ももクロに入れたいけど北海道在住だからももクロの活動は無理なんだ」と残念そうに答えている。それを聞いた古参が何人も居る。桃子のメインボーカル曲が多い3B(旧3B)ライブのプロデューサーも川上アキラが担当していた。
理事長らは桃子をグループに入れるのは勿体ない派。
自分を偽ってももクロの有安杏果を演じ続けなければならない芸能活動ではなく、 自分らしく、初心忘るべからずの芸能活動をしたい考えから大学卒業の年齢でももクロ&スタダを離れたのは賢明な判断。そして水面下では決まっているであろう新天地(新事務所)へ
この一連の流れを導いているのは
ズバリ、唯月ふうか(momo)の影響でしょう。
次の曲の歌詞の意味を噛みしめ、なぜ有安杏果がももクロ&スタダから
離れたのかを感じろ!
スタダ3Bjuniorラスト大全集の大トリを飾っていて
スタダ3B全体のテーマ曲。友情、愛、未来へススメがテーマ。
唯月ふうか/桃×yusukeP feat.初音ミク「教室」
有安杏果も、ももクロ等も桃神様の教えを体現している途中。
ももクロ=桃子(現・唯月ふうか)と幸せを運ぶ四葉のクローバー
女性アイドルの魅力を決定づけるアイドルの真髄(神髄)、
「世界のmomoちゃん(唯月ふうか)ナンバーワン」イズム。
唯月ふうかはイズムを益々体現していて益々輝きが増している。
その輝きは、まさに天上の輝き。
ももクロやスタダ3B(旧3B)の子達は
唯月ふうか(momo)イズムを経典(教典)・血潮とする子達で
唯月ふうかの分家。 唯月ふうかが本家。
ももクロが桃神祭で崇拝している神様(桃神様)こそが唯月ふうか
ももクロ等スタダアイドルの子達の宗派はアイドルの神様である
唯月ふうか(momo)が教祖の桃桃(ぴーちぴーち)教。
誰もが幸せな笑顔になれる宗教が桃桃教。
桃神様の教えは全人類のバイブル。
「世界の3Bナンバーワン」、「世界のmomoちゃんNo.1」
「世界のmomoちゃんNo.1(唯月ふうか)イズム」
大切なのは愛!「唯月ふうかイズム」
唯月ふうか(momo)はスターダストアイドル最強のZ戦士の
スーパーエースであり、スターダストとホリプロが獲り合って
ウルトラC(前例のない複雑な裏事情のある実質ホリプロの引き抜き強奪)
でホリプロ入りした芸能史上唯一無二の超特別な子。
こんな子は他に居ない。唯一無二の天上アイドル。
伝説の、永遠の、最強の、究極の、本物の
スーパーアイドルアーティストスターはまさに唯月ふうか(momo)
今、最も生で観るべきスーパーアイドルアーティストスターが唯月ふうか
唯月ふうかは歌唱力も演技力もダンス力も可愛さも圧倒的。断トツ。
本来、唯月ふうか(momo)はミュージカル舞台女優限定ではなく、
歌手を筆頭に女優、声優、アイドル、MCなど超ハイレベルにマルチに
大活躍可能な資質を持っており、ジャンル分けなど無意味な
芸能史上唯一無二のスーパーアイドルアーティストスターだ。
それを阻害してしまっている制約隠蔽NG状態大反対!
実質ホリプロの引き抜き強奪の裏事情および引き抜き強奪した
ホリプロ(音事協)と引き抜き強奪されたスタダ(非音事協、音制連)の
両事務所、両陣営のプライドの問題も相まって唯月ふうか(momo)の
スターダスト関係を表に出す事がNGの制約隠蔽NG状態にされて
しまっている。そのせいで彼女の芸能活動は常にスタダ関係の制約NGを
抱える大ハンデを被ってしまっているのだ。このせいで歌手活動再開や
様々なキャスティング等でも非常に不利で窮屈な勿体ない状況。
彼女がスタダ時代の曲を商業的に歌えないとか、ももクロ等と直接絡めず
共演NGとかもってのほかだ。
ももクロ等にとって唯月ふうかはふ~かふ~かな雲の上♪の存在(桃神様)
唯月ふうかはスター。ももクロはダスト。合わせてスターダスト。
愛と哀しみを知る唯月ふうかはスターダストアイドル最強のZ戦士!
JASRACに使用料を払えばスタダ時代の曲も商業的に普通に歌える。
手続きを踏めば彼女のイメージぴったりで海外でも覚えて貰い易い
momo名義も復活可能! 早く彼女のスタダ関係の制約隠蔽NGの無い
自由な芸能活動&自由な歌手活動再開を!
裏事情はもう時効だ。ホリプロとスタダで早く合意して早く解決すべき。
ホリプロ(音事協)は彼女のスタダ関係を隠蔽NGにしている場合ではない!
制約隠蔽NG状態大反対!
◆川上あきらは全メンバーと確執があります。殴りあいです。
メンバー同士も確執があります。机の下では足を蹴ってます。殴るときは顔ではなくて腹を殴ってるそうです。
本人たちが言ってる有名な話です。
◆部外者には分からないことだし
関係者はこんなクソサイトで内部情報を暴露することは無いと思います..


質問タグ:川上,川上アキラ,唯月ふうか,確執,スタダ,有安杏果,ももクロ

【Q&A】最近ヘキサゴンファミリーのつるの剛士、上地雄輔、木下優樹菜などヘ...

最近ヘキサゴンファミリーのつるの剛士、上地雄輔、木下優樹菜などヘ...

最近ヘキサゴンファミリーのつるの剛士、上地雄輔、木下優樹菜などヘキサゴン放送終了後、クイズ番組に出演しなくなったのは何故? ましてmisono、山田親太朗などは公の場から姿消した

アンサー

クイズ番組の傾向が、「レベルの低い問題を出して、それさえ答えれないおバカタレントを笑う」から「超絶難関問題をすらすら解く東大生を見て感心する」に変わったので、シンプルにおバカタレントの需要が減ってるんだと思います!あと、若い子がバカな発言をすると笑えるけど、アラサーで子持ちのタレントがありえない発言をしてたら笑えないくらいにやばいからではないでしょうか?
◆つるのさんとか木下さんはたまに出ています。misonoはCSとかに出ています。


質問タグ:ヘキサゴン,山田親太朗,つるの剛士,ヘキサゴンファミリー,木下優樹菜,つるの,木下

-百田夏菜子
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.