原口剛

【驚愕】超変革打線(ちょうへんかくだせん)は、2016年から使用された、阪神...

投稿日:

【驚愕】超変革打線(ちょうへんかくだせん)は、2016年から使用された、阪神...

超変革打線(ちょうへんかくだせん)は、2016年から使用された、阪神...

超変革打線(ちょうへんかくだせん)は、2016年から使用された、阪神タイガースの打線を指す愛称である。
目次 [非表示]
1 概要 1.1 基本的な概説
1.2 打線誕生の背景
1.3 打線の性 格
2 超変革打線の歴史 2.1 2016年(基本的な選手編成) 2.1.1 規定打席到達者
2.1.2 レギュラークラス(規定打席未到達者)
2.1.3 その他の主な選手
2.2 2016年(シーズン序盤)
2.3 2016年(シーズン中盤)
2.4 2016年(シーズン終盤)
3 参考(2015年) 3.1 基本布陣
3.2 その他の主な選手
4 その後の阪神打線 4.1 2017年
5 脚注 5.1 注釈
5.2 出典
6 関連項目
7 外部リング
概要[編集]
基本的な概説[編集]
阪神タイガースの2016年のスローガンである超変革がそのまま打線の愛称になったもの[1][2][3][注 1]。
2015年10月17日に金本知憲が監督に就任したのが、この打線誕生の出発点である。(後に詳述するが、)金本監督の就任当時の阪神は、前任者である和田豊のときに主力打者がほぼ固定されていたことなどから、チーム状況として特に「打撃陣の世代交代(若手の底上げ)」が急務になっていた。
そこで金本監督は、この年のドラフト1位である外野手の高山俊、育成選手から引き上げた捕手の原口文仁などの若手野手に積極的に出場機会を与えて、打撃陣の活性化を図った。
実際としては、この「超変革打線」は名称そのものとしてはあまり浸透したとは言い難く[注 2]、むしろ「『超変革』を象徴する、複数の若手野手を積極的に起用する打線」というニュアンス(言い回し)で表現されることが多かった。
「超変革打線」を導入した1年目である2016年は、最終的には4位に終わった。なお、球団は(翌シーズンである)2017年のチームスローガンを「挑む」[4][注 3]としたが、金本監督は「『超変革』という基本的な精神、姿勢は継続する」という趣旨のことを述べている[5]。
打線誕生の背景[編集]
先述のように、2015年10月の金本政権の誕生により、「超変革打線」は誕生したが、前任の和田政権(2012年~2015年)は、2014年のクライマックスシリーズにおいて、読売ジャイアンツ相手に、4勝1敗[注 4]で下して日本シリーズ進出を果たすなど、チーム成績の面では一定の結果は残しており、2015年シーズンも3位(Aクラス)であった[注 5]。
しかし、2015年シーズンにおける打撃陣は、
レギュラーメンバーにおいて、「若手」と純粋に呼べる選手は江越大賀(中堅手。当時は大卒1年目)1人のみ。
レギュラーを固定できたポジションは、一塁手(マウロ・ゴメス)、遊撃手(鳥谷敬)、左翼手(マット・マートン)、右翼手(福留孝介)の4ポジションにとどまった。
上記の「絶対的レギュラー」は、いわゆるベテランまたは外国人選手に集中していた。
このように、打撃陣は不安要素がいくつも並ぶ状況になっており、いわゆる「世代交代」が急務の状況になっていたことから、「超変革打線」が誕生することとなった。なお、2016年シーズンを迎えるにあたってのシーズンオフにおける、打撃陣に関係する主だった動きは、マートンとの契約更新を見送り、新外国人としてマット・ヘイグ(主に三塁手としての起用を想定していた)を獲得したのみで、選手の入れ替えをほとんど行わず、若手選手の育成(底上げ)を鮮明にする方向性を強く滲ませていた。
打線の性格[編集]
金本政権では、誕生当初から、「積極的な走塁意識」や「強く振る意識」が選手に徹底され、原則として実績やプロ入り年数に関係なく、この2つの意識を体現できることが選手起用において重視する方針が打ち出されていた[6]。金本監督の当初の構想は、鳥谷、福留、ゴメスの3選手を「軸」として、そこに中堅及び若手選手を積極的に組み込むことで活性化を図ることであった[7][注 6]。
シーズン開幕戦では、「軸」と明言されていた先述の3選手、及び、新外国人のヘイグ(三塁手)、実績のある西岡剛(二塁手)の「実績組」の5人に加えて、オープン戦で結果を出した高山(左翼手)、横田慎太郎(中堅手。高卒3年目。それまでは一軍経験ゼロ)、岡崎太一(捕手。高卒社会人から12年目だが、それまでの一軍通算出場試合数は41にとどまっていた)の3人を抜擢することでスタメンを編成。
シーズンを通して複数の若手選手が積極的に起用されたが、特に、
高山俊(この年のドラフト1位。主に左翼手。シーズンを通してほぼ継続的にレギュラーとして起用。8月20日の対巨人戦以後は「3番・左翼手」にほぼ固定されて、最終的に規定打席に到達。「打率.275、8本塁打、65打点、5盗塁」の成績を残して、新人王に輝いた)
原口文仁(高卒7年目。主に捕手。故障癖に苦しんだこともあり、2013年シーズンから育成選手契約であったが、4月27日に支配下選手登録がなされて、その日のうちに一軍登録。4月29日の巨人戦からスタメンとしてコンスタントに起用されて、5月22日の対広島戦以後は「5番・捕手」として多く起用された

アンサー

なるほど!
◆これなんの質問や
こんな論説みたいなもの質問とは言えん!


質問タグ:左翼手,打撃陣,原口文仁,超変革打線,江越大賀,質問,論説

【嬉】スピードワゴンの井戸田潤さんは大坂志郎に似ているのに、なぜ安達祐...

スピードワゴンの井戸田潤さんは大坂志郎に似ているのに、なぜ安達祐...

スピードワゴンの井戸田潤さんは大坂志郎に似ているのに、なぜ安達祐実さんは離婚したのですか?

アンサー

その人だれ?
◆井戸田のモラハラ。
◆井戸田によると
「帰宅したら安達祐実と両親が揃って、離婚しろと迫られた」
「離婚する理由に心当たりがない」
と言ってた。
でも、その前から、
「井戸田はひんぱんに合コンに行っている」
「自宅とは別に井戸田はアパートを借り、自宅に帰らない日もある」
「子どもを構わない」
「祐実の親と仲が悪い」
そういったウワサが週刊誌に出ていて
「なぜ安達祐実が遊び人の井戸田と結婚したのか?」
疑問に思われていた。
安達祐実本人も目が覚めたこともあるだろうけど、
祐実の親に促されて、別れさせられたんじゃないかな。
でも、祐実は井戸田と別れて正解だと思うよ。


質問タグ:安達祐実,井戸田潤,大坂志郎,スピードワゴン,井戸田,モラハラ,安達祐実本人

【急募】『蛇にピアス』(へびにピアス)は、日本の小説家・金原ひとみの小説...

『蛇にピアス』(へびにピアス)は、日本の小説家・金原ひとみの小説...

『蛇にピアス』(へびにピアス)は、日本の小説家・金原ひとみの小説であり、当人のデビュー作である。第27回すばる文学賞を受賞した。綿矢りさの『蹴りたい背中』とともに、第130回芥川龍之介 賞を受賞した。
2008年9月20日、作者本人の意向を受けて蜷川幸雄監督による映画が公開された。
目次 [非表示]
1 評価
2 登場人物
3 要略
4 映画
5 ストーリー (映画) 5.1 スタッフ
5.2 キャスト
5.3 主題歌
6 脚注
7 外部リンク
評価[編集]
芥川賞の選評では、細部描写の秀逸さと、派手な道具立ての裏にある物語の純粋さが評価された。選考委員の石原慎太郎は受賞作発表後の記者会見においてこの回の候補作全体に対して否定的見解を示し、「今年は該当作無しでも良かったんじゃないか」と前置きしたうえで、それでも同時受賞した2作品の『蹴りたい背中』と本作からいずれかを選ぶならば、本作を推すとしている。
なお、単行本化にあたり結末部分が直されているが、その点について福田和也や関川夏央らが、直す前の方が良かったと指摘している。
登場人物[編集]
ルイ主人公。19歳。アマのスプリット・タン(蛇のように舌に二股の切れ目を入れること)に惹かれ、身体改造に興味を持ち始める。登録制のアルバイトをしており、そこでの「つくりものの自分」は人当たりがいい様子。本名は中沢ルイ。アマルイと同棲している。スプリット・タンの他にも、顔中にピアスをしたり、腕に派手な刺青をしたりと、かなりの身体改造を施している。しかしルイには忠実で、彼女の指示にはほぼ無条件で従っている。古着屋でアルバイトをしている。本名は雨田和則。シバさん身体改造の店『Desire』のオーナー。刺青を彫るのが殆どだが、ピアスも扱っている。また表情がわからないほど多くのピアスを顔面に刺しているが、「人の形を変えるのは神だけに与えられた特権」という持論からスプリット・タンにはしていない。かなりのサディスト。本名は柴田キヅキ。
要略[編集]
ルイはアマのスプリット・タンに惹かれ、シバさんの指導の下、自分の舌にもピアスを入れる。さらにシバさんに、背中に麒麟と龍の刺青を入れてもらう約束も取り付ける。しかし、アマと喧嘩した暴力団風の男の死亡記事を見てから、ルイに不安が襲い始める。
映画[編集]
蛇にピアス
Snakes and Earrings
監督
蜷川幸雄
脚本
宮脇卓也
蜷川幸雄
原作
金原ひとみ
製作
宇野康秀
梅川治男
製作総指揮
星野有香
森重晃
出演者
吉高由里子
高良健吾
ARATA
あびる優
ソニン
音楽
茂野雅道
主題歌
CHARA「きえる」
撮影
藤石修
編集
川島章正
製作会社
「蛇にピアス」フィルムパートナーズ
配給
ギャガ
公開
日本の旗 2008年9月20日
上映時間
125分
製作国
日本の旗 日本
言語
日本語
テンプレートを表示
ギャガ・コミュニケーションズの配給により2008年9月20日日本公開された。吉高由里子は本作が初主演映画であった。R-15指定[1]。キャッチコピーは「19歳、痛みだけがリアルなら 痛みすら、私の一部になればいい。」
ストーリー (映画)[編集]
渋谷を生きている実感もなく、あてもなくふらつく19歳のルイの単調な日々が赤毛のモヒカン、眉と唇にピアス、背中に龍の刺青、蛇のようなスプリット・タンのアマの出現で一変する。開けた時にアマが悶絶したという、妖しげな店でルイも舌にピアスを開け、恍惚を感じる。「女の方が痛みに強い」「粘膜に穴を開けると失神する奴がいる」という店長のシバも全身に刺青、顔中にピアスというパンクな風貌の彫り師で、サディストだという。帰りに絡まれてアマは激しく暴力を振るい、相手の歯を愛の印だとルイに渡す。ルイは自身にも最高の絵を刻みたいという思いが強くなり、アマの背中に彫られた龍とシバの右腕の麒麟を望む。シバと密かにSM関係を続け、シバは「俺は神の子かもしれない」という。
暴力団員が死んだというニュースが流れ、ルイはアマに染髪(茶髪)し、長袖を着させる。シバに龍と麒麟の刺青に瞳を入れると飛んで行ってしまうから入れないでと頼む。舌の展がり方を見せるが、シバに無理をすると炎症を起こすと注意される。アマの心配をよそに二人は寝る。ルイはピアスを拡張する度にイライラするという。シバは最高の麒麟を彫ったし、一人の女を愛するために彫り師を辞めようかともいう。ルイは生きていることを実感できるのが痛みを感じる時だけで、死に取り憑かれた時にどちらに依頼するだろうかと考える。

アンサー

こんな長文に答えを出す気にな無い事に思い当たるのでは。短くまとめるのが聡明度がえられるのに。たえられません!蛇がなんだって?


質問タグ:吉高由里子,シバ,蜷川幸雄,金原ひとみ,ピアス,長文,蛇

【嬉】ロッテオリオンズと言えば誰を思い出しますか?

ロッテオリオンズと言えば誰を思い出しますか?

ロッテオリオンズと言えば誰を思い出しますか?

アンサー

愛甲猛。
◆ありとうかな
◆名物監督だった金田正一氏。
◆マサカリ投法の村田兆治投手!
◆落合博満さんを思い浮かべますね。
◆落合博満です。


質問タグ:ロッテオリオンズ,落合博満,金田正一,マサカリ投法,村田兆治,村田兆治投手,愛甲猛

【診断】2008年1月現在所属したAKB48メンバーを教えていただけませ...

2008年1月現在所属したAKB48メンバーを教えていただけませ...

2008年1月現在所属したAKB48メンバーを教えていただけませんか?

アンサー

2008年1月現在所属したAKB48メンバー
チームA:板野友美、大江朝美、大島麻衣、川崎希、小嶋陽菜、駒谷仁美、佐藤由加理、篠田麻里子、高橋みなみ、戸島花、中西里菜、成田梨紗、前田敦子、峯岸みなみ 14名
チームK:秋元才加、梅田彩佳、大島優子、大堀恵、奥真奈美、小野恵令奈、河西智美、小林香菜、佐藤夏希 、野呂佳代、早野薫、増田有華、松原夏海、宮澤佐江 14名
チームB:浦野一美、平嶋夏海、井上奈瑠、多田愛佳、柏木由紀、片山陽加、菊地彩香、早乙女美樹 、田名部生来、仲川遥香、仲谷明香、野口玲菜、松岡由紀、米沢瑠美、渡辺麻友 15名
研究生
(4期生):瓜屋茜、大家志津香、倉持明日香、佐伯美香、佐藤亜美菜、鈴木菜絵、中田ちさと、中西優香、成瀬理沙、藤江れいな、藤本紗羅、村中聡美 12名
(5期生):有馬優茄、石田晴香、内田眞由美、北原里英、小原春香、指原莉乃、近野莉菜、冨田麻友、中塚智実、仁藤萌乃、畑山亜梨紗、宮崎美穂 12名
計67名


質問タグ:AKB48メンバー,鈴木菜絵,なるる,大江朝美,畑山亜梨紗,2008年1月現在

【嘆】Twitterで、以前(今もかもしれませんが)話題になっていた女子高生の...

Twitterで、以前(今もかもしれませんが)話題になっていた女子高生の...

Twitterで、以前(今もかもしれませんが)話題になっていた女子高生の名前が思い出せません。
ももクロが好きで、少しハーフっぽいかんじの方なんですが…
喋るのがとても速くてすごく面白い人 です

アンサー

思い当たる人がいませんが、
平裕奈、岸本セシル、寺本愛美、橋本環奈などですか?
◆話題になって、ももクロが好きな子…橋本環奈ちゃんしか浮かばないですね…。違ったらすみません!


質問タグ:橋本環奈,ももクロ,女子高生,少しハーフっぽい,Twitter,寺本愛美,話題

-原口剛
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.