高井治

【完全版】劇団四季の『オペラ座の怪人』で、これまで怪人役を演じられた俳優さ...

投稿日:

【完全版】劇団四季の『オペラ座の怪人』で、これまで怪人役を演じられた俳優さ...

劇団四季の『オペラ座の怪人』で、これまで怪人役を演じられた俳優さ...

劇団四季の『オペラ座の怪人』で、これまで怪人役を演じられた俳優さんの中で最も演技力があると思われた方を教えてください。
できればトップスリーを教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお 願いいたします。

アンサー

1・市村政親さん
2・芥川英司さん
3・高井治さん
市村さんは狂気と切なさが混じった感じで、
演技は毎回は引き込まれました。
芥川さんは優しさも感じるファントムだったので、
ラストがより悲しく美しく感じました。
高井さんは歌声も素晴らしいですが、
クリスに真っ直ぐな感じがよく出ていて現役の中ではダントツに好きなファントムですね。
◆最近の方では
1、芝清道さん
2、佐野正幸さん
3、高井治さん


質問タグ:オペラ座の怪人,俳優,演技力,劇団四季,佐野正幸,芝清道,トップスリー

【今年最後】お寺と神社の違いを教えてください。

お寺と神社の違いを教えてください。

お寺と神社の違いを教えてください。

アンサー

■神社
神道の神殿である
参道や入り口に鳥居がある
神職と巫女がいるが、寺が運営する神社もあり、社務所に坊主が座っていることがある
基本、2礼2拍手1拝の流儀で参拝。
一部に4拍手1拝や3拍手3杯の神社がある
祝詞や略拝詞を唱える
本殿は神域であリ立ち入れない
人は拝殿から参拝する(一部に例外あり)
拝殿には鈴などがあり、それを鳴らして参拝する
年2回大払いが行われる
仏寺の真似だが、ロウソクや線香に火を灯す神社もある
仏寺の真似だが、意味もなく御朱印を押す
仏寺の真似だが、神道護摩を焚く
寺の仁王門の真似だが、由緒ある神社には随神門がある
由緒ある神社には、入口近くに祓戸神社がある
お祓いやご祈祷が行われる
神前結婚式はあるが、葬儀法要は行わない
境内に墓はなく、地鎮祭・土地家屋のお祓いなどを出張で行う
御神体に鏡や自然石を使うが、偶像を造らない
付近の山をご神体山とすることがある
奥社、総本宮、分社の関係があり、元になった神社によって系列が存在するが、独立の存在で包括関係を持たない
稲荷大社の場合、伏見稲荷大社が総本宮で、全国に4万社の分社がある
宗教法人である神社本庁に、全国11万社中8万社が加盟していて包括関係にある
神社には信奉者の氏子組織がある
神宮、明神社、旧国の一宮、近代社格制度など格付けが存在したが、現在はどの神社も一応同格とされている
しかし、神社本庁は、別表神社という別枠を設けていて、事実上の社格になっている
神道の信奉者からみて、氏神、産土神社、鎮守神社、一宮、総社に相当する神社があり、それらを重視する
■仏寺
仏教の宗教施設である
山を意識していて山号を持っている
僧侶と尼僧がいる
神仏習合の名残で、神仏中間の権現を祀ることがある
神仏混淆の名残で、境内に神社や鳥居があったりする
合唱して祈る。
経を唱える方が良い
真言が存在する
釣り鐘がある
お堂には鰐口がある
ロウソクや線香に火を灯して供える
護摩を焚くことがある
仏像がある
婚儀・葬儀を行い、境内に墓がある場合がほとんど
檀家組織を持っていて、檀家の葬儀・法事を行う
総本山>別格本山>本山>末寺というヒエラルヒーが存在し、上納金システムを取っている
◆お寺は仏教、つまり仏様に祈る所で、神社は神様に祈る所です。


質問タグ:お寺,仏寺,神社,信奉者,ヒエラルヒー,ろうそく,神道

【ガイド】江戸時代、人間が一人食べていくためにはどれぐらいの石高が必要なの...

江戸時代、人間が一人食べていくためにはどれぐらいの石高が必要なの...

江戸時代、人間が一人食べていくためにはどれぐらいの石高が必要なのでしょうか。
一石で一人当たりの年間のコメの消費量相当と聞いています。 タダ、これ以外にも必要になりますよね、家賃だとかその他諸々
もちろん、地域や地位によっても違うと思いますが、おおよそにして、江戸の一般的な町人や下級武士の場合、一人当たりの生活費は何石ぐらいだったのでしょうか。
※町人の場合、収入自体が貨幣経済になりますから、おおよそ、どのぐらいの生活費で、それを石高に直すとどれぐらいになるのでしょうか。

アンサー

日本全国の公式の石高は、江戸時代初期の段階で2217万石余(1610年頃の慶長郷帳石高)、後期の段階で3055万石余(1830年代の天保郷帳石高)なわけですが、石高は正租を徴収するための土地の生産性の見積もりであり、米価を基礎単位とはしているものの米の生産高とも違うし、石高として計上されない税制上の控除や、税制上の大量の抜け穴も存在します。
明治維新の際、地租改正直前の明治5年の段階で日本の石高は3237万石余と集計されておりますが、明治七年府県物産表によると、米の生産高は約2600万石(物産額は約1億4300万円)に過ぎません。一方で米以外の農林水産物や種々の鉱工業製品の物産額の総額は3億7200万円余で、平均米価で換算すると明治7年の統計上の総物産高は6800万石に相当します。さらにこれにはサービス業などの付加価値が含まれません。
2017年出版の『岩波講座 日本経済の歴史 2 近世 16世紀末から19世紀前半』で、高島正憲らが見積もった石高換算のGDPは:
1600年:実質GDP 4164万石 / 総人口1700万人 = 2.45 石/人
1721年:実質GDP 7760万石 / 総人口3129万人 = 2.48 石/人
1804年:実質GDP 9330万石 / 総人口3069万人 = 3.04 石/人
1846年:実質GDP 1億0690万石 / 総人口3221万人 = 3.32 石/人
1874年:実質GDP 1億2954万石 / 総人口3484万人 = 3.72 石/人
となっており、石高換算の実質GDPは1億石を超え、江戸時代後半には1人当たりの石高換算のGDPは3石を超えています。
次に産業別でのGDPのシェアを見てみますと、江戸時代も前半と後半で大分様相が変わってきますが、例えば1846年の場合:
第一次部門 6706.2万石 (62.7%)
第二次部門 1169.8万石 (10.9%)
第三次部門 2814万石 (26.3%)
一方人口のシェアに関しては、『岩波講座 日本経済の歴史 2 近世 16世紀末から19世紀前半』によると、労働力の部門構成比について「ここでその推計の一端を紹介すれば、1600年には第一次部門76%、第二次部門10%、第三次部門14%であったのが、1721年には69%、13%、18%となり、それ以降は明治初年にいたるまでほとんど変化をしなかったということになる。あくまでも暫定値なのでパーセンテージについての議論は控えるが、(以下略)」と書いてあるだけで、それ以上の議論はなされていません。強引に労働力比率の推計値で推計人口(:2223万人、2次部門:419万人、3次部門:580万人)を出せば1人当たりGDPは1次部門が3.0石/人、2次部門が2.8石/人、3次部門が4.9石/人となり、農林水産業や鉱工業部門よりも商業・サービス業の方が1人当たりGDPが明らかに高いことになります。
なおこれはあくまでも産業別GDPでの話であり、階級別所得とは話が別です。武士の収入は第一次部門からの税収が主ですので、実際の一次部門の手取り収入はその分を減らして考えなければなりません。また「平均値」はあくまでも平均値で、一般庶民の収入はもっと低いものです。
ここで長州藩を例にすれば、1850年頃の武士(10%)と町人(15%)と農民(75%)の世帯所得比率は1.2 : 1.1 : 1.0と、案外差がありません。武士も「一人扶持」は米にして約1.8石(4.5俵)を基礎として計算しますから、下級武士の収入は生きていくには十分だが、案外かつかつな収入です。
それよりも大きいのが、農村での階級別、つまり地主と小作の所得格差が大きいことです。例えば和泉国日根郡の地主要家の例では、約300石の土地に対して40世帯程度の小作人がいたが、小作人家族1人当たりの平均的な土地1.8石に対して実際の収穫高は米麦あわせて約2.6石で、18世紀半ばには1.0石が領主、0.8石が地主、0.8石が小作人の取り分、19世紀前半には1.0石が領主、0.6石が地主、1.0石が小作人の取り分と推計されとります。石高は正確には玄米換算ですので、1日白米3合は1年玄米1.2石~1.3石に相当しますが、実際には同価値の別の食物でカロリーを補うことができます。大体1.2~1.3石/人が最低の生存水準とすると、小作人の取り分である0.8~1.0石/人では健康的に生きていくことが困難です!というわけで、こういった小作人は副業や出稼ぎをすることとなります。
町人の収入の方は、徴税がかなりガバガバで全国一律で評価するのも無理なのですが、例えば19世紀初頭の江戸の大工の場合、銀1588匁(石高にして約26石相当)の収入があり、家賃を取られたとしてもそこそこの大家族を養う余裕が十分あります。
以上まとめると、いわゆる石高から算出される1石/人は租税計算の基礎値に過ぎず、実際には江戸時代後半の生産高(米以外の生産高を含めて米価で換算した値)は3石/人を超えていた。ただし、生存水準倍率が1となるのは約1.2~1.3石/人で、小作人の多くはこのラインを下回っていた。下級武士は貧しいといえども、最低の扶持米1.8石を家族分貰うことができれば生存水準は十分超えていた。町人も上から下まで全然収入が違ったが、幕府直轄領の町人はまともに働けば十分豊かな生活が可能であった。
こんな感じです。
◆江戸での生活費について回答をしていませんでした。『文政年間漫録』によると19世紀初頭の大工の年収は銀1587匁6分で、上で銀60匁=米1石=金1両で換算してしまいましたが、原本では米1石=銀100匁(金1両=米0.6石)で換算されており、年収は約米16石に相当します。家族3人の飯米が3石5斗4升(代銀354匁)、房賃(たなちん)銀120匁、塩味噌油薪炭代銀700匁、衣服の価120匁、交際費銀120匁で、残り銀73匁6分とあります。よって生活費は銀1514匁(米15石1斗4升相当)で、1人当たり約5石です。光熱費が高く、交際費など無駄が多いようですが、収入に応じて支出も多くなるのが、江戸時代の武家・町人の常のようです。
また下級武士で「三両一人扶持」と表現される場合、一応3両+1人扶持の収入があるのですが、1両が米0.6石~1石、1人扶持が米1.8石として、米換算で3.6石~4.8石の収入に相当します。副業せずに体面を保ちながら江戸で生活するとなると結婚もできません。
◆非常に大ざっぱに言えば、江戸時代の全国の石高が約3000万石、人口が約3000万人ですから、一人年間1石です。これは老人から子供も含めた全国民の平均値ですから、俸給としてはもう少し多く、例えば武士の使用人や家族への手当は一人一日5合(年間1石8斗)を標準的な生活費としてそれを支給しました。「扶持米」と言います。
実際に一日5合もご飯は食べませんから、残りは売って他の費用に充てたのです。
最下級武士は「サンピン」と揶揄されましたが、これは年俸が「三両一分」しかなかったからです。江戸後期はコメ1石がだいたい1~2両しましたから1石8斗の扶持米を金額に換算したらサンピンに近いと思います。
一般の町人だと、例えば若い行商人でも一日働けば250文(1朱)くらい稼げたので、月に1~2両にはなったのに対し、下級武士の報酬は低かったと思います。
ただ、これらは江戸の話で、圧倒的多数は地方で暮らす農民や中小藩の武士たちですから、収入はもっと低かったはずです。総じていえば、例えば5人家族の世帯の収入は限りなく年間5石=5~10両=現在価値で50~100万円といったところでしょうか。
今からみれば非常に少なく感じますが、今のように何でも買う時代じゃなく、大抵のものは自分で作り,賄い、古いものも利用した時代なのでそれで間に合ったのです。
◆人間一人が食事をする量は1年で1石だと山岡章八の徳川家康の本に書いてありましたよ~
◆人一人で、1日で3合、年間で1石を消費しました。
当時の庶民のエンゲル係数は50%くらいで、さらにその食費の半分はお米でした。
つまり、年間生活費は、お米4石相当ということになります。
下のサイトが参考になります。
◆米換算に目を当てることは良いにしても
下級武士 家賃不要
庶民 家賃必要
青物 下級武士 国元庭栽培可能 一部購入
庶民 購入
塩 双方とも購入 但し相場あり
燃料 下級武士 購入
庶民 購入
百姓 一部販売 共有地分配
衣料 一部地域 百姓 自給自足
東北より北は購入
ですから無理な質問をされていることがおわかりですか。
若し質問をなさるのであるならば、何年の大都市ででどの階層の人の
一人前の食費ということなら、ある程度計算はできます。
この場合、住友家の相場記録が残っていますので、図書館で調べてみてください。努力をしなくては知識は身につきませんよ。
◆年間/1石=米(約150Kg)=39450円程と言われていました。サラリーマンの年収、400万円あたりとすると約100倍ですので100石あれば何とか生活が出来ると思います。ちなみに加賀100万石の大名で年収約400億円になります。
しかし過去NHKの番組で1石=10万円とした紹介したことがあります。それならば加賀藩は4000億円となり、この方が(大名としては)信憑性があります。それで計算すると40石=年収/400万円になります。


質問タグ:町人,どれぐらい,石高,おおよそ,一人当たり,小作人,石高換算

【損得】謹んで新年のお慶びを申し上げます いずれも昭和の人気スターですが、...

謹んで新年のお慶びを申し上げます いずれも昭和の人気スターですが、...

謹んで新年のお慶びを申し上げます
いずれも昭和の人気スターですが、共に野性味がありセクシーで、雰囲気がよく似ている感じがします。この中であなたのお気に入りは誰ですか? 回答は複数人でも構いませんが、その場合には順位をつけて下さい。
千葉真一(1939年生れの俳優)
近藤正臣(1942年生れの俳優)
石橋正次(1948年生れの俳優)
萩原健一(1950年生れの歌手)
草刈正雄(1952年生れの俳優)
西城秀樹(1955年生れの歌手)
世良公則(1955年生れの歌手)
役所広司(1956年生れの俳優)
加納 竜(1956年生れの歌手)
草川祐馬(1959年生れの歌手)
渡辺 謙(1959年生れの俳優)
真田広之(1960年生れの俳優)
川崎麻世(1963年生れの歌手)
松村雄基(1963年生れの俳優)

アンサー

西城秀樹さんのダイナミックなアクションは衝撃的でしたが、その顔立ちや目鼻立ちと同様、男らしくてセクシーで魅力的な歌声により、力強く感情的に歌い上げる「絶唱型」の歌唱にも痺れました。
【至上の愛】(1975年8月25日)
【ブーメランストリート】(1977年3月15日)
【炎】(1978年5月25日)
ご参考までにリストアップされている方々について、当時の人気度を再確認するために「ブロマイド男性年間売上順位」を調べました。
【1969年】
①千葉真一④テンプターズ(萩原健一)
【1970年】
①千葉真一
【1972年】
⑥石橋正次
【1973年】
②西城秀樹⑦石橋正次
【1974年】
③西城秀樹⑧草刈正雄
【1975年】
①西城秀樹
【1976年】
①西城秀樹③草川祐馬⑧加納竜
【1977年】
②西城秀樹③草刈正雄
【1978年】
①川崎麻世④西城秀樹
【1979年】
①川崎麻世③西城秀樹
【1980年】
③川崎麻世⑤西城秀樹
【1981年】
④真田広之⑥西城秀樹
【1982年】
⑤真田広之
【1984年】
③真田広之⑧松村雄基
【1985年】
②松村雄基④真田広之
【1986年】
④松村雄基⑤真田広之
【1987年】
④松村雄基⑤真田広之
渡辺謙さんは、1987年大河ドラマ「独眼竜政宗」主演で人気を博しましたから、平成のスターだと思います。
◆「ブロマイド男性年間売上順位」に関して、詳しくはこちら
◆イソップ?!
◆「千葉真一」さんです。
◆①草刈正雄
②渡辺謙
③西城秀樹
④真田広之
⑤役所広司
大河ドラマでの凜々しいイメージが強烈にあります(西城秀樹以外)。


質問タグ:川崎麻世,真田広之,千葉真一,西城秀樹,俳優,草川祐馬,松村雄基⑤真田広之

-高井治
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.