椎名法子

【効果抜群】デレステのPさんたちが呼んでいる アイドルたちのあだ名を教えて下さ...

投稿日:

【効果抜群】デレステのPさんたちが呼んでいる アイドルたちのあだ名を教えて下さ...

デレステのPさんたちが呼んでいる アイドルたちのあだ名を教えて下さ...

デレステのPさんたちが呼んでいる
アイドルたちのあだ名を教えて下さい。
十時愛梨→とときん
佐藤心→しゅがは
など〇〇ちゃん以外の
あだ名を出来るだけ多くお願いします。

アンサー

相川千夏→ちなったん
アナスタシア→アーニャ
安倍菜々→ウサミン
荒木比奈→荒木先生
一ノ瀬志希→しきにゃん
上田鈴帆→上田しゃん
上条春菜→はるにゃん
木村夏樹→なつきち
桐生つかさ→社長
小関麗奈→レイナサマ
小早川紗枝→さえはん
財前時子→時子様
鷺沢文香→ふみふみ
椎名法子→のりみゃん
城ヶ崎美嘉→美嘉ねぇ
多田李衣菜→リーナ
浜口あやめ→あやめ殿
星輝子→キノコ
堀裕子→ユッコ
速水奏→もみやで
姫川友紀→ユッキ
藤井里奈→ふじりな
前川みく→みくにゃん
的場梨沙→ヴァリサ
宮本フレデリカ→フレちゃん
棟方愛海→師匠
森久保乃々→ぼのの
結城晴→晴ちん
大和亜季→軍曹
依田芳乃→よしのん
脇山珠美→珠美殿
復刻スケジュールは7月?9月頃という意見がありますが再々復刻の影響もあるのでいまいち読みづらい


質問タグ:デレステ,十時愛梨,あだ名,ときん,しゅが,多田李衣菜,ヴァリサ

【マル秘】田亀源五郎原作によるドラマ「弟の夫」の追加キャストが発表された。...

田亀源五郎原作によるドラマ「弟の夫」の追加キャストが発表された。...

田亀源五郎原作によるドラマ「弟の夫」の追加キャストが発表された。涼二の親友・カトやん役を野間口徹、夏菜の担任・横山先生役を大倉孝二が演じる。 どう?

アンサー

可愛い?
◆私はあなたのお母様です。


質問タグ:野間口徹,大倉孝二,田亀源五郎原作,カトやん役,夏菜

【効果あり】経済のことがよく分からないので、教えていただきたいのです。 安倍政...

経済のことがよく分からないので、教えていただきたいのです。 安倍政...

経済のことがよく分からないので、教えていただきたいのです。 安倍政権は、何故お札をいっぱい刷るのでしょうか?
金融緩和とはどういったことでしょうか?
景気など少しも良くなっていないのに、バブル期のように株が上がっているのは何故なのでしょうか?
私にも分かるように、説明して頂けませんでしょうか?
お時間のある時に、回答していただけるとありがたいです?

アンサー

リクエストありがとうございます。
まず「景気が良い」と嘘をつく人って、目的は「国民を不利に、既得権益層を有利にする法制度」を作ろうとして、そのために都合の良い安倍政権を存続させたいために情報操作をしているだけだと思って構わないと思います。
>バブル期のように株が上がっているのは何故なのでしょうか?
たしかAREAなどで詳しく出ていると思いますが、公的資金で株を買い支えているからです。
GPIFは日本の上場企業の半数以上にあたるほぼ2000社で、保有比率が上位10以内の大株主となっているそうですよ。
ここまで露骨な市場操作が進むと、仕手筋のように提灯買いをする外資なども増えるでしょう。実際の景気を反映したものではありません。
財政の議論など「良識派」と「極悪非道派」の2つに分かれます
・天下りなどの利権を維持して、増税などで国民負担をかぶせたい「極悪非道派」
・天下りなどの利権を潰して国民負担をかけさせない「良識派」
明らかに今の金融緩和を擁護している人は「極悪非道派」に属する人間ばかりです。
ここで指摘したにもかかわらずまだ「景気が良い」と言っている人がいます。
//////
安倍政権成立直後、日本とアメリカで同じ仕事をして同じ賃金を貰っている人がいたとします。日本で働いている人の賃金は円であり、アメリカで働いている人の賃金はドルです。 日銀による異次元金融緩和のおかげで所得に格差が生じて
日本で働いている人は 完全に「敗北者」になっているんですけどねぇ。
//////
これに対して下の回答者は一切反論できません。他の回答では円安になりドルベースでの給与他何もかも日本人の所得水準が下がっているのにこれを無視してかまわないとか暴論を展開していました。
以前質問者様の質問(2017/5/1016:42:19)にも橋本政権で抵抗勢力がやった実態を回答したことがあるかと思いますが このようなことを応援している人間が 利権を貪り増やした国家財政への負担の対策として消費税を増税するために 景気が良いと言ったり金融緩和の効果をアピールするのだと思いますね。完全に上記「極悪非道派」に属する人間です。
金融緩和の建前を言うなら
低金利にして企業が金を借りやすくなるとか、貯蓄する効果を無くさせて消費を促進するためとかいろいろ言い訳はできるでしょう。
だったら カネ周りをよくすることを妨げる消費税増税に賛成するなんて行為は完全に矛盾します。その矛盾したことを言い出す人間がいるのは、金融緩和を消費税増税とセットにして国民資産を巻き上げる意図があるからです。
金融緩和と消費税増税をセットにすれば国民の財産を奪い取れます。
世界各国の個人(家計)金融資産の内訳比率
金融緩和は自国の通貨価値を下げる政策です。もしアメリカのように自国の国債の債権者の多くが海外にいて かつ国民の金融資産比率が預金が少なく株が多ければ 国民の資産価値は損失を受けないどころか潤う人が多くなります。しかし日本は全くが逆になります(日本の個人金融資産における株式の比率は1割未満)。産業の育成や技術開発とは無縁のただの金融緩和で国際競争力や雇用や賃金が改善するはずもありません。
このようにして国民生活が破壊されても、マスコミを手なずけたうえで「カネ」の価値を落として「実質」の言葉を極力排除すれば 賃金が上がっているだの経済成長しているだの税収が伸びているだの宣伝することができます。
そして 「消費税増税しても景気が悪くならないだろう」と言いがかりをつけて消費税増税反対の言論を封じようとするものです。
ちなみに、実際私自身政治のどす黒さを知らない小渕政権時代は 私自身金融緩和はどんどんすべきだと思っていましたよ(ちなみに支持政党は扇千景の保守党でしたし)。だから株高が続く状況でゼロ金利政策を解除して 日経平均株価を1日で500円下げた速水総裁を「何を考えているんだ」と思っていましたからね。なぜかというとこの時は 極悪非道派は金融緩和と消費税はゼットに考えていることを私自身気が付いていなかったからです。実際には裏では2000年時にこんなシナリオを財務省は立てていました。
(これは歳出構造を見直さないシナリオですが)
・消費税率は段階的増税で 25.5%
・基礎年金給付は賃金スライド実施。報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)
・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ
・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ
・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく
・高齢者医療費は自己負担2割
・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍
・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げる。
これを20年以上かけて実現すること
2000年当時の国民負担率は37%ですから これを倍にするのが当時からの計画です。
ちなみに、歳出構造を見直し 特殊法人などを徹底的に整理した場合は国民負担率は47~48%で済ませられる試算も出しています。 現在が約4割ですのでほとんど増えないことになります。
司馬遼太郎の歴史小説では4公6民の北条早雲の言葉を借りて、加賀一向一揆で滅んだ富樫氏の政治を8公2民のとんでもない政治と批判する記述がありますが、まさしく日本の政治を北条氏から富樫氏の政治に変えようとしていたわけです。
普通に考えればこんなことをすれば財布の紐は固くなり消費が冷え込んで当然。しかしこの国民負担増のシナリオでは名目経済成長率を+3.5%と設定していることです。名目経済成長率がこんな高いのは金融緩和などをして円資産の価値を落とす前提であるを意味しています。安倍政権は日銀総裁に大蔵省主税局出身の人物を送り込んで金融緩和をして「この道しかない」と主張しているのです。つまり金融緩和でカネの価値を落として強制インフレをすれば見かけの税収減は増やすことができ、それを景気回復と称して更に増税の口実を作る。結果円安は進み物価は高騰し国民の資産価値は目減りしさらに増税で預金を持っている限り富裕層でも貧困層に叩き落される可能性が高まっているのです。
私もそうでしたが2000年当時は金融緩和の目的に気が付いていない人が多くても仕方がないでしょう。
それまでの消費税負担増は必ずしも国民負担増につながっていなかったから。
竹下政権の消費税導入時から言うと
消費税負担増 4.4兆円
個人所得税・・・制度減税 3.9兆円
法人税減税・・・税率引き下げ2兆円
相続税減税・・・税率引き下げ 0.7兆円
個別間接税廃止・・・2.3兆円
橋本政権の消費税引き上げは
消費税負担増 2.4兆円
個人所得税・・・制度減税 2.4兆円 +特別減税 3年間で6.6兆円
相続税減税・・・税率引き下げ 0.3兆円
実は 竹下政権でも橋本政権でも国民負担は増えていません。
ところが安倍政権になってから 金融緩和を支持する人って 腹黒い意図を持った人が多くその悪意には弁解の余地がないと思いますよ。
相続税を増税して個人所得税も増税(控除縮小)しました。軽自動車税他いろいろ増税もしています。
年金もカットしました。医療負担も増やしました。
更に金融緩和で貯蓄率もマイナスに転落し 実質賃金は安倍政権発足時から4~5%下がっています。
日本のGDPにおける個人消費を約6割として家計が苦しくなる中で経済成長にもっとも貢献する要素に懲罰増税をすればどんなことになるか容易に想像可能です。
それでも 見かけの税収や名目GDPを誤魔化すことは可能なのですよ。
「カネ」の価値が維持されていると国民に勘違いさせて こっそり落としてしまうことです。それが今やっている政治です。
今行われている金融緩和が本当に低金利にして企業が金を借りやすくする目的ならば、逆にカネ回りを悪くする消費税増税なんてありえませんし(しかし現日銀総裁は国会答弁で消費税増税のために金融緩和をしていると答弁しています)、国民の個人金融資産の価値毀損になるので、代償に減税をしたり、特に昭和時代のように証券税制の非課税化をするでしょう。財源なんて既得権益の上に胡坐をかく官僚に身を切らせればねん出できます。
ところが 金融緩和で預金価値を奪い、デフレ脱却と称して消費税を増税して、
節約する人には相続税や死亡消費税で襲い掛かる。
それだけではなく「貯蓄から投資」とは程遠い証券税制の増税とマイナンバー制度を導入する。
安倍政権の目的は完全に個人金融資産1500兆円の元本にあり
真面目に働く人間が日本で財産を築く道を閉ざそうとしているだけです。
いわば 今の日本の経済政策は 経済学の観点で動いているのではなく
財務省の東大法学部卒のキャリア通り
法律で 庶民の社会地位を転落させ固定化させる法制度を確立しようとしているだけですね。
◆ご回答いただきありがとうございます?
現政権は本当に「極悪非道の極み」ですね。
ε=(・д・`*)ハァ…
というか、安倍晋三の頭にあるのは右傾化ばかりなので、それを利用して神輿に担ぎ既得権益を貪る、財務省他キャリア官僚が一番悪いのでしょうか!?
マスコミもグルなので、救いようがないですね。
丁寧にお答えいただき、本当にありがとうございました。
◆私は15年以上地方で営業をやっていますが、こんなに景気が良いと言うのは初めてです、特に中小企業が良くなっています。
金融緩和を行っているのはデフレ→インフレに転換するためです。
日本は20年以上に及ぶ長期デフレにありました。デフレは失業、倒産、低賃金、仕入コストを徹底的に安くする、ブラック企業など全くいいことはありません。
そこでインフレに転換して失業率を下げ、賃金を上げていく、正規雇用を増やすなどしようと行っています。
実際に
・賃金は減少→緩やかな上昇に転換
・正規雇用は150万人増加
・倒産と失業の減少
そして、中小企業の業況を大幅に改善させています。
・日銀短観
質問があればどうぞ
◆少々大雑把な話ですが(笑)。
高額の手許資金を運用するモノとして、「株式」は極めて換金性の高い資産です。他に、不動産や貴金属等、高価格を具備するモノは有りますが、
・第三者から観て公正な価格で(市況等で価格情報がリアルタイムで判る)、
且つ、
・売買の成立がスピーディである(証券会社が仲立ちする為に、直ぐに売り手・買い手が見付からなくとも、取引が成立します。尤も、偶に、取引量超過で売買が成立しないことも有りますが)
という点から、「当面の資金運用」としては[打ってつけ]という面が有る、という話です。
暴論ですけれど(笑)、「証券市場(主に国債)への介入量」や「日銀当座の調整」に拠って、市中への通貨供給量を増大させる効果を期待出来ます。その資金が、市中金融機関を通して市中経済へ供給されているのか、そこを観る指標の一つが「株式市場」です。下の、l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_ll_l_lさんのご指摘に有る点、ですね。金融機関の融資等に拠って、手許資金(資金繰り)の余裕が出来た処が、当面の資金運用先として「株式市場」へ向く、その理由は冒頭で述べた通りです。株式市場が活性化すれば(平均株価が上昇すれば)、当局が企図した様な形で資金が流通し始めている、という判断が出来る、という意味です。
但し、株価の上昇が、即景気回復に繋がる訳では有りません。これも、下のl_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_ll_l_lさんがご指摘されている点です。肝心なのはその先で(笑)、株式市場が活性化することで、[新規上場案件]や[既上場先の増資案件]等を誘発することが期待出来ます。ここが大きなポイントになるかと思います。
企業にとって、新たな投資(主に設備投資)をする際、その資金を何処に求めるかが問題となる訳ですが、市中金融機関からの調達(融資)の場合、その返済方法・レートがネックとなります。これが、株式公開に拠る調達資金であれば、[借入金(有利子負債)]ではなく、「資本(資本金と見做しても良い)」になりますから、元本の返済は必要にはなりません。公開時に株式の券面額(1株100円とか、1000円とかいう奴です)の何倍もの価格で値付けされれば、一気に高額の資金を調達することが出来ます。また、毎年株主へ配当を支払う必要はありますけれど、借入金利息よりも負担は軽くなるケースが殆どです。企業にとって資金調達が楽になり、然るに投資意欲が増す=設備投資であれば雇用の増大に繋がり易い、という展開が期待出来る、という話ですね。勿論、株式ではなく、社債(事実上の[借入金])というパターンもありますが、それとても、市中金融機関からの融資(借入金)よりは、種々の条件が緩和されるケースが殆どです。
マスコミ、特に報道番組のキャスター辺りは、おそらくそのことを「全く理解していません」(笑)。原稿を棒読みしているだけ、なんでしょうが、[株価上昇=景気回復]と誤認していることが殆どだと思います。正に「バカの極み」なんですが、それは今に始まったことじゃないですしね(笑)。
以上、大雑把且つ暴論ですが。
何かあれば、補足して下さい。
◆金融緩和とは、貨幣供給量を増やすことです。
貨幣市場における「価格」は利子率です。
白菜市場で白菜の供給が増えたら白菜の価格が下落するのと同じように、貨幣が増えると利子率が下がります。
現在の日本で利子率が下がるかどうかは別として、貨幣供給量が増えて(利子率が下がって)、結果として人々はお金を預金するよりも消費したくなり、企業はお金を借りやすくなって投資します。
このような好循環から景気が良くなっていきます。
株価の上昇は景気改善と直接的な因果関係がある訳ではありません。
株価上昇は景気浮上の「予兆」とか「先行指標」というべきものです。
景気が良くなるには長い経路を辿る必要がありますが、株価は短時間で反応するので、景気が良くなるよりも前に株価が上昇してくる場合が多いのです。


質問タグ:金融緩和,富樫,バブル期,安倍政権,借入金,お札,消費税増税

-椎名法子
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.