池田香織

【厳選】元チロリアンミュージックの革命は好きか 1わからない 2知らない 3聞...

投稿日:

【厳選】元チロリアンミュージックの革命は好きか 1わからない 2知らない 3聞...

元チロリアンミュージックの革命は好きか 1わからない 2知らない 3聞...

元チロリアンミュージックの革命は好きか
1わからない
2知らない
3聞いてない
4泣いた
5よくない 元チロリアンミュージックの革命を聞いて思ったことを言う頁
右手がガンガンうるさい 左手を聞かせるためには 右手を もう少し静かに弾かないといけない
写真はパラマウントベッドの池田香織さん
補足
ハヅキルーペの松野未佳

アンサー

もう気になって気になって仕方ないんやね。
おもしろい人だなぁ。
(笑)
聞いてくださって、アドバイスまでいただいて、ありがとうございます。
弾けるようになるまでがんばるぞー。
◆終わりの方練習してみましたー


質問タグ:元チロリアンミュージック,パラマウントベッド,池田香織,ハヅキルーペ,松野未佳,アドバイス,おもしろい人

【ブログ】徳川家光を伊達政宗のことを尊敬していたんですか?

徳川家光を伊達政宗のことを尊敬していたんですか?

徳川家光を伊達政宗のことを尊敬していたんですか?

アンサー

家光と政宗には生い立ちに共通点があります。
家光の母親は、信長の姪の浅井長政の娘、お江(色々な呼ばれ方がありますが)。秀吉の養女となります。
政宗の母親は、最上義守の娘、義姫。です。義守は、最上宗家の出身ではなく、宗家が伊達に乗っ取られていた為に中野家から最上に養子に入っております。なので、義姫は中野氏の血縁です。
お互いそれ程名門ではないですが、実力でのし上がってきた家の姫君です。婚姻というよりも、格上の家にスパイとして入ってきた立場です。
家光の父親は徳川秀忠。長男がやらかして切腹、次男は結城家に養子に入ったので、棚ぼた式で徳川家の跡取りになりました。棚ぼたで、二代将軍になりますが、家康の死後、江戸幕府を強い組織に作り変えるなど、二代目の政治家としてはかなりの有能な人物だと言われております。
政宗の父親は伊達輝宗。曾祖父と祖父が戦になり、弱体化した伊達家を強くした立役者です。伊達宗家の次男です。長男は岩城氏に養子に入ります(説明すると長くなるので割愛)。曽祖父と祖父を渡り歩いて内乱のきっかけとなった伊達家宰相の中野宗時を追放したり、上杉景勝や最上義光に嫌がらせをして織田信長に気に入られたりしたというかなりのやり手です。
政宗は奥羽の大名のリーダー的立場の奥州探題の御曹司。家光は、徳川将軍家の御曹司ですが、両方の父親が、長男でなく、諸事情もありますが、実力で当主を勝ち取っています。なので、幼いころ、歳の近い弟に劣る嫡男という点で共通しております。
政宗の弟は、伊達政道、小次郎とも呼ばれております。政宗が伯父の最上義光似の智将だとしたら、政道は、父親伊達輝宗似の名将になり得た人物で、蘆名氏の養子になる予定でしたが、佐竹義広に負けてしまいます。後に政宗に処刑されたと言われる説がありますが、政宗が秀吉に殺された場合の保険として、仏門に入ったと言われております。政宗の晩年にやたら八王子の名もない寺に通っていたのは政道が住職をしていたからだとも言われております。幼いころの政宗は疱瘡を患った為に政道が跡取りになるのではないかと言われておりました。特に一族衆の留守・国分・亘理・村田・桑折氏らは政道派だと言われております。輝宗派織田信長が好きで、政宗には信長みたいなところがあるのを見込んだのか、政宗に跡取りにさせます。
家光の弟は、徳川忠長、国松、国千代と言われております。家光の出来が悪かったらしく、忠長に期待する家臣が多かったそうです。家康は、お家争いにならない様に家光は少しアフォでも、周りのスタッフが良ければ幕府は運営できると、秀忠に伝え、古今東西の国のシステムを探させて、江戸幕府の強い組織を作るよう伝達します。そして、家光を将軍の後継者に指名します。家光は若いころは決して名君とは言えませんが、大器晩成型で、家康・秀忠から幕府を引継ぎより強い幕府を作り名君と言われております。忠長は残念ながら晩年、改易、自刃しております。
また、政宗には喜多(弟に片倉景綱・茂庭綱元)、家光には春日局(父が斎藤利三)という乳母がいて、2人とも女傑と言われております。
なので、政宗も家光を他人事に見れなかったみたいです。
また、家光は、最後の戦国時代を生き抜いた大名として、良く政宗や政宗の従弟の伊達成実、佐竹義宣や九州の名将、立花宗茂などから戦国時代の話を聞いたりします。彼らは、家光の御伽衆でもあり、特に政宗の戦の話を聞くのが好きだったそうです。若き日の政宗は尊敬する家康や秀吉と頭脳戦をしたりして、晩年の家康の面影を見ていたかもしれません。
政宗も若いころにうつけと言われて、弟信行を滅ぼした織田信長にシンパシーを感じていたそうです。家光は、信長の妹の子供ですし、憧れていた人の孫と一緒にいろんな話が出来て幸せだったかもしれません。
◆仙台の爺といって、大変気に入っていたようです。
◆1604年に生まれた家光
戦国の世を生き抜いてきて、家光の時代まで存命されてた伊達政宗は尊敬に値する人物だったと思います。
家光が参勤交代の全国の諸大名に命じた時に、政宗は「名に背く者あれば、政宗めに討伐を仰せ付けくだされ」と申したそうです。年長の政宗がそう言ったので、誰も反対出来なかったという逸話が残ってます。
◆親しみを込めて、
伊達の爺と言っていたそうです。


質問タグ:家光,政宗,伊達政宗,徳川家光,最上義光,跡取り,家康

【効果抜群】新杉田駅から八景島シーパラダイスまでに行く電車の新杉田駅のホーム...

新杉田駅から八景島シーパラダイスまでに行く電車の新杉田駅のホーム...

新杉田駅から八景島シーパラダイスまでに行く電車の新杉田駅のホームのポスターで横浜金澤七福神きっぷの紹介をしている女の人のポスターをみたのですが、その方が有名人なら名前を教えてください。

アンサー

「幸野ゆりあ」さん、でしょうか・・?
◆そーです!!ありがとうございます!


質問タグ:八景島シーパラダイス,新杉田駅,横浜金澤七福神きっぷ,ポスター,有名人,幸野ゆりあ

【驚愕】邦画の名作、大作、隠れた傑作、珍作を教えてください。 狙いとして60...

邦画の名作、大作、隠れた傑作、珍作を教えてください。 狙いとして60...

邦画の名作、大作、隠れた傑作、珍作を教えてください。 狙いとして60?80年代の日本映画。
一番欲しているのは超大作「復活の日」、妙だけど見応えのある「幻の湖」あたりのものです。確かな力量、技量を感じられるものであれば、決して面白くなくても構いません。
ただ、2?3000本くらいは見ているのでどうしても大ヒット作や伝説的作品になると見ております。悩ましくワガママな質問ですが、何か忘れ物をご指摘いただけると嬉しいです。
上がりそうなタイトルで、除外したいものだけは記しておきます。「八甲田山」、「南極物語」、「HOUSE」「新幹線大爆破」「太陽を盗んだ男」「楢山節考」「人間の條件」「沖縄決戦」「飢餓海峡」辺りの監督、作風のものは鑑賞済みの筈です。監督名で記しておくと、黒澤明、小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男、川島雄三、増村保造、岡本喜八、森田芳光、中平康、大島渚、木下恵介、深作欣二、大林宣彦、市川崑、今村昌平、小林正樹、鈴木清順、石井輝男、伊丹十三、塚本晋也あたりの作品は外して頂いて構いません。
どうか皆様、お好きな作品をお教え願います。

アンサー

ほとんど被りそうな気もしますが思いつくまま挙げてみます。
実際にあった事件・事故などをベースにしたノンフィクション系作品が比較的好きなので熊井啓監督の作品から。
「帝銀事件 死刑囚」(1964年)
「日本列島」(1965年)
「黒部の太陽」(1968年)
「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」(1981年)
「海と毒薬」(1986年)
「ひかりごけ」(1991年)
熊井啓監督以外では…
「真昼の暗黒」(1956年今井正監督)
「白昼の死角」(1979年村川透監督)
「天国の駅」(1984年出目昌伸監督)
「疑惑」(1982年野村芳太郎監督)
「丑三つの村」(1983年田中登監督)
「TATTOO〈刺青〉アリ」(1982年高橋伴明監督)
「青春の殺人者」(1973年長谷川和彦監督)
「叛乱」(1954年佐分利信監督)
「動乱」(1980年森谷司郎監督)
「海峡」(1982年森谷司郎監督)
「第五福竜丸」(1959年新藤兼人監督)
「植村直己物語」(1986年佐藤純彌監督)
「典子は、今」(1981年松山善三監督)
「ゆきゆきて、神軍」(1987年原一男監督)
「聖職の碑(いしぶみ)」(1978年森谷司郎監督)
などなど…
日航ジャンボ機墜落事故については、年代がズレますが、
「クライマーズ・ハイ」(2008年原田眞人監督)
「沈まぬ太陽」(2009年若松節朗監督)
があります。
「復活の日」を筆頭に挙げられているので東宝の大作・特撮系では…
本多猪四郎監督作品
「太平洋の鷲」(1953年)
「ゴジラ」(1954年)
「空の大怪獣ラドン」(1956年)
「地球防衛軍」(1957年)
「宇宙大戦争」(1959年)
「ガス人間第一号」(1960年)
「モスラ」(1961年)
「キングコング対ゴジラ」(1962年)
「妖星ゴラス」(1962年)
「海底軍艦」(1963年)
「モスラ対ゴジラ」(1964年)
「フランケンシュタイン対地底怪獣」(1965年)
「怪獣大戦争」(1965年)
「フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」(1966年)
「緯度0大作戦」(1969年)
「影武者」(1980年)
「乱」(1985年)
「夢」(1990年)
「八月の狂想曲」(1995年)
などなど…
他の監督では
「東京湾炎上」(1975年石田勝心監督)
「日本沈没」(1973年森谷司郎監督)
「ノストラダムスの大予言」(1974年舛田利雄監督)
「大空のサムライ」(1974年丸山誠治監督)
「連合艦隊」(1981年松林宗恵監督)
「太平洋奇跡の作戦キスカ」(1965年丸山誠治監督)
「日本海大海戦」(1969年丸山誠治監督)
「太平洋の翼」(1963年松林宗恵監督)
「世界大戦争」(1961年松林宗恵監督)
「地震列島」(1980年大森健次郎監督)
「動脈列島」(1975年増村保造監督)
「さよならジュピター」(1984年橋本幸治・小松左京監督)
「ゴジラ」(1984年橋本幸治監督)
「エスパイ」(1974年福田純監督)
「首都消失」(1987年舛田利雄監督)
「ゼロファイター大空戦」(1966年森谷司郎監督)
「日本誕生」(1959年稲垣浩監督)
「青島要塞爆撃命令」(1963年古沢憲吾監督)
「小説吉田学校」(1983年森谷司郎監督)
などなど…
東宝以外では…
東映作品
「真田幸村の謀略」(1979年中島貞夫監督)
「二百三高地」(1980年舛田利雄監督)
「仇討」(1964年今井正監督)
「大日本帝国」(1982年舛田利雄監督)
「日本暗殺秘録」(1969年中島貞夫監督)
「ゴルゴ13」(1973年佐藤純彌監督)
「人間の証明」(1977年佐藤純彌監督)
「野性の証明」(1978年佐藤純彌監督)
「セーラー服と機関銃」(1981年相米慎二監督)
「野菊の墓」(1981年澤井信一郎監督)
「空海」(1984年佐藤純彌監督)
「風の谷のナウシカ」(1984年宮崎駿監督)
「天空の城ラピュタ」(1986年宮崎駿監督)
「将軍家光の乱心 激突」(1989年降旗康男監督)
などなど…
松竹作品では…
野村芳太郎監督作品で…
「ゼロの焦点」(1961年)
「拝啓 天皇陛下様」(1963年)
「続・拝啓 天皇陛下様」(1964年)
「拝啓 総理大臣様」(1964年)
「影の車」(1970年)
「砂の器」(1974年)
「八つ墓村」(1977年)
「事件」(1978年)
「鬼畜」(1978年)
「震える舌」(1980年)
などなど…
それ以外の監督作品では…
「日蓮」(1979年中村登監督)
「吸血鬼ゴケミドロ」(1968年佐藤肇監督)
「宇宙大怪獣ギララ」(1967年二本松嘉瑞監督)
「塩狩峠」(1973年中村登監督)
「皇帝のいない八月」(1978年山本薩夫監督)
「幸福の黄色いハンカチ」(1977年山田洋次監督)
「ハチ公物語」(1987年神山征二郎監督)
「ひめゆりの塔」(1982年今井正監督)
「同胞(はらから)」(1975年山田洋次監督)
そして
「男はつらいよ」シリーズ(山田洋次監督)
などなど…
日活作品では…
「愛と死をみつめて」(1964年斎藤武市監督)
「幕末太陽傳」(1957年川島雄三監督)
「ああ、ひめゆりの塔」(1968年舛田利雄監督)
「キューポラのある街」(1962年浦川桐郎監督)
「上を向いて歩こう」(1962年舛田利雄監督)
「青い山脈」(1963年西河克己監督)
大映作品…
「金環蝕」(1975年山本薩夫監督)
「白い巨塔」(1966年山本薩夫監督)
「氷点」(1966年山本薩夫監督)
「君よ憤怒の河を渉れ」(1974年佐藤純彌監督)
「黄金の犬」(1979年山根成之監督)
「日蓮と蒙古大襲来」(1958年渡辺邦男監督)
疲れたし、字数にも限りがあるので以下手抜き。
「昭和ガメラシリーズ」
「大魔神シリーズ」
「兵隊やくざシリーズ」
「陸軍中野学校シリーズ」
「黒い~シリーズ」
「田宮次郞の犬シリーズ」
「座頭市シリーズ」
などなど…
まだまだたくさんありますが、これくらいで…
最後に視聴方法が見つからずに未見だけれどもどうしても観たい邦画を一本…
吉村昭氏の同名小説を原作にした実話の映画化作品
「漂流」(1981年森谷司郎監督・東宝・北大路欣也氏主演)
もし視聴方法をご存知ならばどうかご教示ください。
思いつくまま挙げたので、製作年度については順不同です。
またいくつか思いついたので追記します。
「連合艦隊司令長官 山本五十六」
「ああ、陸軍隼戦闘隊」
「ザ・ガードマン 東京用心棒」
「ザ・ガードマン 東京忍者部隊」
「忍者部隊 月光」
また追記するかもしれません。(笑)
◆ここでも真田幸村の謀略、やはり!これは即鑑賞しなければならないなと。漂流、わたくしも拝見したことありません恐縮です。封印されたままの邦画作品、どうにかならないもんですかね。恥ずかしながら、ノストラダムスもまだ未見なんです。。しかし素晴らしいリストをありがとうございました^^参考にします!
◆一応あなた様の除外リストになかったので、恐る恐る書いてみます。
宮本武蔵シリーズ全5作
内田吐夢監督
中村錦之助主演
稲垣浩監督版の宮本武蔵シリーズは60年代以前なので除外します。
中村版は大昔に、30年以上前にお正月に全5作品を連続放送したのを見ました。
もうきっとご覧になってるとは思いますが。
村川透監督の日活ロマンポルノ時代の3作。
一連の東映アクション映画へ行く前の熱気の伝わるいずれも秀作です。
キネ旬ベストテンに選ばれているので多分ご覧になってるとは思います。
ふと思いついたので、すみませんでした。
◆監督の名前の中に、五社英雄が上がっていないのが
意外なんですが、単に洩れなんでしょうか?
一応、いくつか列記します。
1982『鬼龍院花子の生涯』、1983『陽暉楼』、
1985『櫂』、1987『吉原炎上』、1988『肉体の門』・・・
いずれも五社英雄監督作品です。
あとは木村大作が撮影した映画からいくつか・・・
1981『駅 STATION』(降旗康男監督)
1982『海峡』(森谷司郎監督)
1983『小説吉田学校』(森谷司郎監督)
1984『居酒屋兆治』(降旗康男監督)
1985『夜叉』(降旗康男監督)
その他
1968『黒部の太陽』(熊井啓監督)
とりあえずこのくらいでお願いします。
◆押井守 紅い眼鏡
実相寺昭雄 帝都物語 悪徳の栄え
寺山修司 草迷宮
斎藤耕一 約束 津軽じょんがら節 旅の重さ
神代辰巳 修羅雪姫 地獄
中川信夫 生きてゐる小平次
ほぼ小粒なラインナップですが一応…
◆山下少年物語
君が輝くとき
探偵物語
◆「温泉すっぽん芸者」
カメオ出演者が超豪華です。
「人魚伝説」
カルト映画です。
「さらば愛しき大地」
鹿島開発の闇に光を当てました。


質問タグ:成瀬巳喜男,石井輝男,増村保造,小林正樹,中平康,フランケンシュタイン,中島貞夫

-池田香織
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.