八神蓮

【マジ】王子こと八神蓮さんが今年の2月に走るマラソンってなんですか? 調べ...

投稿日:

【マジ】王子こと八神蓮さんが今年の2月に走るマラソンってなんですか? 調べ...

王子こと八神蓮さんが今年の2月に走るマラソンってなんですか? 調べ...

王子こと八神蓮さんが今年の2月に走るマラソンってなんですか?
調べても横浜マラソンしか出てこなくて…

アンサー

FMヨコハママラソンみたいです。


質問タグ:横浜マラソン,王子こと八神蓮,FMヨコハママラソン,2月

【PS4】かつて大洋(現DeNA)で背番号24を付けてた遠藤一彦さん この人に俳優と...

かつて大洋(現DeNA)で背番号24を付けてた遠藤一彦さん この人に俳優と...

かつて大洋(現DeNA)で背番号24を付けてた遠藤一彦さん この人に俳優としてのセンスを感じてた人が居たんでしょうか?
1994年10月~12月にフジテレビの放送のドラマ「半熟卵」で篠ひろ子さんの亡き夫役で過去の写真で出てた。
このドラマは内田有紀さんとともさかりえさんと田中律子さんの3人が遠藤さんの3人娘役だった。

アンサー

試合中に暴言を吐くなど感情が豊かだったからだと思います。
◆遠藤さんが横浜の監督になると当時は思いましたけどね
◆イケメンだからです。


質問タグ:遠藤一彦,篠ひろ子,田中律子,ともさかりえ,内田有紀,遠藤,暴言

【ビックリ】叙述トリックorどんでん返し系のミステリー小説について質問です。 自...

叙述トリックorどんでん返し系のミステリー小説について質問です。 自...

叙述トリックorどんでん返し系のミステリー小説について質問です。
自分がまだ読んでいない作品で、叙述トリックorどんでん返し系の作品をWebで洗ったところ、以下のような作品が候補に挙がりました。 この中で特に面白かったorつまらなかったと思う作品などがございましたら、教えていただけるとありがたいです。
コッペリア (加納朋子)
ロートレック荘事件 (筒井康隆)
弁護側の証人 (小泉喜美子)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん (入間人間)
真夏の日の夢 (静月遠火)
探偵伯爵と僕 (森博嗣)
ある閉ざされた雪の山荘で (東野圭吾)
電氣人閒の虞 (詠坂雄二)
ラットマン (道尾秀介)
十字屋敷のピエロ (東野圭吾)
そして扉が閉ざされた (岡嶋二人)
闇に香る嘘 (下村敦史)
倒錯のロンド (折原一)
神のロジック人間のマジック (西澤保彦)
片眼の猿 (道尾秀介)
マジックミラー (有栖川有栖)
盤上の敵 (北村薫)
七つの海を照らす星 (七河迦南)
マリオネットの罠 (赤川次郎)
殺しの双曲線 (西村京太郎)
太陽の坐る場所 (辻村深月)
龍神の雨 (道尾秀介)
連続殺人鬼カエル男 (中山七里)
慟哭 (貫井徳郎)
アルバトロスは羽ばたかない (七河迦南)
倒錯の死角 (折原一)
焦茶色のパステル (岡嶋二人)
猫間地獄のわらべ歌 (幡大介)
黒猫館の殺人 (綾辻行人)
アリス・ミラー城殺人事件 (北山猛邦)
ROMMY (歌野晶午)
噂 (荻原浩)
ウェディング・ドレス (黒田研二)
密室殺人ゲーム王手飛車取り (歌野晶午)
鴉 (麻耶雄嵩)
鏡の中は日曜日 (殊能将之)
異人たちの館 (折原一)
ラバー・ソウル (井上夢人)
ダレカガナカニイル… (井上夢人)
スロウハイツの神様 (辻村深月)

アンサー

あくまで私見ですが。
*好みで、かつ面白かった
「コッペリア」(個人的に一番好き。どんでん返しもすごい)
「アリス・ミラー城殺人事件」(フェアとアンフェアとのギリギリ)
「焦茶色のパステル」(しかし、大どんでん返しではない)
「マリオネットの罠」(文句なしに赤川さんの最高傑作)
「慟哭」(どんでん返しはすごいが、救いのない結末)
「そして扉がとざされた」(傑作。文章、プロットともに秀逸)
「神のロジック、人間のマジック」(カンの良い人ならオチに気づくかも)
「ロートレック荘事件」(驚いた)
「ラバー・ソウル」(どんでん返しはさほどではない。しかし純愛に泣く)
「殺しの双曲線」(西村京太郎さん初期の傑作)
「ダレカガナカニイル」(傑作。読み終えた時の喪失感。まさかまさかの美しいどんでん返し。泣ける)
*どんでん返しはすごいが好みではないもの
「電気人間の虞」(すごいが、世界観が好みではない)
「密室殺人ゲーム王手飛車取り」(人命を軽視しすぎ)
「倒錯のロンド」(どんでん返しが続きすぎ。なにが真のオチなのかわからない)
「ある閉ざされた雪の山荘で」(たしかに、これもどんでん返しだが・・・予想していたほどではない)
「盤上の敵」(主人公およびヒロインのキャラが嫌い)
「真夏の日の夢」(ありがちなどんでん返し)
*内容は忘れたが、すごかったことだけは覚えているもの
「弁護側の証人」(呆然としたことだけは覚えている)
*どんでん返しの印象が薄すぎて、よく覚えていないもの
「十字屋敷のピエロ」
「七つの海を照らす星」
「スロウハイツの神様」
「ウェディング・ドレス」
「アルバトロスは羽ばたかない」
*まだ読んでいないが評判が良いのでぜひ読んでみたいもの
「闇に香る嘘」
「鴉」
他は読んでいないか、読んでいても読んだことすら忘れました。
一番のおススメは「ロートレック荘事件」
長さも短いし、その割に密度の高いストーリー、そしてどんでん返しがあるとわかっていても騙されてしまう意外な真相。すべてにおいて、一級品です。
◆ご回答ありがとうございます。
ロートレック荘を読んでみました。のっけから違和感が有りまくるのですが、結局トリックは最後まで分かりませんでした。
ただ、トリックは知ってしまうと、ずっと感じた違和感からして、さもありなんという印象ではありました。(せっかく勧めていただいたのにこう書くのは失礼で申し訳ございません)
私が一番衝撃を受けたのは、殺戮に至る病(我孫子武丸)と○○○○○○○殺人事件(早坂吝)でした。。。もしリストに挙がっていないがすごい作品が有りましたら紹介いただけると嬉しいです。
◆筒井康隆のロートレック荘事件と、森博嗣の探偵伯爵と僕 しか読んでないのになんですが。
同じ森博嗣なら そして二人だけになった の方がお好みかもしれません。
◆読んだものだけ感想程度で
・ロートレック荘事件
かなり初期の段階で違和感を感じおおまかなトリックに気づいてしまいました。面白いトリックだったのですが話として気持ちのいい終わり方ではなかったと思います
・ある閉ざされた雪の山荘で
他にないトリックだと思います。ただ推理して読み進んでいた自分としては少しずるいかと思いました。自分が馬鹿なだけかもしれませんが、、、
東野圭吾さんのどんでん返しなら「仮面山荘殺人事件」の方が好みです
・そして扉が閉ざされた
閉鎖空間での緊迫した状況での推理。トリックも感情が絡み合った物語も良かったです
・倒錯のロンド 倒錯の死角
叙述トリックの名手 折原さんの作品ですが、種明かしされても理解するのに少し時間がかかりました。わかったと思って読み進んでいたんですが、もっと伏線があって半分しか理解できていませんでした。
読むならロンド→死角の順で
・マリオネットの罠
ミステリーというよりサスペンス。緊迫感はあってよかったです。ただ、どんでん返しはあるんですが犯人は分かっています。
・殺しの双曲線
双子トリックを使っていると初めに明記された珍しい作品。ただどんでん返し感はそんなに感じませんでした
・カエル男
Theどんでん返しって感じ
ただグロテスクな描写があります
・慟哭
これは気付く人意外と多いんじゃないでしょうか。そして悲しい
・密室殺人ゲーム王手飛車どり
叙述・どんでん返しではないかな。短編集みたいなものです
長々と失礼しました
◆・ロートレック荘事件 (筒井康隆)
伏線がわかりやすいので気付く人は気付けます。気付かなかった方はかなりの衝撃をうけるはず!
まさに叙述トリック一発勝負ですが、回答編では親切にもミスリードの部分を(何ページの何行目)と全部参照して解説してくれるので、頭から再読せずに味わい尽くせます。
・弁護側の証人 (小泉喜美子)
一瞬意味がわかりませんでしたが、一テンポおくれて「あああっ!」てなりました。
50年以上前の小説なのに古さを感じさせません。
・嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん (入間人間)
ラノベはあまり読まないのですが、これは面白かったです。
見事に騙されました。倒錯したジュブナイルミステリー。ただ、シリーズ物のようですが一作目しか読んでないです。
・探偵伯爵と僕 (森博嗣)
叙述トリックはメインではなくおまけの驚きみたいな感じでした。
面白いことは面白いのですが、森博嗣はやはりS&Mシリーズでしょう。
・ある閉ざされた雪の山荘で (東野圭吾)
まず舞台設定が秀逸。やりつくされた感のあるクローズド・サークルの「閉ざし方」の新しい形で、独特の緊迫感を味わえます。
・十字屋敷のピエロ (東野圭吾)
これも特殊設定。この設定だからできるどんでん返しは一読の価値はあります。
・そして扉が閉ざされた (岡嶋二人)
プロットが見事な多重解決モノ。終盤のどんでん返しに次ぐどんでん返しは圧巻。多重解決モノの最高峰と呼べる作品ですが、唯一のマイナス点は登場人物のキャラクターが全員不快でまったく感情移入できないこと。そこさえ良ければ個人的には生涯ベスト10に入るくらい名作。
・倒錯のロンド (折原一)
折原マジックの真骨頂。何度も世界がひっくり返り、叙述トリックの醍醐味を存分に味わえます。これは絶対わからない!
・慟哭 (貫井徳郎)
叙述トリックとしては王道の部類で、そのテのものを読み慣れている人はわかっちゃいますが、読み物として面白い。そして、救いようが無いラスト…。
・噂 (荻原浩)
どんでん返しというより、「衝撃のラスト1行」系。たった1つの単語で最後にヤバいことになります。
・鏡の中は日曜日 (殊能将之)
ダマシは1度ではありません…。ダマシが生むダマシに、絶対騙されます。シリーズものの3作目なので、できたら先に「美濃牛」「黒い仏」を読んでおいた方が楽しめます。ただ、「石動戯作シリーズ」は全部が全部超特殊です。私は大好きですが、人によっては受け入れがたいかも。特に「黒い仏」という究極のアンチミステリーは、バカミスとして名高い珍作です。
特におすすめは、どんでん返しなら「そして扉が閉ざされた」「噂」。叙述トリックなら「ロートレック荘事件」「倒錯のロンド 」「鏡の中は日曜日」です。
◆有栖川氏のマジックミラー好きでしたね。
デビュー作がパズラーだっただけに、伏線の張り方が見事でした。
ロミーは読んでて叙述トリックのような気がしませんでしたね。推理物が好きな人なら、中盤辺りから仕掛けがわかるような気がします。
歌野さんってなんか、伏線張るのが下手っていうか、あからさますぎるっていうか、王手飛車取りも途中で気付きます(T_T)
雪の山荘、十字屋敷、真夏の日の夢はああ、なるほどね、うん、確かにね。という感じ。違和感無くどんでん返しを受け入れられるということはそれだけ過不足無く伏線をバランスよく張っているということなのでしょうが、インパクトは薄いです。
マリオネットは強くお薦めします。間違いなく、赤川氏の最高傑作です。同じコメントの方が前にもいらっしゃいますが、それでもなお、同じことを言いたいぐらいの傑作です。
逆に黒猫館は全くお薦めしません。昔、小説書きのサークルに入っていたとき話題に上ったことがありますが、ボロックソにこき下ろした記憶があります。
ロートレックは読んだことがないですが、多くの人が神業だと言っていますね。俺も是非読んでみたい本の一冊です。
◆個人的に東野圭吾さん、
岡嶋二人さんは好きなので。
“ある閉ざされた雪の山荘で”
“十字屋敷のピエロ”
(これは、東野さんを読むきっかけの一つでした)
“そして扉が閉ざされた”
“焦げ茶色のパステル”
(競馬ネタで少しわかりにくいかもしれませんが、
どんでん返しでもなく、でも面白いです)
つまらない、というのは、
あえて挙げませんが。
“ロートレック荘事件”は、
途中でなんとなくわかっちゃいました。
面白いとは思います。


質問タグ:マジックミラー,岡嶋二人,どんでん返し,七河迦南,道尾秀介,井上夢人,森博嗣

【マル秘】田中律子と井上和香どちらがかわいいですか?

田中律子と井上和香どちらがかわいいですか?

田中律子と井上和香どちらがかわいいですか?

アンサー

断然に井上和香の方がかわいいです。
◆田中律子です
◆田中律子さん
◆井上和香さん


質問タグ:田中律子,井上和香どちら,井上和香

【日記】ちばてつや『のたり松太郎』 原作水木杏子(名木田恵子)・絵=いがら...

ちばてつや『のたり松太郎』 原作水木杏子(名木田恵子)・絵=いがら...

ちばてつや『のたり松太郎』
原作水木杏子(名木田恵子)・絵=いがらしゆみこ『キャンディ・キャンディ』
この、のたり松太郎とキャンディキャンディ
どちらが有名で名作ですか?

アンサー

のたり松太郎なんて比較対象にも成らないです。
とにかくいろいろな意味で「キャンディ・キャンディ」です。
作者2名の中が冷え切っており訴訟まで行ってますから復刻版やら文庫版すら絶望的で、当時発行された単行本と中央公論社からでた文庫版以外世の中にゃ無いんですから。(1995年「絶版」)
おまけに当時放映されたアニメは大ヒットしていますから、その意味でも有名です。
ついでにその影響でアニメの再放送もDVD化等も絶望的です。
いがらしゆみこ側が商標権侵害や水木側への原作者否定等を一切謝罪も何もしてませんからこの先もほぼ変わりませんね。
現在キャンディ・キャンディで正式に発行されているのは原作小説版位です。


質問タグ:キャンディキャンディ,のたり松太郎,名木田恵子,いがらしゆみこ,ちばてつや,中央公論社,いがらしゆみこ側

-八神蓮
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.