杉欣也

【究極】菅原文太と北大路欣也は杉良太郎の事が嫌いだったのですか?杉良太郎...

投稿日:

【究極】菅原文太と北大路欣也は杉良太郎の事が嫌いだったのですか?杉良太郎...

菅原文太と北大路欣也は杉良太郎の事が嫌いだったのですか?杉良太郎...

菅原文太と北大路欣也は杉良太郎の事が嫌いだったのですか?杉良太郎と北大路欣也は水戸黄門の1部で共演してますし杉良太郎と菅原文太はNHK大河ドラマ利家とまつで共演されていますのでお互い気が合わない性格なの でしょうかね?

アンサー

質問の意味が不明。
共演してるのなら気が合ってたのでは?


質問タグ:杉良太郎,北大路欣也,NHK大河ドラマ利家とまつ,菅原文太,水戸黄門,質問

【日記】ドラマ越路吹雪物語で今週中に越路吹雪役が大地真央に代わりますが岩...

ドラマ越路吹雪物語で今週中に越路吹雪役が大地真央に代わりますが岩...

ドラマ越路吹雪物語で今週中に越路吹雪役が大地真央に代わりますが岩谷時子役も代わるのでしょうか?

アンサー

一方が代わってもう一方がそのままというのは不自然なので、たぶん代わると思います。
ドラマは折り返し点というよりそろそろ佳境…大地真央さんと市毛良枝さんの競演です♪
現・岩谷時子役の木南晴夏さんの如才ない、洒脱で老獪な演技が目を惹きます。
『海月姫』の堂に入ったオタクぶりといい、演技の振り幅の大きさが印象的です。


質問タグ:大地真央,岩谷時子役,ドラマ越路吹雪物語,越路吹雪役,市毛良枝,木南晴夏,折り返し点

【マル得】最近のジャニーズが主演のドラマは 数字が悪いからと言って飛び道具出...

最近のジャニーズが主演のドラマは 数字が悪いからと言って飛び道具出...

最近のジャニーズが主演のドラマは 数字が悪いからと言って飛び道具出しすぎ。
松潤のドラマだってなんで
新日本プロレスのメンバー出てるんだい
ジャニーズ主演のドラマはおもしろい
おもしろくない関係なく絶対に数字
とらなきゃいけないのかね?
『木村拓哉主演のドラマ
「BG~身辺警護人~」』
だって山口智子が木村演じる島崎章の
別れた妻・仁美役で出演するし・・・
木村と山口がドラマで共演するのは
96年に大ヒットした「ロンバケ」以来。
BGの数字悪いから山口さん
出したんじゃないの?必死かよ。
こんな程度のドラマ作るなら
秋元グループを使った青春ドラマ
だって簡単に作れるじゃん
なぜ作らないんだろ。

アンサー

99.9のプロレスネタは前作からあるけどね
◆四月から、ニノが主演のブラックペアンが日曜劇場であります。
絶対に視聴率良いですから。
みててください
◆四月からイノッチ主演の9係の新シリーズ(特捜9)が始まるからそれでも見とけ
◆99.9は前作からプロレスネタがありました。プロデューサーがプロレスオタクだから、以前からそういう演出は沢山ありました。視聴率目当てでは無いと思います。このドラマの松潤はカッコつけてません。親父ギャグやモノボケをやっていて、とても面白いです。役もはまってます。高視聴率なのは、松潤以外にも香川照之さんや岸部一徳さんもいるからだと思います。
キムタクは完全に視聴率稼ぎだと思います。高視聴率男と散々持ち上げられている割には事務所の後輩(松潤)・米倉涼子・堺雅人等より、近年は視聴率取れてませんから、必死なんでしょうね。過去のヒットドラマの相手を連れてきて。もう彼では視聴率取れないのだから高視聴率男と呼ぶのはもう辞めてあげればいいのに…。
◆99.9はだんだん小ネタうざくなってきた
◆なんで、ツマンナイだけのジャニたれ、ドラマなんかずっと見てるの?


質問タグ:ドラマ,ジャニーズ,新日本プロレス,ロングバケーション,山口智子,高視聴率,岸部一徳

【必勝!】鎌倉時代、後醍醐天皇は誰かに騙されたのですか? 何か事件があった...

鎌倉時代、後醍醐天皇は誰かに騙されたのですか? 何か事件があった...

鎌倉時代、後醍醐天皇は誰かに騙されたのですか?
何か事件があったのですか? 検索しても字ばっかりで、分からない、
日本史が苦手な私に分かるように教えてください。
よろしくお願いします。m(_ _)m。

アンサー

>後醍醐天皇が鎌倉に行ったことはあるのでしょうか?
ありませんよ。
そもそも天皇は、基本的には当時の政治の中心たる京都の御所にいるのが当たり前なのです。
そしてそれこそが世の中が平穏であるという証なのです。
それが天皇が御所から出て他所へ避難し「鎌倉幕府を打倒しろ」と呼びかけること自体が異常事態なのです。
天皇が式典や行事以外で御所から移動・避難する事は、「動座」と言ってそれこそ世の中が乱れている事の象徴となってしまいます。
大雑把に言うと、
日本においては天皇が1番の統治者である訳ですが、鎌倉時代以降は
実質的な
「幕府」の「将軍」に委ねられていました。
鎌倉幕府の初代将軍は「源頼朝?みなもとのよりとも?」でした。
しかし源頼朝の直家系は3代将軍が暗殺されてそこで途絶えてしまいました。
そしてその後は京都から天皇の子孫が名目上の「将軍」として迎えられましたが、実質的には「執権?しっけん?」というNo.2の役職を代々世襲した「北条氏」が、統治・政治運営を行う形となって鎌倉時代は続いて行きました。
しかし鎌倉幕府による統治も140年も過ぎると上手くいかない事も多くなり、それにより世の中の不満も高まって来るようになりました。
また、実は天皇家においてもある後継者争いの火種が続いていました。
1272年2月、
後嵯峨上皇が崩御?死去?しました。
後嵯峨上皇は次期天皇を明確にしないまま崩御した為に、
後深草天皇(持明院統)と亀山天皇(大覚寺統)という2つの血統が次期天皇の継承権を持つ事になってしまったのです。
2人は継承権を激しく争い、決着がつきません。
そこで 結局、鎌倉幕府第8代執権の北条時宗の仲介で、双方の系統がが交互に治天の地位(政務の実権を握った天皇もしくは上皇)に就く事になりました。
そしてこれが後々大きな火種となるのでした。
そしてそんな中、
文保2年(1318年)3月
後醍醐天皇(大覚寺統)が31歳で天皇に即位しました。
彼は今までの天皇と違って独裁色が強い性格の人物でした。
先のの「双方の系統が交互に治天の地位に就く」というルールに従えば、次期天皇は自分の息子にする事ができません。
そもそも天皇家・朝廷の事に鎌倉幕府が介入する事が気に入らない。
そして、日本国の政治は武士政権である鎌倉幕府では無く、天皇を中心に朝廷が行うべきである。
そして幸い、時の鎌倉幕府第14代執権北条高時は暗愚で有名であり、後醍醐天皇は鎌倉幕府の打倒のチャンスとみて計画を開始しました。
元亨4年(1324年)9月
ところが倒幕計画が発覚し関係者が逮捕・討伐されました。
鎌倉幕府は黒幕が後醍醐天皇とわかっていましたが、彼がこれに懲りて計画をあきらめるだろうと考え、あえて不問としました。(正中の変)
元弘元年(1331年)
ところが二度目の倒幕計画が発覚。
さすがに今度は鎌倉幕府も後醍醐天皇を逮捕しようとしましたが、後醍醐天皇は大和国(奈良県)方面に逃亡。
やがて京都南方の笠置山に立て籠もり、全国へ鎌倉幕府倒幕を命令して挙兵。
これに応じて少数ですが、河内国?大阪府?の楠木正成らも挙兵。
しかし
9月、鎌倉幕府の大軍により笠置山が陥落して後醍醐天皇は捕縛。
10月、孤軍奮闘していた楠木正成の赤坂城も陥落し、彼は行方不明となる。
翌年、元弘2年(1332年)
3月
後醍醐天皇は隠岐の島(島根県の北方の沖合)へ配流。
ここに鎌倉幕府の倒幕は完全に失敗に終わった……と思われました。
しかし
11月、後醍醐天皇の皇子の護良親王が大和国の吉野山にて挙兵。
12月、楠木正成が占領されていた赤坂城を奇襲により奪還に成功。
翌、元弘3年(1333年)
1月
播磨の赤松則村(円心)が護良親王の「令旨」を受け討幕の挙兵。
※「令旨」とは、天皇の皇子(王子・息子)が出す命令書。
この時期、後醍醐天皇はは慰留されているので、令旨は天皇陣営の最高命令書。
2月
・幕府軍は大軍で護良親王の吉野山、楠木正成の千早城を攻撃開始。
・護良親王の吉野山が1週間の戦闘で陥落するも、楠木正成は大奮戦。
2月末、
・幕府に衝撃!!
後醍醐天皇が隠岐島を脱出し、伯耆国?鳥取県?の名和長年に迎えられ船上山にて挙兵。
4月
日本全国に広がった倒幕の嵐により、幕府は援軍として京都方面に足利高氏を派遣。
4月末
しかし足利高氏は後醍醐天皇からの「綸旨」を受けて、逆に幕府倒幕の挙兵。
5月
・足利高氏らにより、京都の幕府の軍事・統治拠点の六波羅探題が陥落。
・上野国(群馬県)にて新田義貞が幕府倒幕の挙兵。
5月末
新田義貞らにより鎌倉陥落。鎌倉幕府滅亡。
そしてこの鎌倉幕府滅亡を受けて、
やがて「建武の新政」と言われる政治体制がスタートしました。
そして後醍醐天皇が中心の政権が開始されましたが、
・性急な改革
・恩賞の不公平
・朝令暮改の繰り返し
・広範な勢力の既得権の侵害
・非現実的な経済政策
など
失政続きにより特に武家勢力に不満が高まります。
そんな中、建武2年(1335年)7月
「中先代の乱」が勃発。
「北条時行」らの鎌倉幕府残党勢力が「建武政権」からの討伐軍を撃破して鎌倉を占領。
後醍醐天皇は、足利尊氏が勢力を拡大する事を警戒して尊氏の出陣を不許可。
しかし尊氏は、不許可のまま討伐軍を率いて出陣して北条時行軍を見事に撃破し、中先代の乱を鎮圧。
ところが尊氏は京都に帰還せずにそのまま鎌倉に本拠を置き、独自の武家政権開始の動きを見せ始めました。
11月
後醍醐天皇は、尊氏側の動きを反逆とみなして新田義貞を総大将とする討伐軍を送りました。
当初は新田軍側が優勢でした。
12月
足利尊氏は、新田軍を箱根・竹ノ下の戦いで破り京都へ進軍を開始。
翌、建武3年(1336年)1月
足利尊氏は京都を占領。
しかし1月末
奥州?福島県?から尊氏を追いかけて進撃する形となった天皇方の北畠顕家軍が来援。
結局、破れた尊氏は九州へと逃亡しました。
ところが、5月
九州で再起に成功した尊氏の大軍が京都へ向け進軍。
「 湊川の戦い(兵庫県)」で新田・楠木軍を破り、楠木正成は敗死。
6月
尊氏は京都を奪回。後醍醐天皇らは比叡山?滋賀県?に逃亡。
尊氏軍は比叡山を包囲。
10月
尊氏と後醍醐天皇の間にに和議成立。
新田義貞は後醍醐天皇より2人の皇子を預けられて越前国?福井県?へと転戦。
後醍醐天皇は京都に戻るも尊氏側に幽閉状態にされました。
11月
後醍醐天皇は、天皇の正統性を象徴する3種の神器と言われる品々の譲与を強要され、そして光明天皇(持明院統)が誕生。
足利尊氏は源頼朝と同じ権大納言に任じられ、ここに「室町幕府」が実質的に成立しました。
(征夷大将軍に任じられるのは2年後の1338年)
12月
後醍醐天皇は幽閉先の花山院から逃亡。
吉野(奈良県)にて独自の朝廷(南朝)を樹立しました。
(譲与した3種の神器は偽物と主張。
ちなみに、この事は現代の天皇家が所持するの3種の神器への真偽論争にも影響しています。
ここに、
京都の室町幕府側の朝廷(北朝)
吉野の後醍醐天皇側の朝廷(南朝)
という日本に2つの朝廷が存在する『南北朝時代』が開始されました。
翌、延元2年(1337年)3月
新田義貞の金ヶ崎城?福井県?が足利方の大軍により落城。
(義貞はすでに2月に逃亡していました。)
これにより越前方面は足利方?室町幕府側)の優勢となり沈静化。
8月
後醍醐天皇側の北畠顕家軍が再度奥州より京都へ向け進軍開始。
12月
北畠顕家軍が足利方?室町幕府側)を破り鎌倉を占領。
足利方の関東方面総大将格の斯波家長が敗死。
北条時行が北畠顕家軍に参加。
(行動の意味が不明!天皇方は鎌倉幕府を滅亡させた張本人です...。)
翌、延元3年(1338年)1月末
北畠顕家軍が青野原の戦い(岐阜県大垣市付近)にて土岐頼遠らの足利軍を撃破。
しかし北畠顕家軍も損害も多く、京都攻略を諦め伊勢?三重県?方面へ転進。
2月
新田義貞が越前国府?福井県?の攻略に成功して再起。
2月末
ほぼ6か月間に渡り連戦連勝していた北畠顕家軍が般若坂の戦い(奈良県)でついに敗戦。その後、河内国(大阪府)方面に転進。
5月
石津の戦い(大阪府)にて北畠顕家が戦死。
まだわずか21才という若さの惜しまれる戦死でした。
7月
新田義貞が越前国藤島の灯明寺畷にて戦死。
(南朝側の総大将クラスの武将は0となりました。)
そして、
翌、延元4年(1939年)8月
後醍醐天皇は崩御しました。
「朝敵討滅」「京都奪回」を遺言していたそうです。
※「朝敵」とは、朝廷の敵。天子・天皇)に反逆する賊の事です。
余談ですが、
そしてこのように、
南朝側の有力武将の相次ぐ戦死と後醍醐天皇崩御により、畿内地方は比較的平穏な情勢となりました。
しかし正に 「歴史は繰り返す」のです。
外部に敵がいなくなると内部抗争が起きるのです。
室町幕府はこの後、『観応の擾乱』と言われる室町幕府が内部崩壊しそうなほどの深刻な内乱への道をたどる事になるのですよ。
まぁ、長文で、わかりやすい回答ではありませんがご参考に。
それではこれにて (⌒ー⌒)ノ~~~
◆足利尊氏が、後醍醐天皇を亡き者にしようとしていたので、
逃げまくりました。
そうしたら、足利尊氏が後醍醐天皇と同じ血を引いている別
の方を天皇陛下にしました。
そして、足利尊氏が将軍となりました。
後醍醐天皇も天皇家も無事でした。
◆日本語?漢字が苦手?
歴史講座の動画もありますよ。
鎌倉幕府を倒した天皇だし、歴史の大きな転換なので動画はあると思います。
日本語の文字が苦手では、ここに書き込んでも、、、、

高校範囲知識を超える 後醍醐天皇の雑学
市立図書館か学校の図書館で 日本史漫画 本を読んだ方が理解しやすいと思います。 歴史はイメージした方が覚えやすいので。
◆騙した側ですよ
ずっと尽くしてきた赤松円心に代表される武士を騙して、所領を奪い、貴族にやったり、
足利尊氏軍との戦いで不利になると、皇位継承に必要な「三種の神器」を渡して見逃して貰い、吉野に逃げてから「渡したのはニセ物」と主張したり
騙した訳ではないですが、自分のために働いたものの、やがて対立するようになった息子・護良親王を、殺されると知りながら鎌倉に引き渡したりもしてます
◆一言で言うと天皇が一番偉いってことを証明したかった人。
とにかく幕府を倒して、自分で日本の政治をしたかった。
騙されたっていうか家来の一人が鎌倉幕府に「後醍醐天皇幕府倒すってよ」ってチクったから幕府に隠岐の島(島根県)に流されちゃったのが前半生。
何とか島から逃げて、もう一度倒そうとして幕府にケンカを売る。今度は足利尊氏や新田義貞に助けられて鎌倉幕府を倒すことに成功。
悲願達成。実際自分で政治やって見た(建武の新政)けど、酷い政治すぎて足利尊氏もブチ切れた。
結局足利尊氏に京都を追い出されて、奈良の吉野(凄い山奥)で南朝というもう一つの朝廷をつくる。
頑張って戦ったけど、寿命が来て死去。


質問タグ:誰か,後醍醐天皇,鎌倉時代,日本史,何か事件

-杉欣也
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.