清水由貴子

【診断】創価学会の人のことを批判するのをよく見るのですが、私は無知なので...

投稿日:

【診断】創価学会の人のことを批判するのをよく見るのですが、私は無知なので...

創価学会の人のことを批判するのをよく見るのですが、私は無知なので...

創価学会の人のことを批判するのをよく見るのですが、私は無知なのでなぜ創価学会が批判されるのか教えてください。

アンサー

創価学会が世間から酷く嫌われている理由は
過去に世間の人に対して嫌がらせや迷惑をかけてきたからです。
お年寄りはそのときの記憶がしっかり残ってます。この記憶が子々孫々引き継がれてるからです。
創価学会は、昔 「折伏大行進」と称して人の家に上がり込んで仏壇を叩き壊し、神棚を焼き捨てて大問題になった宗教です。
長崎では入信を強要された19歳の少年が飛び降り自殺をするという事件もありました。
創価批判する本を書店で売れないように圧力をかけたり、中身を検閲したり、そういうこともした過去があります。
選挙法違反もたくさんあったのです。
「憚りながら」という本の中に山口組系後藤組との繋がりも書かれています
つまり学会員というのは自己中なんです
自分勝手 自分さえ良ければ他人はどうでもいい という クズ なんですよ。
「相手の事を考えて勧誘している」と言っていますが
そんなのは ウソ ウソ
入信させれば後はどうでもいい
その人の夢や目標などメチャクチャに潰しても何ともない
そういう クズなんですよ。
学会活動だけをする為だけに生きている生きたロボットを作っているんですよ。
それが証拠に学会員は学会活動以外何もしてないでしょう?
忙しくて何も出来ません。
彼らは 非常識な事を言います、 理不尽な事を言います
まともに喋ると話になりません。
逆ギレして こちらを混乱させて何とか自分の要求を押し付けようとするんです。
ムチャクチャな要求を
そして 日が経つと 「そんな事は言っていない」と言い出して
都合の悪い事を誤魔化すんですよ。
兎に角 嘘つき 卑怯者 馴れ馴れしい人間の集まりです
嫌われ者の代表の様な人間の集まりです
創価に敵対する人は自殺や事故に見せかけて暗殺されます。
{ 伊丹十三 清水由貴子 朝木明代 他 }
マスコミ 警察 裁判所 検事にも信者たちがいて創価がらみの犯罪をもみ消します。
こんな集団ですから世間から嫌われるのは当然です。
◆創価の教え「脱会者は自殺に追い込め」というのがあります。
こんなことを言っているから世間から酷く嫌われているんですよ。
◆社会を震撼させる大事件や暴動を起こして、既に何回も社会問題になっていますので察してください。
1回目の事件では、マスコミや社会から大バッシングを受け、政府が異例のコメントを出し、会長が公式に謝罪してます。創価嫌いな御年輩の方ならみな知ってますよ。新聞で大きく報じられましたからね。
創価学会の事件や今問題になっているストーカー犯罪のことを口にすると、全員しらを切って逃げ切ろうとするから凄いです。知恵袋の回答を見ると笑ってしまいます。
Wikipediaには、「社会問題にまで発展した事案」といって大項目まで設けられています。
・日本共産党委員長 宮本顕治の電話回線を創価学会の学生部幹部数名が盗聴。日本国憲法で保護されている通信の秘密を侵害するものとして創価学会は数名の逮捕者を出した。
・不正アクセスによりYahoo! BBの顧客情報 450万件が漏洩した事件。逮捕された元社員の中に創価学会幹部が2名含まれていたことが明らかとなる。また逮捕された学会幹部の一人は以前宮本顕治宅盗聴事件でも逮捕・起訴されていた。日刊ゲンダイでは一面で、創価学会の謀略部隊の犯行だと報じた。
・部下の学会員に通信記録を調べるよう指示し盗み出したというもの。学会員3名が電気通信事業法違反で逮捕され、全員が有罪判決を受けた。捜査の中で創価学会に反目する団体幹部やジャーナリストの通信記録も盗んでいたことが発覚した。
・手段を選ばない常軌を逸した言論弾圧はマスメディアから激しい批判にさらされた
・創価学会員ら47名が公職選挙法違反で逮捕された。
・第8回参議院議員通常選挙で不正行為(投票所入場券の窃盗、替え玉投票など)を行い、創価学会員34名が検挙された。諸君!やしんぶん赤旗は、この不正行為が組織的に行われたとする学会員の証言を掲載した。
・2003年に実施された衆議院選挙において神奈川県内に住む創価学会の女性幹部3名が重度の知的障害をもつ女性とともに投票所に現れ、あたかも知的障害をもつ女性が公明党に投票意思があるように見せかけ投票しようとしたとして公職選挙法違反で逮捕された。
・入信強要による差別や自殺
ここに詳しくまとめられています。
社会問題に発展した事案を扱った、各界の大物が書いた本が何十冊もある。
世間では、「盗聴盗撮、ストーカー、嫌がらせ、強要、創価学会、国家犯罪にさせる」なんていうキーワードが飛び交っていますが、、
ぜひともマスコミの報道や名のある方々の著書を否定してみてほしいです。できるものなら。
創価よりも遥かに影響力のある自民党や日本会議、そして世界宗教のキリスト教が、創価のように大バッシングを受けないのはなんでだろう(笑)
「創価学会 事件」、「創価学会 ストーカー」、「創価学会 セクト」で検索を。
是非この機会に、本当の創価学会を知ってください。
◆創価学会に対して悪意を抱いている、他宗教の信者や、学会退転者などがこぞってネットで悪評を喧伝しているだけです。
巨大企業が、嫌われるようなことをしていなくても、ライバル企業から目の敵にされるのと同じで、巨大宗教団体である創価学会も、他宗教(他の日蓮系)から目の敵にされる、という感じです。
単なる無知は、そのような誤解と不安を生みだすだけです。
是非この機会に、本当の創価学会を知ってください。
★はじめての方へ(創価学会とは)【創価学会公式HP】
★信仰体験集動画(日本・イギリス・アメリカ・イタリア)※期間限定
★池田大作名誉会長の足跡【創価学会公式HP】
◆公明党という党があり、力があるから創価学会は悪口を言われる。
悪をのさばらせる貧しい精神風土が日本にあり、創価学会や公明党と敵対関係にある〝宗教団体や政党〟の関係者が印象操作している。
創価学会を陥れようと企む卑劣なアンチは、ネットの匿名性をフルに利用し、「火のないところに煙は立たない」という“常識”を逆手にとる。「煙らしきもの」をともかく立てて騒ぎさえすれば、それだけで世間の人をして、「そこまで書かれる以上は何かあるのだろう」と思わしめることができるのだ。
ヤフー知恵袋で暗躍するアンチ創価は、複数のIDを取得して自作自演している。
反学会メディアは、ワンサイドの見方や見解しか載せていない。説得力のある記事をつくりたいなら、両方に取材して、その両方の見解を載せなければならない。退転者(脱会者)の言い分だけを抽出すれば、いくらでも創価学会のことを悪く書ける。仮にコメントした本人たちに誇張やウソがないとしても、それはあくまでその人個人の見方であり、見解でしかない。立場を変えれば、見方も見解も当然変わってくる。
※【週刊誌の罪がわかる本】
◆【キリスト教徒の作家・佐藤 優氏】
「私はプロテスタントのキリスト教徒であるが、同時に創価学会のファンでもある。創価学会は時代の危機を超克することができる新しい価値を創造する本物の宗教団体だ」
「創価学会はなぜあちこちから悪く言われるのか。創価学会が強い宗教であり、創価学会に力があるからです。統計上、日本のキリスト教徒は人口の1%しかいません。日常的に教会に通う人は、10万人ちょっとといったところでしょう。ですから、日本では弱い宗教であるキリスト教の悪口は言われません。創価学会と池田会長があちこちから悪口を言われるのは、強い宗教であることの証明なのです」
◆【広島東洋カープオーナー・松田 元氏】
「わしは、学会といっても、昔は、さほど関心もなかったんじゃ。
でも、10年以上前じゃったかなぁ。その人は学会員ではないんじゃが、医師をしてる友人が、こう言った。『体の不自由なお年寄りや、身寄りのない人を病院まで連れてきてくれるのは、決まって、ご近所に住む学会の人なんじゃ』と。ビックリしたな。これはすごいことじゃと思うたね。この話を聞いて、学会に対する認識が一変した。これこそ宗教のあるべき姿と思うたね。他の宗教も団体も、そこまでやってないでしょ。人間対人間の関係も希薄になってしもうてる。わしは、アメリカにいたこともあって、教会がそうした地域のコミュニティーになっていたけれど、日本には、そういう存在はないと思ってた。でも、学会が、それをやっとったんじゃね。しかも、それが世界中にあるんじゃろ。カープアカデミーのあるドミニカ共和国にもあると聞いて、ビックリしたよ」
(『大白蓮華』2017年2月号)
★アカデミー賞を主宰する映画芸術科学アカデミーの会長は、アメリカSGI(創価学会インタナショナル)のメンバー。
【早稲田大学名誉教授・藤沼 貴氏】
「大文豪のレフ・トルストイは、ロシア正教会の洗礼を受けていた。日本にも檀家制度があったが、ロシア正教会の場合はより締め付けが強く、洗礼を受けなければ、誕生や結婚、また死亡の記録すら残らないものであった。
すなわち、誰もが生まれた時からロシア正教徒になるという時代に、トルストイは教会批判を続け、結果、ロシア正教会はトルストイに破門を通告する。
トルストイは、何より差別を嫌い、人間は皆平等だと考えていた。ゆえに、聖職者(僧侶)と信徒との間に差があるとは一切考えなかった。
このトルストイの教会権力との戦いと、創価学会が日蓮正宗から“魂の独立”を果たしたことは類似していると思う。
もし、トルストイがいまの時代に生き、創価学会が宗門という古い宗教権威を離れ、いっそう世界に飛翔したことを知れば、大喝采を送るに違いない」
【日蓮正宗総本山大石寺第67世法主・阿部日顕】
「信者がわがまま言ってだね、なんだドイツ語みたいで難しくてわかんない。なに言ってやがんだ。なっ! 難しいの当たりめえなんだよ! ふざけんなって言いたい。やさしく説けばいいって、そんなもんじゃねえんだ!」
「あのねー、ミーチャンハーチャンに分かるようにペコペコよ、頭下げて説いてたらよ、本当の法なんか説けやしないんだ」
「民衆、民衆って言う奴ほどバカなんだ」
「民衆が一番大事なんです。ネヘッ、何をふざけたことを言ってる」
「お題目を唱えて、我々の仏界涌現、仏界涌現っていうんだ。これはまさしく大謗法だよ、これは」
「そんな簡単にね、我々凡夫が、仏界が現れたり悟ったりできるんだったら、末法の凡夫はみんな仏になってんだよ。みんな狂ってるバカな奴ばっかじゃないか。こりゃもう、まったくその仏界はね、現じ難いんだ」
「人間主義、人間主義なんて言うこと自体、お前らの頭、どっか狂ってんじゃないのかって言ってやんなさい」
(平成6年8月24日、全国教師講習会)
◆創価学会員を含め、宗教家に事実として広く認められているものをいくつかあげてみます。
・勧誘がしつこい、粘着される。
・「悪人撲滅祈願」といって、敵対者の顔写真を信者に踏ませたり、死を願いながら読経をする呪いの儀式がある。信者の多くが存在を認めている。
・幹部会や座談会では、敵対者・脱会者の死や不幸をあざ笑い、ドブネズミ、ウジ虫などいって罵倒することが多い。
・信者から逆恨みされると集団 ストーカー被害を受け、日常生活に支障を来す。
・犯罪行為、迷惑行為、裁判沙汰が著しく、非常に危険な団体。
・海外6ヶ国から、危険カルト集団に指定されている。
・信者は息を吸うように嘘を吐く。ばれてもいいから嘘で取り繕い、騙そうとする姑息な輩が多い。
もう少し具体的に説明します。
創価学会の迷惑な勧誘や選挙のときの声かけを煩わしく思っている方も多いかもしれません。
昔は「折伏大行進」といって宗教の押し売りをしていました。
他人の家に上がり込んで神棚をたたき壊したり、脅迫するなどして無理矢理入信させたために苦痛から自殺する人が続出しました。
また、他宗・他党は邪悪だと言って、常軌を逸した嫌がらせや恫喝訴訟、謀略訴訟を仕掛けてきました。
要するに、創価学会には敵が多いわけです。
海外では「祈れば病気が治る」、「寄付をすれば功徳がある」という触れ込みで信者を増やしてきましたが、一向に病気が治らない、お金をだまし取られたとクレームが殺到して集団訴訟にもなりました。完全な詐欺団体ですね。
詐欺的行為、暴力的教え、信者への虐待、公秩序の撹乱、行政当局への浸透、政治支配の試みが危険視され、創価学会をカルト集団に認定した国も多いです。
ネット辞書に、創価学会は、「セクト(危険なカルト集団)」だと記載があります。
『1995年12月、フランス国民議会で採択された報告書『フランスにおけるセクト』は「通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針の一つとされている。この報告書は、調査委員会の委員長の名前を取って『アラン・ジュスト報告書』ともよばれている。
この中で、セクトの本質を「新しい形の全体主義」と定義した上で、以下のように「セクト構成要件の10項目」を列挙している。
(略)
しかし、創価学会はフランスだけではなくドイツ、チリ、ベルギー、オーストリア、アメリカといった国々でセクト指定されている。』
さらに、古川利明(著)『カルトとしての創価学会=池田大作』(第三書館 2000年11月)に、「創価学会は、セクト構成要件の10項目全て満たしている(最高度に危険)」と記載があります。
一番信憑性の高いネット辞書(wiki)の記載を見ると、創価学会は悪質なカルトだと分かります。
数十件の社会問題に発展した事件、大きな犯罪、裁判沙汰などが掲載されています。
創価学会は、犯罪に死角がないほど悪いことばかりしていますが、集団で嫌がらせや殺人もしていますので、カルト教団を野放しにしている日本は地に落ちたと言わざるを得ません。
創価学会の犯罪が公的に認められた事件:
・全国規模の言論弾圧・出版妨害・嫌がらせ・ストーカー行為(言論出版妨害事件)
・脱会者や創価批判者の通話記録窃盗、組織的な嫌がらせ(ドコモ通話記録窃盗事件)
・470万件の個人情報漏洩(YahooBB個人情報漏洩事件)
・数十万枚の中傷ビラばらまき(創価違法ビラ事件)
・合成写真を使って相手を誹謗中傷、写真をメディアに掲載(偽造写真事件)
・嘘の被害を申告して、でっちあげ裁判を何件も起こす(コーヒーカップ裁判)
・投票所を襲撃して職員4名に重軽傷を負わせる(練馬区投票所襲撃事件)
・公明党委員長 矢野絢也氏への組織的なストーカー行為(黒い手帖事件)
・共産党委員長宅の盗聴(宮本邸盗聴事件)
・一度に50名近い逮捕者を出した政治犯罪(大阪事件)
創価学会の関与が極めて濃厚な疑惑:
・東村山市議の暗殺(現役警察官が「自殺ではなく殺害だ」と内部告発した)
・暴力団へ4名の暗殺を依頼(国会で取り上げられた議題です)
・創価学会幹部の連続不審死
・暴力団後藤組へ汚れ仕事を依頼(政界では周知の事実)
・池田大作のレイプ裁判(池田が出廷しなかったことから物議を醸した)
・池田大作が大阪事件で逮捕される(部下に責任転嫁し責任を逃れたと言われている)
ホットな創価学会ニュース:
・2017年12月30に創価学会本部前で、少年が教団の警備員を刃物で刺し、殺傷事件を起こす。
・2017年12月中旬から2018年1月上旬までほぼ毎日、創価学会の組織的な嫌がらせやストーカー犯罪を非難する抗議活動が東京、大阪、名古屋で展開された。
・創価学会の狂信者と共犯者が共謀して、言論統制を敷き、魔女狩り、中高生のいじめや掲示板「2ちゃんねる」を彷彿させる低俗なことを繰り返している。
組織的に中傷、誹謗、個人情報やプライベートな情報のばらまき、デマを流して焚き付けたり、警察、役所、企業内にいる末端信者(共犯者も含む)にも違法な事務処理や業務情報の漏洩など犯罪行為に荷担させ、日本を荒らし、混乱に陥れている。
警察は犯罪を見て見ぬふり。法律などあってないようなもの。
勘違いしたお馬鹿さんたちが、犯罪行為や魔女裁判をして遊んでいるから救いようがありません。
・路上や電車内などでカメラを回しながら工作活動をして、冤罪を作ったり悪評ばらまきのネタ作りをしていることもあり、これが組織犯罪だと知らない人が利用されているのですから、どうしようもありません。
行政、企業、教育機関にもカルトや共犯者がいるから困りものです。
大規模なストーカー犯罪を展開したり、犯罪を焚き付け、争いの種をばらまいて荒んだ世の中にすることが、創価学会のいう世界平和なのかもしれません。
創価学会は「世界平和」を宣伝文句に信者を集め、迷惑な宗教活動と非合法行為を繰り返すカルト集団なので、世の中の評判は非常に悪いです。
週間ダイヤモンド紙(2010年11月13日号)に、創価学会のイメージ調査の結果が掲載されています。
世の中の約7割の人が、創価学会に対して以下のような悪い印象を持っていることが分かりました。
強引な勧誘:25.3%
金儲け主義:24.4%
不気味、気持ちが悪い:17.9%
創価学会の迷惑行為や犯罪行為は、珍しいものではありません。
迷惑行為や何らかの被害を受けたら証拠をとって各所に相談するとともに、ネットでも創価の悪質さを知らせて、世の中をクリーンにした方がよいと思います
◆下の京大や、HPを貼り付けるライオンみたいなアホが日本中にいて、周りに迷惑をかけてるから嫌われています


質問タグ:創価学会,ストーカー,創価学会員,公職選挙法違反,日蓮正宗,トルストイ,セクト

【極悪】三浦力さんが芸能界引退だそうですが、これでもうゲキレンジャー10...

三浦力さんが芸能界引退だそうですが、これでもうゲキレンジャー10...

三浦力さんが芸能界引退だそうですが、これでもうゲキレンジャー10周年は無理ですか?
今度のVシネクトにシャリバンでないのはこのせいだったんですね。

アンサー

高木万平、福井三菜も芸能界を引退しているので恐らく、無理だと思いますよ。
◆ゲキレンジャー10thは難しいでしょう。
ラン役の福井未菜さんも既に引退されてるし


質問タグ:三浦力,Vシネクト,ゲキレンジャー,ゲキレンジャー10周年,シャリバン

【極悪】「連続ドラマとしては、演じてた女優さんなり俳優さんは、亡くなった...

「連続ドラマとしては、演じてた女優さんなり俳優さんは、亡くなった...

「連続ドラマとしては、演じてた女優さんなり俳優さんは、亡くなった人だなぁと思えるが、事件としては、こう言う手続きだったかで、質問したい」と、思います。
テレビ朝日と東映が、共同 制作した「はぐれ刑事純情派」シリーズ。
「悪役俳優の深江章喜さん(故人)の息子さん、深江卓次さんが、藤田まことさん(故人)扮する、安浦刑事(以降、藤田さん扮する安浦刑事)の部下の三田刑事(以降、深江さん扮する三田刑事)役で、レギュラー出演してた、確か平成3年度のシリーズによる、1つの回のスタート早々のシーン」と、なります。
問題のシーン。
「とある住宅を、南田洋子さん(故人)扮するご近所さん(以降、南田さん扮する伯母さん)が、おすそわけする為の食べ物を持って訪ねて、玄関近くのある部屋を覗いたら、住人の老夫婦が布団で仰向けに寝た状態で、死んでるのを見つけた為、ビックリしてしまった。
後で、「問題の老夫婦は、奥さんが病気で寝込んでいて、旦那さんが介護してたのが、不治の病気だったかして、無理心中したらしい」と、判明したと言う…」的な内容でした。
問題の回自体、主なストーリーとしては…?
「藤田さん扮する、安浦刑事の行きつけの居酒屋さん、「さくら」を、経営してる、眞野あずささん扮するママ(以降、眞野さん扮するママ)の親戚が、南田さん扮する伯母さん。
この南田さん扮する伯母さんが、石川県の加賀温泉にある、当時有名な温泉ホテル百万石で、お見合いする事になり、藤田さん扮する安浦刑事は、眞野さん扮するママから、お見合いの立会人になる様に頼まれたので、やむを得ず休暇を取って、加賀温泉の百万石へ行った。
そして、百万石の中の和室にて、南田さん扮する伯母さんは、同じく休暇を取った、加藤和男さん扮する検事(以降、加藤さん扮する検事)と、藤田さん扮する安浦刑事立会の上で、お見合いした。
すると、その藤田さん扮する安浦刑事は、勤務先の山手中央警察署から、緊急連絡を受けた上で、更に二宮さよ子さん扮する、警視庁本庁の知合いの警視なり、梅宮辰夫さん扮する署長に、島田順司さん扮する課長迄も、後で加賀温泉に急行して、百万石の館内の会議室にて、緊急連絡した情報の詳しい内容として、「ウチの刑事課で、以前犯人を逮捕した婦女暴行殺人事件で、刑事裁判を東京地検で担当したのが、加藤さん扮する検事であるが、犯人の兄である会社社長の男が、ワイロを渡して、刑事裁判での求刑で、弟へ極刑を求めない様に依頼したのが、結局は死刑となったので、問題の男が頭に来て報復する為に、百万石に行った情報が入った。
既に、深江さん扮する三田刑事と、ぼんちおさむさん扮する里見刑事も同伴させていて、既に百万石の館内で問題の男の捜索と、加藤さん扮する検事の警護を、指示してる」的な内容で、説明を受けた。
案の定、加藤さん扮する検事は、百万石内の庭園にて、問題の男に殺されかけた…」的な内容と、なります。
そこで、質問したいのは…?
事件関係のカテからなら、「今回の様な事態が、本当にあればなら、第一発見者からの通報で駆けつけた警察が、最終的に嘱託医経由で書く証明書としては、死亡診断書の代わりとなる死体検案書で、間違い無いか?」。
ドラマ関係のカテからなら、「担当の監督さんは、吉川一義さんだった記憶ありだが、問題のストーリーの回だと、平成3年の何月何日頃に本放送された、何と言う題名の回と、思われるか?」。
以上の通りと、なります。

アンサー

第4シリーズ17話1991年7月24日放送の「湯煙北陸奥路・安浦刑事の婚前旅行」ですかね。
死体検案書で間違いないのではと思います。死亡診断書はあくまでも治療中の病気等による死亡の場合のみ発行できるようなので。
◆遅くなりましたが、回答ありがとうございます!


質問タグ:眞野,南田さん扮する伯母さん,百万石,深江卓次,二宮さよ子,死体検案書,安浦刑事

-清水由貴子
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.