蟹江敬三

【実践】幸せの国青い鳥パタパタをご存知でしか?

投稿日:

【実践】幸せの国青い鳥パタパタをご存知でしか?

幸せの国青い鳥パタパタをご存知でしか?

幸せの国青い鳥パタパタをご存知でしか?

アンサー

小説じゃなくて、テレビドラマだと思います。
内容は、全くの他人ばかりが疑似家族のような生活を送るのですが、最後にはバラバラになって納まるところになって納まる。
>「しあわせの国・青い鳥ぱたぱた?」NHKアーカイブズ井沢満原作・1985年
退屈な日常に疑問を感じたハナコ(田中裕子)は突然失踪し、神戸の便利屋「猫の手」でアルバイトをしながら、気ままに暮らしている。
>ある日、単身赴任のサラリーマンタロー(蟹江敬三)から一緒に食事をしてくれないかという仕事の依頼がくる。ハナコは、母親にかまってもらえない子供ヒロを連れて出かけるが・・・・ヒロはハナコになついており、購入した家に家族は別居して住んでおり、タローは独りで住んでいる。街中でハナコはかつての自動車教習所の教官今雄(大友柳太郎)に出会い、梅田の駅には、ハナコの等身大の行くえ不明者のパネルがたてられているという話を聞く。タローの運転する車でヒロを連れて帰宅途中、突然、飛び出した今雄をはね、病院へ連れていくがかすり傷だと言うので、タローのマンションに連れて行き、今雄の懇願もあって、母親から放置されたヒロも含めて4人、奇妙な共同生活が始まる。
>今雄は、教習所勤める以前は白バイに乗っていたという。妻を亡くし、娘と一緒に暮らしていたが、うまくいかず家を出たというが、追い出されたのだろう。骨壷を携え、読経をする。主婦になって女は一人前が口癖で、妻は幸せだったという。
>ハナコは便利屋のボスに抱き竦められていると、ボスの恋人がやってきて、ハナコをその日暮らしの乞食女と詰る。しかし、ハナコがボスと結婚する気がないのを知り、ボスの体は使ってもいいという。ハナコ、招き猫のような格好でビール缶を振ると、女に泡を浴びせかける。ハナコは、無責任で、適当にのらくら生きていこうとするボスに愛想を尽かしているのだ。
>ハナコの回想、無意味な計算をやらされた事務員時代、父と結婚して懲りたはずなのに、世間に倣って「嫁にいけ」というハナコを愛してくれなかった母。青い鳥はどこにいるのか?青い鳥が見つかり、生まれてよかったと実感することができれば、一歩を踏み出すことができるだろう。タローは、ハナコに金を渡す。けじめをつけるためである。
>4人は、秋の山にピクニックに出かける。実に楽しそうだが、帰宅すると、タローのマンションの住人が集まっている。新聞や、牛乳が紛失するというのだ。今雄の仕業かと疑ったタローは今雄に小遣いを渡す。今雄、怒る。怒った今雄、お小遣いを上げようとしたタロー、それぞれが反省する。
>ヒロがいなくなる。見つからないが、母親の住むアパートに行くと、ヒロは母親を連れて出て行った怖いおじさんにかどわかされ、逃げて、隠れているのだという。明日はヒロの誕生日、母が、コンピューターゲームを買ってくれると約束していたのだ。
>共同生活は、タローの旭川転勤をきっかけに解体する。辞令を受けたタローは早引きして、総出で遊園地に出かける。3人は遊具に乗り、今雄は一人下から手を振る。実に楽しそうだ。ハナコは、自分探しの旅の途上にあってあがいているという。タローは、人であれ土地であれ愛着のもてるものが欲しいという。タローの心のよりどころは25年ローンの家であり、ハナコは自分自身に愛着したいと話す。
>救急車の音、一人ベンチに座って、ハトにポップコーンをやっていた今雄が死んだのだ。駆け寄ろうとするハナコをタローは引き留める。「ようやく、家に帰れる日が来たんや。」
>今雄は、転がり込んだ家の金品をちょろまかす常習犯だということが判明するが、ハナコは「何の被害も無かったし、いい人だった。」と言う。ハナコ、「あの人は好きじゃなかった。」タロー「好きだったんだよ。」部屋を片付けていると、ヒロの母から電話。ヒロを、引き取るというのだ。家族ごっこはおしまい。夕暮れが来て、本物の母親の声がして、ままごと遊びが終りになるように、現実に連れ戻されるのだ。ほっとしながら。
>嫌がるヒロを置き去りにして、母親に返すと、ハナコはタローと別れる。「もし、私がついていくといったら。」とハナコ。「いいよっていったら。」とタロー。しかし、別れはいつも、童話と同じで無残だ。タローは、東京の家族に会いに行くと言い、ハナコは大阪に戻り、パネルを抱えて家路を辿る。
>「粘膜に物を入れるののって恥ずかしいんですね。」「哺乳類は甘えたがる。」「哺乳類は飛べない。」「ウミガメは卵から出ると,二度と親ガメに会えない。」「夢を見るのは人間だけ。」「子供を持ってみれば、見える風景が違って見える。」「とっても、お父さん!」「右往左往も誠意のうちよ。」「答えを出すのは死ぬ間際でいいよ。」「飛ぶということは、墜落するということ。夢が壊れれば、夢のかけらを拾えばいい。」「人を個として認め、付き合うこと。」間違っているかもしれないが、劇中の名文句である。
>かなり、長い文になった。田中裕子、蟹江敬三、大友柳太郎、ヒロ役の子役、それぞれが魅力的だ。特に蟹江敬三がよい。一人暮らしのベテランの悲しみと優しさを見事に演じている。優しさは悲しみの深さに比例する。大友柳太郎の般若心経の朗読の上手いのには驚かされた。彼は、確か、投身自殺であったはずだ。台詞が覚えられないからというのが理由だったような気がするが・・・・。探し求めていると、青い鳥は見つからない。見つかったと思うと、青い鳥は飛んで行ってしまう。しかし、幸せの国には、本当は幸せの青い鳥など必要ないのだ。
◆蟹江敬三、大友柳太郎、二人ともお亡くなりになりましたですね。
1985年ならバブルの少し前の良い時代だったと思います。
今は生きて行くだけで余裕がありませんよね。
現在の方が裕福であったとしても、将来は暗く思えてなりません。
疑似家族なんて余裕が無い現代人に理解出来ないのではないでしょうか?


質問タグ:ハナコ,国青い鳥パタパタ,タロー,蟹江敬三,大友柳太郎,青い鳥

【ブログ】祝 巨人、オープン戦優勝!!w

祝 巨人、オープン戦優勝!!w

祝 巨人、オープン戦優勝!!w
あまり試合は見てないけど、巨人がオープン戦優勝してよかったねー! !!
これでシーズンは安心?
いや、去年オープン戦優勝のロッテがダントツの最下位だったからなぁw侮れんぞw
とはいえ、強い巨人は戻りつつあるのかな?
上原はメジャーで活躍してくれたから俺は好きだけどな。北京五輪でも頑張ってくれたのは上原くらいだったし。
注目選手は誰?
期待の若手岡本和真?
村田は今独立だけど、やっぱオッサンだったから、切る必要はあったのかもしれないね?
若返りは重要なんだよ。俺は千葉だからロッテだけど、田村捕手、中村奨吾、三木、石川歩とか若手が多いし。
何はともあれ、オープン戦優勝はでかい!
俺も巨人アンチから一転、巨人好きになったから、応援するよw
ロッテは井口監督がどう頑張るかだなぁ。
ギャンブルやめて、野球熱沸いてきたから、今年は楽しむでーwww

アンサー

こんばんは。オープン戦、ジャイアンツ優勝したのですね!(^-^)
知りませんでしたf(^_^; 笑
オープン戦で優勝できても本当にシーズン中がどうなるか分からないですものね。
日本一おめでとう!って秋に言ってもらえるように応援頑張ります!笑
村田選手はチーム若返りのための苦渋の決断だったのだと思います(T_T)
栃木でも頑張ってほしいです。
注目選手は全員なので…f(^_^;
上原をなぜ嫌いになったかというと、球援投手っていうんですか?クローザーにまわってほしいと球団に言われて先発じゃなくちゃイヤだからって言ってメジャーに行ったのに、メジャーでクローザーにされても文句も言わずにちゃっかりやってたから。
メジャー挑戦したいからってジャイアンツを退団したなら嫌いにならなかったのですけどね。
裏切り者です(*`エ´)
まあ元々がタイガースの大ファンだった人がジャイアンツに入団したので仕方ないかと思いますけど。
ロッテも頑張ってくれるといいですね(^-^)
日本シリーズでジャイアンツとロッテ戦になってほしいです。笑
井口新監督は頭のキレる方なので、大丈夫なのではないでしょうか?(^-^)


質問タグ:ロッテ,オープン戦優勝,若手岡本和真,巨人,野球熱,ジャイアンツ,クローザー

【7選】リク質お待たせしました。 私から、自作ドラマを作ってみました。 【...

リク質お待たせしました。 私から、自作ドラマを作ってみました。 【...

リク質お待たせしました。
私から、自作ドラマを作ってみました。 【タイトル】
「天然不良水ラガー」
【概要】
今どきの草食系の男子大生がラグビー部に入部、初めて楕円球に触れ始め、ラグビーを通じて熱い絆、友情などに芽生え始めた矢先、知らずに飲んだあれのせいで体が大変な事に…。
【ストーリー】
東京都心にある、西都院大学に入学した天兇泰臥は草食系で長身の黒髪短髪に、分厚い胸板、スイーツのように柔らかい首筋、大きく広がった広背筋、細い上腕筋に割れた腹筋を持った喧嘩が得意なごく普通の大学生。ある日の喧嘩中に、松島成海が見ていたラグビーの試合の動画に惹かれラグビー部に入部。全国大会優勝を獲る為懸命な練習を始め奮闘し始めていた。ある日の練習後、ロッカー内に置いてあった謎のペットボトルを発見し、喉が渇いた泰臥は水かなと知らずに飲みだすが、初めのうちは何も起こらないので、平気に服に着替え、菅喜拓海をはじめ部活の先輩と一緒に家(都内のアパートで拓海と2人暮らしの設定)に帰っていった。家に帰ると泰臥は後々体が大変な事になるとは知らずに、タンクトップに短パン姿になりごく普通に過ごした。ところが翌日に異変が、寝ていた泰臥の大胸筋がミシミシと音を立てて赤く腫れ上がり、全身の筋肉が盛り上がってしまう。するとその直後胸が富士山麓のミネラル豊富な岩石のように硬くなり、そこから謎の水が出て、体中がベタベタに。翌朝何も知らない泰臥はべた付いた汗を拭こうかなと思い自分の体を見てみると、なんと体の筋肉の殆どが謎の水のせいで跡形が見えない程ズタボロに膨れ上がった不良に変貌したのを知った。拓海から実は昨日泰臥が知らずに飲んでいたのは、その水を使ったミネラルウォーターではなく、超強力筋肉増力剤入りの謎の薬だったのだ。そう泰臥は一晩にして100%天然水で生まれた不良水になってしまった…。
【登場人物】
天兇泰臥(てんくうたいが)(松本享恭)
背番号7。西都院大学1年生の中肉中背で見た目は普通の大学生。誰かを守りたいという思いからラグビー部に入部するも、他部員からのダメ出しやハードな練習によってストレスが溜まっていた。そんなある日飲んだ謎の水のせいで不良になった。胸が富士山麓の地下200m以下の岩石のように硬く、そこから出る水は多くのミネラルが豊富であることから部員から「胸筋の天然水」と呼ばれるようになる(但し飲み水ではない為飲んだら不味い)。ポジションは長身を生かしたLo。不良水は何も加えない100%天然水。
菅喜拓海(すがきたくみ)(杉野遥亮)
西都院大学3年生。高校時代は全国大会で日本一に2度輝いた伝説のBKリーダー。泰臥の家に一緒に住んでいる。泰臥と比べ、正反対の優しく真面目な性格。ポジションはSH。体内の水は爽やかでフルーティーなライムの香り。
立川剛(たつかわ)(村上虹郎)
西都院大学4年生のFWリーダー。ポジションはHO。
松島成海(門脇麦)
西都院大学1年生。天兇泰臥の幼馴染みで、泰臥にラグビーの試合の動画を見せて、そのままラグビー部に勧誘した張本人。ラグビー部のマネージャー。面倒見がよい。
都上院昌也(北村匠海)
ラグビー部の主将で、ポジションはFL。部で一番ラグビーに真剣に取り組んでいる。
花垣鉄次(葉山奨之)
ラグビー部の副将。SO。4年間レギュラーよりベンチにいることが多い。「ベンチの部長」と呼ぶ。
佐々木成樹(佐野勇斗)
ラグビー部副部長。WTB。
腰邊和利(こしべかずとし)(坂本康太)
HO。
志田将馬(本郷奏多)
PR。
原川奈津未(日比美思)
都上院、花垣、佐々木の幼馴染みで3人の過去をよく知る。マネージャー陣の部長的存在。
(以上4年生)
都上竜人(南圭介)
LO。
茉田将人(まつだ)(渡邊剣)
FL。
(以上3年生)
松井健汰(赤楚衛二)
CTB。
富山悟志(上杉柊平)
NO8。
花上宗茂(かがみむなしげ)(矢本優馬)
九宮洋(岩永徹也)
共にPR。
北山駿人(古川雄輝)
WTB。
大川涼(柳喬之)
FB。
(以上2年生)
有崎貴剛(ゆうざきたかつよ)(町井祥真)
SO。
清本貴治(たかはる)(萩原利久)
CTB。
駿河享(松田凌)
FL。
石丸一丈(かずひろ)(白洲迅)
LO。
四賀一史(しがかずお)(副島和樹)
CTB。
秋崎悠太(塩野瑛久)
NO8。
佐島淳志(岡宮来夢)
SH。
小山晴香(関りおん)
ラグビー部のマネージャー。
(以上1年生)
【顧問・監督】
藤崎篤弘(桐山漣)
西都院大学ラグビー部の専属トレーナー。
沖田宏光(工藤阿須加)
ラグビー部のアシスタントコーチ。
夏山博人(高橋克典)
ラグビー部監督。温厚で親しみやすい。
など
【主題歌】
三浦大知「Water☆Man」(SONIC GROOVE)
【放送枠】
金 23:15~翌0:15(テレビ朝日)
こんなドラマがあったら見たいですか?それとも見たくないですか?他、残りの登場人物の特徴はこれにした方がいい、ストーリーをこれにした方がいい等というのがあれば意見お願いします。

アンサー

リクエストありがとうございます。
タイトルと概要は素晴らしいです。
ストーリーも良いですが、1つだけ、変更させてください。
西都院大学を東都院にしましょう。
ドラマのドクターXでも西の西京、東の東帝と言っている通り、西と付くと大阪や京都の関西のイメージになります。
東京都心にあるのに、なぜ西都?西の都とも感じれますから、東京なの?大阪なの?ってなります。
なので、東都院大学にしましょう。
役者については、本当に良い役者を選んでいるなと思います。
ただ、岩永徹也さんと古川雄輝さん、南圭介さんについては変更した方が良いかな。
年齢も他の役者さんより上ですし、トレーナーやコーチよりも年上になるから、見た目の問題がおきそうです。
ドラマは印象、見た目が重要ですからね。
南圭介さんの代わりに竜星涼さん、岩永徹也さんの代わりに大倉士門さん、古川雄輝さんの代わりに横浜流星さんを入れてみましょう。
あと追加できるなら、脇役でベテラン俳優を入れたら、もっと面白いかも。
ヒットしているドラマには、必ず名脇役がいます。
例えば、ごくせんなら生瀬勝久さん、半沢直樹や小さな巨人なら香川照之さん、陸王なら風間俊介さんや松岡修造さん、ルーズベルトゲームならジュディ・オングさんや江口洋介さんがいます。
まさに、名作に名脇役ありとも言えるでしょう。
今は、昔と違い主役の実力よりも脇役の実力の方が重要で脇役の演技力次第で結果が左右される時代とも言えるらしいです。
高橋克典さんだけだと、少し物足りなさがありますから、松岡修造さんや唐沢寿明さんを入れるのも良いと思います。
そしてひとつ、俳優以外を入れるのも良いと思います。
半沢直樹の片岡愛之助さん、下町ロケットの恵俊彰さん、陸王の松岡修造さんのように俳優以外がいるとどんな演技をするのか、どんな展開になるのかと視聴者が楽しみになります。
この作品は青春作品ですから、林修さんや元ボクサーの内藤大助さん、具志堅用高さんがいると面白そうです。
落語界からなら円楽さんを入れるのもおもしろいかな。
僕なら、コーチに具志堅用高さんを追加して、大学の学長に円楽さんを入れたいですね。
役者の特徴を追加します。
腰邊和利(こしべかずとし)(坂本康太)
4年生の兄貴的存在。
志田将馬(本郷奏多)
見た目は、細身だが以外との筋肉質な体験。
イケメンなルックスから可愛い系の佐々木とは女性人気を争っている。
だが、細かすぎる潔癖症なところが彼の欠点。
都上竜人(竜星涼)
菅喜拓海(すがきたくみ)(杉野遥亮)と同じ3年生でいずれは主将になりたいと思っている。
大学に入るまでは、地元で有名な不良だった。
そのため、見た目は怖いが意外と後輩思い。
茉田将人(まつだ)(渡邊剣)
見た目からラグビー部員だとは判断されにくい。
しかし、運動神経は良い。
松井健汰(赤楚衛二)
彼も元不良で都上の弟分だった。
兄貴分の都上に憧れラグビー部員となっている。
富山悟志(上杉柊平)
性格は大人しめなタイプだが真面目で素直。
素直過ぎてよく騙される。
花上宗茂(かがみむなしげ)(矢本優馬)
ラグビー部内で一番の運動音痴。
PRのポジションには、志田将馬(本郷奏多)と九宮洋(大倉士門)がいるので、ほぼベンチメンバー。
次期ベンチの部長の筆頭候補。
九宮洋(大倉士門)
部内では珍しい関西出身。
チームのムードメーカーでもある。
北山駿人(横浜流星)
ラグビー部員なのに、入部するまでラグビーの経験は無く、空手ばかりやっており、空手の元世界チャンピオン。
なぜ、ラグビー部に居るのか不明だが、チームで一番の俊足である
大川涼(柳喬之)
チームの最後の砦がポジションの重要な役割を持っている。
見た目は良いのに、変なキャラでボケてもすべってしまう。
有崎貴剛(ゆうざきたかつよ)(町井祥真)、清本貴治(たかはる)(萩原利久)、駿河享(松田凌)
ラグビーの経験はほとんど無いが、先輩である菅喜拓海(すがきたくみ)(杉野遥亮)に憧れ入部をした。
駿河享(松田凌)
見た目はどちらかと言えばサッカー少年。
細マッチョなためラグビーに向いていないように見える。
実は、読者モデルの仕事もしており、部に来ないこともよくある。
石丸一丈(かずひろ)(白洲迅)、四賀一史(しがかずお)(副島和樹)
常に一緒にいる仲良しコンビ
秋崎悠太(塩野瑛久)
しっかり者の性格であり、料理が得意。
特に得意なのはクレープ作り。
佐島淳志(岡宮来夢)
菅喜拓海と同じポジションで、夢は菅喜拓海のようになること。
1年生で一番モテており、王子様キャラ
小山晴香(関りおん)
1年生のため学ぶ事が多く、パニック状態になりやすい。
さらに、ドジっ子でもあるため、先輩の原川奈津未(日比美思)からよく怒られている。
具志堅用高 ラグビー部のコーチ。
大学ラグビーにおいて、彼以上のコーチはいないと言われるほどの敏腕コーチ。
しかし、たまに理解不能な発言をし、部員を困らせる。
円楽 東都院大学の学長兼理事長 68歳
元日本代表のプロラグビー選手であり伝説の男とも言われた大物。
以前は、夏山博人(高橋克典)の前監督としてチームを率いていた。
東都院大学ラグビーを10連覇させた超名将でもある。
元日本代表のため、代表チームの監督経験を持つ。
ラグビー部を強豪に育て上げ、東都院大学を経営難から救うなどの様々な功績を讃えられ、東都院大学の学長と理事長に就任した。
現在は、日本ラグビー協会の理事長も務めており、ラグビー界における「神」とも呼ばれている。
コーチの具志堅とは旧友の仲であり、監督の夏山(高橋克典)は後輩になる。
西京院大学
東都院大学のライバル校
西日本一の強豪校で現在9連覇中
学長兼理事長梅沢富美男
西京院大学の学長であり、東都院大学の円楽とは同期になる。
彼も元日本代表のラグビー選手だが、現役時代はあまり活躍できず、チームのリーダー的存在であった円楽に対して嫉妬している。
また、監督時代も何度も東都院大学と対戦しているが勝った事がない。
今は、指導者では無いが円楽率いる東都院大学の持つ、10連覇の記録を塗り替えようとしている。
監督 上川隆也
西京院大学の監督
常にデータで指導しており、選手から嫌われている。
他省略(追加してみてください)
こんな感じなら、おもしろいかな。
◆以下の登場人物の特徴は追加しないのですか。

立川剛(たつかわ)(村上虹郎)
佐々木成樹(佐野勇斗)
◆ラグビー、スポーツ系は疎いので見るかどうかはちょっと・・・・・・。すみません。
登場人物追加
松島早苗(?)
成海の2つ下の妹。高校2年生。
部活で遅れ、近くのファミレスで?たいが達が食事をしていたところ、塾帰りの早苗と会う。
たいがは早苗に一目惚れし、恋人になりたいと思う。
筋肉がボロボロになった自分を見られるのが嫌で、最近は避け気味・・・・・・。
みたいな恋要素を入れてみるとぐっと盛り上がると思います。
ストーリーはそのままで良いと思います。ただ、内容的に映画、もしくはアニメの方が良いんじゃないかと。


質問タグ:ラグビー部,西都院大学,しがかずお,工藤阿須加,関りおん,横浜流星,具志堅用高

-蟹江敬三
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.