アイ・ジョージ

【必見】全国1,000万のビートルズファンのみなさま、こんばんは。今日はポール...

投稿日:

【必見】全国1,000万のビートルズファンのみなさま、こんばんは。今日はポール...

全国1,000万のビートルズファンのみなさま、こんばんは。今日はポール...

全国1,000万のビートルズファンのみなさま、こんばんは。今日はポールマッカトニーについての質問です。 ビートルズの代表曲というと Yesterday, Michelle Hey Jude, Let it be とポールの手による楽曲でしめられ、その卓越した才能にはジョン派の私も何の反論もありません。解散後もセールス的には4人の中で一番のヒットを飛ばしていました。
しかしながら不思議に思うのは、解散後は上記のようなビートルズ時代の名曲に匹敵するような作品を1曲たりとも残していないということです。Band on the run や My love も名曲ですが、Let it be のような「誰もが知る」歴史的名曲とまでは言えません。もちろんそれは他のメンバーにも言えることでジョージにも Something や Here comes the sun を超えた曲はありません。ジョンには Imagine がありますがこれとてジョンの死により発表から10年を経てナンバーワンとなったもので、言わばジョンが死と交換に名曲を手に入れたようなものです。
このようにどうしてビートルズというユニットからしか名曲が生まれなかったのか。ことにポールに関してはビートルズ時代の名曲はほぼ一人で作って一人で歌っているのに、解散したら何が違って名曲が作れなくなったのでしょうか。正解などというものはないでしょうが皆様の意見をお聞かせください。

アンサー

私は現在の価値観で過去を上から目線で批判する事が大嫌いです。
しかし私がここで展開するロジック上、そうしたほうがわかりやすいのでそうします。
質問者さんは多少事実誤認があると思います。
まずベースとなるデータをウィキペディア英語版[[List of best-selling singles]]から抜き出します。
ビートルズ関連で売れた曲ベストランキング
①I Want to Hold Your Hand (1963) 1200万枚
②Hey Jude (1968) 800万枚
③Can't Buy Me Love (1964) 700万枚
④She Loves You (1963) 540万枚
⑤We Can Work It Out/Day Tripper (1965) 530万枚
⑥Get Back (1969) 530万枚
⑦George Harrison - My Sweet Lord (1970) 500万枚
ジョージ・ハリソンの「My Sweet Lord」は1970年に年間売上1位シングルでした。
盗作騒動が物凄かったのはこの売上の反動でもあったんですよね。
まず言いたいのはジョージ・ハリソンの代表曲は「サムシング」でも「ヒア・カムズ・ザ・サン」でもなく「My Sweet Lord」です。この曲は「イエスタディ」や「レット・イット・ビー」よりはるかにヒットしています。
冒頭で「私は現在の価値観で過去を上から目線で批判する事が大嫌いです」と書きましたが、1960年代の大衆はビートルズを30%も理解できていなかったと思います。
ビートルズの曲の中でリアルタイムの大衆にとって三番目に魅力的な曲が「Can't Buy Me Love」だったんですよね。
書き込みながらこの調子でいくとメチャクチャ長くなると今自分で気が付きましたww
よって戦略変更で、はしおります。
もう結論からいきます。
ジョン・レノンは革命家であり、歴史的な芸術家だったんだと思います。彼は道なき道を切り拓く天才でした。どうでもいい道を切り拓いたのではなく、大衆音楽にとってきわめて有効な道を彼は切り拓きました。こういう人を真の天才と言うのでしょう。
それに対しポール・マッカートニーはエルトン・ジョンやビリー・ジョエル、ジョージ・マイケルを大きく上回る最強レベルの天才ヒットメーカーだったんだと思います。
ポールマッカートニーは、ジョン・レノンのグランド・デザイン、振り付けがあると、彼も一級の芸術家たりえました。しかしジョンがいないと芸術家ではなくヒットメーカーになり下がりました。
ポールはヒットメーカーなのでやはり名作アルバムはムリでした。ジョンの「ジョンの魂」「イマジン」、あるいはジョージ・ハリソンの「オール・シングス・マスト・パス」はアルバムとして評価が高いですが、ポールのアルバムで評価の高いものは一作もありません。
話は変わりますが、「イマジン」はどんどん名曲として成長していますね。サヨクが好きなんですよね。この曲。詞はコミンテルン的とも言えるし般若心経的とも言えますが。
ジョン・レノンはイタリアともトリノとも特に関係はありませんが、トリノ五輪開会式ではオノ・ヨーコが登場しピーター・ガブリエルが「イマジン」を歌いました。
最近平昌でもオリンピックが開催されましたが開会式で「イマジン」が歌われました。
ロンドン五輪開会式では「アイ・アム・ザ・ウォルラス」や「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」といったジョン系の曲が印象的に使われていました。
ビートルズの代表曲も日々刻々と変化しているようです。
◆なるほど深い考察恐れ入りました。
一点だけ反論があります。掲載していただいているランキングはシングルレコードの売り上げです。Something はシングルよりもアルバムのアビーロードや赤盤でそれ以上に聞かれているはずです。また一般的な認知度という点では「ローリングトーン誌が選ぶオールタイムグレイテストソング500(これも非難の多いランキングではありますが)」の方が妥当ではないでしょうか。これによると Something は278位、My sweet Load は460位です。
後半のご意見、解散後のポールは「ジョンがいないと芸術家ではなくヒットメーカーだった。」という点に感銘を受けました。私はかねてよりいくら一人で書いた Let it be でも「これをジョンに聞かせたらどう言われるだろう」と考えるだけでそれは「ポールの作品」ではなくて「ビートルズの作品」ができあがることになるのだと考えていました。やはりグループであることが重要だったのですね。
◆どうもどうも。
ポールとジョージの才能開花は、超早熟なジョンの天才性が働いたと思います。
様々な、ジャンルのプロがこぞってカバーしたくなる楽曲のワン・ツーがビートルズですね。ポールの「Yesterday」と、ジョージの「Something」
カバー数が「名曲度」と言えなくないですか?
さらに、「Hey Jude」と「Let It Be」と言うモンスター楽曲を有しているバンドが他にあるでしょうか?
しかも、実質7年半の活動の中です。
モンスター曲は、一曲あれば良いほうで、恵まれず埋もれて行くロックバンドは星の数ほどあります。
あるラジオ・パーソナリティーが言ってました「イーグルスは『ホテル・カルフォルニア』を超えられなくて解散した」「ブライアン・ウイルソンは『Sgt・ペパーズ』にショックを受けて病んでしまった」等々、言いえて妙ですね。
ロックをロックバンドがカバーする、演奏したくなるのは分かるとしてジャンルを超えて愛される曲を生んだその淵源は何でしょうか?
それがジョンの天才性だと思うのです。初期の楽曲は、いずれもジョンを超えていません。
でも、デビュー前からジョンの「俺たちはどこを目指すんだ?」との問いに「トップのトップ、そのまたトップを目指すんだ!」とポールとジョージが応えます。
ですが、ヒットの楽曲を量産するジョンからはポールもジョージも軽く見られていたと思います。「Yesterday」が発表されてもポールを「Yesterdayだけの男」と発言しているからです。
ビートルズとしての気負いを意識の奥深くで持っていたと思います。ジョンに認められる楽曲を生み出したいと。ポールとジョージはジョンに比べて努力型の天才だということでもあったのでしょう。
ジョンがそばに居たということで、そのエネルギーが短期間で昇華されたと思います。その奇跡的な作曲が、わずか人生の7年半で出現したということで、何度生まれ変わってもいいくらいの名曲の数々を生み出してしまった。
要するに音楽家としての一生分がビートルズに凝縮されてしまった。
燃え尽きた、あの真っ白な灰になった「あしたのジョー」です。
ですから、CDを聴くならば時にはポールとジョージの楽曲をスキップしてあげて下さい。休ませてあげないと可哀想です。
以上、鼻でもほじって読んでください。
◆これも違反報告されるかな?
再度貼っておきますか・・・
皆さん、ナニを言ってるんでしょうか・・・?
残念です"(-""-)"
既に承知の事実ですが、改めて言いましょう!
Paulは’66に交通事故で死亡してるんです!!( ;∀;)
ですが、社会的影響が大きすぎる為に、身代わりが用意され、その後メンバーとしてやってるんです
公式アナウンスは今更できませんし、世界中が騙されてるんで仕方ないトコはありますが、「Yesterday」を産んだPaulは、その2年後に死亡しており、ソノ後に産まれた名曲!とされているのも、生前に創られたメロディや歌詞を元にしているんです!
だからBeatlesとして活動してた時期はナンとか誤魔化せもしましたが、ソロとなるとさすがに・・・
いくら影でJohnやGeorgeの「手助け」があったとしても、そりゃ~やっぱ無理があるってモンです
やはりこういった「工作」はイギリスでないと難しいんでしょうネ
アメリカは不器用で大雑把なので「ロズウェル事件から始まるエリア51問題」や「アポロの月面着陸・偽装問題」・「JFK暗殺事件」なども、真相は既に白日の下に曝されていますモノね
今は世界中に張り巡らされた情報網がありますので、私のIT知識・技術を駆使し、ソノ証拠となる画像も発見しましたんで、最後に貼っておきますのでご確認下さい!
ハァ~・・・(-_-;)
昨日のHomeでの「負け」のShockが大きすぎて、こんなんのになっちゃいました・・・( ;∀;)
ま、当たり前のコト書いても面白くないかな?などと思いましてネ(^_^;)
正直なトコは、
「やっぱりJohnあってのPaulなのかな?」
ってコトです
コレは反対にも言えるコトで、Bをずっと続けられていたら(活動はある意味『有名無実化』してたとしてもネ でもま、無理だったでしょうけどネ)、アノ悲劇も避けられたのではないか?
などと夢想したりもします
ま、こんな感じでした
また消されたら残念ですけどネ(;゚Д゚)
◆ポ―ルがビートルズ時代の名曲はほぼ一人で創ったと思うのは、間違いです。
COME TOGETHER ・BALLAD OF JOHN AND YOKO・I AM THE WALRUS・DON‘TLET ME DOWN・HAPPINESS IS A WARM GUN・REVOLUTION 9・TOMORROW NEVER KNOWS・YER BLUES・等名曲があります。
ビ一トルズの曲は4人が刺激あって作成された作品です。4人が演奏し知恵を絞った作品なので、越えられないのです。
ビ一トルズ時代に完成していたジョ一ジのALL THINGS MUST PASSは名曲だと思います。
ポ一ルの007死ぬのは奴らだも名作だと思います。ポ一ルの日本公演でこの曲の時東京ド一ムの中で花火を打ち上げていました。
◆アーティストというのは常に努力し進歩向上して行くものですから後になるほど作品の質がどんどん上がって行きますよね。
ビートルズ解散後の4人もソロとして多くの曲を残していますがどれも素晴らしい名曲ばかりだと私は思っています。
◆既出の回答者の皆さまの素晴らしい考察にはとても関心いたしました。
勉強になりました。ありがとうございます。
ビートルズファンの端くれとして、わたしもちょっとだけ参加させてください。
ひと言で言うなら
ブランド パワーというものではないでしょうか。
ビートルズの実質8年間ほどの活動は、何もかもが前例のない革命的なものでした。
数々のヒット曲はもちろんのこと彼ら4人のファッションや思想、一挙手一投足は社会に大きな影響を与え時代のシンボルとなりました。
このようなアーティストは当時もいまも唯一無二の存在で、まさに音楽界ひいては文化のパワーブランドとして絶対的に君臨しているのです。
このようなパワー ブランドが有するブランド パワーは絶大なものがあります。
ビートルズのレット イット ビー。
いま時で例えるならアップル社のiPhoneということでしょうか。
ソロになってしまうと当然ブランド パワーとしては足元にもおよびません。たとえジョンであろうとポールであろうとビートルズにはとてもかなわないのです。
個々の才能の話ではなくあくまでもブランドとしてのビートルズに負けてしまうということです。
パワーブランドを失った状態からそれ以降もヒットを連発するだけでも大変なことだと思いますが、いわゆる名曲認定するためにはビートルズのブランドパワーのあまりの巨大さの影ではかなり分が悪いということだと思います。
ここがブランドビートルズの中の人だけが経験する辛く険しい道、そしてある意味では悲劇なのだと思います。
ジョンなどはソロになるころにはとっくに巨大なブランド パワーの存在に気付き、いかにしてそこから逃れていくのかが彼の大きなテーマとなりました。
結局最期は暗殺という形で巨大なブランド パワーに押しつぶされてしまったのだと思います。


質問タグ:ビートルズ,Let it be,名曲,ジョン,Band On The Run,ブランド パワー,ポール

【効果あり】4月6~13日に生まれたキャラは? 【4月6日】 一之瀬花名 「スロウスタ...

4月6~13日に生まれたキャラは? 【4月6日】 一之瀬花名 「スロウスタ...

4月6~13日に生まれたキャラは? 【4月6日】
一之瀬花名 「スロウスタート」
小湊亮介 「ダイヤのA」
佐伯玲士郎 「アスラクライン」
キジャ 「暁のヨナ」
北大路さくら 「アイカツ!」
千鳥ヶ淵愛音 「魔装学園H×H」
澄原サトカ 「スクールガールストライカーズ Animation Channel」
杉浦碧 「舞-HiME」
白鷺千聖 「BanG Dream!」
磯端ウキ 「それでも町は廻っている」
【4月7日】
アトム 「鉄腕アトム」
刹那・F・セイエイ 「機動戦士ガンダム00」
ヨナ 「暁のヨナ」
小早川美幸 「逮捕しちゃうぞ」
ボーグ・コンファールト 「マクロスΔ」
ジャン・キルシュタイン 「進撃の巨人」
クロエ・マクスウェル 「ラクエンロジック」
冴木卓麻 「はじめの一歩」
細川美樹 「地獄先生ぬ~べ~」
名瀬泉 「境界の彼方」
【4月8日】
高坂桐乃 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
朝霧彩 「魔法少女サイト」
西見薫 「坂道のアポロン」
東郷美森 「結城友奈は勇者である」
須王環 「桜蘭高校ホスト部」
輝木ほまれ 「HUGっと!プリキュア」
瀬名聖湖 「LOVE STAGE!!」
タリア・グラディス 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」
甘木生馬 「少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR 49-」
神崎蘭子 「アイドルマスターシンデレラガールズ」
【4月9日】
倉田亜美 「ろんぐらいだぁす!」
リアス・グレモリー 「ハイスクールD×D」
迅悠一 「ワールドトリガー」
灰村切 「断裁分離のクライムエッジ」
鈴乃木凜 「ばくおん!!」
奴村露乃 「魔法少女サイト」
九崎凛子 「おまもりひまり」
小張凜 「魔法少女大戦」
寺光唯月・遙日 「B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~」
奴良鯉伴 「ぬらりひょんの孫」
【4月10日】
保登心愛 「ご注文はうさぎですか?」
春野はるか 「Go!プリンセスプリキュア」
春日楠 「神のみぞ知るセカイ」
シャルロット=ヘイゼルリンク 「プリンセスラバー!」
草薙出雲 「K」
スオウ 「クジラの子らは砂上に歌う」
伊泉忍 「プリンス・オブ・ストライド」
星馬烈 「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」
須王銀太 「ママレード・ボーイ」
マリー・エン・カールスバーグ 「ふしぎの海のナディア」
【4月11日】
一十木音也 「うたの☆プリンスさまっ♪」
天月めぐる 「ツインエンジェルBREAK」
網文韻子 「アルドノア・ゼロ」
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト 「Fate/Zero」
指南ショーコ 「革命機ヴァルヴレイヴ」
霧島マナ 「新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド」
風斬ダッシュ 「フューチャーカード バディファイト」
トール・ケーニヒ 「機動戦士ガンダムSEED」
新山理沙子 「鉄のラインバレル」
泉ゆう 「絶対無敵ライジンオー」
【4月12日】
桜井梨穂子 「アマガミSS」
虎石和泉 「スタミュ」
霜科十八 「ひめゴト」
高畑和夫 「エスパー魔美」
しみちゃん 「あたしンち」
トーマ 「AMNESIA」
舞竹国海 「ラブ★コン」
真田泰蔵 「虹色デイズ」
天川春佳 「あまえないでよっ!!」
ニックス・チャイプラパット 「無限のリヴァイアス」
【4月13日】
ハイネ・ヴィトゲンシュタイン 「王室教師ハイネ」
前原圭一 「ひぐらしのなく頃に」
諸星あたる 「うる星やつら」
ちぃ 「ちょびっツ」
瀬乃宮あき穂 「ROBOTICS;NOTES」
暁切歌 「戦姫絶唱シンフォギアG」
花沢輝気 「モブサイコ100」
青鬼院蜻蛉 「妖狐×僕SS」
本匠千鶴 「BLEACH」
錦織みちる 「かみちゃまかりん」
どう思いますか?

アンサー

お疲れ様・・・
◆別にどうとも思いません。
◆別にどうとも思いません。
◆別にどうとも思いません。
◆アニメアニメのニュースのコピペやな
◆アニメアニメのニュースの丸写しだよね?


質問タグ:魔法少女サイト,スクスト,ラクエンロジック,モブサイコ100,虹色デイズ,アニメアニメ,ニュース

【緊急版】劇団四季では男役を女性の方が演じたりすることはできるんですか?

劇団四季では男役を女性の方が演じたりすることはできるんですか?

劇団四季では男役を女性の方が演じたりすることはできるんですか?

アンサー

劇団四季は俳優の男優さんも女優さんも大勢いますからわざわざ、男の役を女性が演じることは無いですが、それでも反対の男性が女性の役を演じたことはあります。
青い鳥・ドリーミングでそれ以前は前田美波里さんが演じた夜の女王を下村尊則(現・下村青)さんが演じたことがありました。
絶対にない、可能性は無いわけではなさそうですが。
作品の中での男装はベニスの商人ではあったとおもいました。
◆基本は出来ないですし、しません。
しかし、もう出てますがドリーミングの夜の女王の他に、チルチル役が男性役者だったのが女性役者に、美女と野獣のチップ役を男子子役が大人女性役者に変更になったりはしましたが。
◆男装をしていた女性の役を女性が演じた事はありますが、
基本的にはないですね、


質問タグ:ドリーミング,男役,劇団四季,前田美波里,下村尊則,男優,ベニス

-アイ・ジョージ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.