林隆三

【納得!】ニノのブラックペアン 泥沼になりそうですか? 医龍みたいになります...

投稿日:

【納得!】ニノのブラックペアン 泥沼になりそうですか? 医龍みたいになります...

ニノのブラックペアン 泥沼になりそうですか? 医龍みたいになります...

ニノのブラックペアン 泥沼になりそうですか?
医龍みたいになりますか?
観た感想よろしくお願いします

アンサー

>ニノのブラックペアン 泥沼になりそうですか?
原作的には、泥沼というかシリアスな展開となります。
>医龍みたいになりますか?
ドラマ版での改変があるかも知れませんが、
「医龍」の主人公の朝田龍太郎は、原作ではつかみどころのない人物です。
そしてドラマ版では、患者を救おうとする点においてははっきりと「善」と言える存在だと思います。
しかしこの「ブラックペアン」でのニノの渡海征司郎はかなりの「悪」の人物です。ドラマ版ではそれをあえて主人公にしている訳ですから、どうしても後味の悪さを感じてしまうと思います。
普段は医療ドラマを見ない方でしたら、爽快感より後味の悪さがありますのでお勧めできるかは微妙です。
渡海征司郎にはある目的・想いがあります。
そしてその為には患者の命を危険にさらすことにも躊躇がありません。
患者の命が危険だとわかっていてもその救命を主目的に考えていない面があります。
まぁ最終的にはそれを救命できるという自信がある裏返しと言えるのかもしれませんが…。
一方、「医龍」の朝田龍太郎は、患者の命を危険にさらすのは手術の難易度が高いにも関わらずそれをあえて行うことから発生するものです。
そこには患者の救命に対してのぶれない姿勢が貫かれています。
患者の命をあえて危険にさらし、またそれが防げる事もわかっているにも関わらずそれを放置・利用する渡海征司郎とは真逆とも言えます。
その事が先に書いたように、あまり医療ドラマを見ない方にはお勧めできない点だと思います。
この作品タイトルの『ブラックペアン』には原作では重要な意味があります。
この物語の謎、
登場人物の想い・覚悟、
白黒や正義と悪では量れない医療と命
などなど…。
渡海征司郎は「悪」です。
ですが、医療と命は「善」と「悪」では推し量れないというのがこの作品の1つのテーマでもあるのだと思います。
一応説明すると、
この『ブラックペアン』は、あの「チームバチスタ」シリーズの外伝的な物語です。
後に続編の「ブレイズメス1990」が発売された事から、
年代名を追加して今ではタイトル名が「ブラックペアン1988」と少し変わりました。
ですので、あの「チームバチスタ」シリーズより20~30年位前の物語になっています。
そして、チームバチスタ」シリーズの主役である
田口公平(フジTV系ドラマ版では伊藤淳史さん)を始めとする他の人物たちも若き日の姿で登場しています。
原作での主人公は 竹内涼真さん演じる「世良雅志」です。
原作では後に短期的ですが、田口公平、速水晃一、島津吾郎の臨時指導医を行っています。
そしてその時の渡海征司郎と世良雅志の行った手術中の修羅場が、田口公平が血を見る外科的部門から最も縁遠いと思われる神経内科部門を志すきっかけを作る事になりました。
二宮和也さん演じる「渡海征司郎」は、その「世良雅志」の心に後々まで強烈なインパクトを与え続けた人物です。
原作では「世良雅志」の指導医は、小泉孝太郎さん演じる「高階権太」です。
今回のドラマではやや嫌な人物という印象ですが、原作では「世良雅志」を医者として成長させた人物の1人です。
そして「チームバチスタ」シリーズでは、「タヌキ病院長」として主人公の田口公平に深くかかわる事になります。
ドラマ版では林隆三さんが演じていました。
ドラマ版では出番が少ないちょい役なのですが、原作では出番も多く非常に存在感がある人物です。
そしてこの「ブラックペアン」のシリーズにおいてその若き日の姿が描かれているのです。
ちなみに原作では、「高階権太」は市川猿之助さん演じる西崎啓介教授との仲が上手くいってません。いわゆる彼は生意気なのです。
教授である西崎啓介にも物おじせずに意見するので煙たがられて、あえてライバルである 内野聖陽さん演じる佐伯清剛教授の元へと派遣されたのでした。
「小天狗」という異名でも呼ばれていました。
外科医としての腕前も良く、部下・後輩への指導医としても優秀でした。
しかしその医者としての倫理観からも「渡海征司郎」とは相容れない関係なのです。
またおそらく気づかなかったかも知れませんが、今回のドラマでは
後の「チームバチスタ」シリーズで活躍する
・田口公平?伊藤淳史さん)は「森田甘路」さん
・ジェネラル速水晃一?西島秀俊さん)は「山田悠介」さん
がちょい脇役ですでに出ているのです。
これから後の「チームバチスタ」シリーズの活躍を予感させるエピソードも加えられるとうれしいですよね。
・島津吾郎(安田顕さん)は女に変更されて「島津塔子」として「岡崎紗絵」さんになってしまっています。
・竹内涼真さんの「世良雅志」が手術の報告書の書き換えを命じられた時に部屋にいて、「手術したのは渡海征司郎で無い」と証言していた左側の年配のナースは、
「チームバチスタ」シリーズで「名取裕子さん」が演じていた「藤原真琴」です。
今回は「神野三鈴」さんが演じています。
あの田口公平の「不定愁訴外来?グチ外来)」をサポートしていたナースです。
その隣にいた「趣里さん」演じる「猫田真里」は、「チームバチスタ」シリーズのドラマ版では出てきませんでしたが、
「ナイチンゲールの沈黙」
「ジェネラル・ルージュの凱旋」
などで存在感を見せつけるナースです。
別名「千里眼猫」とも言われていました。
どんなウソ・隠し事さえも見ぬしてしまうような人物です。
そして非常に気がまわり、先が見渡せる人物です。
また「居眠り猫」とも言われていました。
普段はさぼったり居眠りしてばかりいる状態でのんびりしています。
職場の部下のナースたちからも
「はしのの上げ下げまで私たちが面倒みてあげないと何ももできない」
と茶化されてされていましたが、
この時点で小児科病棟の責任者となっていました。
しかしいざ緊急事態が起きた時の判断・指示力は抜群です。
物語中、大事故により救急患者が押し寄せることが予想されました、
東城大桜ノ宮病院はジェネラル速水晃一の元に病院内に緊急応援体制の
「スタッド・コール」が宣言されました。
小児科病棟のナースたちは
「そんな大けがをここでは?処置?は無理です」と動揺を隠せませんでした。
しかし「猫田真里」は
「大丈夫、やることはいつもと同じ。1つ1つの動作に集中すればいいの。」
「ここは戦場よ。ビビるな負けるな。私はあんたたちをこんな事でへこたれるようなやわな看護師に仕立てたつもりは無いわ!」
と激を飛ばしていました。
救急救命のジェネラル速水晃一との連携も以心伝心の様子でした。
・花房美和?白石美帆さん)は 「葵わかな」が演じているナースです。
今回のドラマでは竹内涼真さんの「世良雅志」をサポートしていた新人ナースです。
後に「ジェネラル・ルージュの凱旋」にてジェネラル速水晃一の片腕として救急救命のナースたちをまとめ上げる事になる人物です。
実は原作では、後に別の「今中良夫」が主人公の「極北ラプソディ」にて、 「世良雅志」と「花房美和」は再会する事になります。
先に書いた通り、
原作ではこの「ブラックペアン」の主人公は「世良雅志」です。
この物語は、
「ブラックペアン1988」
「ブレイズメス1990」
「スリジエセンター1991」
と続いていく事となります。
しかし「渡海征司郎」は原作ではこの「ブラックペアン1988」にしか登場していない人物です。
ただ 先にも書いた通り二宮和也さん演じる「渡海征司郎」は、その「世良雅志」の心に後々まで強烈なインパクトを与え続けた人物です。
そして
「ブレイズメス1990」
「スリジエセンター1991」
では新たに「天城雪彦」という破天荒な天才医師が登場します。
この人物は「渡海征司郎」と少し面影がダブる人物かもしれますん。
それだけに「世良雅志」に大きな影響を与え、彼の人生は大きく変わることになります。
そして
「極北クレイマー」
「極北ラプソディ」
での再登場となるのです。
最後に、
原作者の海堂尊さんは、この「ブラックペアン」の構想に行き詰ってこの物語が書けなくなってしまったそうです。
ところが「渡海征司郎」という人物を思いついた事によって、一気にラストまで書き上げる事が出来たそうです。
それだけに、二宮和也さん演じる「渡海征司郎」は、強烈なインパクトのある人物なのです。
今後の物語での二宮和也さんの活躍を期待したいですね。
◆旧大学病院の前で
腰掛けて神妙な表情を
浮かべていたシーンの後
父親が担当だった患者の
胸部レントゲン写真を
取り出して眺めるニノ…
そこには
ペアン鉗子(カンシ) が写り込んで
いましたが、これが
過去に父親と佐伯教授との間に
何かあった事を物語っているかと
思います。
録画して観ましたが
一度視聴しただけでは意外と
見逃している人が見せる
様々な表情など、二回観ると
よ?く分かり興味深いです。
例えば、山村紅葉さんのスナイプ
手術を止められたのに
佐伯教授は 結果を知っていながら
GOサインを出した時のニノの
何とも言えない 愕然とした
表情を一瞬見せたシーンなどです。
ニノがお金に執着する人間に
なってしまったのも、過去の父親と佐伯教授との関係や、理事長選などに
関係していそうです。
今後も、ニノの表情を中心に
よく観察しながら
視聴していきたいと思います。
◆原作者はチームバチスタの作者です。
その作者が書いた作品はどんな感じか想像して判断してください。
◆ネタバレ期待します。
◆原作を読んでいるので、ネタバレになってしまうので言えませんが、これから面白くなりますよ。
ちなみに、原作では、竹内涼真演じる研修医の世良先生が主人公です。ドラマでは、二宮和也演じる渡海先生が主人公になってますね。
二宮くん、癖のあるイヤな役ですが上手いと思いました。
内野聖陽演じる佐伯教授との因縁も目が離せません。
脇を固める俳優陣も豪華でした。
来週も楽しみです。


質問タグ:竹内涼真,ブラックペアン,渡海征司郎,ブラックペアン泥沼,世良雅志,ニノ,ジェネラル速水晃一

【最新】麻生太郎と河野太郎は、川野太郎を入れて太郎トリオでAV男優で3pする...

麻生太郎と河野太郎は、川野太郎を入れて太郎トリオでAV男優で3pする...

麻生太郎と河野太郎は、川野太郎を入れて太郎トリオでAV男優で3pするって本当ですか?

アンサー

山本太郎も居るけど。
そしたら太郎カルテット…
嘘でしょ笑
◆他党ですが米山知事も仲間に入れて4pはどうでしょうか。
◆ウルトラマンタロウも居ますよ
◆本当ですよ


質問タグ:川野太郎,河野太郎,麻生太郎,太郎トリオ,ウルトラマンタロウ,AV男優,山本太郎

【実践】過去数年の創価学会を振り返ると、殺傷事件、連日の反創価デモ、泥沼...

過去数年の創価学会を振り返ると、殺傷事件、連日の反創価デモ、泥沼...

過去数年の創価学会を振り返ると、殺傷事件、連日の反創価デモ、泥沼裁判、工作活動、組織的嫌がらせ、他宗他党の誹謗中傷ばかり。 産経や朝日などのリンクを証拠として添付しますので、創価信者の得意技「集団の嘘、口裏合わせ、自作自演」では誤魔化せませんよ。
最近は、デマ雑誌、クズ新聞、学会の悪い噂は一切ないなど、爆笑ものの嘘をついて、社会を欺こうと工作に励む信者が増えているようですが、、。
創価学会はテロ集団またはストーカー集団で間違いありませんね。
2017年12月30日に、東京信濃町の学会本部施設前で、警備員2名を刃物で殺傷したとして少年(19)を殺人未遂で逮捕した。(朝日)
2017年6月21日に、公明党の公式ページで、共産党を「3K! 汚い、危険、北朝鮮」と誹謗。
内容があまりにもえげつないと動揺が広がっている。(産経)
2017年4月9日、顕正会の大会に創価学会の謀略部隊が潜入。男子部3名が、侵入・盗撮を行い、取り押さえた上、警察署で誓約書を書かせたと、5月5日号の顕正新聞に報じた。
警察官の取り調べによって盗撮の事実が確認され、身分確認の結果、埼玉県に在住する創価学会員で、車両に乗っていた二人も学会員であることを認めた。
www.soka-news.jp/2017-5-16.html
本件は、東京地方裁判所 平成23年(ワ)第29303号より内容を得ている。
香川大学教授、高倉良一氏が、平成23年1月7日付で、原田会長以下4名の創価最高幹部を告発し起訴した。2017年に最高裁で判決が下されます。
複数の創価学会最高幹部らからプライバシーの侵害、脅迫、離婚の強要を含む個人の尊厳の侵害などを受けたとされるもの。会員からは殺害予告を受けるまでに至った 。
(2017年11月17日号 週刊金曜日)
活動家の減少が止まらない状況にあって、聖教新聞の部数を維持するため多部数購読で補っている。
そんな中、聖教新聞の減部を申し出たところ、除名処分となった学会員がおり、処分された会員ら5人は、損害賠償を求めるなどの民事裁判を起こした。
www.soka-news.jp/seikyo_jomei.html
2017年12月20日から2018年1月3日まで毎日、全国の都市部で、創価学会の組織犯罪、集団ストーカー犯罪、創価警察による職権乱用を糾弾するデモ、抗議行動があり、「集団ストーカー犯罪をやめろ」、「警察と癒着して犯罪をするな」と拡声器から怒号が飛び出した。
2018年元旦、学会本部周辺を街宣カーが周回した。
youtu.be/MT4mTYM-s4o
2015.3
日本共産党攻撃を狙った卑劣な謀略ビラが全国各地で出回っています。出所が書かれていない「内部討議資料」ですが、公明党・創価学会が「政教一体」で展開した共産党攻撃と手口も内容もうり二つ。随所で「公明党は…」と同党を売り込んでいるのをみても正体は明らかです
2016.5.10
パナマ文書がICIJの公式サイト上で、企業名、個人名のリストが公開されました。
タックスヘイブンでのペーパーカンパニー設立は、諸悪の根源、脱税目的以外ないと断言する見方もある中、宗教法人である創価学会が企業として、パナマ文書に名を連ねたことになる。
2002年4月、創価大学の課長、創価学会幹部、通信会社に勤務していた創価学会員が共謀して、NTTドコモから4名の通話記録と個人情報を盗み出し、集団でストーカー行為を行っていた。
通話記録を盗まれた被害者で元創価学会員の女性ら2人が2003年5月14日、東京地検に告発状を送付した。
嘉村英二被告ら3名が逮捕され有罪が確定した。
ja.wikipedia.org/wiki/携帯電話通話記録窃盗事件/
2004年2月27日、約450万人分ものYahooBB登録者の個人情報が漏洩している事が発覚。
逮捕された3名のうち、2名は創価学会の幹部だったことが話題となった。
『日刊ゲンダイ』と『朝日新聞』で、創価学会幹部が流出事件に関与し容疑者は学会の某謀略部隊の構成員だったことから、組織全体に盗聴体質があると批判した。
※新聞記事を以下に添付した。
ja.wikipedia.org/wiki/Yahoo!_BB顧客情報漏洩事件/
2010.8.1
書籍:「きもカルト」撃退記
日本を護る市民の会代表 黒田大輔(著)
「彼らは、集団でしつこく尾行や付きまとい行為をする。
創価学会は、無断撮影(盗撮)して、無断使用し、信者へ配っている。尾行、盗撮、虚偽報告は当たり前、殴り掛かる、頭突きをしてくる。
一般市民の方がカルト信者らしき数名の男に尾行されて取り囲まれた。あろうことか、その一般市民の眼を傘で突き刺したのである。」
他にも、14億円詐欺、学会本部発砲事件、暴力団後藤組と癒着して富士宮市で政争事件を起こす、爆破予告3億円恐喝、身代金誘拐、偽造写真事件、コーヒーカップ裁判、シアトル事件、大阪事件・・・
他数百の前科がある。
創価はテロ組織で間違いないですね

アンサー

これらの事実を列記されれば間違っても「創価学会は平和団体である」とは主張できないでしょう。
◆集団ストーカーは、優生保護思想を持った人々による国家プロジェクトであり、創価学会はその構成員の一部にすぎません。
◆★【総県長会議での原田会長の指導(抜粋)】
池田先生は『新・人間革命』第8巻「清流」の章で、大恩ある学会に反逆する人間の内面を明快に喝破してくださっています。
「不祥事を起こし、学会に迷惑をかけて、退転していった人間は、必ずといってよいほど、学会を逆恨みし、攻撃の牙をむくものである。それは、一つには、学会を利用し、果たそうとした野望が実現できなかったことから、学会を憎悪し、嫉妬をいだくためといえる。また、不祥事を起こした、脱落者、敗北者の“負い目”“劣等感”を、拭い去ろうとする心理の表れともいえる。そのためには、自己を正当化する以外にないからだ。
そこで、学会や山本伸一を『巨悪』に仕立て上げ、自分を、その被害者、犠牲者として、『悪』と戦う『正義』を演じようとするのである。この本末転倒の心の在り方を、『悪鬼入其身(あっきにゅうごしん)』というのである」
昔も、今も、未来も変わらない、反逆者の本質についての大切なご指導です。
______
★「随筆 人間世紀の光 82」より抜粋(※2005年6月6日付『聖教新聞』)。
ともあれ、「悪口罵詈(あっくめり)」「猶多怨嫉(ゆたおんしつ)」等の経文の通り、学会ほど、偏見と悪意に満ちた中傷記事を書かれてきた団体もない。
選挙がらみの荒唐無稽(こうとうむけい)な記事。ありもしないスキャンダルの捏造。悪いイメージを刷り込むための虚偽の見出し。
モンテーニュは『随想録』で述べている。「偉大で崇高なものを判断するには、それと同じ心が要る。そうでないとわれわれ自身の中にある欠陥をそれに付与してしまう」
船の櫂(かい)が水の中で曲がって見えると彼がいうように、心の卑しい人間の目には、まっすぐな物も歪んで映る。金銭欲や名誉欲に目がくらんだ人間には、清浄な学会までも欲望にまみれて見えるのだ。
学会への低俗な記事は、書く側の内面の卑しさの表れにすぎない。
御聖訓にも、「自らの誤りを顧みずに、偉大な正義の存在を嫉妬する人間は、自分が目眩(めまい)をしているにもかかわらず、大山が回っていると思うようなものである」(御書1453ページ、趣意)と仰せである。
______
>2017年12月30日に、東京信濃町の学会本部施設前で、警備員2名を刃物で殺傷したとして…
※「殺傷」とは言わない。殺した事例と怪我をさせた事例の両方が同時に存在するのが「殺傷」だ。
>宗教法人である創価学会が企業として、パナマ文書に名を連ねたことになる。
※似た名称がある、というだけの話。
>暴力団後藤組と癒着して富士宮市で政争事件を起こす
※的外れな言いがかりである。
■【香川大学の髙倉良一教授】
「池田大作創価学会名誉会長、原田稔創価学会会長、宗教法人創価学会らを相手に訴えていた損害賠償請求訴訟の上告を棄却するとの最高裁判所第三小法廷の決定調書が届きました。この決定で、私が、池田大作創価学会名誉会長らを相手に提訴した裁判は、すべて終結しました。すべての訴訟で、最高裁判所は、私の主張を認めませんでした」
wrpandora.blog.shinobi.jp/Entry/659/
■【Yahoo! BB顧客情報漏洩事件、宮本邸盗聴事件】
「NTT通話記録不正入手事件」は、世間によくある男女の“痴情”に基づく事件で、計画性のない私的で偶発的、かつ一過性の犯行である。
■【大阪事件】
1957年(昭和32年)7月3日、学会勢力の台頭を恐れた当時の検察権力が、池田名誉会長(当時青年室長)を、不当に逮捕・勾留した事件。同年4月の参院大阪地方区の補欠選挙で、一部の学会員が選挙違反容疑で逮捕されてしまった。これを、学会に打撃を与える絶好のチャンスと捉えた当時の検察は、逮捕した会員たちを恫喝したり、騙したりして、池田青年室長の指令で選挙違反をしたという虚偽の供述を引き出し、ついに無実の池田室長を逮捕するに至った。
84回に及ぶ法廷闘争を戦い抜き、晴れて無罪判決を勝ち取ったのは、それから4年半後の1962年(昭和37年)1月25日のことだ。
◆顕正会も似たような物です、いやむしろ顕正会の方が悪質です
◆集団ストーカー隠蔽工作員の特徴
・集団ストーカーが妄想だと思うなら相手にしなければいいだけなのに、わざわざ時間と手間をかけ、自分がリクエストを受けた訳でもない質問に必死になって「妄想です」・「病院に行け」などの否定回答をする
・集団ストーカーが妄想だと思うなら相手にしなければいいだけなのに、無関係の人間とは思えないほど手のこんだ回答や長文回答をして、「質問者の言っていることが妄想である」ことを必死に訴える
・「集団ストーカーの存在を証明しろ」などと求めるが、自分自身は「集団ストーカーが存在しない証明」は一切出さない
・「集団ストーカーが存在しない証明」を求められるのは非常に都合が悪いので、なるべく「存在する証明を出す・出さない」の議論や「あなたを付けまわって誰が得するのか?」などと関係無い議論にすり替えようとする
・集団ストーカーが存在しない証明を求められると、「存在しないことはどうやっても証明できない」などとごまかすが、「証明できないのになぜ存在しないと分かるのか」については一切答えない
・My知恵袋(プロフィール)を見ると、質問はほとんど(もしくは全く)していないのに対して、回答は異常な数・異常な頻度でしており、いつ働いているのか分からないほどヤフー知恵袋に張り付いている
・My知恵袋の回答一覧には過去のおびただしい数の回答が並び、そのほとんどが「病院に行け」・「証拠を出せ」などの否定回答であることから、「否定回答をするためだけにヤフー知恵袋をやっている」ことが分かる
・回答には同じ内容のコピペを使っていることが多く、その内容は例によって「妄想です」・「病院に行け」などのワンパターン回答
・集団ストーカーに関する質問をすると統合失調症、質問に回答しても統合失調症、彼らにとっての「統合失調症」とは、「インターネット上など多数の人間の目に触れる場所で、集団ストーカーに関する有益な情報交換をする者」のことを指す
◆そもそも顕正会だって暴力団に指定されているでしょ?自覚がないの?
アナタがやっていること自体が顕正会の品位を著しく下げていますよね?
品位の無い投稿をして誹謗中傷をして何故に宗教と呼べるでしょうか?
祈るという行為は人々が仏や神にすがる希望的な感情を持って行うものであって他人を汚く罵るために宗教が在るわけではありませんよ?


質問タグ:創価学会,聖教新聞,高倉良一,NTTドコモ,MT4mTYM-s4o,ヤフー知恵袋,顕正会

-林隆三
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.