東利明

【コスパ最強】オウム真理教と創価学会の深い繋がり(ガス散布等)が指摘されていま...

投稿日:

【コスパ最強】オウム真理教と創価学会の深い繋がり(ガス散布等)が指摘されていま...

オウム真理教と創価学会の深い繋がり(ガス散布等)が指摘されていま...

オウム真理教と創価学会の深い繋がり(ガス散布等)が指摘されています。
以下、転載。 ■”池田大作保護法”といわれる『人権擁護法案』
2003年に一度廃案となった『人権擁護法案』を国会に再提出する方針を決めたという「人権問題に関する懇話会」には、公明党(創価学会党)副代表の草川昭三や同幹事長の冬柴鉄三、同国対委員長の東順治、また漆原良夫ら5人もの公明党議員が参加しているといいます。『個人情報保護法』に次いで『人権擁護法案』が”池田大作保護法”といわれる所以でもあります。
古川利明の同時代ウォッチング
2004年 11月 26日
民主党の前田雄吉・衆院議員と会ってきました
私が前田議員に聞きたかったのは、「どうして、わざわざ創価学会・公明党の問題に首を突っ込むのか。そんな危険を冒さなくても、民主党内でラクをして出世していく方法など、いくらでもあるだろうに」ということでした。
曰く、彼も私と同様、身内に学会員がいるというわけではなく、衆院に立候補するまでは、ほとんど創価学会とは関わりがなかったということです。
ところが、草川昭三の地盤である愛知6区から出馬を表明した途端、突如として、創価学会からのイヤガラセが始まったそうです。
「イヤガラセはそれは凄かったですよ。猫の死骸が玄関先に投げ込まれたのはもちろんですが、いちばん許せなかったのは、私には小学生の娘がいるんですが、その娘を学会の青年部が取り囲んで、『オマエのオヤジは……』というふうに威圧を加えたんです。
じつは私の娘はダウン症という障害を抱えているんです。小さな女の子であるのはもちろんですが、障害を持った人間に対して大の男がそんなことをしますか。
これがあったとき、私は絶対に(公明党・創価学会=池田大作を)許せないと思いました」(前田議員)
■公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる?
オウム真理教とはいったいどんな宗教団体だったのか。一億総オウム・ウオッチャーとなった今、改めて語る必要もないと思うが、本誌なりにちょっと纏めてみよう。
(中略)
現実にオウム真理教とロシア政府との仲を取り持った人物は、加藤六月、草川昭三(公明党副代表)、後に山口敏夫が関っている。
この三人の政治家のなかで、とくに熱心だったのが草川昭三である。では、草川昭三とはどんな人物なのか。
草川昭三昭和三年生まれ。名古屋第一工芸高卒。愛知県選出の衆議院議員。最初は民社党から出馬、後に公明党となる。当選七回。早くから在日朝鮮人の差別問題に取り組み、公明党のなかでも朝鮮半島に明るい人物とされる。
オウム真理教麻原彰晃をロシア政府に紹介した政治家とは、創価学会員であり、朝鮮と密接な関係を持つ男だった!
創価学会と統一教会が密約を交わした関係にあることは明々白々である。この両者の接点にオウム・麻原がおり、オウムはサリン作成を実験し実行に移した可能性がある。それ以外にも、銃器・細菌兵器の研究等を進めていた。オウムは強引な信者獲得、お布施の強要によって資金を作っていったが、実際に使用された資金はそれを遙に上回る。ということは当然、創価学会あるいは統一教会から出資があったと推測されるし、さらにオウムの武装化について、創価学会・統一教会が理解していなかったとは、考えられない。オウムの施設が林立する上九一色村という所は、日蓮正宗総本山大石寺から直線距離にして三キロの位置にある。
「当時、日蓮正宗と創価学会は激烈な宗教戦争を行なっていた。創価学会はもともと、日蓮宗を叩き潰す目的で作られた宗教団体。その創価学会が大石寺を破門された時、日蓮宗との全面戦争を考えたはずだ。オウムが作ろうとしたサリンは、本来は大石寺の日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」という見方も出てくる。
オウムの元教団幹部の中川智正は東京地裁で行われた松本智津夫の公判に証人として出廷した際、1994年6月に遠藤誠一と新実智光とともに富士宮市にある日蓮正宗大石寺にサリンをまくための下見に行ったと証言した。そして「サリンをまくための候補地だったと聞いた記憶があるが、なぜ大石寺を襲撃しようとしたかはわからない」と述べた。
オウムの仮谷さん拉致事件で使われたレンタカーのデリカは、創価学会員がレンタカー会社で借りたものであったが、オウムと創価学会の関連事項は多い。
オウムも創価学会も本拠地は富士宮であり、今や日本の裏社会を支配しているとさえ囁かれる後藤組はその富士宮でオウムと創価学会のはその富士宮でオウムと創価学会の大きくなった。
(『闇の永田町キングメーカー池田大作の全体主義政権づくりに向けた権力欲』
[噂の真相]誌 2000年7月号 古川利明)
創価、オウム、朝鮮は一心同体なのですか

アンサー

繋がってるのは間違いないでしょう。お互いがぶつかってないってことはそういう事です。
◆日本人なら、芸能人のキス騒動などに、
うつつを抜かしていないで、
このような問題を是非、真剣に考えて頂きたい。
取り上げないマスコミも悪い。
政治家も、つまらん。
恐怖心を煽るつもりは、全くありませんが、
事実に目を向けて頂きたい。
◆創価学会本部でサリンを撒いたら失敗したというのもワザとらしい話だな。


質問タグ:オウム真理教,日蓮正宗,草川昭三,統一教会,創価学会,サリン,創価学会本部

【2018年最新】映画NANAは、成宮寛貴が出演しているので、未来永劫テレビ放映出来ま...

映画NANAは、成宮寛貴が出演しているので、未来永劫テレビ放映出来ま...

映画NANAは、成宮寛貴が出演しているので、未来永劫テレビ放映出来ませんか?

アンサー

どうでしょう…。
放送される可能性はゼロでは
ないと思いますが。
放送権はTBSが持ってると思うので、
TBSしだいでは?
あと本城漣は松田龍平でしたが、
NANA2では 姜 暢雄が演じていました。
◆姜 暢雄じゃガッカリだ
◆普通に相棒再放送してますが。
◆はあ?
相棒すら
再放送していたのに
なにを
バカ言ってんだかな
◆リメイクすればいいだけ。


質問タグ:成宮寛貴,未来永劫テレビ,映画NANA,NANA2,相棒,松田龍平,暢雄

【最新】声優のキャスティングで、あなたが「またか!」って思うものといえば...

声優のキャスティングで、あなたが「またか!」って思うものといえば...

声優のキャスティングで、あなたが「またか!」って思うものといえば、どんなのがありますか?
(例:釘宮理恵さんのツンデレ役、小野大輔さんの坂本龍馬役)

アンサー

下野紘さんのヘタレ主人公(最近は減った
諸星すみれの女性向けアニメ(特にBL的に人気が高いアニメ)のヒロイン役
松岡禎丞さん&梶裕貴さんが主人公(2010年代前半
あちこちで村瀬歩さんが主人公(←new
人外役の釘宮理恵さん(2010年以降
元ラノベ主人公松岡禎丞さん、BLに出まくる(←new
吹き替えが森川さんだらけ
テレビ番組のナレーションはシンジのお父さんだらけ
執事役の小野大輔さん率の高さ
ディズニーアニメに宮野さん出まくる
細谷守監督アニメの諸星すみれ率の高さ
吹き替えの小林沙苗さん率
女みたいな男がいれば、大抵が
村瀬歩さんか蒼井翔太さんか代永翼さん
あざと可愛い男子キャラの5割くらいが
代永翼さんか村瀬歩さん
両性類は100%村瀬歩さん
上品orおっとりキャラは早見沙織さん
劇場アニメに出まくる花澤香菜さん
ロリババアは悠木碧さん
歌うシーンが多いキャラは上坂すみれさん
アニメにはあまり現れないがBLドラマCDに出現率高めの興津和幸さん
ネタキャラは小林ゆうさんと杉田さん
幼女アニメに現れる小倉唯さん
かっこいい女性は皆川純子さんか
朴?美さんか沢城みゆきさんあたり
2010年間以前の少年役には
斎賀みつきさん朴?美さん皆川純子さん
甲斐田さん(今は男性声優に仕事を奪われる
◆イケメンはほぼ小野大輔さん
◆①若本規夫の歌舞伎役者のごとき粘液質演技。
演技の質的にギャグキャラしか依頼が来ないのは当然だが、本人はシリアスキャラしか好まないそうで…だったら普通に演技してくださいよ!
②小林ゆうの狂気演技
演技はとても上手いのに、タレント活動用に作り上げた狂気キャラのおかげでギャグ路線の依頼が多いのが残念。
◆高橋李依さんの厨二病キャラ


質問タグ:小野大輔,釘宮理恵,村瀬歩,キャスティング,蒼井翔太,高橋李依,代永翼

【効果あり】これだけは見とけって宝塚劇団の演目ありますか?

これだけは見とけって宝塚劇団の演目ありますか?

これだけは見とけって宝塚劇団の演目ありますか?

アンサー

ウエストサイド物語 (古城都)
オクラホマ(上月晃)
風と共に去りぬ(轟悠)
あかねさす紫の花(一路真輝)
ラ・グラナダ(上月晃)
◆ベルサイユのばら
風と共に去りぬ
エリザベート
ME AND MY GIRL
おもしろいというよりは、名作なので。老若男女問わず楽しめる作品は他にもたくさんありますよ。素敵な作品に出会えますように。
◆『エリザベート』
『ファントム』
『ベルばら』
あとは、???
ただ、「えぇーっ!これをこの人でやるの?」っていうのもあります。演目と演者さんとの相性みたいなのもありますので、演目だけで必ずしもお薦めできない場合もあります。
◆ざっとまとめると、
「エリザベート」(私は朝夏まなとさん主演の宙組のが好きです。)
「THE SCARLET PIMPERNEL」
「ME AND MY GIRL」
「ベルサイユのばら」
「グランドホテル」
「1789-バスティーユの恋人たち」
「ひかりふる路」
「私立探偵ケイレブ・ハント」
「All for One」
「幕末太陽傳」
「星逢一夜」
「星影の人」
「ポーの一族」
「ファントム」
特に見てほしいのは、
「ME AND MY GIRL」
「エリザベート」
「星逢一夜」
「1789-バスティーユの恋人たち」
「ポーの一族」
です!
◆ドンブラコ
記念すべき第一回公演作品。 桃太郎をモチーフにしたもの。
ただし、この頃の歌劇団(宝塚少女歌劇)は宝塚温泉の入浴客の余興扱いだったので、映像なんてないと…思っていたら、10年くらい前に、宝塚歌劇団創立100年?、とかのイベントで完全再演され、映像もあるみたいです。


質問タグ:ME AND MY GIRL,エリザベート,星逢一夜,風と共に去りぬ,宝塚歌劇団,朝夏まなと,上月晃

【知っトク】これだけは読んどけってライトノベルありますか?

これだけは読んどけってライトノベルありますか?

これだけは読んどけってライトノベルありますか?

アンサー

知る人ぞ知る幻の作品、GA文庫から全7巻が刊行されている「ゾアハンター」シリーズをご紹介しよう。
作品を手がけるのは、熱い漢の物語を得意とする、人呼んで「拳骨系作家」こと大迫純一氏。恋愛ゲーム「ラブプラス(初作)」の姉ヶ崎寧々ルートのシナリオを担当された方としても有名だ。
本作はそんな大迫氏と、特撮番組「宇宙刑事シャリバン」や「時空戦士スピルバン」で主役を演じたアクション俳優・渡洋史氏が「あるべきヒーローの姿」について熱く語り合ったことで誕生した、運命によって二つの引き裂かれた一人の男が選ぶ二つの闘いの物語である。
「闘い」とはどういうことなのか、
「強さ」とはどういうことなのか、
「勝利」とはどういうことなのか、
それら全ての「解」がここにある。
緻密な設定と骨太な文章にて紡ぎ出される、魂の作家・大迫純一氏の最高傑作である。今大人気のイラストレーター・BUNBUN(SAOのイラストレーター・abecの別名義)氏の華麗なイラストも併せてお楽しみいただきたい。
注目すべきは、最終巻で明かされる衝撃の事実へと繋がる「伏線」が第一巻の時点ですでに仕掛けられているところだろう。
「ゴブリンスレイヤー」シリーズや「ダンまち」シリーズなどでお馴染みのGA文庫の最初期を支えたSFアクション。大迫氏が生命を懸けて追い求めた「本当のヒーロー」の物語に、ぜひ酔いしれていただきたい。
下に電子書籍のURLを貼っておいたので、興味がおありなら是非ご購入をオススメする。一巻だけでもオハナシとしては纏まっているが、さらなる衝撃を求めるなら当然全巻セットで。
お約束しよう。
失望はさせない。
◆☆個人的なオススメ程度ですが、ライトノベルでしたら、こちらの2作品などはいかがでしょうか?
よろしければご確認ください。
「告白実行委員会 恋愛シリーズ」
ライトノベル小説 既刊8巻。
ジャンルは青春・学園・恋愛
この作品は音楽ユニット「HoneyWorks」の楽曲をもとにメディアミックス展開が行われたライトノベル作品です。2016年には映画化され二作が上映。そして2017年にはTVシリーズも放送されています。
これが最後の練習だから……。
桜丘高校3年の榎本夏樹は、幼なじみの瀬戸口優に片思いをしていた。
芽生えた恋心を伝えようと夏樹は優を呼び出し、想いを伝えようとする。しかし言葉が詰まる中、どうしても「好き」の一言が言い出せず、なし崩しに素直になれず、優を告白の練習相手だと偽り、あらぬ勘違いをさせてしまう羽目になってしまう。以来、優とともに夏樹は告白の練習をするようになる。
だが、そんな本当の気持ちを偽り続ける中、夏樹は頭を抱え悩んでいたそんなとき、今度は彼女に好意を寄せるクラスメイト、綾瀬恋雪にデートに誘われることとなる。甘酢ぱっぱい青春を覆うさせる高校生活、最後の一年に一人の少女の心に波乱の予感をにおわせる。果たして夏樹の恋の行く末は練習から本番を向かえ、本当の恋にいたることができるのだろうか!?
そして、そんな夏樹と優の恋を中心に、彼女たちの周りで恋する男女の物語が紡がれ、様々な形を成して恋愛ストーリーへと発展していく。これは少女と少年の小さな恋の青春物語である。
小説公式サイト
映画公式サイト
「空の境界 the Garden of sinners」
・文庫本全3巻
・外伝全1巻
ジャンルは伝奇怪奇アクション
この作品は奈須きのこ原作による長編伝奇小説系のライトノベルです。
2008年からはそれらを全七章で語られる長編映画も制作され2013年には外伝「未来福音」も上映されています。
……三月の終わり、雪の夜。僕は彼女に出会った。
この物語は1995年、ある事故をきっかけに数年間の昏睡から目覚め、万物の「死」を「線」として視認する事ができるようになってしまった主人公の少女、両儀式。そして彼女に好意を寄せる青年、黒桐幹也。そして式をサポートし導く魔術師、青崎燈子。そんな彼らが常識ではありえない事件に遭遇し解決へと導く。
そして、そんな三人の周辺で巻き起こる怪事件をめぐり、常識を逸脱した数々の「怪奇」が押し寄せ、両儀式は異能な存在との殺し合いへと身を投じていく。
そして陰で暗躍する「起源」を司る魔術師は式の中に眠る力を求め、彼女に三人の刺客を送り込む。それはあるいは「死に依存して浮遊する二重身体者」それはあるいは「死に接触して快楽する存在不適合者」それはあるいは「死に逃避して自我する起源覚醒者」そんな三人の異能を身に付けし存在が主人公、式と幹也をはじめ、その血塗られた魔の手を人々へと向けはじめる。
そんな彼女、両儀式を突き動かすものは「殺人衝動」か、それとも己の「運命」か……。
小説公式サイト
映画公式サイト
では、この回答が作品に触れるきっかけになれば幸いです。


質問タグ:ライトノベル,大迫純一,ゴブリンスレイヤー,告白実行委員会,渡洋史,ダンまち,夏樹

-東利明
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.