三浦涼介

【ブログ】るろうに剣心で子供を誘拐し刀をよこせと言っていた俳優さんは誰です...

投稿日:

【ブログ】るろうに剣心で子供を誘拐し刀をよこせと言っていた俳優さんは誰です...

るろうに剣心で子供を誘拐し刀をよこせと言っていた俳優さんは誰です...

るろうに剣心で子供を誘拐し刀をよこせと言っていた俳優さんは誰ですか?
亡くなった刀職人の息子の家に乗り込んで行った人です

アンサー

元PureBoys所属、歌手の三浦涼介さんです。
といっても俳優業の方が長いですが


質問タグ:俳優,るろう,刀職人,剣心,三浦涼介,息子,元PureBoys所属

【マル得】劇団四季の厂原時也さんは今なんの作品に出演されていますか? 詳しく...

劇団四季の厂原時也さんは今なんの作品に出演されていますか? 詳しく...

劇団四季の厂原時也さんは今なんの作品に出演されていますか?
詳しくないので知っている方教えていただきたいです>_<

アンサー

北海道四季劇場でのライオンキングのシンバで日曜日(4月1日)まで出演されていましたが、今週からかわって今はどこにも出演されていません。
シンバで戻るか、東京の夏劇場のライオンキングに出演されるか、はたまた海劇場のアラジンへ戻られるかは様子見になるとおもいます。
◆そうなのですね…!キャストさんが変わる周期(?)というのはどのくらいなのでしょうか?たくさん質問でごめんなさい


質問タグ:厂原時也,劇団四季,シンバ,ライオンキング,作品,アラジン,北海道四季劇場

【急募】石原さとみ、長澤まさみ、綾瀬はるか、新垣結衣、広瀬すずのうち結婚...

石原さとみ、長澤まさみ、綾瀬はるか、新垣結衣、広瀬すずのうち結婚...

石原さとみ、長澤まさみ、綾瀬はるか、新垣結衣、広瀬すずのうち結婚に向かないのは誰でしょうか。

アンサー

長澤まさみかなぁ。バラエティで宮川大輔に大きな態度だったので、結婚向いてないんじゃないでしょうか。伊勢谷友介に殴られたとか昔週刊誌で見ましたが、されても仕方ない性格だなと感じます。
◆長澤まさみ
良くも悪くも気が強い。中身が男前過ぎるので旦那を尻に敷きそう。ツンデレなら可愛いけど。
石原さとみ
水回りの家事が大嫌い( 本人発言 )なので家事が苦手っぽい。派手好きで気が多いから不倫しそう。愛人タイプ。
◆広瀬すず
◆綾瀬はるか


質問タグ:広瀬すず,長澤まさみ,石原さとみ,綾瀬はるか,新垣結衣,宮川大輔,伊勢谷友介

【マジ】おすすめの歌い手さんを教えてください! 有名な人はだいたい知ってい...

おすすめの歌い手さんを教えてください! 有名な人はだいたい知ってい...

おすすめの歌い手さんを教えてください!
有名な人はだいたい知っているのでできればあまり有名じゃない人でお願いします
私が好きな歌い手さんは1番はvip店長です
そらるさんや伊東歌詞太郎 さん、96猫さんみたいなイケボな人も好きです
おすすめ教えてください!

アンサー

しゆんくん
ジェルくん
ななもりさん
るぅとくん
奏音69さんもボカロPさんですが歌い手としてでもかっこいいです!
ですが、一番オススメは浦島坂田船の皆さんです?!
◆すとぷりという歌い手グループのメンバー(6人)としゆんくん、橙愛莉子さんがオススメです!
◆スピッツ!
◆莉犬くん
ゆきむら。
です!


質問タグ:歌い手,伊東歌詞太郎,そらる,橙愛莉子,ななもり,浦島坂田船,vip店長

【問】日中戦争や太平洋戦争で現地人にとって日本軍が来るなんて実際かなり...

日中戦争や太平洋戦争で現地人にとって日本軍が来るなんて実際かなり...

日中戦争や太平洋戦争で現地人にとって日本軍が来るなんて実際かなり怖いですよね? 日本人は自国の軍隊だからか想像し辛いですが,あんな文民統制から外れた軍隊が来るなんて住民は恐怖でしょう。

アンサー

そもそも武装した集団というのはそれ自体が脅威であり、民衆から見
れば軍隊とは、いつ血に飢えた野獣と化すかわからない暴力組織です。
戦争を本職とする軍隊の本性は野獣であり、それが解き放たれれば民
衆を餌食にするに決まっているというのが万国共通の常識でしょう。
ひとたび軍隊が通過すれば、途中にある民家はペンペン草も生えない
ほど荒されてしまうなど戦争では古今東西珍しくありません。
中国の軍隊も昔から略奪や暴行はつきもので、蒋介石率いる国民党軍
(中国国民政府軍)も例外ではなく、国民党が行なった北伐の時など、
相手かまわず略奪暴行をほしいままにしたので日米英の出兵を招いた
ほどでした。
自国の軍隊ですらこの有様ですから、ましてや外国の軍隊など何をさ
れるかわかったものではないと中国人が身構えるのは当然です。
そもそも中国の軍隊自体が、外国での戦争でしばしば「悪名」を馳せ
ています。日清戦争の時など朝鮮の民衆は、戦争よりも清軍による暴
行や略奪を恐れたほどです。これまで自分達がしてきたのと同じよう
なことを相手からもされるかもしれないと中国人が考え、そのことに
戦慄したとしても無理はありません。まして中国に攻め込んできたの
が野蛮で残忍な東洋鬼子(トンヤンクイツ)の日本軍ならなおさらで
しょう。何しろ日中戦争が始まる前年には、国家の命令もなしに動き
出して二・二六事件などという物騒な流血事件を引き起こし、勝手に
首相を襲ったり政府要人を殺害するような軍隊です。
そして何より日中戦争当時の日本軍は、前線部隊の将兵の士気が低下
して規律が乱れ、軍紀(風紀)、軍律が崩壊寸前で、かなり危機的な
状況にありました。
以下に引用しているのは、日中戦争における日本軍の軍紀(風紀)、
軍律に関する陸軍の高級将校の証言です。
●畑俊六陸軍大将(日中戦争で中支那派遣軍司令官を歴任)
『陸軍大将€畑俊六日誌』より
昭和十三年二月十四日€中支那派遣軍司令官
支那派遣軍も作戦一段落と共に軍紀風紀漸く類廃し、掠奪、強姦等の
誠に忌まわしき行為も少からざる様なれば、この際は召集予備役者を
内地に帰らしめ現役兵と交代せしめ、また上海方面にある松井大将も
現役者を以て代らしめ、また軍司令官、師団長等の召集者も逐次現役
者を以て交代せしむるの必要あり。
(みすず書房『続・現代史資料4 陸軍(畑俊六日誌)』 P120)
●岡村寧次陸軍大将(日中戦争で支那派遣軍総司令官を歴任)
『岡村寧次大将史料(上)』の「第三編 北京雑感」より
(ハ)治安良否と中国娘の態度
私は華中、華北の戦場で、日本兵が昔日の神兵ではなく、掠奪、強姦、
放火等の非行が少くないことを知り痛嘆した。このことは第四篇にお
いて多くの実例を掲げて詳述するつもりであるから、ここには記述を
省略するが、ただ次の一事だけを特記する。
私は華北、華中の前線を頻繁に巡視して、その地方の治安良否(日本
兵の風紀を含む)の程度を、中国娘の眼に見える関係で三通りあるこ
とを発見した。
第一、街で娘の影を見ない。日本兵を恐れている証左で「治安不良」
第二、我々の自動車、トラックの通行を物珍しげに遠く家の窓から眺
めている。「治安稍良」
第三、前項の場合において、自家の門前に出て眺めている。日本兵の
往来する街頭を中国娘が平気で歩いている。「治安良好」
(原書房『岡村寧次大将資料』(上) P280)
『岡村寧次大将史料(上)』の「第四編 武漢攻略前後」より
三€戦場の軍紀、風紀今昔の感と私の覚悟
私は従来書物によって、日清戦争、北清事変、日露戦争当時における
我軍将兵の軍紀、風紀厳格で神兵であったことを知らされ、日露戦争
の末期には自ら小隊長として樺太の戦線に加わり、大尉の時には青島
戦に従軍し、関東軍参謀副長及び第二師団長として満州に出動したが、
戦場での軍の風紀は昔と大差なく、良好であったことを憶えている。
それなのにこのたび東京で、南京攻略戦では大暴行が行なわれたとの
噂を聞き、それら前科のある部隊を率いて武漢攻略に任ずるのである
から、大いに軍の風紀の維持に努力しなければならないと覚悟し、差
し当り「討蒋愛民」の訓示標語を掲げることにした、それは、我らの
目的は蒋介石の軍隊を倒滅することであって、無辜の人民には仁愛を
以て接すべしというにあった。
上海に上陸して、このことに関して先遣の宮崎周一参謀、中支派遣軍
特務部長原田少将、杭州特務機関長萩原中佐等から事情を聴取したと
ころを総合すれば次の通りであった。
一、南京攻略時、数万の市民に対する掠奪強姦等の大暴行があったこ
とは事実である
一、第一線部隊は給養困難を理由に俘虜を殺してしまう弊がある
一、上海には相当多数の俘虜を収容しているがその待遇は不良である
一、最近捕虜となったある敵将校は、「我らは日本軍に捕らえられれ
ば殺され、退却すれば督戦隊に殺されるので、ただ頑強に抵抗するだ
けである」と言ったという。
以上の諸報告により、私はますます厳格に愛民の方針を実行しようと
覚悟を決めたことであった。
(原書房『岡村寧次大将資料』(上) P290~P291)
『岡村寧次大将史料(上)』の「第四編 武漢攻略前後」より
十€軍紀、風紀所見
(略)
(二)慰安婦問題を考える
現在の各兵団は、ほとんどみな慰安婦団を随行し、兵站の一分隊となっ
ている有様である。第六師団の如きは慰安婦団を同行しながら、強姦罪
は後を絶たない有様である。
かつて聞いたところによれば、北京付近の中国の古老は、北清事変の時、
欧米各国の兵が掠奪強姦の限りを尽くしたのに、ただ独り日本兵のみが、
軍紀、風紀森厳にして寸毫もこれを犯すことがなかったことを回想し、
どうして今の日本の兵隊がかくの如く変わってしまったのかと痛嘆した
という。まったく昔と今とでどうしてかくも変わったのか。
(三)憲兵報告の一節
蚌埠在住の中国人に嫁した日本中年女性は言う。中国兵は、掠奪するが
強姦はしない。日本兵は掠奪しないが強姦をする。可否何れにかあらん。
頼みとするのはただ天主教会の神父のみと。
刑罰の種目中もっとも多いのは上官暴行と強姦である。そうして犯人の
年齢別を見るに最多数は三十三歳である。
以上の報告を見て私は考える。三十三歳と言えば既教育兵であるから、
現役時代の教育も責任を負わなければならないが、軍を離れて既に久し
く一般社会に生活したことであるから、社会も責任を負わなければなら
ない。軍の罪か国民一般の罪か。
(四)来陣した中村軍務局長の証言
戦地から惨虐行為の写真を郷里に送付する者少からず、郵便法違反とし
て没収したもの既に数百枚に達しているという。
好奇心も甚しいというべし。
(以下略)
(原書房『岡村寧次大将資料』(上) P302~P303)
『岡村寧次大将史料(上)』の「第四編 武漢攻略前後」より
二十一€再び今昔の感(昭和十三年十月~十二月)
将兵の言動を観察し、日露戦役北清事変の時に比べて低下したと思わ
れる点は概ね下記の通りである。
(イ) 上官に対する服従心の低下(犯罪統計、言語態度、敬礼等)
(ロ) 性道徳の低下(強姦、慰安婦随行)
(ハ) 公共心の欠乏は益々甚しい(軍需品を破損した時、修理機関へ
送付する労を省き、これを路傍に遺棄する。他隊の馬を盗むこと流行、
軍への献金や慰問品の横取り等々、なお後述)
(ニ) 幹部で横領、収賄の罪を犯すものあり
(ホ) 処置面倒なりと俘虜を殺す蛮風あり
(以下略)
(原書房『岡村寧次大将資料』(上) P318~P319)
●河辺虎四郎陸軍中将(日中戦争で陸軍参謀本部作戦課長を歴任)
河辺虎四郎回想録『市ヶ谷台から市ヶ谷台へ』より
軍中央部の一員である私どもにとり、はなはだ気になってきたことは、
戦場における軍隊の士気であった。
華北にせよ華中にせよ、戦場での兵の非行、軍紀違反等の報告が頻繁
に中央部に伝わって来る。南京への進入に際して松井大将が隷下に与
えた訓示は、ある部分、ある層以下には浸透しなかったらしい。
南京攻略の直後、私が命を受け起案した松井大将宛参謀総長の戒告を
読んだ大将は、”まことにすまぬ”と泣かれたと聞いたが、もう事はな
された後であった。
(『市ヶ谷台から市ヶ谷台へ』 P153~P154)
●真崎甚三郎陸軍大将(日中戦争では予備役。軍事参議官、陸軍教育
総監などを歴任)
『真崎甚三郎日記』より
(一九三八年)一月二十八日
十一時江藤君来訪、北支及び上海方面の視察談を聞く。同君は自ら日
露戦争の苦き実戦経験あり、今回も主たる責任者の談話を交えて研究
せり。従って同君の意見は相当に権威あるものと言うべきなり。これ
によれば、我が軍の軍紀風紀頽廃し、これを建て直さざれば真面目の
戦闘に耐えずというに帰着せり。強盗、強姦、掠奪、聞くに忍びざる
ものあり。
(『真崎甚三郎日記€ 昭和十一年七月~昭和十三年十二月』 P263)
このように当時の日本軍は、軍の上層部が「軍紀の乱れ」を嘆かざる
をえない状況に陥っていたわけで、中国の民衆や一般住民からすれば、
軍紀が乱れ放題で不法行為に明け暮れる日本軍の存在は「恐怖の侵略
者」以外の何者でもなかったでしょう。
◆それは、超恐ろしかったでしょうね。見つかったら、殺されてしまいますから。しかも、普通の殺され方ではなかったそうですし。
正義のない戦争でしたから、ますます残虐になったのですね。降伏した者も殺害しました。特に、白人でない人々は、簡単に殺しましたよ。日本軍が作った捕虜収容所には、白人しかいませんでした(戦場のメリークリスマスには白人しか出てきませんね)。中国人や東南アジア人は殺してしまったので、捕虜にならなかったのです。白人なのに1945年8月9日前に敵国でもなかったソ連兵には結構酷い扱いをしていたようですけど(石井部隊の記録にソ連兵を対象に人体実験をしていたという記述があります)。日露戦争でロシアに勝ったから、ソ連兵は日本人よりも劣る扱いだったようです。
第二次世界大戦当時、アメリカ軍には正義(日本やドイツの侵略から世界を救うという)が有ったので、運が悪くなければ、降伏すれば、殺害されることはありませんでしたけど(硫黄島からの手紙では降伏したのにアメリカ兵に殺害される日本兵がいたという記述もありますけど、運が悪かったのです)。まあ、日本人は日本軍が海外で残虐行為をしていたことを良く知っていたので、アメリカ軍も同じようにすると思い、非常に恐れた人もいたようです。
ところが、アメリカ軍は日本軍よりずっと優しかったので、日本人はアメリカが好きになったようです。私もアメリカ好きです(笑)。
◆数年前、中国でこんな事件がありました
抗日ドラマを撮影するため田舎に日本軍(ドラマの悪役)がいっぱい来たそうなんです
ご高齢のお爺さんが家から飛び出して泣きながら
「日本軍が帰ってきてくれた!悪い中国兵を追い出してくれ…彼らは日本軍がいなくなったら悪の限りを尽くすんじゃ…」
これが現実
◆かなり恐怖ですよ。日本だって敗戦直後に米兵が乗り込んで来たときは日本の一般市民はかなり恐怖におののいていたものですよ。


質問タグ:原書房,文民統制,軍隊,岡村寧次大将史料,軍紀,現地人,河辺虎四郎

-三浦涼介
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.