岩下志麻

【コラム】大河ドラマ 独眼竜政宗 は 俳優の渡辺謙さんにとって どう言う意味の...

投稿日:

【コラム】大河ドラマ 独眼竜政宗 は 俳優の渡辺謙さんにとって どう言う意味の...

大河ドラマ 独眼竜政宗 は 俳優の渡辺謙さんにとって どう言う意味の...

大河ドラマ 独眼竜政宗 は 俳優の渡辺謙さんにとって
どう言う意味のあるドラマでしたか?

アンサー

当時のことをよく覚えています。
舞台俳優としてはそれなりに有名だったのですが、TVや映画の世界では無名で
伊丹作品のタンポポで山崎努さんの相棒を務めたことにより
NHKのはね駒(こんま・1986年4-10)で、全国区になりました。
はね駒は、当時、スケバン刑事で大人気だったアイドル、斉藤由貴が女優としての出世作になります。その夫役が渡辺謙で、このドラマ、今では信じられませんが視聴率が50%近い数字をたたき出し、斉藤由貴の人気だけではなく、渡辺謙の実力が視聴者を魅了してもいいという位の人気ドラマでした。
その当時、大河ドラマは1983年の徳川家康で時代劇は終止符を打ち、翌年から現代劇になり、木曜日の夜に新時代劇という形で、武蔵坊弁慶や真田太平記が放送されました。現代劇は、同時間帯の久米宏と横山やすしのTVスクランブルに押され、視聴率が伸びず、木曜の時代劇はそれなりの人気でしたが、日曜日の大河ドラマ程ではありませんでした。そこで1987年に企画されたのが、(新)大河ドラマとしての独眼竜政宗で、はね駒で人気を博した渡辺謙を大抜擢する事にしましたが、当時、渡辺が若手の為、脇には岩下志麻・北大路欣也という主役を張れる役者と、三浦友和を政宗の従弟の成実役にすることで、渡辺の知名度を補く作戦にもっていきました。また、メインの出演者は歌舞伎役者や映画界の大物ではなく、いかりや長介や尾形イッセーなど異色を放つ人物も登用して今までの大河ドラマとは一線を画しました。
渡辺本人としては、当時の伊達家ものの時代劇は伊達政宗よりも原田甲斐や政岡などが出てくる伊達騒動有名で、「なぜ、(戦国時代や江戸幕府)脇役の人間を演じなければいけないのだろうか?」というジレンマがあったそうです。実は、伊達政宗の大河ドラマ化については、山岡荘八の原作があり、1950年代に何度か映画化されたり、ドラマ化されていました、1981年のおんな太閤記の横光克彦(国会議員・佐藤ゆかり議員の従兄妹)1983年の徳川家康の尾上辰之助の演じる伊達政宗が人気があり、徳川家康では家康晩年のラストの強敵として政宗が出てきました。そこで、時代劇の大河ドラマを再開するにあたり伊達政宗が選ばれました。
渡辺謙にとっては、はね駒で人気を博し、当時人気の刑事ドラマや学園ドラマへの道が来ると思っていたところ、大河ドラマで、当時としては、家康・信長・秀吉・信玄・謙信よりマイナーな武将をを演じる事に不安を感じていましたが、秀吉役の勝新太郎の演技にかける情熱を見て、まだまだ自分の演技に対する考え方が甘いと思ったそうです。
◆現代もの大河が不人気で時代劇に戻した一作目なのでやたら視聴率がいいですが、出来は平凡だと思います
自分は当時から渡辺謙の何がいいのかわかりません
娘の杏は好きです
◆伊丹十三監督の映画『たんぽぽ』で主役の相棒を演じてホップし、朝ドラ『はね駒』でヒロインの夫を演じてステップし、そして大河ドラマ『独眼竜政宗』で主役を演じてジャンプした彼の役者人生にとって、『独眼竜政宗』は今の彼が今の彼であることを決定づけた記念碑的作品です。
◆大河の主演するか否かで思いっきりギャラ違うそうですよ。


質問タグ:独眼竜政宗,渡辺謙,大河ドラマ,山崎努,伊達政宗,真田太平記,俳優

【実績No.1】新御三家ということは旧御三家もあったのですか。 そもそも御三家とは...

新御三家ということは旧御三家もあったのですか。 そもそも御三家とは...

新御三家ということは旧御三家もあったのですか。
そもそも御三家とは何ですか。

アンサー

元々の『御三家』というのは、
江戸時代、徳川の将軍にお世継ぎが出来なかったときのために、
徳川家康の子を藩祖とする尾張家,紀伊家,水戸家の総称。将軍に嗣子のないときは,将軍職を継ぐ特典が与えられていた。
ものですが。
芸能界の『御三家』とは、
昭和35年(1960年)代に、昭和の青春歌謡を歌っていた橋幸夫、舟木一夫 、西郷輝彦の3人を称して「御三家」と呼ばれるようになりました。昭和の御三家と呼ばれるだけあって、歌唱力は、どなたも素晴らしく華々しいご活躍をされていました。
*昭和の時代、人気のあるタレント、歌手などを3人選んで『○○3人組』とか、呼ぶことが通例になっていました。
その橋幸夫、舟木一夫 、西郷輝彦の3人の後に人気が出てきた郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎の三人を「新御三家」と呼ばれるようになりました。
◆尾張紀州水戸の徳川家を言いますが
新御三家は郷 西条 野口がいたころの話
その前は橋 舟木 西郷 が歌手のなかで
御三家と言われ人気があった


質問タグ:そもそも御三家,新御三家,旧御三家,御三家,舟木一夫,橋幸夫,西郷輝彦

【効果あり】布川敏和・本木雅弘・薬丸裕英は元ジャニーズのグループと聞きました...

布川敏和・本木雅弘・薬丸裕英は元ジャニーズのグループと聞きました...

布川敏和・本木雅弘・薬丸裕英は元ジャニーズのグループと聞きましたが嵐のように人気ありましたか?

アンサー

いいえ、嵐のほうが人気がありますね。
◆ない ない ない 人気はない
◆へっ!みたいな、アイドルでした。
アイドルと呼ぶのも、ふさわしくない
造られた遺物です。
◆嵐と比べるのは、酷と言うものです。
◆その3人はジャニーズにいましたし、グループ名は「シブ
がき隊」1980年代のアイドル全盛期の時です。
ある程度の人気はありましたが、嵐ほどではなかったです。
しかもこの3人かなり仲が悪かったらしく、82年でデビュ
ーして、88年に解散して、3人共解散と同時にジャニーズ
を辞めました。
◆シブがき隊が活動していた頃はアイドルは中高生が
キャーキャーするものという風潮だった為
最近のように全世代に受け入れられている感はない。
ただ娯楽の中心のひとつがテレビだったし
まだゴールデン時間帯に歌番組が複数あったから
曲はそれなりに浸透していたと思う。


質問タグ:布川敏和,薬丸裕英,本木雅弘,元ジャニーズ,グループ,ジャニーズ,シブがき隊

【効果あり】常総線の歴史について。 たしか常総線は大正12年開通だったと記憶して...

常総線の歴史について。 たしか常総線は大正12年開通だったと記憶して...

常総線の歴史について。
たしか常総線は大正12年開通だったと記憶しています。国鉄真岡線は大正元年開通です。
かつて常総線は二次計画に於いて宇都宮までの延伸を計画してましたが、株式払込 の不良と採算が見込めないことが理由で一次計画で決められた取手下館間での運行になったという流れだと思います。もし間違っていたら教えてください。
その上で、下館から宇都宮までの敷設は採算が見込めない理由の中に、先に真岡線が開通しているため、下館以北に線路を伸ばすと、下館駅から北へ伸びている真岡線と重なってしまう事も要因として入っていると思われるでしょうか。
もしくは、下館から宇都宮までの敷設ルートは真岡線が通るルートとは違ったエリアを通ることが考えられていたのでしょうか。

アンサー

明治~大正期、茨城県西部・栃木県東部につぎつぎ立案されては未成に終わった鉄道計画の推移は複雑を極めていて、分かりやすく説明する自信はとてもないのですが…。ゴチャゴチャして読みにくい点はどうかご容赦ください。
1895年(明治28)に茨城県の資産家の出資により初代の常総鉄道が設立され、取手ー水海道ー下妻ー下館の敷設を出願します。同年、下館ー真岡ー鐺山ー宇都宮間の延伸計画も追加申請します。
翌1896年(明治29)常総鉄道に取手ー下館ー宇都宮間の仮免許がおり、本免許を取得して1898年(明治31)には起工式に漕ぎつけます。しかし折悪く日清戦争直後の経済不況期だったため、資金調達が思うようにいかず、さらに会社役員による不正事件も起こって、結局工事は中断、同年のうちに初代常総鉄道は解散を余儀なくされました。
初代常総鉄道の解散から13年後の1911年(明治44)、常総軽便鉄道が取手ー水海道ー下館間の軽便鉄道を出願、この会社はのち常総鉄道(2代目)に社名変更します。
初代常総鉄道にも出資していた地元資産家を中心に作られた会社ですが、結局解散してしまった初代と同じ経営陣では当局や銀行筋からの支持が得られないと判断した会社は、土佐藩出身の実業家・政治家の竹内綱を発起人に担ぎ出します。
竹内綱は吉田茂の実父として知られますが、土佐藩家臣時代は樟脳を特産品化して利潤をあげて藩の軍備増強に貢献、維新後は九州各地の炭鉱経営などであげた利益を同じ土佐出身の後藤象二郎や板垣退助が推進した自由民権運動の活動費に注ぎました。藩閥政府から危険人物として何度か投獄されながら、その後議会開設時には衆議院議員選挙に立候補し当選しています。抜群の商才を持ちながら、商売で得た利潤を政治活動に注ぎ込むタイプで、政治を事業発展のために利用した同じ土佐出身の三菱の岩崎弥太郎とは好対照をなしています。
竹内は北茨城の炭鉱経営や龍ケ崎に持っていた農場経営を通じて茨城県と深いつながりがあり、その縁で2代目常総鉄道の発起人~社長に担がれました。現在の関東鉄道は2代目常総鉄道を直系の母体としているため、竹内は関東鉄道の初代社長という扱いを受けています。
同時期に、龍崎鉄道(竜ヶ崎線の前身)が支持する別の会社が佐貫ー水海道ー下館の免許を申請し競合になりましたが、佐貫起点の会社が申請を取り下げて竹内の常総鉄道に免許が下り、1912年に着工、1913年(大正2)取手ー下館間が一気に開業しています(大正12年ではありません)。
初代の常総鉄道は1898年に解散し消滅しており、1911年設立の2代目常総鉄道は初代と無関係とはいいませんが連続性のない別会社です。
2代目常総鉄道は下館以北(真岡方面)への延伸を申請したことはありません。
よって正確に申し上げると「初代の常総鉄道は宇都宮まで延伸する免許を持っていたが解散して失効、13年後に設立された別会社である2代目常総鉄道は下館以北への延伸計画を公けにしたことはない」ということになります。
現JR水戸線の北、栃木県東部の真岡を中心とした芳賀郡の鉄道計画史は複雑を極めています。芳賀郡で生産される生糸・絹製品や益子の陶器を東京・横浜に運ぶための鉄道計画は早くから何度も立てられましたが、その多くは実を結ぶことなく消えていきました。
早くは1895年(明治28)に常野鉄道が水戸鉄道(水戸線)の川島から真岡・益子・烏山・馬頭を経て茨城県大子までの仮免許を取得しましたが、発起人が東京の株の仕手筋に引っかかって損失を蒙った挙句に日清戦争後の経済不況で資金調達に行き詰るという、初代常総鉄道とよく似た道筋をたどり解散。
1906年(明治39)には東野鉄道(のち西那須野ー黒羽ー那須小川間の鉄道を運営した同名会社とは無関係)が川島ー真岡間の建設仮免許を取得し久下田で起工式を行いますが、これも日露戦争後の経済不況で資金が続かず、1910年(明治43)解散します。
その翌年の1911年(明治44)、政府は幹線優先の官設鉄道敷設計画を一部修正して、軽規格のローカル鉄道も国みずからが建設し地方鉄道網の拡充に乗り出します。向こう7年間毎年百万円を支出して軽便鉄道を敷設する方針を打ち出しましたが、この時に全国で予定5路線の一つに入っていたのが、下館ー真岡間の真岡軽便線でした。全国で5本しかない計画線の一つに入ったのですから、国もこの地域への鉄道敷設の重要性を認めていたことになります。
この年に上述の2代目常総鉄道が設立されています。2代目常総鉄道が下館以北の建設に名乗りをあげなかったのは、当然この官設鉄道下館ー真岡間の敷設計画と区間が重複していたことにあります。
官鉄真岡軽便線はまず1912年(明治45)下館ー真岡が開業、国の手でようやく芳賀郡に悲願の鉄道が開通します。翌1913年(大正2)七井まで延伸しますが、そこから先のルート選択は揉めに揉め、西進して宇都宮方面か、北上して烏山方面か、東進して茂木を経由し御前山・水戸方面へ向かうかで紛糾し、結局は茂木まで延伸して烏山方面と水戸方面への両方に延伸の余地を残すことになりました。
真岡軽便線(1922年から真岡線に改称)は真岡一帯の繊維製品や益子の焼き物を東京・横浜方面に運ぶ上では絶大な貢献をしましたが、路線の大部分は栃木県にあるのに起点は茨城県の下館で、県庁所在地宇都宮には背を向けたような線形です。このため沿線住民にとっては必ずしも使い勝手のよい路線ではなく、宇都宮と結ぶ新路線の建設が強く望まれるようになりました。
真岡線の七井から先の延伸候補の一つに宇都宮への西進ルートがありました。結局は茂木への東進ルートが選ばれたのですが、1922年(大正11)公布の改正鉄道敷設法の別表に掲げられた予定線の第37号「栃木県市塙ヨリ宝積寺ニ至ル鉄道」(通称市宝線)として、宇都宮方面と結ぶルートも正式な法令上の建設予定線として明文化されました。
この改正鉄道法は「我田引鉄」を強力にすすめた政友会の原敬内閣~高橋是清内閣のもとで成立し、最終的に全国201ものローカル路線を建設予定線として、明らかに有権者受けを狙って総花的に盛り込んだものです。戦後の国鉄分割民営化時まで効力を持ち続け、戦後の国鉄にローカル線の建設・運営負担を押し付けて経営を圧迫し続ける一因となりました。
市宝線は結局計画だけで未着工で終わりましたが、おそらくは市塙から現芳賀町の祖母井を経由し宝積寺に向かうルートを想定していたと思われます。真岡付近から宇都宮に向かうにはかなりの遠回りですが、莫大な工費のかかる鬼怒川への架橋工事が不要な分、予算がつきやすく実現性が高いルートではありました。
市宝線とは別に、1918年(大正7)土浦―真壁―岩瀬間を開通させた初代筑波鉄道(のち関東鉄道筑波線→分社化して2代目筑波鉄道、1987年廃止)が、岩瀬―真岡―宇都宮を結ぶ「宇岩線」の延伸計画を立てます。
1926年(大正15)筑波鉄道は岩瀬―宇都宮間の路線延長を免許申請、 1928年(昭和3)に本免許が交付され、岩瀬―真岡間を第一期、真岡―宇都宮間を第二期工事線として着工します。
しかしこの宇岩線も、翌1929年(昭和4)ニューヨークの株価大暴落に端を発した世界恐慌(昭和恐慌)の波をまともにかぶって建設資金調達に行き詰り、結局1934年(昭和9)に免許が失効してしまいました。
この筑波鉄道が計画した宇岩線の真岡以西のルートは、初代常総鉄道が計画していた鐺山地区(現在は宇都宮市の一部)を通って鬼怒川を渡り宇都宮に至るルートを踏襲したものでした。
2代目常総鉄道は下館以北の延伸免許を申請したことはありませんでしたが、大戦末期の1945年(昭和20)3月、戦時統合で合併した筑波鉄道は岩瀬から宇都宮までの敷設免許を持ち、実際に部分着工もしていました。
もし昭和恐慌が起こらず筑波鉄道が全岩線を開通させていたら、戦後の関東鉄道は下館―真岡間だけ国鉄真岡線を挟んで、取手から宇都宮までレールがつながっていたかもしれません。
◆1927年に買収した鬼怒川線(大田郷?三所)を活用して、国鉄と並行せずに栃木県方面への延長を模索した可能性もあります。
◆Wikipediaによると、真岡鐵道真岡線の前進である官設鉄道真岡軽便線の開業が1912年(明治45年)4月1日となっています。
また、関東鉄道常総線の前進である常総鉄道の開業は、1913年(大正2年)11月1日となっています。
開業年が違っていますが、真岡線が先に開業したことに変わりありません。
上記2路線の開業よりも20年以上前の1889年(明治22年)に水戸鉄道の小山~水戸(現在の水戸線)が開業しており、大正2年の段階で下館周辺の鉄道は完成したともいえます。
下館から四方に鉄道が伸びる形になったので、町の規模を考慮すると、これ以上の新規路線建設は不要不急と判断されたのだと思います。


質問タグ:下館,常総線,真岡線,敷設,採算,真岡,関東鉄道

【ガッテン】急行きそさんにリクエスト あなたの誕生日は盛大なお祝いとなるのでし...

急行きそさんにリクエスト あなたの誕生日は盛大なお祝いとなるのでし...

急行きそさんにリクエスト あなたの誕生日は盛大なお祝いとなるのでしょうか?
鉄道と関係ない気もするけど^_^

アンサー

皆で犬前田糞乃介さんに〈バースデーカード〉を郵送しましょう♪
27日必着するようにポストに投函しましょう。
はがき代62円は自己負担ですが、裏面には〈ハッピーな画像〉を印刷して、54回目の誕生日を祝う言葉を書き込んで、知恵袋に執着続ける行為が恥ずかしい事だと、心を込めてお伝えしましょう♪
勤務先は何処だろ??????????
◆仮に誕生日を祝ってもらえる者は愚弟である中坊、または一部のマエダ親衛隊です。
誕生日当日は日曜日です。アンチ軍団から「罵声大会」となるでしょう…
※画像はイメージです
◆というか、27日の早暁の愚問が見ものだな。何で来るやら、いや何で来たってボロクソに叩かれることが必至。
◆脳内年齢は永遠の4歳(の猿)だそうです。
◆手薬煉(てぐすね)引いて、お迎えしてますよ....?
焼きおにぎりかぁ、美味そうですね?
夏は塩分補給も出来て良いんですよね!
アレは「焼き犬」にでもしますか(?´?`?)
◆焼おにおくんのうイベントはほのぼのしていい日を迎えられると思いますが、5/27で54歳児になるおっさんの場合は、罵声大会の嵐になるでしょう。


質問タグ:急行きそ,リクエストあなた,関係ない気,お祝い,鉄道,てぐすね,罵声大会

-岩下志麻
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.