川村万梨阿

【損得】90年代のアニメ作品に詳しく的確な分析力に感動しております。その当...

投稿日:

【損得】90年代のアニメ作品に詳しく的確な分析力に感動しております。その当...

90年代のアニメ作品に詳しく的確な分析力に感動しております。その当...

90年代のアニメ作品に詳しく的確な分析力に感動しております。その当時の女性の声優さんについて質問をします。
1 林原めぐみ
2 久川綾
3 緒方恵美
4 水谷優子
5 三石琴乃
6 坂本真綾
7 日高のり子
8 飯塚 雅弓
9 岩男 潤子
10 井上喜久子
11 松井菜々子
12 亀井 芳子
この中で当時、誰が話題で人気が芸能人に負けない位(一般の人でも直ぐ分かる)あったのは誰ですか?

アンサー

すみません、回答リクエストなんでスルーしようと思ったんですが、違和感があったので指摘させていただきます。
11番は松井菜々子ではなく、松井菜桜子ですね。
松井さんは、リストアップされている方々の中では声優として一番キャリアが長く、TVアニメだと『ハイスクール!奇面組』の宇留千絵、『機動戦士ガンダムZZ』のルー・ルカ、『おそ松くん』のトト子、『NG騎士ラムネ&40』のレスカといった気が強い女性役で80年代後半以降、安定した人気がありました。
また、OVAやカセットドラマ、ドラマCDなどの人気作の出演も印象が強いですね。『ガルフォース』『サイレントメビウス』『コンパイラ』、あと既出の『ドリームハンター麗夢』やアダルチックなものも…。
仲の良かった川村万梨阿、本多知恵子とともにThe Rippleというユニットで曲をリリースしたり、フジテレビの『いただきます』で顔出し出演したり。
ですが、林原めぐみや國府田マリ子といった第三次声優ブームの中核となった声優陣より少し年上のお姉さんというポジションで、活躍時期も80年代後半からということもあり、声優ブームに乗った若手のような勢いは感じませんでした。
むしろ、一般層でもわかるほどの知名度があったのは日髙のり子です。
(売れていたとは言いませんが)もともとアイドル出身で顔出しもしており、声優に転身して数作で『タッチ』というメガ・ヒット作のヒロインに。
とにかく浅倉南役としての知名度は一般的にもけっこう大きかったと思います。知名度のイメージで近いところだと『ちびまる子ちゃん』のTARAKOとかでしょうか。
当時、夕方のフジテレビのニュース番組で「南ちゃんを探せ!」というコーナー(今でいえば『めざましテレビ』の「キラキラハイスクールボーイズ」のような感じ)ができるぐらい『タッチ』は人気がありました。
団塊ジュニアぐらいの年齢層だと『おはよう!サンデー・ちびっこマラソン』とか『タミヤRCカーグランプリ』といったTV番組のお姉さんとして記憶に残っている人もいると思います。
閑話休題。ただ、松井さんと同様に、日髙さんも80年代後半から90年代初頭には声優としてスターダムに乗っており、90年代の声優ブームの頃は安定期にあったと思います。
あと質問項目に名前はありませんが、私の認識だと林原めぐみ、三石琴乃以外では、國府田マリ子、椎名へきるも90年代はアニメファンの間で相当人気がありました。
それと緒方恵美も、主に女子にですが、当時、かなり人気が高かったですね。
ただ、90年代の声優ブームの立役者たちが一般的にすぐに名前が分かるレベルだったかというと、ちょっと怪しいです。
◆すみません、他の方への回答で申し訳ないですが、林原さんの人気に関しては、この前、別の質問で触れていたので、よろしければご参照ください。
というか、長文で申し訳ありません。
◆三石琴乃
セーラームーンで人気が高かったです。
美少女戦士セーラームーンが異様な人気を誇ってましたね。
林原めぐみ
スレイヤーズのリナ・インバース役がハマっていましたね。
とくに呪文「ドラグスレイブ」の詠唱などは画期的な演出でした。
数々のCDも発売しててラジオも出てたり有名で人気でした。
エヴァンゲリオンに出てさらにそれが加速しました。
奥井雅美さんとかとも一緒に何かしてたと思います。
日高のり子
アニメのタッチの朝倉南役でかなり有名ですね。
のちにサクラ大戦3でエリカ・フォンティーヌに抜擢され、天然ながら
深い闇や悩みも抱えた少女を演じきっていました。
松井菜々子
人気知名度では上の人たちには劣っていたかもしれませんが、
確か菜々子姫とか呼ばれてましたね。
今ではコナンの園子役として有名ですが、以前は
ドリームハンター麗夢というOAVのヒロイン役でした。
そちらでカルト的な人気を獲得していたように思われます。


質問タグ:三石琴乃,水谷優子,井上喜久子,雅弓,林原めぐみ,日髙,ちびまる子ちゃん

【マジ】林家三平の奥さんは誰ですか。

林家三平の奥さんは誰ですか。

林家三平の奥さんは誰ですか。

アンサー

国分佐智子です。
三平くん、うまくやったな?
◆国分佐智子です。


質問タグ:林家三平,国分佐智子,奥さん,三平くん

【実践】ダジャレなぞなぞです。金属で攻撃されダメージをうけた俳優は?

ダジャレなぞなぞです。金属で攻撃されダメージをうけた俳優は?

ダジャレなぞなぞです。金属で攻撃されダメージをうけた俳優は?

アンサー

倉田てつを!
喰らった!鉄を!
◆ヒントは見逃さない!
◆銀次郎
銀を挿入されて痔瘻になった・・・なんかきちゃない。
◆竜雷太


質問タグ:ダジャレ,ダメージ,金属,俳優,竜雷太,痔瘻,銀次郎

【ブログ】コナン歴代映画で貴方が選ぶ面白さ トップ3は? そして理由も教えてく...

コナン歴代映画で貴方が選ぶ面白さ トップ3は? そして理由も教えてく...

コナン歴代映画で貴方が選ぶ面白さ トップ3は?
そして理由も教えてください!

アンサー

名探偵コナン関連_面白い映画_
1位
第04作目「瞳の中の暗殺者」
監督:こだま兼嗣氏 脚本:古内一成氏
◆題材・宣伝物
「刑事連続殺人事件」、「不穏な雰囲気を醸し出す警視庁」、「ヒロイン:毛利蘭の記憶喪失」といった、惹かれる要素で固めてあり、特報や予告編でもその魅力が伝わってくる。名探偵コナンという「殺人ラブコメ漫画」の映画版として、これ以上適した題材は考えられない。劇場版名探偵コナン映画の象徴とも言える。キャッチコピー「蘭の瞳の隠された暗殺者(スナイパー)を探せ!」やタイトル「瞳の中の暗殺者」はラストシーンまで見るとその意味がわかり、感動できる。欠点は良くも悪くもないビジュアルポスターのクオリティ。警視庁や小五郎、妃先生などの配置、新一と蘭の表情などはいいのだが、コナンの配置とポーズが若干気になる。
改善するとすれば、ビジュアルの江戸川コナンの配置とポーズを、イメージとしては「漆黒の追跡者」のような構図で緊迫感あるものにすることくらい。
◆脚本
コナン映画は、第二代目:山本泰一郎氏が監督になった作品である「銀翼の奇術師」以降、脚本の穴が目立つ作品がかなり多い。しかし、「瞳の中の暗殺者」は穴や説明不足な点は一切なく、前述の「刑事連続殺人事件」と「記憶喪失になった蘭」というミステリーとラブコメの両方をバランス・テンポ良く、丁寧に描いてある。蘭が記憶喪失になるという展開のみならず、佐藤刑事のようなレギュラーメンバーが撃たれるというショッキングなシナリオも斬新で、ミステリーに関しては難易度は高すぎないため視聴者も推理を楽しめるように創られていて、容疑者たちの人間関係などもわかりやすく説明されている。穴を開けた傘に銃口を差し込んで硝煙反応を消すトリックや、芝刑事が握っていた手 帳の不自然さ、蘭が車を降りる際に怯えた件、奈良沢警部補のダイイング・メッセジなど自然に視聴者にも推理ができるように巧に伏線が散りばめられており、解説も気軽に聞いていられる。「不穏な警視庁」を描くために一旦、コナンに警察組織上層部が事件に関与しているのではないかという推理をさせ、結局警視庁には悪はないというシナリオも素晴らしい。また、妃先生の料理の不味さなどのコメディシーンもいくつか入れてきていることに関しても高評価ができる。ラブコメに関しても、小五郎のプロポーズの言葉を明かす妃先生、佐藤を思い出して悔やむ高木刑事、命を懸けて蘭を守るコナンなど丁寧に描かれていて、特に蘭の記憶喪失を生かしたこの作品の目玉である「告白」はこの作品一番の名シー ン。キャラクターの扱いに関しては、「刑事連続殺人事件」と「蘭の記憶喪失」の両方を同時に扱ったことで、前者として警視庁、後者としてコナン、毛利家、探偵団、博士、園子ら登場人物全員がそれぞれの場で丁寧に扱われている。蘭を守ろうと体を張る博士と探偵団、蘭を心配して涙を流す園子との友情、灰原の心情、妃先生と小五郎の蘭を心配する気持ちとラブコメなど、登場人物にこれほど活躍の場を作られた映画はコナン映画の中でも数少ない。特に、自身の社会的身分を守ろうと、「Need not to know」の一言で、一切の情報を与えなかった目暮ら捜査一課が覚悟を決めて、小五郎に情報を提供するシーンは名シーンである。何より良いのは今作のゲストキャラクター:警視庁刑事部 刑事部部長:小田切敏郎というキャラクターの扱い。2000年現時点では登場した本庁刑事の中で最も位が高かったのは松本管理官だったが、それのさらに上が初めて登場した。小田切刑事部長は身内の敏也にも厳しく接し、佐藤刑事が撃たれた際は冷静かつ迅速な命令を部下に下し、終盤で自ら捜査を行い真相を暴く、圧巻の推理力も見せる、刑事部長としての威厳が描かれた一人の人間として非常に素晴らしいキャラクターであった。また、風戸恭介の動機も外科医師としてのプライドがちゃんと描かれていて、森谷氏の建築士としてのプライド、沢木氏のソムリエとしてのプライド、如月氏の画家としてのプライド、坂井氏のメイクとしてのプライド、譜和氏のピアノ調律師としてのプライドと並んで犯人の美学が感じられる動機だったと思う。無論、 脚本には一切原作との矛盾点もない。第3作目「世紀末の魔術師」以上の古内一成氏・飯岡順一氏タッグの最強の脚本だったと自信を持って言える。
欠点と言えばコナンに傘を捨てたとかいう意味不明なウソをついたクローク係の存在だが、かすり傷にも満たないので欠点と呼べるかすら怪しい。それから小五郎や警視庁が推理ミスをしたという点から彼らの扱いに問題があるという意見があるが、確かに結果的に彼らは推理ミスをしたことで真犯人から目を離してしまったが、特に小五郎に関しては「俺が蘭を守る」と断言するなど、それより前のシーンで何度も蘭を思う気持ちが表現されているので欠点ではないと考える。
◆映像
画面上に推理のヒントが隠されていたのは今作がコナン映画初だが、その絵コンテ・レイアウトがわかりやすすぎずに描かれていて実にいい。他にもコナンや犯人の鋭い視線を強調したシーンや蘭が線路に突き落とされるシーン、「新一はどこで何をやっているのか」と責められ、悲しげな表情を浮かべるコナンを見つめる灰原のシーン、ラストのカウントダウン・噴水シーンとエンディング前のシーンなど素晴らしいコンテが他にも多数ある。レイアウトには牟田清司氏やとみながまり氏、宍戸久美子氏などの数多くの優秀なアニメーターの方々がついていて、ラストの噴水シーンや序盤の入りのカメラワークも良く、アニメ版の総監督と並行してこのコンテを仕上げたのかと考えると初代映画監督: こだま兼嗣氏の偉大さがわかる。美術は残念ながら「ベイカー街の亡霊」や「業火の向日葵」と比べると見劣りし、敢えて褒め称えるシーンはないが、とても安定していて、特にトロピカルランドでの背景美術は非常に良質。また、山中純子氏が作画監督の作画は歴代最高の良さであったと断言できるし(特に「蘭姉ちゃんの命を狙うかもしれないよ!」というコナンのシーンや「護身用です…」という友成のシーンの作画の良さは異常)、織田信長をモチーフに作られた小田切敏郎を含む他のキャラ設定・デザイン、青山剛昌氏の原画の使い所も素晴らしい。特に探偵事務所でのコナンの悲しげな表情や、小田切警視長が左利きだと聞かれたときの小五郎と目暮の表情など、セリフ無しに心情を表現した作画技術は 素晴らしい。色彩設計に関しては、心情などが色でも表現されている点が高評価でき、コナンのスケボー・ボートアクションシーンや終盤の蘭の空手のアクションシーンの清水義浩氏によるアクション作画はとても良く動き、アクション演出・カメラワークもとても綺麗であった。OP映像は背景に「Mysterious Eyes」、「secret of my heart」、「ONE」など、過去のOP・ED・映画主題歌のタイトルの文字を流しているのと、容疑者含む今作品に於ける重要なキャラクターたちを出すカメラワークとCGアニメーションは感動もの。ED映像は特別綺麗な映像ではなかったシーンもあるが、夜の遊園地の映像と「あなたがいるから」のマッチングはピッタリ。マニアックなことを言うようだが、声優のクレジットのラストを犯人の風戸ではなく、小田切刑事部長にしたセンスにも驚き。そして最後に、歴代トップクラスであった佐藤真人氏の演出。怪しげな動きを見せる警視庁やコナン(新一)と蘭のラブコメなどがよく表現されていて、最大の褒めどころはやはりラストの噴水シーン。蘭の瞳に映る犯人と回想シーンは最初のトロピカルランドでのデートシーンと犯人の使ったトリックを重ね合わせた、練りに練られた脚本、まさに「瞳の中の暗殺者」が表現された演出、効果的な動画編集、BGM「コナン組曲」、作画の良さと全ての分野での最高が見られる。
◆声優
仁野環役として深見梨加氏、友成真役として森川智之氏、小田切敏也役として江川生央氏、小田切敏郎役として中田浩二氏という声優陣の豪華さに感激。そして犯人の風戸恭介役として井上和彦氏。二代目の白鳥をやっていらっしゃるが、風戸先生の演技の上手さもあり、風戸のイメージもかなり強い。ちなみに余談だが、「瞳の中の暗殺者」から小学館のアフレコ体験が行われている。
◆音楽
「Need not to know.」や「暗殺者のテーマ」、「漆黒の殺意」、「驚異の真実」などスリリングな名曲が取り揃えられたオリジナルサウンドトラック。特に「コナン組曲-Captured in Her Eyes」とその使いどころは鳥肌もの。音響効果にも違和感はなく、また、「あなたがいるから」の曲調も「瞳の中の暗殺者」のテーマに沿ってあり、歌詞も「もしもこの世に汚れがなければ姿を変えずに愛し合えた」・「あなたがいるから私は強くなる」・「あの頃の二人に戻せるなら跪き石になるまで祈る」など、新一と蘭のためのような素晴らしい歌詞で、トップクラスの主題歌であったと思う。
音楽に関しては欠点など一切ない。
◆総合
ごく僅かな欠点はもちろんいくつかあるが、それ以上に優良な脚本、演出、作画、音楽などが目立ち、他のどのコナン映画よりも優れていると強く思う(少なくとも「ベイカー街の亡霊」以外の作品だったら根拠を元にした上で、他の作品よりも優れていると断言できる)。
アクション・ラブコメディ・ミステリーといったコナン映画三大要素全てを詰め込んだこの作品は、こだま監督・古内脚本のコンビだからこそ作れた歴代最高傑作である。
2・3位は
こちらで読んでください笑
あと笑える面白いという意味での一番は
第14作目 「天空の難破船」
監督:山本泰一郎氏 脚本:古内一成氏
◆①迷宮の十字路
京都の雅な雰囲気、服部平次の活躍、和葉ちゃん可愛い…すべてが完璧!
②時計仕掛けの摩天楼
このテレビ放送を観てコナンにハマりました。いつまでも色褪せない名作。
③純黒の悪夢
赤井さんと安室さんがとってもカッコいいやつです。
から紅とゼロの執行人も入れたかったッ…!
◆1.天空の難破船
キッド登場シーンが圧巻。コナンくんが推理面でもアクション面でもカッコいい。
2.ルパン三世vs名探偵コナン
次元とコナンの絡みが最高。
3.絶海の探偵
ミステリー。コナンの違法捜査が光ってた笑


質問タグ:古内一成,こだま兼嗣,山本泰一郎,飯岡順一,宍戸久美子,コナン歴代映画,あなた

【ネット】玄田哲章さんと木村昴さんの共演したテレビアニメを教えてください。

玄田哲章さんと木村昴さんの共演したテレビアニメを教えてください。

玄田哲章さんと木村昴さんの共演したテレビアニメを教えてください。

アンサー

『ブラック・ブレット』


質問タグ:玄田哲章,木村昴,テレビアニメ,ブラックブレット

【ガッテン】北大路欣也は王子様??

北大路欣也は王子様??

北大路欣也は王子様??

アンサー

「東映城のプリンス」ね。
市川歌右衛門の二世だから。
近衛十四郎の息子、松方弘樹と共に、このキャッチフレーズが付いていた。


質問タグ:北大路欣也,王子様,近衛十四郎,市川歌右衛門,キャッチフレーズ,松方弘樹,プリンス

【効果あり】三木眞一郎と犬山イヌコの掛け合いは、ポケモン コジロウ(三木眞一郎)...

三木眞一郎と犬山イヌコの掛け合いは、ポケモン コジロウ(三木眞一郎)...

三木眞一郎と犬山イヌコの掛け合いは、ポケモン コジロウ(三木眞一郎)とニャース(犬山イヌコ)以外何かある?!

アンサー

ggrks


質問タグ:犬山イヌコ,ポケモン コジロウ,三木眞一郎,ニャース,ggrks

-川村万梨阿
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© タレント迷館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.